« 2017年4月30日 - 2017年5月6日 | トップページ | 2017年5月14日 - 2017年5月20日 »

2017.05.12

韓国大統領選挙雑感

 韓国大統領選挙については、事前の世論調査から文在寅氏が圧勝することは想定されていたので、その点から言えば、ほとんど関心を持たなかった。また文氏は、昨年8月にその前段階として竹島訪問をしていたので、対日的な考えもそこから類推できる。その点でもあまり考察するべきことはなさそうである。では、なんの関心もないのかというと、そうでもなかった。
 圧勝ではあるが、その内実については意外に興味深かった。当選した共に民主党の文在寅氏が1342万3800票(得票率41.08%)、自由韓国党(旧セヌリ党)の洪準杓氏が785万2849票(24.03%)、国民の党の安哲秀氏が699万8342票(21.41%)となり、洪氏と安氏を合わせて仮にこれを反文氏として見ると、45.44%対41.08%として、文氏が劣る。単純に、文氏への国民的な支持はそれほど高くなさそうだ。さらに全体として見れば、六割ほどの韓国民は文氏を支持していないともいえる。また背景として投票率もあるが、1.4%増で多かったとは言えるものの、社会変動がうかがえるというほどでもない。
 加えて、これも当然の帰結なのだが、文氏の共に民主党は現状第1党だが、現総議席数299中119と過半数に満たず、首相就任にも野党協力が必要になる。だが反保守の建前から自由韓国党との妥協は難しく、40議席を持つ国民の党と妥協になるだろうと早々に想定されるなか、国民の党の李洛淵氏が首相候補となった。李氏は東亜日報の東京特派員として駐日経験もあり、政治家として韓日議員連盟の幹事長を務めたことから、日本では知日派として期待する向きがある。が、この「知日派」というのは実質的には経済面に限定されると見てよいだろう。
 組閣後の政府としてはどうなるかだが、おそらく自由韓国党が議会に一定の力を持ちづけるので不安定な状態になるのではないかと思う。これは同時に、文氏に投票した層からの離反の懸念もあるだろう。ただし、国際世界が懸念している軍事面では、すでにTHAAD問題が片付いているので大きな変化はないのではないか。あとは、北朝鮮が無用な挑発をしなければ温和に推移する可能性はある。
 他面今回の選挙では、韓国の世代間の分裂が見られるだろうと予想していたが、蓋を開けてみると、これはかなりすごいなと思えた。見やすいまとめとして中央日報報道を借りた中国報道のグラフで示す。

 洪氏の追い上げの最終数値の差はあるようだが、それでも世代間傾向として大きな差はないだろうし、KBSなどで見た他ソースとも概ね合っていたのでこれを元にすると、30代、40代が圧倒的に文氏を支持していることがわかり、60代以降でその傾向が逆転する。これをどう見るかだが、まず、若い世代と老いた世代の対立という構図で見やすい。しかし、KBSでも指摘されていたが、若い世代に着目する前に50代で文氏と安氏の支持が拮抗している点のほうが興味深いだろう。その意味合いだが、韓国経済の実質的なビジネスの中心層はそれほど文氏に期待してないのではないだろうか。このことは、文氏の経済面での公約にも関連する。
 文氏は、深刻な若者の雇用問題について、「公共部門で81万人分の雇用を創出する」という公約を打ち出している。また民間では50万人の雇用創出としている。これは、どうやら現状の130万人と言われる失業から逆算した数値らしく、またその数値からさらに公約実現に年平均35兆6000億ウォン(約3兆6000億円)、5年で178兆ウォン(約18兆円)を算出したようだ(参照)。額で見ると、昨年の韓国の予算が386兆7000億ウォン(約38兆円)なのでその十分の一をつぎ込むことになる。それが可能かどうか、有効なのかどうかは私には判断できない。だが、こうした雇用面の公約がいわゆる三放世代からの支持を受けて今回の世代間断絶にもつながっているのだろう。そして50代以降のビジネス経験の層からは懐疑的に見られているのだろう。
 60代以降で文氏の支持の反転で興味深いのは自由韓国党(旧セヌリ党)の洪準杓氏の支持が目立つことでこれは、この図にはないが70代ではさらに広がっていた。60代以降というと、ネットの世代からすると老人層だと思うのも当然だし、私などもそう思うのだが、気がつくとこの私はこの夏60歳になり、この層に近い。
 私は、朴正煕が1961年の軍事クーデターで国家再建最高会議議長に就任したときの記憶はさすがにないが、1973年の金大中事件や1979年の朴大統領暗殺はよく覚えている。翌年の光州事件も覚えている。この事件は民主化運動だったが、北朝鮮関与がささやかれた(歪曲である)。直接的な影響ではないものの、朝鮮戦争後の緊張した体制が韓国国家のあり方をずっと引きずってきた、あの空気を生きた世代である。こうした歴史経験を保持しているのが、どうやはら60代になってきたのである。あるいは、民主化が開花した達成のようでありながら、その渦中にいた年代から見えにくい韓国国家がしだいに生まれつつあるのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.10

[書評] 数学の歴史(三浦伸夫)

 この3月のことだが、テレビ番組の改編期にあたりテレビ・レコーダーの機能を見渡し、ジャンル別に自動選択するモードを使ってみると、「数学の歴史」という番組がひっかかり、それはなんだろうかと概要を見ると、放送大学の講義だった。どうやら3月に数学の歴史と限らずいくつか集中講義というか、まとめ講義をするらしかった。

 現代では数学の歴史をどう教えているのだろうかと興味があったので、とりあえず全部録画して、そして学生さんのように学んでみた。この講義が意外なほど面白く、その後、講義のテキストと関連書籍なども読んだ。
 数学史への関心には懐かしさもあった。10代の終わりになる。自著にも書いたが、たまたま文系・理系といった分類のない大学に入り、入学して最初に学ぶことができたのが数学史であった。その講義は、当然といえば当然なのだが、当時隆盛を極めたブルバギの数学史を基礎にしたもので、それからヒルベルト・プログラムからゲーデルの不完全性定理などの話に進んだ。1970年代の終わり、ゲーデルについてはまだ日本のポストモダン哲学が騒ぎ出す前のことだった。
 あのブルバギの数学史はたしか現在では、古典として、10年くらい前にちくま学芸文庫に入っているはずだと、アマゾンを覗くとすでに絶版だったので少し驚いた(参照上参照下)。こういうとき、もとの東京図書のほうが残っていたりするものだと、見ると、1993年の訳書すらもう絶版だった(参照)。どちらも中古本はある。それでも現代では、数学史をブルバギで学ぶ人はいないのかもしれないと感慨深い。大学でも教えていないのではないだろうか。
 放送大学の数学史の講師は三浦伸夫・神戸大学名誉教授で、講義は淡々と進められた。が、知的な関心ポイントでは微妙にキラーンと目の輝くような印象もあり、意外に飽きない。古代における原論の扱いはややブルバギ史風の印象もあり、そこも面白いと言えば面白いと思いつつ、そうして淡々と講義を聴いていたのだが、「第3回 エウクレイデス『原論』と論証数学」に続く、「第4回 アラビア数学の成立と展開」あたりから、おや?という新しい知的な関心が湧きだした。
 一般に数学史というと、「いかにして西洋の数学は成立したのか」、特に「17世紀の微積分学の成立」あるいは、「多文化主義から見た数学」といった視点で啓蒙的になりがちである。恐らく現在でも米国の大学などでは使われているだろう古典的なカッツの数学史(参照)やボイヤーの数学史(参照)などもこうした基調である。これらは邦訳もある(カッツ参照ボイヤー参照)。実際のところこの講義でもそうした傾向は見られるのだが、なんというのだろうか、そうした多元性を支える数学の根源性に今回の講義の注意が払われている。
 ブルバギ史観では公理主義に視点が置かれるのだが、この講義ではそれもあるにせよ、基本的にギリシア数学というものの幾何学的な特性・制約、そしてそれを受け継いだアラビア数学から中世西欧数学という流れで見てゆく。そして原論ですら、実質、ルネサンスでその流れで受け止められていく経緯も詳しい。うかつにも知らなかったのだが、そうした系統で原論を支えていたのはイエズス会であった。
 そのついででびっくりしたのが、オマル・ハイヤーム(ウマル・アル=ハイヤーミー)である。テキスト注に「『ルバイヤート』で有名な詩人オマル・ハイヤームは、今日この数理科学者とは別人であると考えられている」とあり、講義ではもう少し強く注意を促していた。慌ててカッツの数学史で彼についての言及を見ると、カッツはけっこう暢気に詩人と同一としていた。他、ウィキペディアの各国語版をざっと見たが、カッツと同程度であった。
 講義はそれから数学史の常としてニュートンやライプニッツについても扱っていくのだが、両者についても面白い説明だった。特に、ニュートンの『プリンキビア』と微積分学の乖離性なども納得がいった。そもそもニュートンの主眼の関心は数学ではなかった。
 そして何より今回の講義で圧倒的に面白かったのは「第14回 18世紀英国における数学の大衆化」であった。ほとんど度肝を抜れた。

《目標・ポイント》18世紀数学は、オイラー、マクローリン、ラグランジェ、ラプラスなど巨星に事欠かないが、それでも数学史において谷間の時代とされることがある。それはその前後の時代の、天才達による革命時代の17世紀と、広範な数理化学応用の時代が始まる19世紀と比較すればの話である。英国に限れば、ニュートンとライプニッツによる微積分学優先権論争の影響で大陸と学術上の断絶が生じ、他方で数学とは異質な博物学の大流行で、数学は低迷したと言われている。しかし視点を変えて見ていくと、この時期、英国では大衆数学が花咲いていた時代でもある。本章では、18世紀英国の大衆数学とそれが支持された背景を見ることで、数学とは何かを考えてみる。

 この18世紀英国における大衆数学の実態が、とてつもなく面白い。まず、博物学との関連で数学器具が流行していくのも面白いのだが、それを超えるのが『レディーズ・ダイアリー』である。名前からわかるように女性向きの雑誌である。『貴婦人の日記』。1704年に発刊された。
 これが1707年に算術問題が掲載される。今で言う数独とかパズルとか、ようするに知的な暇つぶしクイズである。当初は詩文的なぞなぞ形式だった。読者投稿問題も増える。
 これが人気を博す。そしてついに、18世紀半ばで誌面の半分が数学問題を占めるようになる。大陸でも人気になった。同世紀後半には『レディーズ・ダイアリー』という名前のまま数学雑誌になってしまった。『貴婦人の日記』の中身は数学だらけなのである。ただし計算問題で証明問題はないが。
 当初この傾向を支えていたのは、当然、淑女たちであり、当時の英国の貴族や知的階級の女性の数学能力が非常に高かったことを示している。ただし、後に専門的な数学誌となってからは男性数学者が増えていった。
 テキストでは頁制限もあり簡素に要点が書かれているが、講義では三浦先生が当時の原典を持って見せてくれるので、その迫力もあった。「女性は数学にあまり関心を抱かない、あるいは向かないと言われることもあるが、それは正しいのであろうか」と問いかけられる。

 そして最後に、『レディーズ・ダイアリー』は「気晴らし」としての数学の有様を見事に示してくれたことが挙げられる。掲載されている問題の順に系統性はほとんどなく、読者は数学を学習するというのではなく、問題を解くということに喜びを見い出したのである。こうして『レディーズ・ダイアリー』は、「数学の楽しみ」の本来の姿を我々に示してくれるのである。

 大門カイトではなく井藤ノノハが活躍する第4シリーズが期待されるところだ。と、冗談はさておき(何の冗談かは触れず)、『レディーズ・ダイアリー』についてはもう少し読みたいと思った。
 テキストには「18世紀英国の大衆数学を扱った参考書はない」と素っ気なく書かれているが、三浦先生が監修された「Oxford 数学史」には少し関連はあるんじゃないかとそちらも読んでみた。紹介文にも心惹かれた。

 こんな数学史の本は初めてだ!
 数学とは何であろうか。それは人間生活とどのような関わりを持つのだろうか。こういった疑問のもとに従来多くの数学史が著されてきた。そこではニュートンやフェルマなどの天才的数学者,そして彼らの著作や書き残されたノートなどが主役であった。また人間面から数学者を紹介する伝記であったり,数式や図形のオンパレードであったりした。しかし数学と呼ばれるものは著名な数学者のみならず,無名のあらゆる分野の人々と関係してきたことも事実である。しかもそれは世界中の至るところに,そして数学テクストに限らず建築物や製造物などおよそ人間に関わるさまざまな事物に現れている。
 本書は従来の数学史のテーマや方法論とはまったく趣を異にする新視点から描かれた数学史であり,数学文化史と言ってもよいものである。特徴としては,対象を全世界に広げて従来の数学史が視野に入れてこなかった事例を取りあげたこと,人類学や言語学などの関連領域の視点を広く取り入れた構成になっていること,数学そのもののみならず時代の思想潮や教育制度といった社会的文化的背景が常に配慮されていること,などがあげられる。
 しかし何といっても本書の素晴らしい点は,必ずしも数学史家にとどまらず学者世界の外に身を置くような者を含めた各分野の最先端の研究者が,独自の事例を用いて生き生きと話題を記述していることである。その多様な実例を通じて,人間は数学とどのように関わりながらさまざまな文化を築きあげてきたのかを知ることができる。
 網羅的ではないので数学の通史を期待することはできないが,どこでも関心のあるところから読み始めていただき,知的好奇心を刺激する面白さと新たな問題提起に満ちた本書をじっくりと味わってほしい。

 手にとってみると、まさに「網羅的ではないので数学の通史を期待することはできない」というのはその通り。
 かなり分厚いが論集なので一編で見るとそれほど読みづらくはない。それぞれの訳者はまばらである。和算についての話題はないが、「伝統的ベトナムにおける数学と数学教育」とか「第三帝国における数学についての史料編集と歴史」とか、へえと思える論文もある。というか、そういうものが数学史研究なのだと思い知らせるきっかけとなった。
 そして、ブルバギについても、「究極の数学教科書を書く:ニコラ・ブルバキの『数学原論』」としてすでに数学史の対象となっていることを知った。
 日本の教育課程では、大学入試の視点からだろうが、初等教育を理系と文系とに分ける。しかし、数学史研究というものの本質的な豊かさはその分断のなかにはない。あるいは、知というものの本源的な喜びを暗示する数学史というものを理解するには、理系・文系を超えた教育が必要とされる。さらに遡及していえば、「問題を解くということに喜びを見いだす」という数学の「本来の姿」はそこで再発見できるだろう。
 なお、放送大学の同講義は今期も続けられている。来年も続くらしい。本書については、放送大学のテキストとしても優れているが、図版も美しく、一般書としても出版されたらよいのではないかと思えた。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月30日 - 2017年5月6日 | トップページ | 2017年5月14日 - 2017年5月20日 »