« プルームテックを吸ってみた その4 | トップページ | [アニメ] ヴァイオレット・エヴァーガーデン その0 »

2018.02.07

プルーム・テックを吸ってみた 番外編 郷愁の匂い

 村上春樹の小説『色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年』の題名にある「巡礼の年」は、その物語のなかでも説明されているが、フランツ・リストのピアノ独奏曲集《Années de pèlerinage》の題名である。この小説を読んだ当時の私は、まだフランス語の勉強を開始していなかったし、往々にしてフランス語の単語は対応する英語の単語から意味が類推できるものだが、"pelerinage"という英単語は知らなかった。英英辞書を引いても項目はない。フランス語の単語なのだから、当たり前のことだ。その後、フランス語になじむようにはなったが、この語は語学の初心者が率先して増やす語彙にはない。それでも仏語というのに慣れてくるとその言葉への接し方も変わる。派生の関係で捉えるようになる。《pèlerinage》については、まず《pèlerin》がある。それは「巡礼者」である。ドラクエの主人公も杖を持っているが、まず杖(bourdon de pèlerin)を持ち、そしてわずかな旅の持ち物を巾着袋に入れてぶら下げている、あの姿であり、そこから一本の道から風景が広がり、「巡礼(pèlerinage)」になる。「お遍路」も《pèlerinage》だし、メッカ巡礼(ハッジ)は《Pèlerinage à la Mecque》である。比喩もそこにあり、《pèlerinage littéraire》は「文学散歩」とでもいうか、文豪や文学作品ゆかりの地を旅することだ。そうして、聖地を旅した年月が《Années de pèlerinage》で、このリスト作品も「年月」の含みだが、村上春樹作品では一年という含みになっている。
 そのリスト曲集に《Le mal du pays》がある。村上の作品でもその曲名が引かれ、灰田によってこう語られる。

 Le mal du pays フランス語です。一般的にはホームシックとかメランコリーといった意味で使われますが、もっと詳しく言えば『田園風景が人の心に呼び起こす、理由のない哀しみ』。正確に翻訳するのはむずかしい言葉です。

 村上が小説に記すこの説明でいいのか、私にはわからない。ただ、フランス語の初心者でもこの言葉は理解しやすい。似た形の《mal de mer》なら、「海の病」。英語ならそのまま"seasick"である。《Le mal du pays》もそのまま訳せば、「国の病」で、英語の"homesick"でいい。日頃使う辞書『Le Dico』にも「ホームシック」とある。《pays》には「田舎」の含みがあり、《"le paysage de pays"》という言い方もあるので、「田園風景」も間違いではないのかもしれないが、それほど翻訳に難しい言葉でもないように思われる。
 また、リスト作品の文脈でいうなら、この曲に付されたセナンクールの小説『オーベルマン(Orberman)』の言葉に対応し、次の引用の情感を示している。

je crois que j’hésiterais peu ; mais je me hâte moins, parce que dans quelques mois je le pourrai comme aujourd’hui, et que les Alpes sont le seul lieu qui convienne à la manière dont je voudrais m’éteindre.

(仮訳:すべての絆を振り切るかあるいは40余年もそこにしかたなく留まるか、どちから今選ぶべきなら、私は少しためらうでしょう。ですが、慌ててもいません。というのも、この数か月、私は今日のようにすごせます。そしてこう思うのです、アルプスしか私が消え去るに適した場所はないのだと。)

 セナンクールのその小説では、この部分はパリから友人に送った手紙の一部で、オーベルマンはむしろ、都会であるパリの異邦人として、ホームシックを覚えている。つまり、田園風景が喚起する哀しみといったようなものでもない。
 とはいえ、「田園風景が喚起する哀しみ」という表現は興味深い。フランス語で《la tristesse que le paysage de pays est évoqué》とでもなるだろうか。
 いずれにせよ、田園風景を思うと、ある郷愁のような感覚は惹起させられる。遠くで枯れ草を焼くような、ほのかな臭いを伴って。
 と、プルーム・テックに、"Flax"というリキッド入りのアトマイザーを装着して使っていると、そうしたほのかな臭いを感じた。遠い農村、懐かしい畑の広がり……さみしいような悲しいような……。

|

« プルームテックを吸ってみた その4 | トップページ | [アニメ] ヴァイオレット・エヴァーガーデン その0 »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/66367197

この記事へのトラックバック一覧です: プルーム・テックを吸ってみた 番外編 郷愁の匂い:

« プルームテックを吸ってみた その4 | トップページ | [アニメ] ヴァイオレット・エヴァーガーデン その0 »