« 2016年1月3日 - 2016年1月9日 | トップページ | 2016年1月17日 - 2016年1月23日 »

2016.01.16

「ニーベルングの指環」ライトモチーフをどう学ぶか


「ニーベルングの指環」について書こうとするとき、前回もそうだったのだが、これを「オペラ」と呼ぶことに非常にためらいがある。もともとワーグナー自身がこれをオペラではなく「楽劇」(Musikdrama)と分けて呼んだこともだが、いわゆるオペラとは異なっている。一番の違いは、いわゆるアリアがないことだろう。歌と演奏と言葉は渾然一体となっている。その他いろいろ違いもある。しかし、広義にはオペラとしてもいい。

この「ニーベルングの指環」の特性だが、ライトモチーフ(Leitmotiv)の多用がある。もともとライトモチーフが意識的に組み入れられたのがこの作品でもある。「指示動機」とも訳されるが、人物や事件などを表す特定の旋律などである。と、いうと難しそうだが、実は私たち現代人がハリウッド映画で聴く音楽はこれがもう前提となっている。ごく簡単なところでは、スター・ウォーズのダースベイダーのテーマとかもライトモチーフと言っていいだろう。

ちょっと話が捻じれるが、「ニーベルングの指環」は高尚な音楽だという側面も当然があるが、別の面で言えば、ハリウッド映画の原型だとも言える。「スター・ウォーズ」と比較してしまいたくなくのもそのせいだ。

ライトモチーフが難しいのは、人物や事件に一対一に音訳のように対応しているのではなく、それ自体が一つの記号言語になっていて意味を持っていることだ。ちょっと大雑把な言い方になるが、「ニーベルングの指環」の最初の作品「ラインの黄金」のその最初の序曲にはあたかもライン河の流れを示すような音楽があるが、この旋律のライトモチーフが「自然」を表し、さらに物語の主人公の一人であるブリュンヒルデのライトモチーフにまで変化してつながっていく。

どういうことかというと、「ニーベルングの指環」を理解するには、台本を理解することに加え、ライトモチーフに示された記号言語による物語も理解する必要がある。そこには微妙な緊張や対立もあるので、評論的に扱うときは、二系統の記号言語の理解が必要になる。

鑑賞においても、ある程度、「ニーベルングの指環」に慣れたら、ライトモチーフのお勉強が必要になり、これには、率直に言うと、楽譜を読む技術が求められてしまう。

いや、そこまで観衆に音楽の能力が求められる作品なのかというと、結論から言えば、それはさすがに無理だし、「ニーベルングの指環」には、村祭りのコントみたいに民俗的で滑稽な要素も多く、その面を考慮すれば、誰もが楽譜を理解することが必要とは思えない。あくまで、深層的なメッセージを読みだすには、楽譜読みが欠かせないだろう、くらいである。

とはいえ、ライトモチーフは理解したいものだ。そこでそういう解説はないのかというと、ある。現在では入手できないようだが、ライトモチーフ解説付きのショルティ指揮のレードがあり、1997年にはポリグラムからCD化されてもいる。戦前の放送を思わせる篠田英之介NHKアナウンサーのナレーションはわかりやすい。これが入手できれば、日本人には一番便利だろう。CDで三枚分ある。アマゾンで探したが見つからない。

英語がある程度わかる人ならこれの元になったと思われるデリック・クックのCDがある。楽譜もついていて便利だ。

ライトモチーフに特化はしていないが、音楽と合わせた解説には、オーディオブックのものもある。これを日本語化してくれるといいなと思うが。

上二点、紹介の都合でアフィリエイトのリンクを貼ったが、どちらもGoogle Play Musicにあるので、会員なら無料で聞ける。オーディオブックのほうのはアマゾン・プライムにもある。

ある程度、ライトモチーフがわかるようになると、「ニーベルングの指環」自体も楽しくなるし、あずみ椋の漫画本の解説でイチオシだった、ジョージ・セル指揮によるハイライトのオーケストラ演奏CDなども楽しくなると思う。

オケとしての「ニーベルングの指環」を楽しむには、このセルの演奏はとてもよいと思うし、なんというか、一種、中毒性がある。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.15

ユダヤ人とアラブ人の恋の物語をめぐって

日本の、特にネットの世界ではというべきか、民族的な差別をやめようという声が多いように思う。それは当然だと思うが、実際はというと、差別的な発言をした人を一斉にバッシングするというこのほうが多いのかもしれないと思う。否定的な処罰感情が先行しているみたいだ。まあ、それはそれとしても、もっと肯定的に、「民族を超えて愛し合おう」という声や運動はどうかというと、日本ではあまり見かけない気がする。文化的な問題だろうか。そんなことをなんとなく思っていたので、最近見かけたイスラエルの話題は興味深かった。

話は、イスラエルで高校の教師が教材にしたいと願っていた小説を、イスラエルの教育省というのか政府が禁止したらしい。教育上、よろしくないということなのだが、どういう話かというと、アラブ人男性が、イスラエル人、つまりユダヤ人の女性とニューヨークで恋に落ちるという恋愛小説、「ボーダーライフ(Borderlife)」。2014年に出版され、イスラエルの文学賞も受賞した。今年中に英訳も出るらしい。作者は、1972年生まれのイスラエル女性ドーリット・ラビニャン(Dorit Rabinyan)。ちょっと調べたら、ツイッターのアカウントもあった。

民族間の恋愛に教育行政が関与するとか、いやさすがにそれはないでしょと私も思う。そんなことで社会的な問題になるのか、と。しかし、教育省としては、ユダヤ人とアラブ人の緊張になるのを懸念してということらしい。当然、こうした威圧的な政府の態度に反発は起きるでしょう。でも、日本のようにたたバッシングで炎上するというのではなかった。

どうしたか。こうしたのである。

作成したのは、タイムアウト・テルアビブ。アラブ人とユダヤ人の6つのペアが「禁じられた行為」をしているのだが、見てわかるように、同性愛も含まれている。

日本でもこういうのをすればいいんじゃないのかと思った。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.14

「ニーベルングの指環」入門というか

昨年の目標の一つは、ヴァーグナーの「ニーベルングの指環」を通して見ることだった。最終的な目標とまで行かなくても、本来ならオペラハウスできちんと見ることだが、さすがにこの超大作となると事前の勉強なしで見ることは、事実上無理ではないか。作品は4作のシリーズで合計で15時間くらいになる。本来ならこれを4日で上演するらしいが、現実のところかなり難しく、毎年1作で4年がかりということも多い。日本でも現在4年がかりの2年目が終わったところ。私などはとりあえず、DVDで見るくらいである。

しかし、そもそも、そこまでして見るべき大作なのかというと、人にもよるだろう。好きな人は好きだろう。が、事前のお勉強を超えてまで見るほどの価値があるかというと、なんたらかんたら、ということで私などこの歳まで先送りしてきた。ヴァーグナーについては、先送りする理屈なども何かとつけやすい。しかし、とりあえず、見終えてみると、圧倒的にすごい作品だった。現代の人類の一員なら見ておいていいんじゃないかくらいすごい。

もっとも、「スター・ウォーズ」よりすごいかというと、時代の差みたいのを平滑化すると意外と同じかもしれない。これの6作までだと通し時間で15時間くらいではないだろうか。つまり「ニーベルングの指環」と「スター・ウォーズ」は上演時間では似ている。実際、テーマや情感も似ていたりする。それだけで評論も書けるだろう。

だから、「ニーベルングの指環」入門というか、この作品に取り組もうと思う人それ自体、この作品の魅力に縁のある人だろう。そして、そういう縁のある人にとって、この作品はあまりに圧倒的だと言ってもいいだろう。

そこでどこから、事前のお勉強を始めるか。よく言われているのが、漫画である。オペラは基本的に筋書きが単純だし、文学的な言葉の深みというのは純粋な文学ほどないので、とりあえず、ストーリー展開や登場人物関係を知るには漫画向いている。そして、「ニーベルングの指環」も神話が題材なので漫画にそもそも向いている。

そこまではいいし、日本では二作ほど、「ニーベルングの指環」の漫画本がある。あずみ椋のと里中満智子のである。他にもあるかもしれない。


詳しくはわからないが、あずみ椋のこの漫画は絶版のようだ。さらにそれ以前の版も絶版になっている。中古本ならまだ手に入るだろう。

で、どうか。少女漫画タッチの絵に抵抗がなければ、漫画としての作品を意識した構成になっているので、その点では読みやすい。原作との対応で見ても丁寧な作品になっている。これをきちんと読んで理解すれば、概ね、「ニーベルングの指環」の筋書きや登場人物などは理解できる。

ただ、それが裏目になっている面もある。特に、ローゲの扱いが漫画ではストーリーの紹介役も兼ねているが、原作ではなそうではない。漫画の欠点ともいえないが、そうした点は注意したほうがよい。あと、この漫画の本には冒頭で音楽についてかなりうんちくの解説文がついているだが、それがかえって原作に触れる敷居を高めてしまっている面もあるかもしれない。「ニーベルングの指環」は基本は大衆作品だと理解してよいので、最初からそう構える必要はないと思う。

もうひとつの漫画は里中満智子のものである。



こちらは、普通に「ニーベルングの指環」という作品を漫画で紹介したという感じの作品で、里中満智子らしいユーモアは含まれてはいるものの、ごく普通の学習漫画である。その分、物足りなさはあるが、割りきってしまうなら、十分役立つ。

さてこの漫画を――あずみでも里中でも――読んで、ストーリーと登場人物の関係を頭に入れれば、「ニーベルングの指環」を見ることができるかというと、できる。あとは、字幕(Subtitle)は日本語のほうがよいだろう、くらいである。

ただし、「入門」ということであれば、それを真正面から取り組んだ、山本一太「はじめての『指環』―ワーグナー『ニーベルングの指環』聴破への早道」が手元にあるとよいだろう。実にわかりやすく書かれているうえ、音楽を聴きこんだあとでも役立つように書かれている。




ただし音楽の部分解説は、文字だけで書かれているので、わかりにくいといえばわかりにくい。思うのだが、この文章を元に、「ニーベルングの指環」の学習ビデオ教材があるとよいのではないだろうか。

あとひとつ、余計なお世話かもしれないが、こうした比較的容易い入門書は、基本なので当然なのだが、原作に忠実に書かれている。ところが、実際に近年の「ニーベルングの指環」の演出は、その大半が、現代演出になっているので、そこの心構えというか、事前知識みたいのがないと戸惑うのではないかと思う。

オペラの現代演出というはどういうことなのかというのは、cakesのほうに「死の都」を題材に「20世紀最高の傑作オペラ、その無限の可能性——『死の都』という文学」(参照・有料)で論じたので関心のある人は読んでいただきたい。結論だけいうと、オペラというのは現代演出が面白いのである。

DVDや音楽の構成については、また別途書こうかと思う。とりあえず、漫画本は入門になるという話で今回はお終い。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.13

フランス語の筆記体を学ぶこと

年が変わるころ、さて来年は何かをするかなと思う。新年の決意である。英語で "New year's resolution" 。そういう歌もある。なにかを決意する。私はというと、さすがにそれなりに長く生きてきた、できもしないことの廃墟のようなものなので、たいそうな決意はしない。些細なことを決意する。2015年はなんだっかというと、「ニーベルングの指環」をDVDで見ることだった。ちなみにそれは達成した。思っていた以上に自分の満足があったが、思っていた以上に難しいことでもあった。それはまた別の話。

今年はどうかか。いくつかある。一つはフランス語の筆記体を学ぶこと。フランス人の書く筆記体は英米のそれと字体が違うし、なんとなく見た目もかわいい。それにどうもフランス人は筆記体を使う人が多いようだ。真似してみたい。また、この歳こいて、小学生みたいにノートで鉛筆書きで書き取り練習というのもよいんじゃないか。いかにも老人くさくて(とか書くと洒落の通じない人もいるが)。

始めるにあたって、戸惑う。簡単なことだが、どうしたらよいのか。フランス語筆記体の手本はネットを探してもあるし、調べたらiPad用に専用の学習アプリもあった。しかし、鉛筆で手書きがしたい。

じゃあまずノート。ということで文具屋に行く。意外でもないが、いまだに英語の筆記体練習用のノートが販売されていた。あれである。五線紙みたいなやつだ。今でもこんなの使って子どもたちは英語の筆記体を学んでいるのだろうか。身近な経験だとなさげだったが。

とりあえずペンパンシップというのか筆記体練習のノートを買うが、さて、何を書くか。そこで行き詰まる。もちろん、何を書いてもいいが、そのなあ、そう言われても。かくしているうちに、ノートを紛失した。そんなものだな。

元旦はそんなわけで、フランス語の筆記体を今年は学ぶぞと思っても、なんにもしなかった。これがおそらく364日続くと思われたが、たまたま「毎日1文 筆記体でフランス語」という本を見かけた。これ、いいんじゃない。とりえず買った。



どういう本かというと、こうある。ラジオ講座やってた先生ではないかな。


楽しみながら、正しく美しく書くための練習帳

最近は欧文を筆記体で綴る機会が少なくなりました。しかし手で書くという行為は、言語を覚えるためにもたいへん有益です。
この本は、フランス語の筆記体を毎日少しずつ、楽しみながら綴るための練習帳です。小説や詩の一節、戯曲の台詞、シャンソンの歌詞、芸術家の言葉、ことわざなど、365日分を用意しました。いずれも短い文章ですので、暗誦することもできます。さっそく、今日のページを開いて、綴ってみませんか。

始めた。最初の日は少し戸惑うが、数日して慣れると、日課はせいぜい5分くらい。つまり一日5分維持できるかということだ。三日坊主になるだろうか。否! 今朝も日課を終えた。13日。三日坊主はクリアである。ちなみに、それいいんじゃねという人は今から初めても、日課を二倍にすれば月末前には追いつく。

意外と楽しい。古典からの引用やことわざみたいのが多く、知らない語句もあるし文法もわからないところがあるが、概ねわかるのもいい。ちなみに今日の日課はこれ。

La prose n'est pas une dance. Elle marche.

コクトーの「La difficulté d'être.」から。いわく、「文章はダンスではない。それは歩く。」 自分なりに咀嚼すれば、文章というのは感情を動かすようにリズミカルに続けるものではなく、理性を持って一定のテンポで周りの気配を見ながら淡々と進めるものだ、だろうか。当たり前のことのようだが、文章がそれなりに上手い人や、上手になった人には、それなりのリズムがあって、しかもそこになにかメリットを見てしまいそうになるものだ。それじゃ、だめ、ということなのだが。

この本、書き込みができるようになっているのでそこに鉛筆で書けばいい。綴じ方が普通の本なので、書き込みにくいがしかたないだろう。ノートに書けばいいのかもしれないが。で、この本の手書きのお手本は、筆記体風の活字。率直にいうと、そこは安直すぎてあまりよい本ではないなと思う。きちんとしたハンドライティングをお手本にすべきだろう。「千字文」の書道の本のように。

巻末には現代フランス人の手書きがいくつか掲載されている。ヴァリエーションを見せるためもあるが、概ね、美しくない。ただ、見ていて思うのは、現実のフランス人の筆記体は、私たちの世代が英語の筆記体として学んだものとあまり違ってはいない。

実際のところどう書くべきかだが、これの参考になる本はすでに買ってある。「フランス語筆記体レッスン」である。絶版だが、たまたま本屋で見かけて買っておいた。



そこで話が戻る。これで解決かというとそうもいかない。どうも、この筆記体は不合理なのだ。これで続けて書けるわけないんじゃないかと思う。現実、フランス人でもできていない。どういうことなのか。

これ、筆記体としているけど、一つの書体なのではないか。文字をくっつけるように書いているけど、たとえば、"a"の一文字でも3ストロークで書く。つまり実質ブロック体なのだろう。そうわりきると、それなりに進む。あと、見た目フランス語らしのは、冒頭の一文字の大文字だけで、つまり、これは飾り文字なのだろう。

この手の本で、ギリシア語やアラビア語もあるとよいと思うなあ。

ἀνερρίφθω κύβος.
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.12

外国語の入力にはChromebookがとても便利だった

一ヶ月くらい前からだっただろうか、Duolingoにロシア語が加わった。当初の話では昨年の8月くらいということだったが、それなりに遅れた。しかもまだベータ版である。それでも、Duolingoでロシア語が学べるというのは感慨深い。おっと、英語からロシア語を学ぶということで、日本語からはまだ対応していない。

教材の組み方は、ざっと見た感じ、他の言語の学習と同じようだ。基本的に語彙の学習を中心に文法学習も語彙から派生したようにする。公式にはモバイル系のアプリでは対応していないはずなのだが、ブラウザー側でロシア語を選んでおいたままiPadのアプリに移動すると、ロシア語が出てくる。いずれにせよ、そのうち対応するだろう。

ロシア語の学習で気になるのは、フランス語やドイツ語と違って文字である。キリル文字をどうやって入力させるか。これまでのDuolingoだと、フランス語やドイツ語で英語にはないアクサンやウムラウトの文字については、表示されている専用のパネルから文字ごとに選択できるようになっている。こうしたラテン字母の拡張はそれほど数が多いわけではないから、これでいい。これがロシア語のキリル文字となると、そう簡単にはいかない。どうするのだろうと気になっていた。

参考として、Googleの翻訳のオンライン・サービスを見ると、こうした入力についてはいくつかの手法を採用している。ロシア語については、ローマ字変換、ソフトキーボード、手書きの三通りがある。さて、Duolingoはどうするか? ソフトキーボードあたりかなと思っていた。

どうだったか。意外なことに、そのいずれも採用してなかった。ということは、そのままロシア語キーボードでキリル文字を入力せよということか。概ね、そうだと言っていいのだが、驚いたのは、最初から入力に際して、ローマ字入力を認めていることだった。"Я студент."というのだと、"Ya student."のようにしてもよいのである。実際にこの例が採用されているかちょっと確認していないが、それにしても、最初からローマ字表記が選べるようになっている。

たしかにロシア語といえばキリル文字というのが普通だが、ロシア語自体はローマ字で表記してもよいし、実際、ロシア語のローマ字表記は芸術家名のローマ字表記のようによく使われてもいる。それはそれなりに便利なのものだ。

とはいえ、ロシア語を学ぶならキリル文字もなんとかしなくてはならない。そして大抵のパソコンだと、一応各国語のキーボード設定はできる。Windowsでもできる。Macでもできる、が、具体的にどうなるかはちょっと確認していない。話を、Windowsで進めると、ロシア語のキーボードは選択できるのだが、切り替えがめんどくさい。設定もそもそもめんどくさい。専門にロシア語を使うならしかたがないが、学習者がいちいち切り替えるにはやっかいだなあと思っていた。

ところが、今年の正月、衝動買いしたChromebookだとこれが実に簡単だった。設定はやや深いところにあるが、それでもわかりづらいというほどでもない。インストールは瞬時。切り替えもShift+Altでトグルするし、フランス語キーボードを混ぜてもトグルに時間はかからないうえ、日本語に戻すには「かな」キーですぐに戻る。ということは、英語は「英数」キーで戻る。

さらに驚きは、いや驚くことでもないのだが、ラテン字母キーボードと折衷した入力方法が利用できる。どういうことかというと、"student"と入力すれば"студент"と出てくるのである。一種のローマ字入力といってもいいけど、これならラテン字母と対応していない部分の文字キーをいくつか覚えるだけで、すらすらキリル文字が入力できちゃうのである。えええ? すごいんじゃないの? Хорошо. Браво. Ура!

実は、フランス語のキーボードも結果的にこれに似たのがあって、つまり、カナダで使われているフランス語キーボードである。英語キーボードとほとんど同じ。アクサンなどはちょっと入力に手間取るが、頻繁に使う"é"はワンストロークでいい。慣れるとこれもフランス語キーボードより使いやすい。まあ、これでいいのかなあという感じもするが、キーボード入力は無意識に近くなるから、慣れまでの敷居が低いほうがよい。

ちなみに、購入したChromebookは、HPの11インチ。最初はこれ使えるのかなといじっていたが、これでたいていのことはできるし、キーボードもゆったりとしているにし押す深さもあり、けっこう楽に打てる。

Macbookとかだと各国語対応はどうなっているのかわからないけど、少なくとも数カ国語使う人には、Chrombookは、かなり便利。ちなみに中国語もチェックしてみたけど、便利。ただし、韓国語については基本的にれいのハングル入力になるようだ。それでもいくつか手法が選べる。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.10

「暴走地区Zoo」が残念ながら面白かった

正月、まあどちらかというと偶然なんだが、「暴走地区Zoo」というWowow洋ドラマを見ていた。当初、つまらないだろう、大したことないだろう、と高をくくっていた。のだが、ちょっと見始めると面白くて、結局、夢中で見てしまった。

これが、動物全体が突然変異で人間を駆逐しようとするのに対抗して男女5人が戦う、というありえない設定であるうえに、ストーリーの展開はてんこ盛りのご都合主義。おまけに日本の原発事故関連の都市伝説的な話題や遺伝子操作産業の陰謀論とか、ネットに転がっているお子ちゃま向けのアホ話を切り貼りしたような内容。これはアカン、というか、こんなもの面白がって見ている私はそうとうにアカンのじゃないかと思ったが、面白かったんだよ。



「ブレイキング・バッド」や「アフェアー」とか、洋ドラマは、中年から初老に向かう男の心情にもぐいぐいと迫るのがあるものだなと注目していたのだが、すべてがそういうシリアスにプラスしてエンターテイメントという作品というわけでもない。映画の「Xメン」や「アヴェンジャーズ」みたいなバカバカしい設定があってもいいし、そういうふうに考えれば、「暴走地区Zoo」も同じじゃないかと思うのだが、なんとも面白さのツボが微妙に違う。

まず凡庸な要素なのだが、登場人物のキャラがいい。美人に魅了されるのはもうナスターシャ・キンスキーで十分だと思っていた私だったが、クロエ・トゥシニョンを演じるノラ・アルネゼデールには魅了された。嫌だなこうセレブ好き心理は、と思うが、しかたない。美しい。ドラマの上では、いかにもフランス人らしいフランス人として出てくるし、英語やフランス語はどうも完璧っぽいし、スペイン語もできそう。何者?と調べると、母親はエジプト系ユダヤ人ということらしい。ほぇ? 両親が出会ったきっかけはバリ島旅行らしいのだが、そのころ私も外国人の友人たちとそのころ同地に半月ほど旅行していたので、ああいう人々のなかの二人だったのかもしれないなと感慨深かった。



エイブラハム・ケニアッタ演じるノンソー・アノジーも大した役者だった。あとから背景を知るとなるほどねと思う。「ブレイキング・バッド」とかだと著名俳優を使わなくても、すごい演技のできる役者はいるものだなとは思うし、そういうドラマでいいんじゃねと思っていたが、役者をきちんと使うとドラマには厚みが出るものだ。

話は最初のシーズンが13話。次のシーズンで終わりらしい。たぶん、私はまた見るのだろう。が、最初のシーズンも事実上、12回でハッピーエンドとしてもよいもので、次シーズンのつなぎはかなり無理はあった。伏線がないわけでもないが。

とにかくスリラーを繰り出すという必要性から次から次へとご都合主義的な展開で、かえって村上春樹のシュールな小説のようで、その意味でも面白かった。ところで、これ、ジェイムズ・パタースンの原作ではどうなんだろうかとちょいと調べてみると、どうもかなり別物っぽい。それはそうだろうなと思う。

いろいろネガティブなふうに書いてしまったが、面白かったことはこの上ない。動物たちの演出もありがちといえばありがちだが、それほど無理なくよくできていた。動物を演劇に使うという、こうした産業もあるのだろう。というか、ニューヨークMETなんでも動物専用の対応があるらしい。それと脚本家の力量のうちでもあるが、ところどころ米国社会の日常生活の内情(養子や難病家族など)も普通に面白かった。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月3日 - 2016年1月9日 | トップページ | 2016年1月17日 - 2016年1月23日 »