« 微妙な検閲と微妙な排除 | トップページ | [書評] 歴史をつくった洋菓子たち (長尾健二) »

2018.03.08

プルーム・テックを吸ってみた その7 プチ復活編

 vapeに移行してプルーム・テックはもう吸わなくなったかというと、微妙にそうでもない。むしろ、vapeへの嗜好が薄味になり、そして、複雑な味がいいという感じになり、vapeで単純なフレーバーを吸わなくなったことの反動で、プルーム・テックの、ある意味、単純な味をいいかもしれないと思うようになった。実際のところは、プルーム・テックの味はそれほど単純でもないけど。
 きっかけは、メンソールである。vapeでもそうだけど、微妙にメンソール感があると吸いやすい。この微妙にというところがめんどくさい。と同時に、それなりにシンプルなメンソールもいい。じゃあ、普通にプルーム・テックのメンソールは、と思い出し、こいつはまだ吸ってなかったことを思い出した。吸ってみた。悪くない。実際のところ単純な味ではないのだけど、矛盾するようだけど、シンプルなメンソールになっている。いいんじゃないのこれ、と思い直した。
 火をつけるタイプのタバコを吸いたいとは思わないが、昔少し吸っていたころ、かなり軽いメンソールタバコも悪くないとは思った。バージニア・スリムとか嫌いではなかった。EVEというタバコのメンソールは好きだったように思う。EVEはパッケージがきれいでそれもよかった。今調べてみると、日本での販売はなく、また外国でもあのデザインは変わっているようだ。プルーム・テックのメンソールはあんな感じに近いかなと思った。
 思い出したが、この手のメンソールを吸っていたころ、知人に、それオカマのタバコだけど、きみ、おかまだったっけ、とか言われたことがある。いやヘテロなんだけど。バイでもないけど、とか思って奇妙だったが、どうも自分にはそういうところがある。趣味が微妙にゲイっぽい。という連想で思い出したが、この手のメンソールを吸ったあと、アレをするのもよくあることらしいと知った。昔、クリントンのスター報告を読んでいて、アレ、だ、と思った。アレ、についてはなんとなく自粛するが、現在だと、フリスクだろうなと思って、フリスクとアレで検索したらビンゴでした。人間ってそんなものですよね。僕自身はやってないけど、まだ。
 なんの話でしたっけ。
 プルーム・テックだ。というわけで、プルーム・テックもいいんじゃないのという感じに戻ってきた。が、ニコチンってどうなんだろう。また、プルーム・テックも、個人によって違うが、キック感というかいがらっぽい感じのもあるし、そのあたりもどうだろう。基本的にニコチンが欲しいということはないし、たぶん、ニコチンの依存性はないと思う。
 なんだろか、ニコチン。話が逸れていくが、タバコって別にニコチンは要らないと思う。そしてタールはかなり減らせる。じゃあ、害ないんじゃないというと、いろいろ研究が進んでいるが、vapeにも害はありそうだ。勧められるものでもない。ただ、それをいうと、普通の食事でも気にするとめんどくさい食品もある。ひじきの砒素、マグロ刺身の水銀、納豆のイソフラボン、ほうじ茶のアクリルアミド、葉野菜の硝酸塩、発酵食品の雑菌などなど。そして、他方に、カフェインのないコーヒー、アルコールのない酒、そして、ニコチンのないタバコ。
 まあ、どうという結論もないけど、時代は変わって、人間の悪癖も変わるのだろう。


|

« 微妙な検閲と微妙な排除 | トップページ | [書評] 歴史をつくった洋菓子たち (長尾健二) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/66482989

この記事へのトラックバック一覧です: プルーム・テックを吸ってみた その7 プチ復活編:

« 微妙な検閲と微妙な排除 | トップページ | [書評] 歴史をつくった洋菓子たち (長尾健二) »