« 日韓の軋轢で、韓国はどうすればよいのか? | トップページ | 最近、「あー、サイテー」と思った3つのこと »

2019.08.03

「俺の嫁」を描かせてみた

 7月にロサンゼルスで開催された「Anime Expo 2019」で「Waifu Vending Machine」が話題だった。人工知能が、利用者の好みに合わせて「俺の嫁」を描いてくれるシステムである。言うまでもないが、「俺の嫁」というのは、Wikipediaを借りれば、「主に男性が理想的な女性(架空のキャラクターを含む)に対して発する言葉」である。昭和言葉で言えば、タイプのアニメヒロインである。いやほんと、「タイプ」っていう言葉、こういうふうに使うと昭和言葉か。
 これがネットで使えるというので、残念なアニオタである私は、「俺の嫁」を描かせみた。使い方は、とりあえず単純で、4段階、①16種類から「最初の好み」、②「色の傾向」、③「細部」、④「ポーズ」を選ぶだけ。一分もあれば、「俺の嫁」の完成である。
 というわけでやってみた。というか、実際のところ、私はどんな「俺の嫁」が好きなんだろうという自分への関心もあった。アニメを見ながら、微妙に、ああ、これ好きだとか思っている心がある。ちなみに、私は『うる星やつら』の連載リアルタイム世代で、リアル結婚するまで自室にラムちゃんのポスターを貼っていた、この夏、62歳になる男性である。

 

1人目 アルビカピー
 まず、あまり考えず、さらっと作ってみた。最初の「俺の嫁」がこれだ。名前があったほうがいいなあ。アルビカピーとしてみた。

Img2365

 なるほど、きらいじゃないな。好きかと言われると、好きのほうだが、「俺の嫁」感に乏しい。デナーリスを和コミックで描くとこんな感じかなとも思うが、デナーリスのような躍動感が出ない。ありがちなサブキャラである。なんだろ、「誰かの嫁」?

 

2人目 伊東咲
 というわけで、次を作ってみた。名前は、伊東咲って感じ?

Img2367

 少女コミック風味が若干ある。これもきらいじゃないし、好きのほうだが、うーむ。違うなあ。髪の感じというか、ボーイッシュなのはいいが、ありがちな、優しいサブキャラ感が微妙に自分に響かない。こーゆーんじゃないというか、個性が弱いなあ。
 というあたりで、このシステムの癖がなんとなくわかる。ほっておくと凡庸な甘酸っぱい、自販機飲料みたいな「俺の嫁」ができてしまう。もう少し、私の好みを反映してもらうにはどうしたらいいんだ、はぁ、はぁ、はぁ、息が荒いよ。

 

3人目 砂喰真弓
 そして3人目がこれ。好きかというと、先の2人より引くんだが、微妙なメンヘラ感がちょっと心にうずく。ただ、少しダークな感じが出てきたみたいな期待がある。名前は、砂喰真弓って感じかな。

Img2368

4人目 雪ノ下安芸
 4人目は、ああ、やっちまった感がある。峰不二子風味が混じっているなあ。微妙に昭和っぽいかも。それと、私は、雪ノ下雪乃が好きなのだが、その好みが髪とかにちょっと出ているかな。で、名前は雪ノ下安芸。

Img2369

 というあたりで、やっぱしなんか自分の好みというのは、無意識のどこかにあるみたいだ。なんだろうか。

 

5人目 加藤慈
 5人目は、さらにやっちまった感が、ぱねえ。加藤恵じゃん、これ。ともくーん。ってか、AIで冴えない彼女ができてしまうわけ、というか、俺、加藤恵、好きだろう。ごめんなさい。名前は、加藤慈。

Img2370

 

6人目 牧瀬ジャンヌ
 やばいなあ。5人いて、「俺の嫁」感、ねーじゃないかということで、もうやめようと思いつつ、ハーフダズンはあってもいいかと思って、最後の6人目。

Img2371

 おや、これは、けっこう好きかも。誰かに似ているよなあと思うが、そこまでわかるアニオタでもない。牧瀬紅莉栖かなあ。パーツ的にはそれっぽいが、主観的にはけっこう違うんだが。
 それと、ようやく、動きそうなキャラ感が出てきた気がする。名前は、牧瀬ジャンヌ。

 

 というわけで、やってみると、いろいろ思うことがあった。
 まず、どうやら無意識に「俺の嫁」はいそうな気がするが、はっきりわからない、ということがわかった、というか、何かを求めている。キモいよ。
 次に、普通に絵師さんって大変だなとも思った。アニメ見ていると、どれも似たようなキャラだなとか思うが、意外とそうでもないなあとも。キャラをどう作っているかという推測にもなった。
 まあ、そのくらいなんだが、この「和風」感は、自分の民族意識なんかにもつながっているのかなとも、考えさせられた。

 

|

« 日韓の軋轢で、韓国はどうすればよいのか? | トップページ | 最近、「あー、サイテー」と思った3つのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日韓の軋轢で、韓国はどうすればよいのか? | トップページ | 最近、「あー、サイテー」と思った3つのこと »