« ビザンチン絵画からルネサンス絵画へ | トップページ | ボールペンのこと »

2019.11.12

京急「踏切の600m手前から信号見えず」って大ニュースだろ?

 年を取ったせいか、大抵のニュースに驚かない。あるいは、驚くべきニュースなら、ニュースのほうで、事実より驚きを伝えてくれるので、まあ、そのお作法に則って驚いていればいいのだが、さらっとびっくりするようなニュースがあった。京急「踏切の600m手前から信号見えず」というのだ。おい、それは、驚くべき大ニュースだろ?

京急「踏切の600m手前から信号見えず」当初の説明と異なる
2019年11月12日 5時37分
 ことし9月、横浜市で起きた京急線の脱線事故で、踏切内の異常を知らせる信号機について、当初、会社が説明していた踏切の600m手前からは運転士が目視で確認できないことが分かりました。京急は再発防止策として信号機の設置場所などを見直す方針です。
(中略)
 京急は当初、踏切の600m手前から運転士が目視する事ができると説明していましたが、その後の会社の調査で、この地点からはカーブなどがあって目視で確認できないことが分かりました。
 このため会社は再発防止策として、運転士が600m地点でも確認できるよう、信号機の設置場所などを見直す方針です。

 え?!
 ちょっと言葉が出ないぞ。それって、踏切に自動車が立ち往生したら、高確率でああいう事件になっても不思議ではありませんねえ、まあ、びっくりせず、お茶でも、といったお話なんだろうか?
 違法性はないのか? というのも気になったが。

 この信号機について会社側は、時速120キロで走行する快特電車が停止するのに必要とされる距離、およそ520mからは少なくとも確認できるとしていて、国の省令や社内規程に違反はしていないとしています。
 京急はNHKの取材に対し「現在、対策は検討中なのでコメントは差し控える」としています。

 うーむ、どこで、600mが520mになったんだ?

 そもそも信号機などの鉄道施設は、国土交通省の「省令」に基づいて設置されています。
 このうち「鉄道運転規則」という省令の中で、在来線は “非常ブレーキをかけてから600m以内に停止しなければならない” とされていました。
 この「鉄道運転規則」は、鉄道車両のブレーキの性能が向上したことなどにより平成14年に廃止され、新しい省令には具体的な数値などは記載されていません。
 ただ、強制力を持たない形で省令の解釈を具体的に記した、「解釈基準」と呼ばれるものには、「列車の制動距離は600m以下を標準とすること」という記述があり、今も業界の「慣例」として残っています。

 うわーなんだろ、これ。
 ちょっとびっくりしてどう反応していいかわからないけど、なんだかそもそもいろいろだめ過ぎなんじゃないだろうか?
 幸い、死者を多く出す大事故にはならなかったけど、潜在的にこういう事態が放置されているというのは、どうかと思う。
 ところで、この大ニュース、共同でも報道していた。ざっと見たところ、NHKと共同しか出していない。どっちかがスクープしたのだろうか? 誰が見つけたんだろうか? NHKが早そうなんだが。
 そして、京急側は最初からこのことを知っていたんだろうな。なんか、闇が深い。

 

|

« ビザンチン絵画からルネサンス絵画へ | トップページ | ボールペンのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビザンチン絵画からルネサンス絵画へ | トップページ | ボールペンのこと »