« 2018年2月18日 - 2018年2月24日 | トップページ | 2018年3月4日 - 2018年3月10日 »

2018.03.01

"expect"という英単語の分節について

 英語をきちんと勉強したということがないような気がする。自著にも書いたが、自分が高校以降、英語という言語に付き合うようになったのは、偶然。それに大して英語ができるとも思っていない。そのわりに、言語学を勉強したし、イェスペルセンの英文法なども勉強したりして、なんとなく英語を勉強したような気がしている。実際、英語って変な言語だなと思う、その関心をつないで勉強してきたとは言えるのだろうけど、それでも振り返ってみると、きちんと勉強したという実感はないのに気がつく。それは、基本的な英語についての知識が抜けていたりするときに痛感する。こんなことも知らなかったのか、という落胆感でもある。今回のそれは、"expect"という英単語の分節についてである。
 フランス語を勉強するようになってから、分節についてよく意識するようになった。フランス人の先生にフランス語を習っているときでも、発音がおかしいときは、シラブルで切って説明される。それはちょうど、日本人の子供がひらがなを覚えるころ、ひらがなで1文字ずつはっきりと発音するのに似ている。そんな感じに浸っていると、フランス語には、一種のひらがながあるんじゃないか、という気持ちすらしてくる。フランス語には、「あ、い、う、え、お」の音、全部にそれぞれ意味のある単語が相当する。「か、き、く、け、こ」はどうか。「こ」はあったかな。思いつかない。quoi はある。「さ、し、す、せ、そ」とつぶやいて、「そ」はどうっけと思う、J'ai fait un petit sautとか、あるなあ。もっともフランス語は母音が日本語より複雑なんで5母音に押し込むことはできない。それでも、ひらがな的な基本のシラブル意識は強い。
 というところで英語はどうなんだろうと思った。基本的にどの言語も、発音の音声は、意識的な音素(音韻)にまとめられる。たとえば、"label"という単語の冒頭のLと最後のLの音価や調音は異なるが、同じLの音だとネイティブには認識されている。これの場合、2つのLの音が同一認識としてLという音素になる。そのあと言語学では、音素を組み立てて、形態素というのを考え、それから語(word)にもっていき、その間に、形態音素論というのを扱う。そんな感じ。
 だが実際には、音素から形態を考える過程で、形態音素論にすぐに直結する手前に、シラブル(拍)の構成論が存在する。日本語論だとシラブルというよりモーラとして扱う。英語だと、シラブルやモーラについては、それなりに言語学的には研究はされているが、学習とのリンケージはあまりなさそう。
 その分野となんと呼ぶのか別として、例えば、英語の場合、語頭・語末、あるいはシラブルの構造の前後の音素には、一定の規則がある。例えば、/s/の場合、語頭に/sk/や/sr/や/sm/はあるが、語頭に、/ks/、/rs/、/ms/は来ない。語頭の3子音連続だと、/skr/と/skl/しかない。
 ああ、そうだ。ここで余談になるが、こうした英語の子音の音素の特徴は、アルファベットの読み方にもちょっと関係している。ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZである。だれも知っているし、それぞれの文字が英語読みできるはず。で、ABCDEまでは、基本的に音末が/i/になっているが、Fだとそうなっていない。そこで、そうなっていない文字を抜き出すと、FLMNRSWXになる。WとXは歴史的に後からついたというか、書字のための文字なので除くと、FLMNRSになる。これ、FとSが摩擦音、MとNが鼻音、LとRが流音となり、破裂音ではない。これらは、母音と結びついて呼気が漏れる子音である。こいうのが、実は、アルファベットのなかで弁別的に意識されいて、アルファベットを学ぶだけで、この子音の特性が自然に理解できるようになっている。補足すると、Mは「えむ」みたいになるけど、Bは、「えぶ」にはなれない。
 閑話休題。
 いずれにしても、母音を核として、シラブルが分析でき、その場合、前後の子音の連続に一定の原理がどの言語にも存在する。
 で、冒頭に戻る。
 というか、表題に戻るというか。"expect"という英単語の分節(syllabication)についてだ。簡単に言えば、どうシラブルで区切るか。シラブルで区切ることができれば、ひらがなようにはっきりと発音できるようになる。
 答えは簡単に思える。区切りに中点を入れると、"ex・pect"となる。辞書にもそう書いてあるはず。で、発音はというと、発音記号では[ikspékt]となっているはず。あるいは、/ikspékt/(この表記の差は、音と音素の差だがここでは触れない)。
 そこで、発音記号上で、"expect"のシラブルはどうなっているのか? どう区切られているのか?
 辞書の項目では、"ex・pect"なのだから、発音上も、/iks・pékt/になりそうなものだと思うし、それでいいんじゃねと思っていたのだが、先日、60歳を過ぎてだよ、は!?と思った。これ、/ik・spékt/なんじゃないの?
 日本で出ている辞書をいくつかあたったのだけど、この解答はない。米国圏の辞書を見ると、例えば、一番米語的なMerriam-Websterを見ると、\ik-ˈspekt\とある。この辞書の音表記はあえて特殊なんだけど、それでも区切り位置は、 /ik・spékt/である。
 ええ? そうなのか?
 そうだとしたらどんな言語学的な理論でそうなってるんだ?
 と、疑問に思ったのである。
 わからない。どうしたらいいんだと考えて、ああ、そうだ、泰斗Gimson先生の本を読めばいいじゃん。
 解説がありましたね。というか、あるもんです。
 先生曰く、phonotactic principleだと、この例だと、/iks・pékt/になりそうだが、allophonic principleだと、/ik・spékt/になる。
 どういうこと?
 簡単に言うと、シラブルの発音で考えるなら、/ik・spékt/ということ。
 実際、ネイティブは無意識にそうやっているはず。
 で、意識的に、/ik・spékt/ふうに発音すると、やはり、ネイティブ音に近くなる、というか、私も含めて日本人英語だと、/iks・pékt/のようになんとなく発音しているんじゃないだろうか。もちろん、自然な英語音の流れではこうしたシラブルは大きく意識されないにしてもだ。
 ふーむ。
 実に些細なことといえばそうなんだが、2つ思った。
 1つは、この例は些細だとして、"acquire"はどうなると思いますか? どこでシラブルが切れるか? ”gratuitous"はどう? (tuiの部分をなんとなく二重母音化してませんか? でも、そんな二重母音は英語にないんですよ。)
 もう一つは、Gimson先生の説明読んでいると、これ言語学的にそれなりにきちんと裏付けられたのは、どうやら1992年とのこらしい。俺が大学院出た後じゃん。
 とはいえ、総じて、些細な問題のようだけど、英語教育で、きちんとひらがな用にシラブルを意識させて、「はっきりと」英単語を理解させるとよいのではないかなと思った。そうすることで、アクセント位置も理解しやすくなり、同時にアクセントのない位置の母音が自然な音声の流れでシュワ化することや、スペリングと音声の関係についても理解しやくなるだろう。
 まあ、賛同してくれる人は少なそうだけど。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.28

[書評] 生粋パリジェンヌ流モテる女になる法則(ドラ・トーザン)

 もう10年以上前の本で、『生粋パリジェンヌ流モテる女になる法則』(参照)という書名もちょっとどん引くものがあるが、なんとなく読んで、なんとなく心に残ったことがある。本の内容全体についていえば、この書名から連想されるとおりで、率直に言えば、日本人がフランス人について抱いている幻想となんとなく合っているように思う。

 まず些細なこと2つ。1つは香水のこと。この本、手にしたとき、香水のこと書いてあるんだろうなと思ったら、書いてあった。予想外のことはなかったけど、香水というのがやはり生活の一部なんだというのに納得。
 もう1つはコーヒーのこと。『嫁はフランス人』にもあったけど、朝起きて一番にコーヒーを飲むようだ。これってフランス人に普通のことなんだろうか。あるいはフランス人と限らないのだろうか。ちょっとググってみると、起きてまずコーヒー一杯、というのはよくないという情報が出て来る。読むと、さほど理由らしきものもない。こういうネタがあるということは、きっと朝起きたらコーヒー一杯という人も、フランス人と限らず少なくないということなのだろう。
 私は目覚めてコーヒー一杯ということはしない人だったのだが、この数日、起きたらブラックコーヒーを飲んでみた。で、なるほどねと思う。起きがけの一杯のコーヒーの味はなんとなく違う気がする。不思議なものだな。
 さて、と。
 この本で、なんというのだろう、考えさせられるというほどではないけど、心に引っかかったのは、「ラマン(愛人)を持つことのススメ」という話だ。L'amantという言葉の語感がよくわからないというか、「恋人」というのとどう違うのかも気になった。こう書いてある。
《恋人、そしてラマン。なかにはラマンとだけつきあっているパリジェンヌも。
 どう違うかというと、オフィシャル(公的)な恋人は、あらゆる場所に一緒に行く。カップル社会フランスでは、パーティやレストランなどに伴うのはもちろん、オフィシャルな恋人。実家に招待して一緒にクリスマスを過ごしたりする。》
《ラマンは公にはしないものだ。その関係性は、あくまでライト。今、そのとき、楽しいという気持ちを共有するパートナーだ。将来のことを考えたりもしないし、日常生活に踏み込まない。嫉妬をしたり、会えないからと機嫌を損ねたりすることもない。会いたいときに会い、楽しく過ごす。……》
 ラマンというと、マルグリッド・デュラスの小説を連想するが、あれってそういうことだっただったろうか。というのと、ここで言われているラマンというのは、フランス人にとっては普通の感覚なのだろうか。もちろん、フランス人にもいろいろあるのは当然理解するけど、こういう恋愛感覚というのがあるのだろうか。
 よくわからない。アメリカにはないような気がする。イギリスにもないような気がする。日本にはたぶん、ないだろう。これって、フランスのある種の文化なのだろうか。なんとなくだが、そういう文化とも違うような気がする。なんかよくわかんなくなってきたが。
 心にひっかかるのは、これって、恋愛とか愛とかいう、なんとなく自明に思っているある感覚と微妙にずれているような気がするからだ。
 それに関連してか、この本ではこの話の前に「不倫だって考え方では純粋な恋愛」という話もある。内容はだいたいこの見出し通りなので、引用はしない。ついでにいうと、「常に誘惑し続け、愛の炎を絶やさない」という見出しの話もある。
 そのあたりが奇妙に心にひっかるけど、なにかまとまった自分の考えがあるわけではない。
 ところで、この本、書名からすっかり女性向けの本だと思ったら、終章に「日本の男性へのメッセージ」というのもあった。概ね、普通のこと、というか、フランス人ならそうだろうなという想像の範囲内のことしか書いてないないようだけど、いや、これ、そうでもないなあとも思った。さて、このメッセージを日本人男性の私は受け取るんだろうか。
 気が向いたら、ドラ・トーザンさんの他の本も読んでみようとも思った。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.27

[コミック] 宝石の国 8巻まで

 なんとなくアニメのほうで見始めた「宝石の国」だが、その後、その先の話が知りたくなったのと、コミック版の印象を確かめたいような気持ちもあり、コミックのほうを、現在出ている8巻まで買って読んだ。

 面白いです。美しいです。この作品、ほとんどアートじゃねというか、その面ではフランスとかでも受けるじゃないだろうか。
 コミック版を前にして、アニメのシーズン1との差異にまず関心が向いたのだけど、結論からいえば、美的なあり方はアニメはアニメ、コミックはコミックとして別でいい。ただ、別とはいっても、主人公のフォスについては、アニメの声優の声が圧倒的で、8巻読んでいても、その声優のイメージが抜けない。
 アニメのシーズン1の終わりは、コミック側から見ると、少し無理しているな感はある。シーズン2になったとき、そのあたりの補正になるのだろうが、難しいんじゃないか。
 コミックで通して読むと、この物語、とにかくイマジネーションが異質すぎて、わけわかないし、主人公のキャラのアイデンティもグニョグニョ変化していくへんてこな物語なんで、そういう異質感は新鮮だし、それが一枚一枚の絵画的なアート的センスとも合っていて美しいのだけど、なんどか読みながら、そして、物語の進展につれて開示される謎とも合わせていくと、ああ、これってまさに日本だと思った。すごい、日本的。
 以下、ネタバレ含む。

 何が日本なるものかというのは、基本多様なんで各人が勝手なこと言えばいいと思うのだけど、それでも宗教的に見て、日本独自かなと思うのは、まず骨信仰だろう。広義に骨信仰というなら、アジア全域にも見られるし、欧州にないわけでもないが、インド型の場合は、火葬が前提なんで、仏舎利というのも、火葬の残りになる。どうでもいいことだが、寿司などでごはんのことをシャリというのは、この仏舎利に由来する。厳密には、中国唐代にこの比喩はあるらしいが、日本で定着している。どうでもいいついでで言うと、五重塔とかはストゥーパは仏舎利を収めるもので、本質は仏舎利のほうにある。
 宝石の国というのは、まずもって、このシャリから骨の世界を扱っているのだけど、そこに存在と死の感覚を焦点的に持つというのは日本的としか言えないのではないか。さすがに戦後から年月が流れているが、未だに遺骨収集とか国家プロジェクトで行っているのは日本くらいではないだろうか。
 骨に注視したとき、必然的に、肉なるものも現れる。ヘレニズム世界的には、日本では聖書的世界観と言うべきかもしれないが、肉はσαρκὸςであり土であり、これに霊はπνευμαであり息になる。が、日本の場合は、まず、死の骨と生の肉に分かれる。そして、骨の側に死霊が付くのだけど、これに成仏が関連してくる。現代でも未だに日本人は、ご冥福をお祈りしますとして、霊界にさまよう成仏しない霊が気になる。
 この構造だが、人間というのは、骨と肉と成仏しない霊からできていることになる。この成仏しない霊に、祈りや供養が対応して、霊の無化が問われる。おそらく、そうしないことで、霊はこの世に祟るからだろう。
 宝石の国はまさに、こうした日本人の原形的な宗教感覚からできていて、しかも月人は竹取物語の月人のイメージに合わさっている。ここが難しいところだが、この月人のイメージは天皇のイメージと重なる。竹取物語というのは、天皇の地上の権力に抗う力の物語である。
 8巻までの物語のなぞは、なぜ、金剛先生は、成仏しない霊である月人に祈らないのか、ということと、それが宝石を愛している理由はなぜなのか、という2点になる。そこはどうなるのだろうかというと、想像もつかない。日本宗教的な考えなら、月人を成仏させることは善であるべきだろう。
 ただし、この物語から超えるのだが、そうした成仏の予定調和的な機能がまさに、天皇なのだろう。金剛先生の本来の機能が天皇なのだとも言えるだろうし、むしろ、そこから逸脱して狂ってしまった金剛先生と宝石たちは、日本人の、天皇をまきこんだ宗教意識の根幹に対して、どういう違和を発しているのだろうか。そこがこの作品の現代的な意味だろう。
 宝石の国という物語を、その内在的な問いかけから見るなら、辰砂の存在理由にある。おそらく主人公のフォスは、辰砂の存在理由の問いかけを物語的に引き出す装置であると見てよいだろう。この世界からはじき出され、害毒だけしかないと自己認識し、死ぬことを願う存在とは何か?
 このあたりの宗教意識は、「とく死なばや」という日本中世の宗教意識とも通底する。
 この無意識的な謎の2構造で見るなるなら、成仏を祈らない金剛先生と、「とく死なばや」として死にきれない苦しみの存在である辰砂は通底しているはずだ。
 それは宗教的というより形而上学的な問いかけだろうし、その次元で初めてこの物語がユニヴァーサルな意味を持つようになるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.26

Vape吸ってみた その1

 こうしたものに関心を持つようになって、他についても、自分は薄味派というか淡白な嗜好があるのかなと思うようになった。エロ趣味とか、こってこってのほうが好きなんじゃないか自分、とかも思っていたけど、実際、こてこてしたAVとか見ないし、なにかと薄味派なんだろうか。っていうか、自分、趣味悪いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.25

[書評] 9.11後の現代史(酒井啓子)

 『9.11後の現代史』(参照)という表題になっているが、9.11後の現代史の全体を扱った書籍ではない。ロシアや中国、東アジア、南米などの処地域やジオポリティクなパワー、また分野としては金融や経済、サイバー戦争といった側面など、9.11後の現代史を特徴つける諸要素も含まれていない。その意味で、9.11後の現代史を俯瞰する書籍ではないが、中近東の現在とそれが世界にもたらす影響についてはほぼ網羅的に扱われているうえ、簡素に読める点で貴重な書籍となっている。その思いは著者の次の言葉にまとめられるだろう。

 《本書は、21世紀の中東しか知らない若者には、「今見ている世界と中東がこんなに怖いことになってしまったのは、そんなに昔からじゃないんだよ」と伝え、20世紀の中東を見てきた少し年嵩の人たちには、なぜ世界と中東がこんなことになってしまったのかを考える糸口を示すために書かれたものである。》
 内容については、目次からもわかりやすいように、中東問題について各トピックを章ごとにしめし、そこでのクロニカルな説明を展開している。

第1章 イスラーム国(2014年~)
第2章 イラク戦争(2003年)
第3章 9.11(2001年)
第4章 アラブの春(2011年)
第5章 宗派対立?(2003年~)
第6章 揺れる対米関係(2003年~)
第7章 後景にまわるパレスチナ問題(2001年~)
終 章 不寛容な時代を越えて

 第1章がイスラム国となっているのは、日本の読者の関心を意識してのことだろう。この章の内容は概ねプレーンに書かれているが、意外にもトルコの要因については言及されていない。このため、現下のクルド勢力(YPG)の構図などが本章では解きにくい。別の言い方をすれば、発売されて1か月してすでに状況が大きく変化している。この面については、第6章につながっているので、参照ポインターのような編集の配慮があるとよかったかもしれない。
 第2章のイラク戦争については、その年代が2003年とされているように、湾岸戦争からの背景史は捨象され(イラクでの国連制裁の問題なども含まれていない)、概ね、米国ネオコン暴走というかイデオロギー主眼の視点に立っている。対照的にエネルギー問題、つまり原油のコモディティ性の維持と米国の関わりの視点は本書では薄い。オバマ政権の中東への脱関与もシェールガス革命の側面の説明はない。
 第3章の9.11についても、ソ連のアフガン侵攻の前史は簡素に描かれているが、スコープはやや狭い。ヘロイン生産などの視点は薄い。アフガニスタンの問題は現在も大きな問題だが、その面での展望を知るヒントは得づらい。別の言い方をすれば、オバマ政権時のアフガニスタンの扱いについての言及が少ないからだとも言えるかもしれない。
 第4章のアラブの春については、日本では現状にあまり関心が向けられていない状態では、本書の現状の概要は重要だろう。個人的にはリビアの扱いについては、イラク戦争との対比でもう少しその矛盾について言及があってもよいように思えた。
 第5章の疑問符が付された宗派対立についての説明は、次章、第6章の揺れる対米関係との著者の専門分野であることからも、二章関連して、かなり濃い内容になっている。また、現在の中東情勢を理解するヒントも多い。この二章を中心に一冊にまとめたほうがよかった印象もある。
 第7章の「後景にまわるパレスチナ問題」もこの章題に思いが込められているように、まさに「後景」となる現在性が重要である。トランプ政権の、国際的には非常識に見える対イスラエル対応も、こうした後景の問題が潜んでいる。またこの問題に関連して、なかでも、ヒズボラの扱いについてはあまり日本では知られていないようなので重要だろう。簡素に言えば、本書では括弧つけされているが「アサド政権の悪行に手を貸すシーア派の民兵」という問題である。
 終章の「不寛容な時代を越えて」については、欧米における排外主義の問題を指摘しているが、率直に言って、本書の全体的な問題提起には対応していない。
 全体的に、このテーマではどうしようもない矛盾が存在する。冷戦期を挟む南米問題での米国の関与が概ね好ましくないことから、では中近東に米国が関与しないほうがよいのかというとそうとも単純に言い切れない。その矛盾の最大点はシリア問題で起きた。オバマ政権に何ができただろうかという擁護もあるだろうが、その曖昧な非関与が悲劇を拡大したことは確かだろう。トランプ政権の外交戦略は、世界のリベラル派からは表面的には批判されているし、特にトランプ大統領の直接的な言動を見ればそうした批判も当然だろうが、米国としての対応で見るなら、オバマ政権からの大きな変化はない。
 安易な解決策はない。問題はかなり複雑である。それでも、平和とはただ念じて達成するものではないなら、現代の人々は世界を学んでいかなくてはならない。本書はそうした視点で見るなら、とても読みやすい入門書であると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月18日 - 2018年2月24日 | トップページ | 2018年3月4日 - 2018年3月10日 »