« ミシェル・フーコーは生きづらさにどう答えたか? | トップページ | とりあえずイタリア語、3か月 »

2019.06.27

Echo Show 5を買った

 Echo Show 5を買った。つまり、これだ。



 買ったのは、単なる興味からだ。Echo Dotも買う気でいたが、Google Homeで十分に思えた。Echo Spoも買う気でいたが、逸した。まあ、今回はと。
 で、どうか?
 要するに、時計である。
 これにラジオの機能が付いている(radikoである)。
 まあ、基本はそれだけで、音楽も鳴る。CDプレーヤーの代わり、昭和人的には。
 当然、天気予報やニュースも見られる。
 それなりにいろいろ答えてくれる。ちなみに、G20のニュースを見ていて、安倍首相がけっこう背が高いので、その身長を聞いたら、178cmと言っていた。(ちなみに、Googleさんに聞いたら、175cm)。
 「F35の写真を見せて」と言ったら、Bingから写真を出してきた。
 これは便利かというと、まあ、普通に便利。
 使い方はいろいろあるだろう。最新ニュースを常に表示させたり、個人通知をリアルタイムに表示させたりと。
 僕自身はそういうのはうるさいと感じるので、基本時計で十分。

「ちみもうりょうという漢字を表示して」
「ごめんなさい、ちょっとむずかしいです」
「じゃあ、もっと漢字勉強してね」

「だじゃれを言って?」
「らくだに乗ったら、楽だった」

 Google Homeと比べてどうか?

「だじゃれを言って?」
「本棚に入れるのはやっぱり本だな」

 だじゃれはさておき、個人的な印象だが、調べごととかは、Googleの勝ち。Googleの他のサービスとの連携もいい。だったら、Google Nest Hubがいいんじゃねとも思うが、現在、大型パネルとGoogle Homeを連携しているので、そのニーズが僕にはない。
 今回も思ったことだが、この手のガジェットの最大の欠点は、電源だろうな。AC電源からコードをつなぐというのが美しくない。
 機能をもっとベッドサイド用に特化して、単一乾電池2個で一ヶ月くらい動くというのがあってもいいようにも思う。ただ、それだとつまりは、タブレットということか。
 子供が自立しはじめてきたので、こうしたテレビ電話にもなる装置で気軽にコミュニケーションが取れるといいようにも思うが、そこまで家族のつながりを重視するのもどうか。

 

|

« ミシェル・フーコーは生きづらさにどう答えたか? | トップページ | とりあえずイタリア語、3か月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミシェル・フーコーは生きづらさにどう答えたか? | トップページ | とりあえずイタリア語、3か月 »