« 2016年11月13日 - 2016年11月19日 | トップページ | 2016年12月4日 - 2016年12月10日 »

2016.12.03

[書評] オードリー at Home ― 母の台所の思い出 レシピ、写真、家族のものがたり (ルカ・ドッティ他)

 『オードリーat Home―母の台所の思い出 レシピ、写真、家族のものがたり』(参照)は、学術書ほどではないが、それなりのお値段から想像されるように、多少は豪華な本だといっていい。無線綴じに見える。手にすると見た目より軽い。翻訳書は紙を選んでいるからだろう。内容は、副題にあるように、「母の台所の思い出 レシピ、写真、家族のものがたり」である。息子、ルカの母・オードリー・ヘップバーンの思い出の書籍であり、彼女が作ったレシピ集である。
 これはもうオードリー・ヘップバーンのファンなら是非、買うべきだ。いや、買っておかなければならない本だとまでいえる。私については、この本が出版されたとき、アマゾンになくて、出版社から直接買った。今見ると、アマゾンにある。洋書もある。Kindle版もある。が、Kindle版はやめておいたほうがいい。B5版くらいのサイズでないと、貴重な掲載写真が見づらいからである。そう、写真がすごく貴重だ。

 この本は、なんというのだろう、類書にあるようなオードリー・ヘップバーン賛美の本とかなり違う、一人の欧州人女性の生きた姿が静かに見えてくる。それはちょうど昨日ブログで書いた『セクシーに生きる』が戯画的に描いたフランス人女性とも違って、本物の欧州人女性というはなんなのだろうと考えさせられる何かである。ただ、そういうだけではうまく捉えられない。
 息子であるイタリア人のルカでも欧州人であり、その目には欧州人女性というある一定の理解はあるだろう。だが、この本を読み進めていくと、母親への愛情と合わせて、一人の不思議な女性だったことへの思いが重なっている。
 例えば、こういう記述がある。イタリア語を母語とする息子のルカは母をこう見ていた。

 母は、ブリュッセルでオランダ人の母親とイギリス人の父親のもとに生まれ、オランダとイギリスの両国で育った。たとえ母の実際の母国語が謎であり、母独自のもので、はるか離れた世界と時代に属しているようであっても、私はいつも母をオランダ出身の女性として捉えていた。

 息子が母の母語がわからないというということはどういうことなのだろうか。
 そのことは、「はるか離れた世界と時代」との関連としているが、本書に示されているように、オードリー・ヘップバーンは自身をアンネ・フランクに重ねていた。本当に戦争というものを知った女性であった。

 母はいつだって何もないところから新しく人生を始める心構えがあった。80年代半ばの経済的な問題による破産を恐れたパートナーのロバートに「それが何よ、万一すべてを失したとしても、私たちには庭があるわ。ジャガイモを育てて食べられるじゃないの」と母が言ったことを覚えている。

 この本の多種なレシピに潜む1つの強い精神は、お金なんかなくてもいい、ジャガイモを育て食べて生き延びようという女性の姿である。実際、彼女はそうして生きていた。
 オードリー・ヘップバーンは普通に考えたらセレブだろうが、その経歴と恋、もっとあからさまに言えば、妊娠と流産も含めて、いつでも一人の女性だった。そして、子であるルカがそのことを受け入れることが、この本の核になってる。
 本書はレシピ本でもある。そのレシピは面白い。いや、レシピ集として見ればそれほど面白くないともいえるだろう。だが、このレシピはオードリー・ヘップバーンの独創ではないにせよ、彼女を実感させるレシピなのだと思わせる。圧巻なのは、「ペンネ・ウィズ・ケチャップ」と「奇跡のレシピ」である。
 「ペンネ・ウィズ・ケチャップ」は、ようするにペンネのケチャップ和えである。シェフのコメントに「イタリアの美食の伝統を守る人たちに、またしてもショックを与えるかもしれない」とある。このアレンジに、なんと、ペンネの醤油掛けが載っている。本当だ。
 「奇跡のレシピ」は、「砂糖小さじ8杯(100g)と塩小さじ1/2杯(0.5g)を飲み水1リットルに溶かす」である。なぜ奇跡かは本書に書かれている。奇跡というのはこういうものなのである。そして、このレシピの素材でもっとも大切なのは、「飲み水」である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.02

[書評] セクシーに生きる(ジェイミー・キャット・キャラン)

 『セクシーに生きる(ジェイミー・キャット キャラン)』(参照)、副題は「フランス女性がいくつになっても若々しく美しい18の秘密」とあるように、そういう秘密が18個書いてある、とのこと。そんなことに関心があるのか? というと、正直、さしてない。じゃあ、なんで読んだの? そもそもこの本、面白いの? いや、それが微妙なんだ。

 先日といっても、もうけっこう前になるのか、『私はラブ・リーガル』というドラマを見た。ええと、シーズン6のファイナルまで見ました。ロサンゼルス舞台のラブコメというか、内容はほとんどありえないアニメのような気軽さのなかに、からっとした明るいリベラリズムと法律から見た社会問題が扱われてとても面白かった。米国での放映の最終は2014年6月なのでもう2年くらい前の作品になる。

 このドラマについては別途記事を書くかもしれないが、ラブコメということもあって恋愛シーンがよく出てくるのだけど、そういうのを見ながら、へーと思うことがいくつかあった。人によっては当たり前なんだろうけど、デートに誘うときは、ランチからディナーという手順を踏んで、ディナーでは二人きりで、とか。また婚約指輪の渡し方とか。反面、友人関係と恋愛関係の縺れ具合とかも。まあ、アメリカ文化だなあ、日本とは違うなあと思っていたのだが、ふと、これってフランス人からしても、かなり異文化だろうなと思った。
 で、この本。すごく簡単にいうと、アメリカ文化の恋愛事情に女性が縛れることはないんじゃないの、という1つの提案になっている。言われてみると、フランス人の恋愛というのは、米国人の恋愛とは違うなあと思う。
 それと、この本、そういう背景もあって米国ではそれなりに売れたようだった。そのあたりの売れ具合も反面教師のように米国の恋愛文化を示している。要するに、この本は、おフランス趣味を語りながら、実は米国人が恋愛事情を語っているという奇妙な側面がある。
 オリジナルのタイトルは"French women don't sleep alone"というもので、「フランス人女性は一人で眠らない」。フランス人女性は、いくつになってもベッドには恋人がいる、という含みなんだろうが、おそらくこれフランス人が知ったら爆笑するのではないかと思った。というあたりをフランス語のサイトでちょっと調べてみたが、そもそもフランス人はこの本にさほど関心はないように見えた。
 本の内容なのだが、私などからすると日本でも1970年代にあった、おフランス趣味、満載という感じでなにか懐かしかった。著者のサイトもあるんで覗いてみると、おフランス趣味満載だった。というか、米国人でもおフランス趣味の人が少なくないんだなと納得してしまった。

 ジェイミーおばさんはは、印象でしかないが、フランス人というより、おフランス趣味の米国人女性に見える。そういう著者が、フラン人はデートしないのよ、下着を決めるのよ、とかと熱弁しているのは、うーん、面白い。いやいや、正直なところ、現代日本の10代や20代の女性もこの本読んでおくと、それなりに、人生、得することはあるんじゃないかと思う。
 もちろん、英語版もある。Kindleだとけっこうやすい。実は、彼女は作文の先生でもあるので、読んでみるとわかるが、英語の文体は効果的でプレーンになっている。という点で、この本は英語の勉強にもなるかも。

 まあ、このタイプの翻訳書だとしかたがないことではあるけど、原書とこの翻訳書を比べてみるとけっこう省略や構成の変更が多い。原書の第2章にいたってはクッキングの章だが翻訳書では巻末のレシピ集としてまとめられている。
 あと、この原書のほうは、Audibleがあるので英語のリスニングにもいいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.01

チプカシ

 安価な腕時計を常時いくつか持っているので、気軽に身近な受験生とかにあげる。試験ではスマホ持ち込み禁止なので、腕時計が必要になる。実際、受験生の大半が1000円くらいのアナログ時計をよくしている。これとこれが定番。文字盤が少し違う。カシオの。ちなみ今日の記事はめっさアフィリですんで(といってもまさにチープなものばかり)。

 他にシチズンのこれとか。

 というあたりで、以前買ったシチズンのカラフルなやつは現在のモデルはどうなったのか調べてみたら、もうディスコンだった。いくつか持っていたはずだと戸棚を探ると、白いデジタルのが出て来た。真っ白のはずが、バンドがもう黄ばんでいる。捨ててもいいかと思うのだが、妙に気になって、バンドを取り換えることにした。こういうのはネットで買うとめんどくさいなとショッピングセンターに出かけ、3000円くらいの値札のついたのを買った。値引きはあったが、1000円しないデジタル時計に倍値以上のバンドかよと思った。だが、やってみるとけっこう気分のいいものである。まあ、世の中にこんなのしているやついないよな感もある。写真は掲載しませんよ。

 そのうち、デジタル時計もいいものだなと思う。デジタルのチプカシを買うかと思うようになった。といったらなんと言ってもこれである。ビンラディンもオバマ大統領もしていたグローバルモデルである。

 いや、昔はこんなだっさい時計するかねと思ってた。当時友人がやっていて、なにそれ?とか言ったことがある。今見直すと、レトロ感が悪くない。
 このモデルが改良されてバックライトが明るくなったのが、これである。さっきのは表示左からほのかにライトがあたるのに対して、このモデルだと文字盤の背景がかなり明るくなるので、文字も見やすいし、ちょっとした程度だがライト代わりになる。

 まあ、チプカシ買うならこの見やすい文字盤のにするかなと思っていたが、たまたまビンラディン・モデルのゴールドを見かけて心が動いた。気がつくとポチっていた。

 今の値段を見ると私が勝ったときより安い。で、どうか。なかなかいいですよ。これ。
 ついでに、アナログのチプカシも少なくなったので、これを買い足した。

 黒面に金文字って趣味悪いでしょ、と思ったが、使ってみるとそれほどでもない。文字盤は以外に見やすい。
 どれもすごく軽い。
 アップルウォッチやソニーのソニーのSmartWatch3、HUAWEI WATCHも使ったことがあるが、重い。腕が疲れて、充電がてらチプカシに取り換えたものだ。
 れいのビンラディン・モデルだが、枕元に置いて、未明にちょっとLEDライトを見る。ビンラディンもそういう生活をしていたんじゃないかなとふと思うと奇妙な気分になる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月13日 - 2016年11月19日 | トップページ | 2016年12月4日 - 2016年12月10日 »