« 2016年4月3日 - 2016年4月9日 | トップページ | 2016年4月17日 - 2016年4月23日 »

2016.04.15

トランプ米大統領候補とオバマ大統領との差は中東観ではあまりないかもしれない

米国大統領は米国民が決めればいいことなので、日本人としては基本的に国際情勢をどう読むかという知的関心以上には、それほど米国大統領選挙は興味がない。そのうえ、まあ、メディアがいくら騒いでもさすがにトランプ候補はないでしょと思う。それよりひどいクルーズ候補は論外。そもそも共和党の目はなし。するとヒラリー・クリントン候補か、にわか民主党サンダース候補か、だけど、同様にサンダースはないでしょう。なので、終了、と言いたいところだが、なぜか最後の詰めで確信が持てない。ヒラリー・クリントンもないよなあ、という思いが拭えない。

そうした文脈でしみじみトランプはないよなあと思いつつ、ふと、奇妙なことを思っていた。たとえば、この発言である。

中近東の人々と違って、東南アジアやアフリカの人々は、どうやってアメリカ人を殺そうかと考え続けてはいない。

つまり、「中近東の人々はアメリカ人を日夜どう殺害するかと考えている」と言う発言である。

トランプ候補なら言いそうだなと思う。で、誰の発言かというと、オバマ大統領の発言なのである。

正確には、その通りの発言ではないけど、文脈と代名詞を普通に補うと、こうなる。誇張じゃないのは、この言葉をオバマ大統領からインタビューで引き出したジェフリー・ゴールドバーグ自身がそうツイートしているのである。これ。

なんなんだろうなあ、これ、と思った。

失言? まあ、一部では失言として認識されてはいるけど、失言騒ぎとしてニュースになったり、この件でオバマ大統領が謝罪や撤回したということはなかった。日本だとあまり知られていないかもしれない。

いや、ツイートだけじゃわからない、というなら、ジェフリー・ゴールドバーグによる『アトランティック誌』のインタビュー記事の全文(参照)で確かめてみるといい。同じ。

He went on, “Contrast that with Southeast Asia, which still has huge problems—enormous poverty, corruption—but is filled with striving, ambitious, energetic people who are every single day scratching and clawing to build businesses and get education and find jobs and build infrastructure. The contrast is pretty stark.”

In Asia, as well as in Latin America and Africa, Obama says, he sees young people yearning for self-improvement, modernity, education, and material wealth.

“They are not thinking about how to kill Americans,” he says. “What they’re thinking about is How do I get a better education? How do I create something of value?”

この文脈だけだと、東南アジアやアフリカの若者は自らの向上心が高い、とオバマさんが言いたいために、ちょいと比較で口を滑らしたという感じもしないではない。だから、ことさらに失言部分を取り上げるようにも見えるかもしれない。

でもなあ、と思う、このインタビュー記事の全文を読むと、そうでもない。むしろ中東に焦点を置いている。

“Right now, I don’t think that anybody can be feeling good about the situation in the Middle East,” he said. “You have countries that are failing to provide prosperity and opportunity for their people. You’ve got a violent, extremist ideology, or ideologies, that are turbocharged through social media. You’ve got countries that have very few civic traditions, so that as autocratic regimes start fraying, the only organizing principles are sectarian.”

He went on, “Contrast that with Southeast Asia, which still has huge problems—enormous poverty, corruption—but is filled with striving, ambitious, energetic people who are every single day scratching and clawing to build businesses and get education and find jobs and build infrastructure. The contrast is pretty stark.”

「もうわかっているが、市民の伝統がほとんどない国(中東)では、独裁体制が緩みだすと、唯一の構成原理は宗派主義になる」というのが、オバマさんの中近東観。

オバマさんも、そこで留めておけばよかったのだけど、つい先ほどのように口を滑らしたとも言えないでもない。でも、これは政治的には失言ではあるだろう。

このインタビューをもう一段階上のレベルで見ると、オバマ大統領は、リビア体制を崩壊させたことは失敗だったとしている、という文脈だった。その点では、日本版のCNNでも関連報道が流れた。「オバマ米大統領 「在任中最大の間違いはリビア」」(参照)である。このインタビューは、先のジェフリー・ゴールドバーグのインタビューを受けたものである。

(CNN) オバマ米大統領は10日に放送された米フォックス・ニュースとのインタビューでこれまでの在任期間を振り返り、最大の間違いはリビアでカダフィ政権崩壊後の混乱に計画的な対処ができなかったことだと述べた。

大統領はインタビューで、2011年のリビア軍事介入自体は「正しい行動だった」とする一方、その後の無計画ぶりは失敗だったとの見方を示した。

オバマ大統領としては、国務大臣時代のヒラリー・クリントンの大失態である「ベンガジ大使館襲撃事件」をフォローしようとしたものなのは明白である。ちなみに、この事件だが、WSJ社説「ベンガジ事件の闇、大統領目指すヒラリー氏に傷―オバマ政権の判断ミス隠蔽に加担?」(参照)に詳しい。

多くのマスコミは2012年にリビア東部のベンガジで何が起きたのか、報じようとしない。この問題をめぐる米共和党の調査もお粗末だ。しかし、次の大統領選挙に向けオバマ政権とヒラリー・クリントン前国務長官がどんな努力を尽くそうとも、この話はどこまでもついて回る。  

 2012年9月11日にベンガジの米領事館と中央情報局(CIA)の活動拠点がテロリストに襲撃された数日後にホワイトハウスが送信した電子メールで、新たな事実が発覚した。これらのメールは昨年、事件への対応と事後処理に関するすべての文書だとオバマ政権が主張した資料には含まれていなかった。保守系の監視団体ジュディシャル・ウォッチによる情報公開請求を受けて4月29日に公表されたこのメールを見ると、オバマ政権がなぜメールを隠そうとしたのかが分かる。


 実際には、この事件はアルカイダと関係のあるイスラム組織が綿密に計画したもので、クリストファー・スティーブンス大使と米国人職員3人が殺害された。その数時間後、トリポリの米国大使館の国務省・CIA職員、リビアの大統領、ビデオ映像によって事件が公になった。だが、オバマ政権はそれをごまかすことを決め、1週間以上にわたりしらを切り続けた。 

 こうしたすべてのことは、次の大統領として有力候補とみられているクリントン氏の適格性に直接影響を与えるものだ。国務省はベンガジで拡大する過激派の脅威に対する度重なる警告を無視し、セキュリティー改善の要求を拒否した。また、あるCIA職員の父親は、自分の息子の死と動画には何の関係もないにもかかわらず、クリントン氏はユーチューブの動画作成者を「起訴・逮捕する」と約束して彼を慰めようとしたと報道陣に語った。

率直に言えば、ヒラリー・クリントンの、米大統領候補としての適格性は大きな疑問符がつく。そこでオバマ大統領が自分が間違っていたと泥をかぶって彼女の擁護論に出たわけだ。

しかし、と私は思うのである。こうした政局的な視点よりも、一見口を滑らしただけかに見えるオバマ大統領の見解は、リビアの失態よりも、シリアの「成功」が陰惨な結果を招いてきたことに呆然とする。

オバマ大統領は「市民の伝統がほとんどない国(中東)では、独裁体制が緩みだすと、唯一の構成原理は宗派主義になる」という考えかたを実際にはシリアにも適応していた。ロシア大統領プーチンと同じように、実際には、シリアのアサド大統領を支持していた、ということだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.14

映画『脳内ポイズンベリー』

笑える映画だろうなと軽い気持ちで見ていた『脳内ポイズンベリー』なのだが、いや確かにお腹がよじれるくらいにいろいろと笑ったのだが、どうも微妙に深い。間の取り方とか絶妙過ぎて、後半これどうすんだ? マジ展開して名作になるんかと思ったら、名作でしたよ。泣けた。なんだこれ、すげー名作じゃん。うかつでした。

話はちょうど30歳になるフリーター女子・櫻井いちこが飲み会で、美大卒のイケメン売れない造形アーティストの23歳男・早乙女 亮一に一目惚れして告って関係持つというふうに始まるのだが、いちこの脳内では彼女の行動を決めるための5人の会議が展開されている。いかにも漫画風だなと思って、後からググッてみたら、漫画が原作でした。知らなかった。とはいえ、ちなみに脳内会議というのは、交流分析とかではふつうに扱う。

30歳女と23歳男でうまくいくかというと、まあ、世の中いろいろ、ではあるが、普通年上女は気遣いと負い目を持つし、年下男は膨れた自尊心に合わない引け目の感覚を持ちがちで、そのあたりのお約束はこの作品でも型にはなっている。

物語では、いちこがやがてケータイ小説を足がかりに作家になり、その過程で、映画では40歳くらいの設定だろうか、編集者の越智公彦と付き合う。映画では一度のキスだけの関係。

そうした設定の恋愛フレームワークで女がどう揺れるかというのは、宇治十帖などからの古典的な枠組みでもあり、いくつかの派生パターンに収束するんだろうな、ふむふむそうだよね、どれかな、と見ていたが、ちょっと意外な結末だった。一見すると女の自立ようには見える。

でもこれは、いわゆる自立した女というのは、ちょっと違う何かで、その微妙な違いがうまく表現されていた。というか、演じる真木よう子がうまかった。彼女でないとそこは表現できなかったんじゃないだろうか。ちょっと話がそれるが、彼女のニット帽はよかった。漫画の原作ほうにはないみたいだった。

こういうとなんだが、女は30歳でも若い心があって、結局惚れた男を選んじゃうものだし、そこで悲劇が起きても、しゃーないでしょ、みたいになりがちだだろう、と思う。だが、それでええのか的な課題はあり、この作品はけっこう真正面からこの難問にぶつかっていた。おい、答えの出ない問いに答えを出すかよ、とか思わず突っ込みを入れたくなるような感じだったが、納得の答えが出されて圧倒された。

エンディングでは➀女の旅立ちと➁新しい出会いというオチが2つ実質的にはパラレルに、視聴者の好み合わせて用意されていたようだし、文脈的には、越智との再開が暗示されていた(靴でわかる)。まあ、それはどっちでもよいでしょう。漫画のほうのオチはまた別らしい。

オチにも関連するが、映画で、このシーンはいいなあ、と思えたのは、陳腐だが、早乙女と越智が殴りあいだった。ちょっと見には、これってダメ男じゃねという印象も強い早乙女が、越智とも関連のあったデザイナーの山崎未歩子について、実は若い男の感性で真摯に向き合っていたことが明かされることだった。つまり、これは、早乙女は本当にいちこを愛していた、というわけだ。

ほかにも、恋愛の苦しさのなかで経験する微妙なシーンや、恋愛後に気づく人間の真実みたいなものも、さり気なくあちこちに上手に露出していたので、見る人の恋愛の経験でいろいろと楽しめる仕上がりになっていた。

というわけで、久々に、よい恋愛映画を見たなあと感動しましたね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.13

ドラマ『Empire 成功の代償』の感想

『Empire 成功の代償』は米国FOX系のドラマである。現代の、主に黒人カルチャーの大衆音楽シーンに、黒人社会特有の文化・社会問題をどろどろに混ぜた濃い物語。音楽業界の内幕ものということもあり挿入歌も素晴らしい。私は黒人音楽系にはほとんど関心ない人だが、それでも魅惑された。

物語は、米国最下層のスラム出身のストリート系ラッパー、ルシウス・ライオンが業界で約20年かけて成功し、身内の黒人中心に巨大な音楽中心企業エンパイア社を設立。さらなる発展に向けて株式公開を目指すのだが、彼自身が死病を患い、また彼の麻薬売人の過去の罪を背負った17年の刑務所入りから戻るかつての糟糠の妻クッキーと、再開を果たす三人の成長した子どもとの間に、愛憎と権力を交えたファミリーの物語が展開する。長子は双極性障害、次男は同性愛者、三男は年上の女にたらしこまれている生意気なラッパー。誰にこのエンパイア社(つまり「帝国」)を継がせるか。そしてルシウスも再婚に近くその人間関係もぐだぐだ。

これだけてんこ盛りなら大衆ドラマとしては面白いだろうけど、僕みたいに静謐で内面に罪を抱えた神学的なドロドロもんが好きなタイプだと途中で放り投げるだろうなと思っていた。が、すぐにその魅力に取り憑かれた。まず、歌がすばらしい。これはもうどうしようもないレベルにすごい。次に、特にクッキーを演じるタラジ・P・ヘンソンの演技というか存在感がすごすぎて惚れそうだ。

虚栄の音楽業界の内幕の背景には、米国貧困層の問題や黒人社会問題などもぎっしりつまっていてそうした面でも厚みのあるドラマになっていた。

物語は、ルキウス皇帝が帝国を誰に継がすのかという枠組みなので、皇帝ルキウス・ライオンとしての、ルシウスという存在に当然がらかなり焦点が当てられている。飽くなき権力欲と悪の塊のようにも見えるヒール役の彼だが、脚本や演出の良さからその彼にも視聴者は同情的に心惹かれていく。どれだけひどい人間に見えても、彼の心にだけ宿っている、音楽という神は嶄然と輝いている。こういうものを抱えた天才の人生は当然のように苦しいだろう。

かくして物語に魅了された私だが、さすがに濃すぎて一話一話ぐったりする。見たのはシーズン1だけだがその後半になると、親子相姦的なシーンも出てきて、自分の趣味からすると気持ち悪くて吐きそうになった。それでも見てしまう。

アジア的な世界やヨーロッパ的な世界というのは自分の好みもあるが、こうした濃い黒人社会的なドラマは自分には関係ないだろうと思っていた。が、案外そうでもなかった。身体を絞られるような悲しみと歓喜のようなものが経験できた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.12

[書評] 外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (白井恭弘)

2月に立川にジュンク堂が出来たので見に行った。ちょうどエレベーターを出てその脇の書棚が英語学習関連のものだった。なんとなく、入り口から迷路に入りましたという感じで順に見ていくと、このジャンルの本がけっこうあるので驚いた。世の中、英語を学習しようとした人が増えたのだろう。当然、いろいろな学習法もある。

もう30年以上も前だが、大学院にいたおり、英語教授法という主題のコースを受講したことがある。吉沢美穂先生と升川潔先生が講師で、そこからもわかるように「ベーシック・イングリッシュ」を使ったGDM(グレーディッド・ダイレクト・メソッド)が基本だった。吉沢先生はその背景から応用を詳しく説明された。優れたメソッドであるというよりも、吉沢先生という優れた教師のキャラクターに圧倒されたものだった。ああできたらいいなと教育実習のときに真似て自分の至らなさを実感した。升川先生とはその語、理論背景を含め、意味論のコースでオグデン(Charles Kay Ogden)についても学んだ、というか個人的にもいろいろ議論した。先生の、オグデンの残した謎のような図を前に「でもどうしてもオグデンこれがわからないんだ、君、解明してくれないかな」と言った言葉は今も耳残る。

余談が多くなったが、その後もこの分野は関心を持ち、だいたい20年くらい前までの英語教授法の理論や背景については、それなりに知っているほうだと思った。が、さすがにいつのまにか関心を失い、近年はふとこの分野に関心を戻したものの、ピンズラーやミシェル・トーマスの手法のほうが興味深くなった。とはいえ、第二言語学習についてアカデミックには現状どうなんだろうか。手頃な本でもないか。と見ていたら、岩波新書のこれ『外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か』を見つけた。後で知ったが2008年刊なのでもうすでに古いが、おそらくそう大きなパラダイム・チェンジはないだろう。

で、この本はどうだったか。普通にこの分野の良書だった。こういうとなんだが、英語学習法というのはその大半はニセ科学と同じである。どこがニセ科学かというと、手法と達成がきちんとスキームになって検証されていないものばかりだから。もちろん、そうでもないという主張も多いのだろうが、そうだったらきちんと、学問的な枠組みで検証されているはずである。古典的なエビングハウスによる無意味綴りの学習理論くらいなものが多い。なにかこの分野の革新的な達成でもあれば本書とかに触れているはずだが、まあ、ないよ。というのが本書を読んできちんとわかる。そこが一番の、本書の価値ではないだろうか。

ただ、この分野自体、言語学からは傍流なので理論的な枠組み自体がまだまだ弱そうだという印象は受けた。が、反面、生成文法派などから提唱されていた言語学習臨界期説なども疑問視されている状況はわかる。こういうとなんだが、言語「獲得」と、第二言語「習得」という概念そのもの基本的な問題にいまだに拘泥している感はある。これはもともと言語学と認知心理学の間でぐだぐだになっていたものだから、しかたない。ざっくり、生成文法派的なUGが第二言語習得に寄与しているかと言いたいところだが、このテーマには「中国語の部屋」的な哲学的な問題もからんでいる。おそらくこの問題は、むしろドナルド・デイヴィッドソンの「根元的解釈」に関連しているだろうと私は思うが、本書というか、このアカデミック分野そうした学際的志向はなさそうだなという印象もあった。

とはいえ、目次を見てもわかるが、具体的に第二言語習得に役立つ知見は書かれている。第5章、第6章がそうした視点になっている。

  • 第1章 母語を基礎に外国語は習得される
  • 第2章 なぜ子どもはことばが習得できるのか―「臨界期仮説」を考える
  • 第3章 どんな学習者が外国語学習に成功するか―個人差と動機づけの問題
  • 第4章 外国語学習のメカニズム―言語はルールでは割り切れない
  • 第5章 外国語を身につけるために―第二言語習得論の成果をどう生かすか
  • 第6章 効果的な外国語学習法

具体的な知見に関心を持つ人も多いだろうし、私などもそうであったが、本書を通読してもわかるように、「ガッテン!」といった簡単な秘訣のようなものはない。むしろ、私が先日提唱していたような、「英文和訳学習がいいよ」といったものは否定されている。もちろん、役立つ示唆は多い。

あれ? 矛盾していない? 語学学習の理論的な枠組みで否定されているはずの和訳を提唱するなんて?

いやいや、本書では明示的に触れていないが、語学学習で重要なのは、達成レベルの考え方なのである。日本の英語学習書を見ているとTOEICがうんざり出てくるのも、ようするにそれで達成レベルが計測できるからだ。そして、そこで達成されたものが、知識人の英語能力に見合っているかという問題は残る。

この点についてはEUですでに基準が作成されていて(野菜の安全基準みたいな印象)、CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)というのがある。一般的に語学学習とされているのは、日常生活が遅れるA2レベルである。TOEIC900・英検1級がC1レベルと言われている。いずれにせよ、日本の英語教育はまだ十分に国際基準に整合されていないようには見える。

EUがCEFRを定めた背景は、移民生活と高等教育だろう。つまり、A2で移民者が暮らせて、C1で大学入学可能ということだろう。

本書の枠組みは基本的にA2からB2だろう。日本の大学ではB2あたりが求められているのではないだろうか。いずれにせよ、英文和訳学習は書き言葉が出てくるC1レベルからに向いているのではないかと思う。まあ、これも検証すべきだろうが。

本書では、語学学習と動機についての議論も詳しいが、これらの背景には移民があり、その移民の子から大学教育者を出すという要請がある。外国語学習というのはそうした動機が一番に想定されていると理解してよいだろう。そう考えると、CEFRの理論背景をまとめた書籍も読んでみたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.10

「ダ・ヴィンチ・デーモン (禁断の謎)」

偶然だったのだが、「ダ・ヴィンチと禁断の謎」というドラマを見た。どうやら知らないのは私くらいで2013年の作品なのでそう新しいものでもない。すでに最終のシリーズ3まで終わっているらしい。というか、そこまでは詳しくしらない。シリーズ1を見ただけだった。話は、タイトルに「ダ・ヴィンチ」とあるように、主人公がレオナルド・ダ・ヴィンチという、簡単に言って、トンデモ歴史ドラマ。しかし、歴史ドラマがトンデモであっていけないわけもなく、普通にエンタテインメントとして見ればいいわけで、で、とても面白かった。ま、普通かなとか見終えたとき思ったが、いやこれはけっこう面白かったなとあとからじわじわ来る。

タイトルに「ダ・ヴィンチ」とあり、オリジナルのタイトルは「ダ・ヴィンチ・デーモン」である。アマゾンですでにDVDが売っているがそちらのタイトルになっている。意味合い的には、レオナルド・ダ・ヴィンチに取り憑いた悪魔的な情熱とでもいうのだろうか。邦題で「禁断の謎」としているのは、キリスト教から見ると、禁断のミトラ教の秘密を扱っているということ。

なんだろこれ、と思って、そのまま見始めると、初回の映像の美しさにぐっと吸い込まれてしまった。とにかく映像が美しく、役者もなかなかクセのある魅力があり、そして全体を覆うダークな感じと裸体趣味はなんだろと、この時点で脚本を見たら、ゴイヤーでした。

ちょうどたまたまそのころ、「ダークナイト」をまた見ていて、こいつはどうしようもない傑作だなあ、ゴイヤーは何考えてんだと思っていたら、またゴイヤーだったので、妙に不思議な示し合わせだった。そうしてゴイヤー脚本かと思ってみていくと、それなりに納得というか、ダークに深いなあとずるずる惹かれていった。

政策背景は年代的に見て「ダ・ヴィンチ・コード」のノリだったのではなかと思には思うが、そう強い影響でもないのだろう。制作はFOX系なんでふーんと思ったが、BBCが噛んでいたいた。なるほどリドリー・スコットの「大聖堂」のノリはある。

時代は、ルネサンスのど真ん中。15世紀のイタリア・フィレンツェ。想像から青年期のダ・ヴィンチを描いている。ヴェロッキオの工房を出たくらい。パトロンは当然メディチ家のロレンツォで、弟のジュリアーノも出てくる。冒頭はミラノ公の暗殺から始まる。メディチと教会は対立し、ローマ教皇シクストゥス4世も出てくる。全裸で。

物語は史実に若干絡ませるものの、「緒方洪庵事件帳 浪花の華」みたいなノリでいくのかと思ったら、ダ・ヴィンチの同性愛容疑の話が出てきて、ありゃこれは意外と史実を追っているのかなと見ていくときちんと「パッツィ家の陰謀」が出てきて、ありゃ、これはジュリアーノ死にますがなあと思っていると、死んだ。

キャストがなかなかよい。ダ・ヴィンチのトム・ライリーは適役で無難だが、敵役のリアリオ卿が、なんというか、これはある種の人にとってはやばいくらいにいるだけでエロい系ではないだろうか。ブレイク・リットソンというらしい。「大聖堂」にも出ていたらしいが、どこだっただろう。

ロレンツィオの愛人ルクレツィア・ドナーティを演じるローラ・ハドックもいい感じで濃かった。正しい貧乳という感じもする。いやいやそこじゃない。「大聖堂」のエレン役ナタリア・ヴェルナーを思い出した。その女がいるだけで愛ってなんでしょという文学的な感じがじわーんと出てくるという女優はすごいなあ。

Huluにはシーズン2が出ている。シーズン3まで出てから見てもいいかなとは思っている。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年4月3日 - 2016年4月9日 | トップページ | 2016年4月17日 - 2016年4月23日 »