« [書評] さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ(永田カビ) | トップページ | [書評] 脳梗塞日誌 病棟から発信! 涙と笑いとリハビリの100日間(日垣隆) »

2016.06.29

[書評] 脳が壊れた(鈴木大介)

通常の生活もままならない最貧困の状況に陥った若い女性が、主にセックスワークで日銭を稼ぐようすを描くことで関心を呼んだルポルタージュ『最貧困女子』(参照)の若手のジャーナリスト鈴木大介氏が、41歳のときに脳梗塞で倒れた。本書『脳が壊れた』(参照)は、その渦中、その後、そしてリハビリを経て、高次脳機能障害に陥った状態を描いている。昨年の『新潮45』の10月号・11月号に掲載された『41歳、脳梗塞になりました』を加筆してまとめたものだ。よく描けているので、文章からは高次脳機能障害の様子は見られない。

若い人でも脳梗塞になることもある。その結果、死に至ったり、各種の大きな障害が残ったり、また外見から見えづらい高次脳機能障害を残すことがある。私も自著にも記したが、こうした問題に関心があり、この種類の本やよく読むようにしている。

鈴木氏の脳梗塞は右脳に発生したらしい。人間の脳は機能的に左右分担をしており、特異な状態で脳梁を切断し左右脳の連携を遮断しない限り、通常一体として働くので、いわゆる右脳型人間・左脳型人間というような差違は顕著には表れない。がそれでも脳部位は機能分担しており、なかでも右利きの人の場合、左脳に言語関連の中枢がある。このため、左脳で脳梗塞が発生すると言語能力に大きな問題が生じやすい。言葉がしゃべれない、理解できないなど。鈴木氏の場合は、右利きで脳梗塞が右脳であったため、直接的には言語関連の大きな障害は残らなかったとも言えるが、脳梗塞発生時には、話ができない状態に長期に陥った。というか、彼の場合はその後もけっこう言語障害が残ったようだ。

脳梗塞発生時の兆候はいろいろある。それ自体興味深いのだが、本書を読む限り、彼の場合、緩やかに訪れたようだ。日常的に左手の小指・薬指が自由にならない状態が長く続いた。物書きにありがちなタイピングの疲労だろうと疑っていたらしい。あまりひどくなり、音声入力も併用していたのだが、ある朝、自分の声が変わっていた。「宝物」と言ったはずが、「あああおお」になっていた。しゃべれない。視覚も歪んだ。すぐに奥さんに頼んで30分ほどの距離にある病院に運び込まれ、脳梗塞と診断された。繰り返すが、この時、彼は41歳であった。

なぜ若い彼が脳梗塞になったのだろうか。理由は判然とはしない。本書では彼は過労だろうと疑っているし、おそらくそれは大きな要因ではあるだろう。

緊急の状態を脱すると、リハビリに移る。その過程は本書に詳しい。右脳がやられるとこうなるのかと考えさせれる挿話が、こういうとなんだが笑いを誘う。視野には大きな問題が生じる。

本書を読んだ印象ではリハビリは順調に進んだかに見える。が、それにつれ、一見障害には見えづらい高次脳機能障害が残るようになる。こういうのも失礼だが、本書で一番興味深いのはこの部分である。

この分野に関心にある読者としての自分にとって、本書で印象に深いのは二点ある。一つは脳に問題が起きると、「感情の制御」が難しくなるということだ。自著にも書いたが私も40代半ばに脳の問題を抱えたとき号泣したことがある。あれを書いたころは問題を絶望として受け止め、その感情表現のように思っていたが、本書なども読みながら、私に起きたあれも脳の感情暴走のようなものだったかもしれないなと思った。その後の私にはあまり感情暴走のようなものはない。こういうとなんだが、できるだけ笑うようにしている。笑うチャンスを日常に作ろうと思っている。この話はノーマン・カズンズと関連していつ書きたいものだと思っている。

もう点の、本書で印象深かったのは、彼が言う「小学生脳」である。日常の興味のもちかた・注意力の向け方が、なんというか小学生のように、お子様になってしまうのである。世界が個別の関心事に分解されてしまうのである。あ、あれ、なーに?みたいな関心がぱらぱらと起きるようだ。オブセッションとも違うが、生活行動の全体の関心の統一性は維持しづらくなる。

ここで彼がジャーナリストとして優れていると感じさせるのだが、『最貧困女子』などの執筆を経て出会った、いわゆる社会の落ちこぼれの人々は、こうした高次機能障害に近いものではないかという直観である。実際には医学的にはそう判断できるものではないだろうが、ある種、そうした社会視点は必要になるかもしれないというふうには読後思った。

本書の後半部になると彼と彼の奥さんとの関係の物語が登場してくる。鈴木さんが25歳のとき、家出した19歳の奥さんと同居したのが関係の始まり。その16年間の間には奥さんの脳腫瘍という大病もあった。この数章は、本書の主題からすれば別の物語のようでもあるが、美しい夫婦の記録でもある。人はいろいろな結婚があり、いろいろな人生があるものだ。まあ、私なんかもその部類じゃないかと思うし、誰もが人生をある時点で振り返ればそういうものだろう。

|

« [書評] さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ(永田カビ) | トップページ | [書評] 脳梗塞日誌 病棟から発信! 涙と笑いとリハビリの100日間(日垣隆) »

「書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [書評] 脳が壊れた(鈴木大介):

« [書評] さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ(永田カビ) | トップページ | [書評] 脳梗塞日誌 病棟から発信! 涙と笑いとリハビリの100日間(日垣隆) »