« [書評] 踊る裸体生活(森貴史) | トップページ | [書評] 最強の女(鹿島茂) »

2018.01.11

カトリーヌ・ドヌーヴを含め100人の女性が主張したこと

ル・モンドで発表された(参照)、カトリーヌ・ドヌーヴを含め100人の女性が主張したことを、自分でも考えてみたいと思い、仮訳してみました。誤訳があるかもしれません。というか誤訳が多いかもなので、あくまでご参考までに。


《私たちは、性的自由に不可欠な、迷惑をかける自由を擁護します。》

レイプは犯罪です。しかし、しつこかったり下手くそだったりしても女の気をひこうとする行為は違反ではありませんし、女をくどくことは男性優位主義の攻勢でもありません。

ワインスタインの事件後、特に権力を乱用する男性のいる職場において、女性に対する性的暴力が法的に認識されるようになりました。それは必然的なことでした。しかし、その言論の自由は今日逆の方向を向いています。こうすべきだという口調や、むっとくる人を黙らせることを私たちに命じています。そして、そうした押し付けを拒む女性は、裏切り者だ、同罪だと見なされます!

魔女狩りが盛んな時代のような、女性保護論や、永遠に犠牲者の地位に縛り付けるほうがましだとする彼らの解放論や、邪悪な男性主義者に掌握された貧しく弱いものについての議論があります。こうした議論を一般的に良いものだと偽って借用するのが、ピューリタニズム(粛清主義)の特性です。

密告し糾弾すること

実際、#metooのタグは、報道とソーシャル・ネットワークで、密告と個人への公開糾弾のキャンペーンを導いています。こうしてその個人は、応答もできず自分を擁護する機会もないまま、性犯罪者とまったく同じ場所に置かれているのです。この拙速な判決ですでに犠牲者がいます。職場で制裁を受けた男性や、辞職を強いられた男性などです。彼らがしたことといえば、膝に触れたり、不意にキスしようとしたり、職場の会食で個人の恋愛話をしたりしたことくらい、あるいは、片思いの女性に性的な含みのメッセージを送ったりしたことくらいです。

こうした「豚野郎」を屠殺場に送り込めとする熱病は、女性の自己決定を援助することからかけ離れ、性解放の敵や過激な宗教者や最悪な反動主義者、さらには実体的な善概念とそれに見合ったビクトリア朝時代の倫理観のもとに女性とは「特別な」存在つまり大人の顔をした子供だから保護が必要なのだと信じている者たちの便宜に役立っているのです。

他方男性が召喚されるのは、その過ちを罰するために、過去を省みて心の底から、10年前、20年前、あるいは30年前に犯していたかもしれない、そして悔い改めねばならない「誤った振る舞い」を見出すためです。衆人が見るなかでの告白や、検閲者を自認する者がプライベートな部分まで侵している様子をごらんなさい。これが全体主義の社会を作り出しているのです。

粛清の波は留まることを知らないかのようです。あれをごらんなさい。ポスターに描かれたエゴン・シーレの裸像は検閲されています。こちらをごらんなさい。変態的小児愛者の弁護になるかもしれないということでバルチュスの絵画を美術館から引っ込めろと言われています。作家と作品が混乱され、ローマン・ポランスキー回顧のシネマテーク・フランスでの上映禁止が要求されていますし、ジャン=クロード・ブリソーに捧げた作品は延期になりました。ある大学教員は、ミケランジェロ・アントニオーニの映画『欲望』を「ミソジニー(女性蔑視)」で「許容できない」と判定しました。こうした修正主義のもとでは、ジョン・フォード(『捜索者』)や、ニコラ・プッサン(『サビニの女たちの略奪』)も同様に危ういでしょう。

すでに、編集者によっては、私たちのいく人かに対して、私たちが描く男性人物について「差別主義」が薄まるように、また性や愛について話すときは過度にならないようにと求めています。あるいは、「女性キャラで苦しむトラウマ」をもっとあからさまにしろと求めます! この手のバカバカしいことといえば、スウェーデンの法案は、性交渉の候補者に対して明示的に通知された同意を強要したいのです! あともうひとふんばりで、一緒に寝たい大人二人は、事前にスマホの「アプリ」で、受け入れ方法と拒否の方法が正式に記載された文書にチェックするのです。

他者を不快にする自由は欠かせないものだ

哲学者リューヴェン・オジアンは、芸術的創造に欠かせない、他人を不快にする自由を擁護しました。同じように、私たちは性的自由に不可欠な、迷惑をかける自由を擁護します。

現代の私たちは、性的衝動が侵犯的で野蛮な本性に由来すると認めて十分に警戒していますが、他方不器用に女をくどくことと性的攻撃を混同しないほどには十分に明晰です。とりわけ、私たちは、人間というのは、一枚岩ではないことを意識しています。女性というものは、同じ一日の間でも、職場のチームリーダーを務めることと、男性の性的対象であることを享受することができるのです。しかも「やりまん」にも家父長制の卑劣な共犯者にもならないでいられるのです。女性は自分の給料が男性の給与と同じであるように心を配ることができる反面、たとえそれが犯罪であれ、地下鉄の痴漢にまったく心を傷つけられずにいることもできます。女性はそれを大げさな性的悲惨の表現、または大したことじゃないと見なすこともできます。

権力乱用の告発を逸脱して、男性と性的であることへの憎悪の顔を持つフェミニズムのもとに女性として私たちがいるとは認識しません。性的に誘う提案にノーと言う自由は、迷惑をかける自由なくしてはうまくいかないと私たちは考えます。 そして私たちは、この迷惑をかける自由にどのように対応するかを知るべきだと考えます。そうでなければ、自分自身を彼らの餌食の役割に閉ざしてしまいます。

子供を持つことを選んだ女性のために、私たちは、その娘が十分に情報を得て、怯えもなく非難されることもなく、生活を満喫して育つことが賢明だと思っています。

女性の身体に影響を与える可能性のある出来事でも、必ずしもその尊厳にまで達しているわけではなく、時としてつらくても、その女性をけして永続的な犠牲者にしてはいけません。なぜなら、 私たちの本質は私たちの肉体に矮小化できないからです。私たちの内なる自由は不可侵です。そして、私たちが大切にしているこの自由には、リスクや責任なくして享受できるもでもありません。

|

« [書評] 踊る裸体生活(森貴史) | トップページ | [書評] 最強の女(鹿島茂) »

「時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/66267260

この記事へのトラックバック一覧です: カトリーヌ・ドヌーヴを含め100人の女性が主張したこと:

« [書評] 踊る裸体生活(森貴史) | トップページ | [書評] 最強の女(鹿島茂) »