« 明日、緊急事態宣言が出るらしい | トップページ | ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』 »

2020.04.07

散歩して春の陽射しを少し浴びること

 2年前のことだが、国際的に権威ある医学誌『ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)』にビタミンDを補うことで風邪の予防ができるといった研究が掲載された。けっこう話題になったので覚えている人もいるだろう。
 正確なソースは、"Vitamin D supplementation to prevent acute respiratory tract infections: systematic review and meta-analysis of individual participant data(急性呼吸器感染症の予防のためのビタミンD補給:システマティック・レビューと個々の参加者データのメタアナリシス)"(参照)という記事である。
 結論はこう。

Vitamin D supplementation was safe and it protected against acute respiratory tract infection overall. Patients who were very vitamin D deficient and those not receiving bolus doses experienced the most benefit.

ビタミンD補給は安全であり、急性呼吸器感染症から総合的には保護した。ビタミンDが非常に不足している患者およびボーラス投与を受けていない患者にとって最も有益であった。

 簡単に言うと、ビタミンDが欠乏している人はそれを補うと、風邪の予防になるということ。「補う」という言葉の「supplementation」には、サプリでという含みがあるので、つい迂闊に、「科学的にも検証されているし、それじゃ、ビタミンDのサプリを飲めばいいんじゃね」とかなりそうだが、そう簡単にもいかない。正しい科学的な見解として政策レベルに持ち上げるためには正当な手順が必要になる。BMJのこの研究についても、英国公衆衛生サービス(PHE)はBBCを通して慎重な検討が必要だとしていた(参照)。
 まして、新型コロナウイルスの予防については不明であり、日本の国立健康栄養研究所では公式に次のように注意を促している。

ビタミンDがインフルエンザに対して限定的な予防効果を示した論文を用いて、ビタミンDやビタミンCが新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に対しても効果があるように謳う宣伝が見受けられますが、現時点ではそのような効果は確認されていません。

具体的には、ビタミンDのインフルエンザ予防に対する有効性を検討した論文では、1報がA型インフルエンザ罹患率低下を示していましたが、同論文でB型インフルエンザ罹患率は有意差はないものの増加していました。また、1報は発症リスク等に影響は認められませんでした。
ビタミンDの上気道感染症予防に対する有効性を検討した論文では、2報は発症リスク等に影響は認められず、もう1報は発症リスクの増加、症状の持続期間の延長が認められたという内容でした。
現時点では、インフルエンザに対して「ビタミンDが効く」といえる十分な情報は見当たりません。ましてや、新型コロナウイルス感染症に対して検討した論文は見当たりませんので、情報の拡大解釈にはご注意ください。

新型コロナウイルスに対しては、手洗いなど、正しい予防を心掛けましょう。

 ただ、厳密に言えば、先のBMJ研究は急性呼吸器感染症についてであり、国立健康栄養研究所の参照データはアップデートが望まれるだろう。そもそも現実問題として、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は最近のことで、ビタミンD関連の研究そものがまだ存在しない。
 こうした医学研究は単純に政策に結び付けられないものだ。余談だが、一般にビタミンDの有効性として、国立健康栄養研究所も《「骨を強くする」「カルシウムとリンの吸収を助ける」「血液中のカルシウム濃度を一定に保つ」などと言われている。ヒトでの有効性については、ビタミンD欠乏の予防と治療に対して有効性が示されている》としているが、これも将来的に否定される可能性がないわけではないだろうが、政策的なレベルでの変更はまた別の話になる。
 さて。
 とはいえ、ビタミンD不足が身体の健康によいわけではないし、加えて、だからといってサプリメントで補えばいいというわけでもないなら、食品から摂取するか、太陽光に当たるかである。
 具体的にどのくらい太陽光にあたるといいか。環境省から指針が出ている(参照PDF)。

(「健康な食生活ならビタミンD不足にはなりにくい」という文脈から)。しかしながら、実際はカルシウム代謝の点では食事から摂取するビタミン Dだけでは不足気味です。やはり、日光による合成もうまく利用することが必要です。皮膚で作られたビタミンDはビタミンDの運び役(ビタミンD結合蛋白質)によってすぐに運ばれるため、消化管から吸収されるビタミンDよりもからだの中で使われやすいと考えられています。とはいっても日焼けをするほどの「日光浴」が必要なのではなく、日本が位置する緯度を考えると、両手の甲くらいの面積が 15 分間日光にあたる程度、または日陰で 30 分間くらい過ごす程度で、食品から平均的に摂取されるビタミンDとあわせて十分なビタミンDが供給されるものと思われます。介護の必要な高齢者や妊婦さん、授乳中て十分なビタミンDが供給されるものと思われます。介護の必要な高齢者や妊婦さん、授乳中たる時間をもうけることが望まれます。

 というわけで、「不要不急」の外出が禁じられ、2mの「社会的距離」が求められている昨今、お日様の出ている日には、一人、2mの「社会的距離」に留意して散歩をするといいんじゃないだろうか。
 というわけで、私も早朝、散歩に出た。土筆がまだ残っていることを発見した。八重桜が満開で美しかった。

Yaesakura 

 

|

« 明日、緊急事態宣言が出るらしい | トップページ | ドラマ『腐女子、うっかりゲイに告る。』 »