« [書評] 聖なる道を歩く 黙想と祈りのラビリンス・ウォーク(ローレン・アートレス) | トップページ | [書評] すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く(鈴木紀之) »

2017.06.09

[書評] 我々みんなが科学の専門家なのか?(ハリー・コリンズ)

 「我々みんなが科学の専門家なのか?」という書名は、わかりやすそうでわかりづらそうに思える。というのは、その問いは修辞的であって、自明に「No。我々みんなが科学の専門家ではない」ということを導くかに思えるからだ。だがおそらく、この書名に対してそのように端的に、ただNo、というのであれば、恐らく誤読となるのではないだろうか、と読後思った。

 というのは、現代社会にもたらす科学的知識の問題の大きな一面は、実際上、「我々みんなが科学の専門家たりうる」ということを前提にしているからだ。
 本書でも述べられているが、簡単に言えば、科学者でなくても、所定の知的訓練をしてきた人間であえれば、科学分野の論文の概要を正確に読みこなし、それを基礎づけとして、持論を展開することができるからだ。本書の問題提起は、まさに、そのことが問題なのだということである。
 その背景にはもうひとつ大きな問題が横たわっている。科学的な真理と呼ばれているものは、実は諸科学者のなかで必ずしも真理として定まっているとは限らないということだ。これについても簡単に言えば、どの科学分野にも異端的学説を唱える科学者が存在することであり、しかもその異端的科学者は別段、偽科学でもないということだ。本書は、重力についての議論で実例が充実している。
 もう少し問題を敷衍しよう。逆のプロセスとして例えるならば、こうなる。科学者ではないある知識人が、ある社会的な持論を展開したいがために、特定の科学的論文の結果を選択することができる、ということだ。しかも、そこで選ばれた科学的論文の結果自体は、その科学分野の方法論では正しいとも間違っているとも言えないということだ。
 この問題の深刻さが理解できるだろうか。その問題の深刻さが理解できる知識人なら本書は必読だと言っていいだろう。ハードカバーの訳本であるが、書籍としては短いほうの部類で、翻訳もこなれているので読みやすい。しかし、難しいのは、本書が導き出した結論は、実はそう単純には受け入れがたいことがある、という点である。
 その前に、本書の前提について補足しておくべきだろう。基本的には、現代において科学論をどう考えるかである。この点については訳者の「あとがき」が非常にコンサイスにまとまっているので、ある意味ではそれだけ読んだ方がすっきりしかねない。そこでは、《科学論の「三つの波」》としてまとめられているが、それをさらに簡単に私の言葉でまとめたい。

  1. 素朴科学論 科学を単純に礼賛する立場である。ネットの偽科学批判などもこれに類する。時代的には1950年代的である。
  2. 科学パラダイム論 トマス・クーンのパラダイム論を典型に素朴科学論を否定した立場である。科学には客観的で絶対的な真実はないとすると理解しても近い。1960年代以降の潮流である。
  3. 本書の科学論 科学パラダイム論を否定せず、かつ素朴科学論にも戻らないとする考えである。

 ネットの世界と限らず日本では、科学パラダイム論ですら理解されない傾向はあるが、現実の課題としては、すでにそうした水準を超えて、本書が問題とする事象は発生している。例えば、原発の危険性や受動喫煙、子宮頸癌ワクチンについての知見を支える科学論は、素朴科学論的には単純に決定できない側面があり、そうでありながら、また科学パラダイム論的な知的な遊戯に放置しおくわけにもいかない。むしろ、偽科学として批判される素朴科学論の水準は、消費者保護という課題ではあっても、科学と社会の関係での重要性は乏しい。同様に、本書でも注意深く言及されているが、マクロ経済額は科学ではないから意味がないというな稚拙な意見も、単に素朴科学論の変種でしかなく、それほど知的な水準の問題とはなりえない。
 では、現在、課題たりえる、その第三の立場をどのように考えたら良いのか? このことは、科学的専門知識とは何かという問題でもある。
 本書の結語として見れば、科学者のエートスという概念への市民社会からの敬意ということになる。卑しい目的や政治的な目的で研究している科学者がいるとしても、科学者のエートス自体は理想的に規定できるものだということである。
 私見では、この結語は弱い。倫理的な言明がそれゆえに自己撞着しているようにも感じられる(倫理の前提なく倫理課題となっている)。しかし、そのこと自体が本書の価値を低めるものではない。むしろ、ここに現在社会の大きな問題があり、そのある思索の結果がそこに辿り着くしかないのだろうか、と問いかけを与える点に大きな意味がある。本書の訳者あとがきはコンサイスによくまとまっているが、本書の価値はその議論と思索のプロセスのなかにある。
 

|

« [書評] 聖なる道を歩く 黙想と祈りのラビリンス・ウォーク(ローレン・アートレス) | トップページ | [書評] すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く(鈴木紀之) »

「書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/65389659

この記事へのトラックバック一覧です: [書評] 我々みんなが科学の専門家なのか?(ハリー・コリンズ):

« [書評] 聖なる道を歩く 黙想と祈りのラビリンス・ウォーク(ローレン・アートレス) | トップページ | [書評] すごい進化 「一見すると不合理」の謎を解く(鈴木紀之) »