« もうすぐ冬、ほとんど誰もいない海 | トップページ | 12月に入って »

2019.11.22

ボジョレー・ヌヴォー

 ワインが好きでよく飲んだものだが、病気で長く控えていた。が、それだとフランス料理がさみしい。今年辺りから、酔わない程度に少し食事に添える程度は飲むようになった。その程度なので、ボジョレー・ヌヴォー(le Beaujolais Primeur)とかは飲む気もなかった。以前、なんどか飲んだときも、それほどおいしいものでもないなと思っていた。コスパも悪いしとか。
 が、そうでもなかった。
 社会人になった息子がボジョレー・ヌヴォーをもってきた。あのなあ、と思ったが、口には出さず。嬉しいには嬉しい、親としてということか(とほほ)。
 一口飲んでみた。う、うまい、んじゃないの?
 あれれ。自分も年取って状況に反応しているだけかと、もう一口飲むと、うまい。
 はあ、これがボジョレー・ヌヴォーっていうやつか。昔飲んでたあれは何?と思ったが、よくわからない。当時も安酒でもなかったように思うが。まあ、これがうまいならいいや。
 爽やかで香りがあり、ぶどう自体の若い甘みもある。微発泡している。まあ、普通のワインとは違うが、なるほどこれは楽しいワインだなと思った。というか、思えた。
 銘柄見たら、アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヌーボー。
 もしかして、これってアマゾンで売ってうんじゃないのと見たら、大々的に売ってましたね。まあ、息子はアマゾンで買ったものではなかったが。というか、アマゾンのほうが安いみたいだ。

 

 それなりに賞もとって定評のあるボジョレー・ヌヴォーだったようだ。
 というわけで、ボジョレー・ヌヴォーってそれほどうまくないよなという印象は変わった。
 若酒は身体によくないと思うので、そう飲む気もないが、これらなら、来年も飲んでいいし、ボジョレー・ヌヴォー祭なんて日本人がするのってバカみたいと思っていたが、そうでもないかと考えなおした。

 

|

« もうすぐ冬、ほとんど誰もいない海 | トップページ | 12月に入って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もうすぐ冬、ほとんど誰もいない海 | トップページ | 12月に入って »