« 出生前検査についての情報提供はナッジ的に見るとどうなんだろうか? | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件と凡庸な無 »

2019.07.09

モブってなんだろうか?

 アマゾンでKindle本を買ったら、『モブ子の恋』というのを勧められた。1巻目はプロモーションなのか無料らしい。で、読んでみた。内気な大学生の普通の恋という感じの微笑ましい漫画だった。まあ、僕には関心ない。と思ったが、微妙に心にひっかかるものがあって、しばらくぼんやりと考え続けた。主人公・田中信子はモブなんだろうか。相手の「入江くん」もモブなんだろうか? モブって、なんか、こーゆーもんじゃないぞ、じゃあ、なんだろ。うーむ。で、ふと、「モブって、もっと、なんか、こー、もうちょっと薄気味悪いなんかだぞ」と思い、え?と我に変える。なんだろ、それ。それというのは、自分のモブへのリアクションである。
 そして、当然の疑問が浮かび上がる。私はモブか?
 私は自分をモブだと思っているか? たぶん、違う。これは残念ながら違うという感じ。いや、お前なんかモブだから、と言われるなら、それはそれで心安らぐ気がする。でも、たぶん、そうじゃない。というか、60年以上生きてみて、どうも微妙にモブじゃない。そもそもモブって19年もブログ書かない。日記は書くかもしれない。モブは嫌われることを恐れると思うし、僕もそうなんだが、結果的に、自分であることが嫌われる原因なら、しかたないと受け入れる。自分であることが失われるなら、石を投げられてもしかたないと思っている。っていうか、実際、石を投げられたことがある。自分の言いたいことが言えないなら、炎上してもしかたないと思っている。衆人で罵倒されたこともある。ブログはそんな延長だろうか。まあ、炎上は避けたいので、炎上ホイホイ的なキーワードやフレーズや主張は避けているティミッドというか、バカに絡まれるのはやだなあくらいは思う嫌なチキン野郎だな自分は、とは思うが、それこそモブだというなら、それはそうかもしれない。とか、こういうのを公開に書いている時点で、微妙にモブじゃない、だろうと思う。
 いや、と、さらに思う。僕は自分ではそれなりに謙虚に生きないといけないと思っているのだ、自分では。で、モブというは、自分が見る限りでいうと、あまり謙虚じゃないと思う。なんだろ、なんか、モブって、美しくないのだ。いやあ、じゃあ、お前が美しいのかというと、ニヘラ笑いするくらいに醜い自覚はあるのだが、なんだろ、モブっていうのは、なんか醜いなと思うのだ。具体例がないとわからないと思うので、そうだな。
 例えば、モブってつるんで歩道塞いで歩いていたり、歩道で後ろから自転車でチリンとか鳴らしていくる印象がある。いや、そこがポイントじゃない。歩道塞いでいる人たちに、先に進むために、後ろから、すみません、とか、言うと、彼らはびっくりして、お前何?視線を飛ばしてくる。自転車のチリンを無視しているとさらにチリンチリン鳴らしてくる。うーん、おまえら自分のリアクションに自覚ないの?と僕は思う。というか、こういうとき、ああ、こいつら、モブだと思うのである。加害者になる自覚がなく生きているんだろうなあ。
 で、それと矛盾したこと書く。
 これも具体例から始めるといいかもしれない。先日、スタバでコーヒーを頼んだ。普通のホットコーヒーである。今日のおすすめである。300円くらいの。で、マグカップの小を頼んだ。紙コップが嫌いなので。で、「マグカップで小さいので」と言ったと思うが、でかいマグカップが出てきた。レシート見ると、350円以上だったか、「あれれ、ここはそういうスタバかな」と思ったが(まいどおおきに食堂で姫盛りなしみたいな)、いちおう、「ええと、これって小ですか」というと、売り子のきれいなお姉さんが、はにゃっという笑顔に微妙に怖がっている表情を浮かべるので、あちゃあー、自分爺クレーマーと思われているかなと、こっちも、はにゃっという笑顔に微妙に困った表情を浮かべると、別の店員さんが気を聞かせて応対に入ったので、事情を説明する、「あのぉ、そのまま小さいマグに移してもらえるだけでいいですよ……飲みきれないですから」と言ってみた。ものの、すでにクレーマー対応モードになっていた。あーあ。と思う。
 で、思った。このどこかに、モブとモブじゃねー、の境界がある。あるいは、クレーマーとモブの境界だろうか。
 この時は、事態が想定外の方向に進んでこれ以上説明してもなんなので、成り行きに任せた。
 が、こうしたとき、モブなら、どうするか、と考えた。そのくらいの間違った注文ならしかたないと思うものだろうか。実際のところ、僕も普通はそうしているが、このときは、ああ、それ飲みきれないと思ったのだった。
 話はそれだけ。
 そんなの、お前ただのモブじゃんというなら、まあ、それはそれでいい。僕はモブじゃないものになりたいわけではない。よく自意識過剰とか自尊心高いとかも言われるが、そう言われたとき、あまり返す言葉もない。
 ただ、生きていると、微妙にモブという何かからは逸れてくる。しかたない。というか、それなりに、普通に謙虚な市民であっても、市民の公平さを少しでも意識すると、微妙にモブからずれてくるんじゃないかとも思う。

 

|

« 出生前検査についての情報提供はナッジ的に見るとどうなんだろうか? | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件と凡庸な無 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出生前検査についての情報提供はナッジ的に見るとどうなんだろうか? | トップページ | 秋葉原無差別殺傷事件と凡庸な無 »