« 新コロナウィルスでわかったこと | トップページ | ラノベをkindleで読むことについて »

2020.02.18

自粛のやーな感じ

 一般参賀が中止になったという話を小耳にしたときは、一瞬、はて?と思い、そういえばその前のことだが、2月のカレンダーで「今年は閏年だったな」と確認したおり、24日月曜日の祝日に、はて?と一瞬疑問に思ったことを思い出した。まあ、この手の行事が中止になるのは日本の国の形うんたらといったところかと思い、それ以上気にもとめなかった。それからほどなく、願望から聞き間違えたのだろうが、東京オリンピックが中止になると聞き間違えて、そりゃいいと思い、いやまさかそりゃ大事件だと気がつく。東京マラソンの、一般参加の中止らしい。それもいいと思ったが、そのあとで新型コロナウィルスかと気がついて自分のうかつさにあきれた。一般参賀もマラソン大会も、僕は嫌いなんで、基本世の中から消えちゃえば好ましいが、いやいや、世の中というのは、そして自由な市民というのは、他者の不快に苦虫を噛みつつ、気の利いた皮肉で笑い飛ばすものであったなと考え直すのだが……そう、嫌な感じがしてきた。

 嫌な感じ。世の中に「自粛が蔓延」する感じ。じわじわと、間抜けな尾行者が迫っている、あの感じが、自分にとって姿を現したのは、墨田区「5000人の第九コンサート」中止の連絡であった。ニュースで知ったのでもなく、小耳に挟んだというのでもない。しかたないですよねというメッセージも添えられていた。僕は昨年秋から第九の合唱を練習しているので、こうした連絡ももらうようになったのだ。墨田区のこれには参加しないが、気には留めていた。

 ニュースを見るに、5000人余という登録数より、全国から募ったことを懸念したようだ。そう言われてみれば納得しないでもないし、先のメッセージもそうしたトーンであった。が、これはこのくらいで留まるだろうか。

 と懸念して「自粛」のキーワードでニュースを探ると、政府開催の、新型肺炎についての専門会議では、感染拡大を防止するために集会やイベントを自粛すべきだという見解は示されなかったとの話があった。それをいうなら、非感染者のマスクに感染予防の効果があるという意見もないだろう。そして政府としては、消費税の経済波及を抑えたいところだろう。

 自粛の空気はこのあたりで留まるだろうか。新型コロナウィルスの死者が増えれば、また空気は勢いつくだろう。どうなるかといえば、あまり明るい展望は見えない。

|

« 新コロナウィルスでわかったこと | トップページ | ラノベをkindleで読むことについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新コロナウィルスでわかったこと | トップページ | ラノベをkindleで読むことについて »