« [アニメ]けものフレンズ | トップページ | [書評] 数学の歴史(三浦伸夫) »

2017.05.06

[書評]帝国日本と朝鮮野球 憧憬とナショナリズムの隘路(小野容照)

 私はこの夏60歳になる。老人への道を辿りつつある。そう思うことのひとつには、自著にも書いたが、父が大正15年生まれであることについて、そう遠い歴史と感じられないことがある。
 正確な期日は聞きそびれた。私の父は10歳から20歳まで朝鮮で暮らした。祖父の従兄弟の誘いから植民地で大家族を営んでいた。だが、彼はそうした家族を好まず、早々に満州鉄道学校の寄宿舎に入った。朝鮮人と一緒に少年期と青春期を過ごした。野球もした。私は父からそうした感覚を受け継いでいる。だが私も老い、今の日本人にはそうした歴史感覚は伝わらなくなった。そして歴史感覚が失われたとき、歴史の考察が始まるのだろうと、本書を読みながら思った。

 本書は、その時代、植民地時代の朝鮮での野球を中心に、朝鮮における野球を歴史的に俯瞰的に扱った本である。と、いうと、いわば歴史の本筋ではなく、ディテールな、些末な歴史のようだが、実際に読まれてみればわかるように、この時代のもっと微妙な部分に、従来の類書にはない独自の光を当てている。副題の「憧憬とナショナリズムの隘路」がよくそれを表しているだろう。この書籍でまとめられている歴史事実は、韓国(北朝鮮を含め)ですら研究されていない。研究されることもないかもしれない。もちろん、私の父の世代では言わずもがなの歴史感覚であったのに。
 本書は、ほぼ学術書と言っていい形式を取っている。その点では、問題意識が提示された上で書かれている。3つの論点である。①日本の影響に着目して朝鮮における歴史の受容と定着を分析すること、②野球と民族との関係、③野球と植民地政策との関係である。
 読後の印象ではあるが、これらは明確に分離された問題意識とは感じ取れない。②と③は実質同じものであろう。ひどい言い方に聞こえることを恐れるが、また本書にも指摘のあることだが、朝鮮ナショナリズムというのは、植民地化政策が安定した時期においては日本ナショナリズムと分化が難しかった。さらにこの点について言えば、本書ではこの時期における日本の私学大学の意味付けについても興味深い指摘がある。これを延長していうなら、早慶大のアジア近代史に置ける俯瞰図に関連するだろう。
 書籍としての構成は序章を含めた6章からなり、序章では読みやすい導入がある。第1章では、野球というのだから、ということで米国から朝鮮への伝搬の歴史が語られる。率直に言えば、本書は正確さを期したいのだろうが、ここはそれほど面白くはない。まさに情報整理というディテール史の罠に陥っているかに見える。ただ実質、現在韓国で流布されている朝鮮野球の起源については温和な形ではあるが否定されていると読める点は重要だろう。第2章では韓国併合直後の時代と野球を扱っている。朝鮮民族の視点から注目されるのは理解できるが、これもまたディテール史に近い。しかし、この章で特筆すべきなのは、現在の朝日新聞のもとになった大阪朝日新聞による甲子園野球の起源についての考察である。詳細を述べた後、こう総括される。

 以上のように、大阪朝日新聞社は一九一六年の第二回大会の段階から、日本人学校のみならず、朝鮮人学校にも参加を呼びかけていた。単純に朝鮮での『大阪朝日新聞』の販売拡張だけが目的であるならば、まずは日本人学校にだけ声をかければよい。にもかかわらず、朝鮮人学校にも参加を呼びかけていたという事実は、大阪朝日新聞社が全国中等学校野球大会を創設した当初から、それを日本人のイベントとしてではなく、植民地の民族を含めた帝国日本のイベントとして構想していたことを示唆するものである。

 そして当時の大阪朝日新聞による「新領土たる朝鮮中学校の参加なきを遺憾とし、朝鮮を以って海外植民地視せず内地と同一の気分を味わしめたし」という引用を添えている。
 端的に言って、甲子園野球というのは帝国日本のイベントとしての背景を持つものである。が、なにゆえか、現代日本では、同質の日の丸、君が代、教育勅語のようには嫌悪されるふうもない。表層の下で今なお日本では、炎天下旭日旗に映える帝国日本のイベントが支持されているからかもしれない。
 第3章、第4章は実際に朝鮮で民族スポーツとして野球が興隆した1930年代中盤を扱っている。この部分は私の歴史感覚にもしっくりとする、本書でもっとも面白い部分であった。植民地化の朝鮮の庶民生活が野球を通して生き生きと語られているからである。
 本書は「野球」という「スポーツ」の側面で描かれているため、その伝搬の歴史やそこでの通史が描かれている。しかし、朝鮮野球において、おそらくもっとも重要なのは、やはり甲子園の起源となる全国中等学校野球大会だろう。野球をスポーツとして見るなら朝鮮において1920年代から30年代にかけて、その興隆はサッカーに移っていく。しかし、全国中等学校野球大会はそうではなかった。

 朝鮮半島全体で見れば、文化政治の開始から一九三七年に日中戦争が勃発するまで、右肩あがりで野球人口は増加していく。そして彼ら球児たちの目標となったのが、一九二一年から朝鮮でも地区予選が始まった全国中等学校野球大会である。

 朝日新聞が主導する帝国日本のイベントに朝鮮の少年たちが巻き込まれていったのである。そしてこれが一九三二年文部省による「野球統制令」につながっていく。「野球ノ統制並施行ニ関スル件(昭和7年3月28日文部省訓令第4号)である。この詳細も本書に詳しいが、結果として見れば、読売新聞の巨人軍に関連してくる、野球のショービジネス化である。
 さらにこの点で興味深い本書の指摘は、すでにこの時代、「総督府が朝鮮でも統制令を実施したのは、朝鮮人を狙い撃ちするためではなく、朝鮮の野球界と日本のそれを明確に区別できなくなっていたからだろう」という点である。すでに帝国日本のイベントのイデオロギーは完成しつつあった。つまり、それは同様に、日本本土(内地)における野球の戦時体制と類似の過程を辿ることになる。これは第5章で語られ、本書は終章と後書きで終わる。本書の総括は終章によくまとまっているので、本書を読むべきか悩む人がいるなら、書店でこの部分をまず読むとよいだろう。
 読後、さて、私は奇妙な、取り残されたような歴史感覚も覚えた。おそらく序章に見られる著者の問題意識の一端は、帝国日本のイベントとしての野球の戦後史にも向かっているだろうということに関連する。それは在日という朝鮮民族の歴史が継いでいったはずだ。また、こうした帝国日本のイベントのモメンタムは米国統治下の沖縄にも及んでいた。そのことも次第に忘れられつつある。そこが取り残された歴史の問題意識に思えた。
 もう一点、ある。本書の序章において2005年以降の、韓国における野球の興隆についての言及があるが、その理由は当然、日本でも見られたことだが、米国野球のグローバル化だろう。しかし私としては、別のことも思った。米国で活躍する朝鮮系野球選手は多いが、彼らにはヴェトナム戦争の背景もあるだろう。現代に至る朝鮮の庶民史の俯瞰するには、日本統治の視点だけでなく、ヴェトナム戦争まで拡張した全体構図が必要なのではないだろうか。

|

« [アニメ]けものフレンズ | トップページ | [書評] 数学の歴史(三浦伸夫) »

「書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/65242557

この記事へのトラックバック一覧です: [書評]帝国日本と朝鮮野球 憧憬とナショナリズムの隘路(小野容照):

« [アニメ]けものフレンズ | トップページ | [書評] 数学の歴史(三浦伸夫) »