« 韓国の市民社会が懸念されるならその兆候は | トップページ | [アニメ] 僕だけがいない街 »

2019.10.01

今日消費税が10%になった

 今日消費税が10%になった。どんな感じだったか。率直にいうと、変な感じだった。変というのは、軽減税率とポイント還元の感覚である。具体的に言うと、コンビニで食品を含めてちょっとしたいつもの買い物をしたら、以前より、少しだが、安かったのである。
 もちろん、不思議ではない。食品は軽減税率ということで8%のまま。それにポイント還元がつくのだから、安くなるわけだ。が、増税なのに、安いというのは、奇妙な感じがした。これならいいんじゃないかというと、概ね、よくはないだろうとは思うが、反面、これならしかたないかとも思った。
 しかたないというのは、こうしたややこしい消費税の仕組みを取り入れるというのは、もう単純な会計はできないということで、インヴォイス制度の流れを作ったということだ。ついでに歳入庁もできるといいと思うが。
 本質論的に言うなら、といかめしく言うのだが、消費税という仕組み自体は悪いものではない。逆進性があると批判されるが、低所得層にその分、補填をすれば済むことだ。いちおう今回の増税でも、かなり底辺層だが補填はされているらしい。十分かどうかは、まあ、十分とは言えないんじゃないか。
 もちろん、今回の消費税は、よくはない。理由は、消費活動を抑制するからだ。消費というのは、裏面生産だから、生産性を抑制することにもなる。ただ、これも、デフレ期には問題ということ。でだ、そう、まだデフレを脱しているとも言えないから、極めて、よくない政策である。
 もう一つは、消費税というのは、地方税であるべきだが、国税として固定化してしまいそうだということ。このあたりは、野党からも見直し案は出てこないように思う。というか、野党や概ね、反アベ、くらいし言ってってない感じだ。でも、かつての民主党政権で、野田ちゃんが消費税イケイケだったが、自民党から野党に政権交代しても、また野田ちゃんみたいになるんじゃないだろうか。
 税について、さらにいうと、日本の場合、二重課税が隠れているものが多い。
 消費税で政権が乗り切れるかというと、無理だろうなと思うし、政治の主体が消えると日本はろくでもない時代に戻る。
 ただ、先日の台風余波の千葉県停電のように、よからぬ大事態でいっきに日本経済が沈没というのもありそうな予感がする。
 予感ということで、適当に言えば、パンデミックだろうか。不安を煽りたくはないが、日本社会はその危機感を失っている感じがする。

|

« 韓国の市民社会が懸念されるならその兆候は | トップページ | [アニメ] 僕だけがいない街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国の市民社会が懸念されるならその兆候は | トップページ | [アニメ] 僕だけがいない街 »