« [書評] フランス人 この奇妙な人たち(ポリー・プラット) | トップページ | 予定された新元号が急遽変更 »

2018.03.30

脆い東京

 先日、飯田橋のあたりを歩いていて、海抜4mという標識を見かけた。このあたりでも、4mほどかあと思った。神楽坂のほうに歩いていくと坂になっているし、アンスティチュ・フランセも坂にあるので、あの一帯が低地というほどでもないし、そもそも4mもあれば浸水っていうことはないかとも思った。そして、昨日、神田川沿いに歩いて桜を見ていたのだが、改めて神田川が流れるのを見ると、けっこう深い。4mどころじゃないなあ。あれが川の水位だとすると、このあたりの海抜もけっこう低そうだと思った。で、それから何を思ったかというと、東京はけっこう洪水に弱そうだなということだった。
 そして7時のニュースを見たら、東京都が洪水についての情報を出したことを知った。いわゆる「スーパー台風」による高潮があると、これが川をさかのぼり、東京23区のうち17の区で浸水させるという。つられて元の情報をあたってみると、飯田橋の駅あたりは浸水そうだった。神田川は早稲田あたりは大丈夫そうだった。それでも、地図を見るとけっこう浸水するのがわかる。墨田区、江東区、江戸川区あたりは全域沈むなあ。大災害の可能性は高い。が、逆にいうと、東京全域が沈むわけでもないので、特定地域の非難を確立しておけばいいのだろう。
 そういえば、これも先日、広尾から新宿に向かうおり、バスに乗った。新宿の街並みには慣れているので、降りる場所もわかるのだが、バス停名としては「新宿追分」というのだなとあたらめて知った。降りて、紀伊国屋書店のビルを見る。このビルは私の青春がつまっているようなものだなと思う。古い。という印象でいたら、このビル、震度6で倒壊の恐れがあるらしい。
 これもまた東京都の情報。平成25年施行の改正耐震改修促進法を基準に、都内のビルなど852棟を再調査した。震度6強以上で倒壊・崩壊の危険性が高い建物が156棟。紀伊国屋ビルディングもこれに入る。危険性がある建物だと251棟。数だけ見ると、すごいなと思うが、区内にはビルが多いので、そのくらいかなとも思える。
 とま、簡単にいうと、洪水で隅田川以東は沈む。震度6で昭和の建物の多くは倒壊する。けっこうな災害だなと思う。
 が、再考してみると、東京が全滅するというほどでもないだろう。
 他に想定される災害はなにかな。富士山の噴火も想定されるが、東京の壊滅というほどではないだろう。
 なんか重要な災害想定を忘れているような気がするがなんだろ? 


|

« [書評] フランス人 この奇妙な人たち(ポリー・プラット) | トップページ | 予定された新元号が急遽変更 »

「社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/66558411

この記事へのトラックバック一覧です: 脆い東京:

« [書評] フランス人 この奇妙な人たち(ポリー・プラット) | トップページ | 予定された新元号が急遽変更 »