« [書評] 60歳からを楽しむ生き方 フランス人は「老い」を愛する (賀来弓月) | トップページ | BBCともあろうものがなんでこんなお馬鹿なこと言っているのだろうかと思った »

2019.08.24

[アニメ] 魔法使いの嫁

 アニメ版の『魔法使いの嫁』を見た。面白いか面白くないかで言うなら面白い、感動したかというと感動もしたのだが、なにより独特の情感のある作品だった。誰もが面白い、感動するという作品でもないだろう。が、この作品はある人の命を救うかもしれないとは思った。ある人、それは、10代の女の子と言ってもいいだろう。あるいは、男の子も。

 

 あえてひどい言い方をすれば、メンヘラ女子がメンヘラ男子との付き合いを通して、共依存的なメンヘラ理解を広げてなんとか生きていく、ということを、英国とそのオカルティズム風味で描いている。いや、その風味のほうがこの作品の本質なのだという楽しみ方もあるだろう。
 話はこんな感じ。15歳の日本人少女チセ(羽鳥智世)は自暴自棄にかられ、自身を闇の世界のオークションに売り出す。すると、そこで、バッファローの頭のような骨を頭部とする怪物、魔法使いエリアス・エインズワースに500万ポンドで買い取られる。理由は、自身の弟子にしそして嫁にするというのである。もう一つの理由は、チセが抱えている魔力が異常に大きいこと、そしてそれゆえに長くは生きられないこともエリアスの思いにはある。
 かくして二人の英国の田舎暮らしが緩慢に始まり、ファンタジー物語も始まるのだが、話が進むにつれ、エリアスの暗い過去やチセの暗い過去、この世界の不条理、その象徴としてのカルタフィルスなどが描かれる。
 ファンタジーそのものを楽しむ読者・視聴者が多いだろうと思うが、私は、親から生きることを否定されたことで心を病み、死を選ぶ15歳の少女の物語の比喩として見ていた。物語でも、チセは日本で死んだことになっており、むしろ英国での物語は、彼女の死後のメタファとしてもいいだろう。
 そう語ると、いかにもチセはメンヘラなのだが、物語ではそうではない。いわゆるメンヘラとしての奇矯な様子はない。ただ、心が傷つき、生きることができない心情を静かに絶望的に抱えているだけだ。魔力が異常にあるとしても、なろう系のように、彼女の意図でチートで使うわけでもない。
 もう少し言うなら、私はこの物語で、私自身が救われるだろうかという関心があった。私も生の呪いを受けて生きていた。チセもエリアスもわかるという思いは強い。それで、救われたか? そういう感触はなかった。
 原作はラノベではないようだ。コミックを比較的忠実にアニメ化しているようだが、機会があれば原作も読んでみたい。
 アニメの物語は、2クールで大きく完結している。原作ではその後、学院版もあるが、作品のテーマの連続性があるかわからない。

 

 

|

« [書評] 60歳からを楽しむ生き方 フランス人は「老い」を愛する (賀来弓月) | トップページ | BBCともあろうものがなんでこんなお馬鹿なこと言っているのだろうかと思った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« [書評] 60歳からを楽しむ生き方 フランス人は「老い」を愛する (賀来弓月) | トップページ | BBCともあろうものがなんでこんなお馬鹿なこと言っているのだろうかと思った »