« 2016年5月15日 - 2016年5月21日 | トップページ | 2016年5月29日 - 2016年6月4日 »

2016.05.28

オバマ米大統領が広島に運んだ核兵器の発射ボタンに言及したインデペンデント紙の記事について

オバマ米大統領の広島訪問は海外でも広く報じられた。そのなかで少し関心を引いたのが、インデペンデント紙の記事「広島のバラク・オバマの高慢な修辞は、彼の混合した記録と矛盾している(Barack Obama's soaring rhetoric in Hiroshima contradicts his own mixed record)」(参照)」だった。

記事の副題には、「在任中、オバマ大統領はアメリカの核の力を向上させるために30余年の努力を開始した(In office, President Obama has launched a three-decade effort to upgrade America's nuclear strength)」とあるが、これが表題にある「his own mixed record(彼の混合した記録)」に呼応している。一方では核廃絶の修辞を高慢に掲げつつ、実際には米国の核戦力強化の礎を築いていた。矛盾でしょう、ということである。

同記事では、オバマ大統領が核廃絶を祈願した修辞の紹介に続けて、こう議論を提起していた。

You can argue over whether the country with the largest stockpile in the world is best or worst placed to make such a call for the elimination of all nuclear weapons. Was Mr Obama guilty of inspired leadership in Prague and in Hiroshima or of twisted hypocrisy?

世界で最も(核兵器の)備蓄を持つこの国が、核兵器廃絶の要望を掲げることに最良のポジションにあるのか、それとも最低のポジションにあるのか、この件についてあなたは議論することができる。オバマ氏に咎があっただろうか。プラハや広島での見事な指導力の点で、あるいは、ねじくれた偽善という点で。

He was seen hugging and smiling with the two survivors, 91-year-old Sunao Tsuboi and 79-year-old Shigeaki Mori, (reporters were too far removed to hear what was said), but those with the keenest eyes might have spotted the military attache who is never far away when an American president travels. He is the one carrying the so-called “Nuclear Football”, actually an armoured briefcase containing the codes for a president to authorise a nuclear launch.

彼が二人の生存者、坪井直(91)と森重昭(79)と抱擁し微笑んでいるのが見えた(記者たちは遠く離れた場所に置かれたので何を話したかは聞こえなかった)、しかし、鋭い目で見るなら、米大統領の旅行の際の、お側離れずのあの陸軍武官を見つけただろう。彼こそは、いわゆる「核フットボール」の運び手である。それは実際には、大統領が核弾頭発射を認可する規定の入った装甲ブリーフケースなのである。

簡単に言うと、オバマ米大統領は、核兵器の発射ボタンを広島の平和記念公園に持ち込んでいたのだった。正確に言うと広島と限らず、米大統領行くところ核兵器の発射ボタンあり、ということになっている。以下の写真は、エクスプレス紙の記事より(参照)。


話戻して、インデペンデント紙の記事ではこの段落に続き、オバマ大統領の核戦略の矛盾を簡素に指摘している。

Mr Obama’s record since Prague demands a mixed grade. He has convened regular nuclear security summits --- notably on keeping dirty bombs from terrorists --- as promised, the latest of them in Washington DC this spring. In 2010 he signed a significant a treaty with Russia obliging both countries to reduce their stockpiles to 1,550 strategic warheads each.

プラハ以降のオバマ氏の記録には矛盾した評価が求められる。彼は約束通り、定期的な核安保サミットを招集してきた。最新のはこの春のワシントンDCでのものである。特に、テロリストから受ける「放射性物質拡散爆弾(ダーティ・ボム)」の扱いについての議論をしてきた。2010年に彼は、戦略核弾頭の備蓄量をそれぞれ1550個に減らすよう、米国とロシアを義務付ける重要な条約を締結した。

Yet, Mr Obama has also not shied from approving programmes to upgrade America’s nuclear capability at a likely cost of $1 trillion over three decades. It will include the building of a new fleet of nuclear warhead-carrying submarines, 12 of them, while the Air Force is working towards a new nuclear stealth bomber. (Likely cost: $55bn.) Also envisaged are new nuclear Cruise missiles and a replacement for the 1970s-era Minuteman III missiles.

とはいえ他面では、オバマ氏は向こう30余年にわたり、1兆ドルもの費用のかかる、米国の核能力の向上させるための計画の承認に怖じけづくことはなかった。それには、核弾頭を運ぶ潜水艦艦隊建造が含まれ、うち、12艘は空軍は、新しい核兵器搭載ステルス爆撃機で活動している期間に建造される。(550億ドル程度の費用)。また、新しい核巡航ミサイルと1970年代のミニットマンIIIミサイルの交換が想定されている。

オバマ大統領は核兵器廃絶の作業を進めつつも、他方で、米国の核兵器の強化を推し進めているのである。矛盾にも見える。どうか。

Maybe this is merely necessary maintenance of a nuclear deterrence that has precisely spared the world another Hiroshima. Or perhaps it illustrates the raw reality of America’s love affair with nukes exposing the emptiness of the President fine rhetoric in Japan on Friday.

たぶんこれは、世界が別のヒロシマ惨事をきちんと免れてきた核兵器抑制のために必要なメンテナンスというだけのことだろう。あるいは、これは、金曜日に日本で開陳される米大統領の素晴らしいレトリックが空虚なものに過ぎないことをさらけ出すことで、アメリカの核の情事のナマの実情をわかりやすく示しているのかもしれない。

インデペンデント紙の同記事の結語は、私の見た限りではあるが、日本のメディアやネットでは見かけないものだったので、印象深かった。

If he had really meant it, he might have summoned that military attache, cut the cable attaching the “football” to his wrist, and tossed it into the eternal flame that burns in the Peace Park.

彼がそのこと(核廃絶の世界)に本気であったなら、彼はあの陸軍武官を呼び出して、「核フットボール」とその武官の腕を結びつけた紐を切り離しただろう。そして、彼はそれを、平和記念公園に燃える永遠の炎のなかに投げ入れただろう。

そのパフォーマンスはあり得ないことだが、抱え込んでいる矛盾について、もう少し言及があってもよかったのかもしれないなとは、僅かに、思った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.26

《Nuit debout》(ヌイ・デブー)のような運動が日本にもあってよいんじゃないかと思った

昨年は日本でも、メディアに映る範囲だが、国会前で行われるデモは盛んであるかに見えた。デモが盛んに行われるのは正常な民主主義国家のあり方なので、基本的に好ましいことだが、私自身はというと、そのデモにはあまり関心はもてないでいた。主張に同調し得るものがあまりなかったからである。また、そのやりかたが画一的に見えたのも、あまり興味の持てない点であった。

人それぞれなので、私のような人がいるものも、また正常な民主主義国家のあり方である。ただ私としては、すべてのデモに関心がないわけでもない。むしろフランスのデモのあり方には関心をもっていたし、4月に入ってからの、《Nuit debout》(ヌイ・デブー:起きている夜)という運動と関連のデモには特に関心をもっていた。

《Nuit debout》では、若者たちを含め、多数の市民がパリ中心の共和国広場に集まり、深夜までの討論するという集会である。パリから、他の主要都市にもこの運動は広がっている。

基調のサイト(参照)には次の主張が掲げられている。

Ils pourront couper les fleurs, ils n’arrêteront pas le
printemps.
Nos rêves ne rentrent pas dans vos urnes.
Partout en Europe, levons-nous !
Je reviendrai et serai des millions.
C’est un grand printemps qui se lève.
Le jour : à bout, lanuit : debout

彼らは花を刈り取ろうといているが、彼らは春を止めるない。
私たちの夢は世論調査に収まらない。
欧州全土で、立ち上がれ!
私は立ち戻り、数百万となろう。
これがわき上がる広大な春である。
終わりの日まで、立ち上がる夜。

同サイト以外に、YouTubeからも夜らしい全体の様子はうかがえる。

《Nuit debout》の意味は、起きている夜、眠らない夜、ということだが、《debout》の言葉からすぐに連想されるのは、「デブー!」が耳に残る《L'Internationale》(インターナショナル)の歌である。もしかすると昨今の左翼やリベラルな人は知らないかもしれない。赤旗などにも解説が載る時代である(参照)。

Debout ! les damnés de la terre !
Debout ! les forçats de la faim !
La raison tonne en son cratère,
C’est l’éruption de la fin.
Du passé faisons table rase,
Foule esclave, debout ! debout !
Le monde va changer de base :
Nous ne sommes rien, soyons tout !

日本語の歌詞にはいくつか版があるようだが、私が歌っている一例。

起て飢えたる者よ 今ぞ日は近し
醒めよ我が同胞 暁は来ぬ
暴虐の鎖断つ日 旗は血に燃えて
海を隔てつ我等 腕結びゆく
いざ闘わん 奮い立ていざ
ああ インターナショナル 我等がもの
いざ闘わん 奮い立て いざ
ああ インターナショナル 我等がもの

とはいえ、《L'Internationale》が《Nuit debout》で歌われているふうはない。が、今回の運動は、労働法改正案、通称「エルコムリ法案」《Loi El Khomri (loi travail) 》への反対が基調なので、労働の文脈から《L'Internationale》がこじつけられていない、というわけでもない。

《Nuit debout》では、そういう古くさい左翼的な文脈よりも、若者の感性がよく生かされている。YouTubeなどからもそうした側面がうかがえる。

断面的な映像よりも、まとまったルポルタージュのような番組があると内情がわかってよい、と思っていたところ、先日のNHK「ドキュメンタリーWAVE▽激論 パリの広場で~労働法をめぐり立ち上がる若者たち」(参照)が、二人の若者・男女を日を追って、具体的に映像化していて興味深かった。

意外でもあったのだが、YouTube映像や、フランスのメディアを通してみる《Nuit debout》のイメージより、実際の参加者の目線で見ると、なんというか、これは小学校の学級委員会であった。もっとも、統制する先生はいないが、全体をまとめる学級委員のような人はいる。

何をしているかというと、まず、議論をすることが目的であった。そのため、議題も参加者から集めましょうとして、紙に書いて箱に入れ、任意に取り出して、さて、この議題はどうでしょう、みんな、というように呼びかけから始まった。この時点では、特に、まったくといっていいほど、先見的なイデオロギー性はなかった。

提案者のひとりは、みんなの労働時間を減らして全体の雇用を増やそう、といった、ワークシェア的な提案をしていた。端的に言えば、みんな平等に貧しくなって、平等になろうというものである。それなりに議論していた。このあたりで、議論の大枠といては、生活に関わる労働問題だよね、という委員の誘導もあって、「エルコムリ法案」反対への空気は醸成されるようであった。それでも、各種意見に特に強いるものなく、議論の参加も自由だし、とにかく、市民が言いたいことをできるだけ公平に言って話合おうという雰囲気は感じられた。

率直な印象でいうと、ああ、これはいいなあと思った。最初に、イデオロギー的な反政府の主張があって、みんな同じ印刷されたプラカードを持って練り歩くという日本タイプのデモではなく、とにかく参加者がまず、徹底的に公演で話合おうとしていた。日本でもこのタイプの運動が広まるとよいのではないか。

NHKのドキュメンタリーとしては、そうした、微笑ましい、平和で、対話の民主主義という点を強調していたが、少し考えればわかることだが、この「エルコムリ法案」反対の運動というのは、現社会主義政権への反対の貴重なのである。つまり、現社会主義政権としても、社会主義的な観点から「エルコムリ法案」を出しているのだが、そうした背景はほとんどドキュメンタリーにはなかった。

IMF関連のニュースにもあるが、現状のフランスはジリ貧の状態にある。「仏経済、失業低下に必要なペースで回復せず=IMF」(参照)より。

[パリ 24日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は24日に公表したフランス経済に関する年次見直しを受けた報告で、仏経済は失業と債務を十分に押し下げるために必要なペースで回復していないとし、一段の改革を実施する必要があるとの認識を示した。

ただ成長率に関しては2016年は1.5%近辺になるとし、従来見通しの1.1%から上方修正した。また、向こう5年間の平均は1.75%になるとの見通しを示した。

仏政府は16年と17年の成長率は1.5%になると予想。エコノミストは、失業率を引き下げるにはこの水準での経済成長が最低でも必要になるとの見方を示している。

ただフランスの失業率は現在約10%。IMFは、政府が労働市場改革を現在の計画以上に踏み込んで進めない限り雇用創出の動きは遅延すると指摘。失業保険受給資格を厳格化するなどの改革が必要との考えを示した。

改革の必要性と「エルコムリ法案」が直接結びつくものではないが、少なくとも、「エルコムリ法案」反対であれば、それに見合う、成長戦略の提言は必要だろう。しかし、そうした点になると、《Nuit debout》のような取り組みには限界が出てくるだろう。

また、NHKのドキュメンタリーでは、《Nuit debout》が関連して引き起こした暴力事件についてはあまり触れていなかった。おそらく、番組収録開始時にはそれほど想定していなかったのだろう。4月29日AFP「仏労働法デモ、各地で衝突 警官24人重軽傷 120人超逮捕」(参照)より。

【4月29日 AFP】フランス各地で28日、労働法改正案に反対する抗議行動が行われ、参加者と警察との衝突に発展した。ベルナール・カズヌーブ(Bernard Cazeneuve)内相によると、首都パリ(Paris)では警察官24人が負傷、うち3人が重傷を負った。

 パリでは、覆面姿の若者らが瓶や石を投げつけ、治安部隊は催涙ガスで応戦。警察とデモ隊の衝突はナント(Nantes)、リヨン(Lyon)、マルセイユ(Marseille)、 トゥールーズ(Toulouse)の4都市でも発生し、全土での逮捕者は計124人に上ったという。

日本での報道では見かけないが、フランス2など見ていると、すでに暴徒となることが目的の覆面集団などがデモに混ざっていて従来からの、ボンリュー暴動を引き起こしかねない。とはいえ、現状ではまだそれほど国家規模の暴力には至っていないが、常態化しつつある。デモ側でも配慮はしているようだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.24

なぜ、シンザト「ケネフ」フランクリン、なのか?

19日に沖縄県恩納村の雑木林で20歳女性会社員の遺体が発見された事件について、最新の関連ニュースを見ていると、NHK的には「沖縄のアメリカ軍関係者の男が20歳の女性の遺体を遺棄したとして逮捕された事件」とし、簡易な呼称は表題として「沖縄・米軍関係者事件」となっていた(参照)。それで定まった呼称となるのだろうか。ふと気になってざっと見たところWikipediaにはまだ項目がないようだった。

被害者に深く哀悼したい。事件について私には詳細はわからない。が、逮捕に際しては、基本的には自供以外には監視ビデオ映像など間接的な条件の他には、直接的な物的証拠はなさそうに見える。殺害理由もよくわからない。私としては現時点でこの事件に言及できることは少ない。とはいえ、殺害について別の真犯人がいるという心象はない。世論的には、米軍が引き起こしたという政治的な枠組みでの問題に移行しつつあるように見える。

現時点で私がこの事件で気になっていたのは、実に些細といえば些細なことで、容疑者の名称である。

先のNHKニュースにもあったように、24日の時点の報道でも「嘉手納基地で働く軍属のシンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)」としている。朝日新聞でも同日記事で「死体遺棄容疑で逮捕された元米兵で米軍属シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)」としている(参照)。つまり、NHKも朝日新聞も「シンザト・ケネフ・フランクリン」としている。ざっと他の最新報道を見ると、読売、毎日、日経、時事もそろってその表記を採っていた。

共同(産経)は「シンザト・ケネス・フランクリン容疑者(32)」(参照)としている。東京新聞も同様。地元、沖縄タイムスと琉球新報もこの表記である。つまり、「ケネフ」ではなく「ケネス」である。

「ケネフ」と「ケネス」の表記の差違は何に拠っているのだろうか?

私の記憶では、逮捕報道時の名称で「ケネス」を採用していたと気づいたのは、たしかサンケイスポーツだった。正確な記憶ではないのでざっと当たってみると、初報道があった同紙の19日報道にはそうあった(参照)。ざっと見たところ、産経系は「ケネフ」を採っていたが、共同を掲載する同紙としては共同系のソースで表記で一貫性は失われているようだ。

琉球新報では19日に「シンザト・ケネス・フランクリン容疑者(32)」(参照)とあり、前後の記事を見た範囲では表記のブレはない。沖縄タイムスも同様である。

容疑者の名称で「ケネフ」と「ケネス」が報道によって分かれているのはなぜかという疑問がある。これに附随して、どこかの時点で、一つの報道社で変更が生じたと見られるものはない。おそらく、それがあれば、変更理由が記載されるはずだが、私の見た範囲ではなかった。呼称の採用はおそらく報道社の報道姿勢によっているのだろう。

名称差を考える上で、原点となる、本人の名前が知りたいところだ。容疑者は米国籍と見られるので、英語名が存在するはずだ。それはどのようになっているのか。欧文報道にあたるべきだが、ざっと見た範囲では「ケネフ」を連想させる英文報道はなかった。また、この種類の報道で関係の深い、スターズ・アンド・ストライプスを見ると、弁護士にもあたったとして、次の記載がある(参照)。

An American civilian working on the island is being held by police in connection with the woman’s death. A former Marine, Kenneth Franklin Gadson — who goes by his Japanese wife’s name of Shinzato — has admitted to police to killing her and dumping her body, his attorney told Stars and Stripes.

おそらく容疑者の本名というか正式名称は「Kenneth Franklin Gadson」であろう。この記事はワシントンポストも信頼しているようだ(参照)。ワシントンポスト記事は興味深い記載をしている。

Japanese media identified Gadson, who also goes by his Japanese wife’s family name of Shinzato, as a U.S. Marine veteran, and the U.S. military confirmed that on Friday morning. His mother told The Washington Post that her son was in the Marines from 2007 until 2014.

“They say he’s locked up in jail, killed somebody,” said Shirley Gadson, 63, over the telephone from her home in New York City early Friday. She said she learned that Kenneth Gadson had been arrested when Japanese police called her on Thursday.

そして、この名称の「Gadson」は当人のLinkedinの「Kenneth (gadson) shinzato」(参照)にも見られる。

当人が記載したと見られるLinkedinの情報からすると、容疑者自身は自称を「Kenneth shinzato」として、Gadsonを控えたかったと見てよいだろう。

ジャパンタイムスの英文共同記事には、その関連と見られる記載がある(参照)。

n New York on Friday, the suspect’s mother, 63-year-old Shirley Gadson, expressed disbelief over her son’s alleged involvement in the death. Speaking to reporters at her apartment, she said she cannot believe her son would commit such a crime.

According to Gadson and an acquaintance interviewed along with her, Shinzato was born in New York, and she raised him as a single mother. He was shy and started avoiding school when he was 11 after being bullied, they said. The acquaintance said Shinzato had never caused trouble to others or been known to be combative.

Calling him “Kenny,” Gadson said she loves her son and wants to go to Japan but cannot.

Separately, she told The Washington Post by telephone that her son served in the U.S. Marine Corps between 2007 and 2014, the newspaper reported on its website Friday.

容疑者への母親へのアクセスはワシントンポストが先行していたか、共同が先行していたか、よくわからないが、容疑者はシングルマザーの家庭に育ったらしい。印象としては、「Gadson」は母親の家系名であるように思われる。そう想像すると、容疑者の日本での自称は、あえて、「Gadson」を意識としては、捨てて、妻の姓「シンザト(新里)」を名乗っていたように思われる。おそらく、「シンザト」名には、法的な根拠はないのではないか。

さて、先の疑問である、「ケネス」と「ケネフ」だが、まず、私も当初疑問に思ったのは、ケロロ軍曹の「ダソヌマソ」のように、「ス」と「フ」の書き間違いがある可能性である。ただ、そのレベルのミスであれば、すでに訂正され、統一されているはずである。

また同時に思ったのは、African American Vernacular English(AAVE)である。日本では「黒人英語」と訳されているだろうか。AAVEでは、「th」の音が「ふ」のようになる。Wikipediaの同項目にも説明がある。「"Deep" AAVE」とされている。つまり、かなり標準的な英語から離れることになる。

Word-medially and word-finally, pronouncing /θ/ as [f] (so [mʌmf] for month and [mæɔf] for mouth), and /ð/ as [v] (so [smuːv] for smooth and [ɹævə(ɹ)] for rather.[68] This is called th-fronting. Word-initially, /ð/ is [d] (so those and doze sound nearly identical). In other words, the tongue fully touches the top teeth.

おそらく、「Kenneth」が「ケネス」ではなく「ケネフ」となっているのは、容疑者本人の自身の発音の音転記に由来するものだろう。自称としてもよいか、本人としては、「Kenneth」が「ケネフ」と発音されるものだと自然に理解されていたのだろう。あるいは、そのような自称が、日本人の妻を通して音転記されたのかもしれない。

以上から、想像の域を出ないのだが、「シンザト・ケネフ・フランクリン」の表記は、なんらの根拠をもって、沖縄県警から発表されたものだろう。それに依拠して、NHKや朝日新聞は「ケネフ」としているのではないだろうか。他方、共同や地元紙は、その発表をもとに、AAVEの「ケネフ」を、日本語カタカナ表記的な「ケネス」に修正したのだろう。

その傍証は、ニューヨーク・タイムズ記事にある(参照)。ここでは沖縄県警と「Kenneth Franklin Shinzato」を結びつけている。

The suspect was identified by the Okinawa police as Kenneth Franklin Shinzato, 32. He was arrested Thursday after he admitted strangling a 20-year-old woman, Rina Shimabukuro, and dumping her body in a weeded area near her home in the town of Uruma, according to news reports.

それでも気になるのは、この日本報道の原点と思われる「シンザト・ケネフ・フランクリン」に相当する英語での表記が存在しないことだ。ニューヨーク・タイムズ記事でも「Kenneth Franklin Shinzato」であって、日本語表記のような「Shinzato Kenneth Franklin」ではない。

「シンザト・ケネフ・フランクリン」が沖縄県警発表によるとして、それがどのような根拠を持っていたかはわからない。私の推測では、シビリアンの登録に関連する日本語文書ではないだろうか。つまり、沖縄県警がこの事件で直接、容疑者から聞いたのではないだろう。あるいは、なんらかの住民登録かも知れないが、その場合、「Shinzato」が含めることができるのか疑問である。

以上が、現状、私が考えたことではあるが、こうした交渉は些末のように思える人が多いだろうが、私としては、呼称だけで、いろいろ推察されることは多いものだなということと、日本の報道機関の癖のようなものはなんだろうかという、改めての疑問であった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月15日 - 2016年5月21日 | トップページ | 2016年5月29日 - 2016年6月4日 »