« 日仏会館講座『世界のなかのフランス史』に行ってきた | トップページ | ルーマニア語の起源は何か? »

2019.10.27

スタンダールの墓碑銘の間違い

 スタンダールの墓碑銘は、有名である。『生きた 書いた 愛した』である。マイペディアにも「墓碑銘〈生きた,書いた,愛した〉は有名」とある。
 ところが、Wikipediaには、こう書いてある。

墓碑銘は「ミラノ人アッリゴ・ベイレ 書いた 愛した 生きた」である。

 順序が違いますね。マイペディアは「生きた・書いた・愛した」の順で、Wikipediaでは「書いた・愛した・生きた」の順。
 どっちが本物かな?
 写真を見れば、一目瞭然。

Stendhal_tombe_cimetiere_montmartre

ARRIGO BEYLE
MILANESE
SCRISSE
AMÒ
VISSE

 直訳すると、「ミラノ人アッリゴ・ベイレ 書いた 愛した 生きた」。
 つまり、Wikipediaが正しく、マイペディアが間違い。

なーんてな!

 正解は、マイペディアのほう。フランスのモンマルトルにあるスタンダールの墓碑銘の実物が誤植なのでした。
 って、ことがありうるだろうか?
 ちなみに、フランス語のWikipediaを見ると、写真通り。英語のWikipediaにはそもそも言及なし。イタリア語のWikipediaはというと、こう。

Poi, la sepoltura nel cimitero di Montmartre, con l'epitaffio (in italiano) voluto dallo stesso Stendhal: «Arrigo Beyle / Milanese / Scrisse / Amò / Visse / Ann. LIX. M. II/ Morì il XXIII Marzo MDCCCXLII».

 語順的には、フランス語Wikipediaと同じ。つまり、日本版Wikipediaとも同じ。じゃあ、マイペディアが正しいという根拠は何か?
 その前に、そもそもこのスタンダールの墓碑銘だが、「VENI VIDI VICI」のようにラテン語のように見えるけど、イタリア語Wikipediaを見てわかるように、イタリア語。
 スタンダールは、自分の墓碑銘をイタリア語にしていた。しかも、ミラノ人だと言っているのである。え? フランス人じゃないの。主要作、『赤と黒』『パルムの僧院』だってフランス語。そもそも、本名Henri Beyleでグルノーブル生れ。フランス人じゃん。
 ところが、自身はイタリア人というか、ミラノ人だと思っていた。少なくとも、ミラノ人として死にたかった。だから、墓碑銘もイタリア語で書いた。
 おっと、それが失敗のもとだった。
 イタリア語がわからないフランス人が、墓碑銘を誤植してしまった!
 と、なぜ言えるのか?
 『イタリア詩歌』にそう書いてあったのだ。

 そうです。墓碑銘は一般に流布している方が正しいのであって、モンマルトルの墓碑に刻まれている銘は間違っているのです。
 前者、すなわち日本でもよく知られている方の銘は、末尾に動詞amoreの遠過去形amòが来ていますので、6音節からなる末尾第一音節強制詩行となり、全体は《強弱》リズムで統一されています。一方、実際の墓碑に刻まれた銘の場合、そうしたリズムの統一が失われている上に、2番目の動詞amòの強音節と3番目の動詞visseのそれとが隣接する形になります。音声の数は5ついう計算になります。当然、5音節詩行は形成されません。

 これで完璧な説明と言えるかというと、考証学的にはどうかとは思う。ついでに、ここでは「イタリア人ならば、ほとんど本能的にこれではおかしいと気付いたはずだからです」とあるけど、イタリア語Wikipediaにはそうした注記はなかった。

 

 

|

« 日仏会館講座『世界のなかのフランス史』に行ってきた | トップページ | ルーマニア語の起源は何か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日仏会館講座『世界のなかのフランス史』に行ってきた | トップページ | ルーマニア語の起源は何か? »