« 30秒でマスクを作るときの2つのコツ(重要な追記あり) | トップページ | 明日、緊急事態宣言が出るらしい »

2020.04.05

レジに並ぶ人たちと「社会的距離」

 ラジオ深夜便で聞いた話だ。聞き違いか記憶違いがあるかもしれない……ポーランドでは、スーパーマーケットでのショッピングで、老人だけが利用できるという時間帯の制限があるそうだ。なぜかというと、若者をその時間帯に排除することで、若者から老人への感染を防ぐためらしい。老人も安心してショッピングできるとも言っていた。
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)では、若者の感染が軽く、無症状の傾向もあるらしく、さらに若者と限らないが無症状でいても感染を広げる可能性もあるらしい。他方、老人は重症化しやすいということで、ポーランドでのような社会対応があるのだろう。
 話を聞いていて日本はどうなるだろうかと思った。こうした社会的な対処はポーランドに特有なのか他国でも実施されているのか、私は知らない。
 アメリカでは、ニュースだったか映像で見たのだが、店舗内での人数制限があり、入れない人は路上に並ぶのだが、それも2m置きくらいの「社会的距離」を取っていた。ちょっと見には不思議な光景だが、政府機関の指示に従うならそうなるべきだろう。
 かえりみて日本はどうか。
 不要不急以外の外出は控えるこということだが、生活必需品の購入はそれに含まれない、ということで私もスーパーマーケットやその他の店舗に出かけるのだが、レジ前ではけっこう人がぎっしり並んでいる。つまり、「社会的距離」はどう見ても保たれていない。店名を出すのは控えるが輸入品中心の小さな食品店舗でレジ前にぎっしり人が並んでいるのを見て、これはさすがにここでの買い物はやめようと思った。
 スーパーマーケットや小店舗のレジに並んでいる人の大半はマスクをしている。(無症状のキャリアの可能性を考慮してのことではないんじゃないかとは思うが。)
 さて、と考えた、これはいったいどうことなんだろうか?
 そういえば、ツイッターで日本について「トップからの指示・許可がないと、誰も行動出来ない」という意見を見かけたが、多くの日本人が市場で品薄になるほどフェイスマスクを購入したのは、トップからの指示・許可があったからというわけでもないし、他方、「社会的距離」が政府側から推奨されているけど、レジ前では従って行動しているわけでもない。余談だが、行政機関ならそもそも「トップからの指示・許可がないと、誰も行動出来ない」ほうがいいとも思う。
 さて、の続きだが、レジ前のぎっしりつまった行列については、誰が制御したらよいのだろうか? 各人の自覚に任されているのか? 店舗側の努力義務なのか? 店舗側でレジ前の社会的距離に配慮しているという店舗があるだろうか? 私はこの間、見かけたことがない。
 ここで私は、エスカレーターの片側空けない推奨を思い出す。
 エスカレーターでは立ち止まる。歩かないほうがいいし、片側を空ける必要はない。これについてだが、片側が空いていたら私のような人がそこで立ち止まれば後ろの片側空けはなくなる。レジの場合でも、例えば私だけ前の人とで「社会的距離」を取るとしたらどうなるだろうか? 想像するに、まあ、想像できそうだ。
 社会的にあるべき行動的な規範があるとき、人がそれをどのように守るか、守らないか、あるいは人々が独自に統一的な行動(正しいかどうかは別として)を取るというのは、いったいどういうことなのだろうか?

|

« 30秒でマスクを作るときの2つのコツ(重要な追記あり) | トップページ | 明日、緊急事態宣言が出るらしい »