« [書評] バンクシー 壊れかけた世界に愛を(吉荒夕記) | トップページ | アジア経済研究所図書館に行ってきた »

2019.10.10

歌いたい

 年を取ると声は潰れる。というか、だめになる。しかたがないことだ。声帯というのは肉体であり、いくら頑張っても、肉体は老化する。声もだめになる。でも、歌いたいかなと思った。そうして世界を眺めると、70歳を超えて、はつらつと歌っている人が見えてくる。もちろん、歌手としてはやっていけない。でも、声にはそれなりに張りがある。
 僕も諦めなくてもいいんじゃないか。下手でもいいだろう。そう迷惑をかけるものでもないだろうし、と思うことにした。
 で、歌い始めた。
 やはり声は出ない。どこかで慣れてくるだろうか。無理はしない。
 楽譜が読めない。いや、中学生ごろからギターはやっていたので、楽譜が読めないわけではないが、ソルフェージュ的に楽譜で歌うことはできない。これはなんとかなるものだろうか?
 他方、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語の歌の歌詞はそれなりにわかるようになった。これは意外に楽しい。
 まあ、もう少しやってみたいと思っている。

 

|

« [書評] バンクシー 壊れかけた世界に愛を(吉荒夕記) | トップページ | アジア経済研究所図書館に行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [書評] バンクシー 壊れかけた世界に愛を(吉荒夕記) | トップページ | アジア経済研究所図書館に行ってきた »