« [書評] 自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実(スティーブ・シルバーマン) | トップページ | 都議選は数字上は革命的な結果になりそうだが »

2017.06.25

[映画] カルテット! 人生のオペラハウス

 自分としてはまったくの偶然、『カルテット! 人生のオペラハウス』(参照)という映画を見た。最初、BBCという表示が目にとまったのでドキュメンタリー映画かなと、ふと思った。いつ制作の映画ともわからない。

 とにかくまあ、映画が始まっているなあという感じでいると、気品のある老女が乾杯の歌のピアノを流暢に弾き始め、そして身だしなみの良い老人たちの楽しそうな姿の映像が続く。場所は英国の老人ホームらしい。この時点で私は、この映画のタイトルすら知らない。そういうふうに、なんの予備知識もなくただ映画を見るという経験も面白いかもしれないと思い、見続けた。
 しばらくして主要な登場人物はこの老人だろうという4人がわかる。それからホームの自動車に記されたビーチャム・ハウス(Beecham House)という文字に目がとまり、これは音楽家専用の老人ホームなのだろうと思う。英国には軍人専用の老人ホームもあり、そこの老人たちは楽しくいていたなと思い出す。
 それから物語は美しい老女(この女優知っているはずだが)のホームへの到来を描き、ドラマが始まる。老人となった男女四人の声楽家として、人生や死の思いが交錯する。その合間、老人とは思えない演奏や歌声が諸処に入って楽しい。
 この時点で私もすっかりこの映画に取り込まれている。この老人たちは70歳から80歳くらいだろうか、この夏60歳となる私からすればそう遠くない未来であり、それまでの人生の悔恨も似たように負ってきたものである。自分はどのような最期を迎えるのだろうか。老人ホームや病院に入って人生尽きるのも、大いにありうることだ。それほど遠い未来でもない。
 あらすじは書く必要はないだろう。物語は単純と言えば単純だった。基本は主人公である男女の過去の恋と傷のいきさつが、老いの感傷とあいまって美しい英国の風景のなかで綴られていくだけである。とりわけ予想外の展開もない。きれいなヒューマンドラマとも言える。が、こうした老人を描いたドラマというのはあっただろうかという奇妙な疑問(あるはずだが)と、自分がこの老人に近いのだという困惑したような共感があった。主人公の男性(見覚えあるなあ)の懐古の思いも、またヒロイン老女の細かな女性的な感覚もディテールで痛いように伝わる。その点でいえば、あまり若い人には面白い映画ではないのかもしれない。
 自分も老人の世界に足を突っ込むとも思っていなかった。ある意味、無鉄砲な人生だったが、若い人もそう遠くなく若い時代は過ぎてしまうものだ。この映画の情景もそう遠いものでもないだろう。
 ハッピーエンドで1時間半くらいの軽い感じで終わる。エンドロールの前になって、主人公がダスティン・ホフマンで(しらばらく見てなくてかつ若い頃の記憶しかなかった)またヒロインがマギー・スミスと知る。ポーリーン・コリンズやビリー・コノリーはチャーミングだった。そして、主要登場人物以外の、あの音楽家の老人たちは本当にみなさん音楽家だったのだと驚く。英国のクラシック音楽の厚みのようなものを思い知るきっかけともなった。
 見終えてから、ビーチャム・ハウスのことを知る。2012年公開ということも知る。現在では各種、オンデマンドでも見られるようだ。
 とにかく見終えてから、しずかにずっしりと心に残るものがあるいい映画だった。人がどのように死を迎えていくのか、老年をどう生きるべきなのか、そう意識的に考えなくても、深いメッセージは伝わってくるようだった。

|

« [書評] 自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実(スティーブ・シルバーマン) | トップページ | 都議選は数字上は革命的な結果になりそうだが »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/65455451

この記事へのトラックバック一覧です: [映画] カルテット! 人生のオペラハウス:

« [書評] 自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実(スティーブ・シルバーマン) | トップページ | 都議選は数字上は革命的な結果になりそうだが »