« 北朝鮮の長距離ミサイル実験で、韓国世論から核武装論が出てくる理由 | トップページ | [書評] 「荒地の恋」(ねじめ正一) »

2016.02.09

予言というわけでもないがサウジ・アラビアが不安定化するかもしれない

ガス・スタンドで100円を割る数字を見るようになった。数年前を思うと、想像しがたいほどの原油安である。なぜこうなったかというと、とりあえずは世界規模の需要不足ということで、その先鋒が中国だが、さてそれでこの原油安に十分に説明がつくのかというと、よくわからない。それに加える要因としては、当初はシェール革命の影響とそれに対応するサウジの思惑なども言われていた。またここに来て、イランが国際社会に復帰することで原油価格がさらに下がることも予想されている。

そうした関連の話題で、最近見かけた金融商品化説は興味深かった。NHK「原油安 拡大するその影響」(参照)に話題がある。

今回の原油安の大きな原因は、原油が『金融商品』になってしまったというところがあると思っています。 具体的に、原油の値段につきましては、先物が原油の実体の値段を決めていまして、原油の先物は、実は2000年代の半ばから、株式、それから債権に次ぐ『第3の金融商品』ということで、先ほどのWTIの先物市場ですが、取引高がNYダウの半分まで拡大しているといわれております。 ですから、実体の原油に比べて、金融で取り引きされるその量が多いものですから、実際は金融の要素で価格が決まってしまっています。 ですから、先ほど言ったように、たかだか生産量の1%の需給ギャップで、原油価格は3分の1まで落ちてしまうという状況になっています。
(略)リーマンショックの後に、32ドルまで実は原油価格が下がりました。 この時に、アメリカのFRB(=連邦準備制度)が量的緩和を始めますと、グングンと原油の価格が上がりまして、2011~14年まで100ドル超えでした。 この水準というのは、なぜ起きたかといいますと、量的緩和で、要は投資マネーにものすごくお金が入って参りまして、その受け皿として原油の先物市場が使われてしまったということです。 それが、実際に量的緩和をやめ始めるとFRBがアナウンスすると同時に、原油価格が下がってしまいました。 さらには、昨年末にFRBが利上げすることによって、さらに、原油先物の金融商品としての魅力がなくなってしまって、それで一気に原油価格が30ドル割れしてしまったということになるわけです。

非常に説得力のある説明で納得しやすい。少なくとも、生産量の需給ギャップで見れば1%程度というのも事実だろう。そうすると、世界的な需要不足というのが原油安についての最も強い要因とは言えないだろう。

とはいえ、需給ギャップが大きくなければ、金融商品的な様相がある程度沈静化しても、基本的には原油安の構造は変わらないということになる。むしろ、原油安がこれらの中期的なトレンドとして世界に影響を与えると見たほうがよい。するとどうなるのか?

同記事には、➀米国発金融危機、➁サウジアラビアに「アラブの春」を挙げている。前者については、シェール革命を支えてたジャンク債が焦げつく連鎖を見ている。私の印象では連鎖を起こすかどうかは別としてもシェール革命の効果は原油高に支えられたものなので、早晩クラッシュはするだろうとは思う。後者のサウジに「アラブの春」だが、同記事ではその背景にサウジアラビアの財政悪化を見ている。端的に言えば、サウジアラビアの国家体制の安定はオイルマネーに依存しているのでそこがクラッシュすれば社会が不安定化するというものだ。いわゆる民主化という意味での「アラブの春」ではない。

どうなるかだが、同記事では触れていないが、サウジ王家は現状、大きな問題を抱えている。即位一周年になるサルマン国王だが80歳という高齢であり、実は健康状態に問題があると見られている。当然、近い将来に正式に次の権力者が立つことになり、それだけで不安定化を招きやすい。余談だが、来日するパレスチナのアッバス議長も80歳でパレスチナを抑えきれるか不安定な状態にある。

サウジの現状だが、30歳のムハンマド・ビン・サルマン副皇太子が若い世代の支持を背景にかなり権力を握っているし、実際数年前からそうした動向があり、今回のシリア派兵などもそうした動向の延長だろう。これは伝統主義的なサウジの観点からすると、56歳のムハンマド・ビン・ナエフ皇太子を出し抜くことになる。これらに関連した話題は多い。が、実際のところサウジアラビアの内情の詳細については各種の推測がありはっきりとしてことはわからない。ただ、強い不安定化要因があることは確かだ。

サウジアラビアにレジームの危機が起きると連鎖的にいろいろな事態になる。シナリオ的にはかなりとんでもない事態にもなりかねない。

日本として気になるのは日本のエネルギーとしての原油をどうするかで、先の記事でもそこに話のオチを持ってきている。しかし、原油はコモディティ化しているので、サウジアラビアからの供給がなくなれば、不安定な時期を経過してもどこか所定の価格で安定化するだろう。というか、それがシェール革命と釣り合うくらいだと、米国も安心できる。

というあたりで、さも陰謀論的なシナリオが想像できないでもないが、まあ、そういう展開にならないとよいのだがとは願う。


|

« 北朝鮮の長距離ミサイル実験で、韓国世論から核武装論が出てくる理由 | トップページ | [書評] 「荒地の恋」(ねじめ正一) »

「時事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 予言というわけでもないがサウジ・アラビアが不安定化するかもしれない:

« 北朝鮮の長距離ミサイル実験で、韓国世論から核武装論が出てくる理由 | トップページ | [書評] 「荒地の恋」(ねじめ正一) »