« 2015年2月15日 - 2015年2月21日 | トップページ | 2015年3月1日 - 2015年3月7日 »

2015.02.26

[書評] 昨日のカレー、明日のパン(木皿泉)

 そういえば、小説のほうの『昨日のカレー、明日のパン』(参照)も読んでいた。面白かったかといえば面白かったし、感動したかといえば感動した。ただ、読み始める当初奇妙な戸惑いがあったのと、読後に奇妙な戸惑いがあった。しばらく、さて、どうしたものかなと思っていた。とりあえず書いておこうという感じである。

cover
昨夜のカレー、明日のパン
 当初の戸惑いは、NHKドラマの差違である。このドラマについては以前書いた(参照)。文句なく傑作と言っていいだろうと思う。書籍のほうはその原作であり、しかもNHKドラマのほうは同じく木皿泉の作品である。あるいはあるかに見える。だがここに、微妙にあるいはもしかすると決定的な違いがある。原作と他メディアによる再現・再構成という関係ではない。
 cakesのほうに『のだめカンタービレ』の書評を先日書いたが(参照)、この作品では明確にコミックが原作で、それにドラマとアニメが続いた。ドラマもアニメもよく出来た作品だったが、それがよく出来たがために人気に追われて、ドラマとアニメでは原作最終部の重要なテーマを見失うことになった。これはあくまで原作と二次的なメディア作品の差違として理解できる。ついでに言うと、これもcakesに書いた『寄生獣』(参照)だが、現在放映のアニメ『寄生獣 セイの格率』では時代差の補正を除けば恐ろしく正確に原作を再現しているのだが、だからこそ奇妙に、ある種ウルトラ・リアリスムのように微細な違いがあり、原作との差違の感覚から一種船酔いのようになる。
 話を戻すと、『昨日のカレー、明日のパン』でいうと、NHKのドラマと小説とは、かなり別作品と考えてよいのだろう。その割り切りができるまでに戸惑い、冒頭の三編「ムムム」「パワースポット」「ヤマガール」までをなんどか読み返した。読みながら、脳内にNHKドラマのシーンが再現されるのだが、それを打ち消すための読み直しであった。
 もちろん、NHKドラマの記憶をすべて打ち消す必要はないのだが、あまりも強烈な登場人物と、小説に描かれた人物との微妙な差違を確立しないことには、この作品はうまく読み通せないだろうという印象があった。
 と、同時に、そこまでして読む作品なのだろうか? むしろ、NHKドラマのほうが本格的な作品であり、小説のほうは起点であり、さらに言えば、NHKドラマをベースに別途ノベライズしてもよいのではないか、そんな思いが、「虎尾」「魔法のカード」と続いたのだが、それに続く「夕子」で、なんというのだろうか、打ちのめされた。冒頭からそこまでの文体とは異なる、芥川賞候補作品的文体とでもいうのだろうか、これは傑作短編だろうという、ぐいぐいと迫る調性の感覚が最初からある。しかし、数ページして、会話の多い、また脚本的な演劇主体的な文体に戻る。そこで、ぽっと本編作品に戻るような感じもある。それはそれでよいのだが、私としては、この短編だけは会話をもっと殺してほしかった。
 いずれにせよ「夕子」の物語はNHKドラマには挿話としては含まれているが、この短編の枠組みとしては含まれていないものである。そもそもその文体の響きはドラマには再現できないだろう。
 文字を通して描かれる、死と寄り添った内面的な空虚感は、夕子の息子・一樹の死と、その死を抱えこまされたテツコのそれまでの描写に回帰的に連続していく。この奇妙な、ある種時空を越えた連続感覚が何を意味しているのかわからないが、終わりでまた静謐な描写の文体に戻ろうとしていく。
 音楽的な構成でもあるのだが、ここで奇妙に目立つ違和感として、一樹が14歳のとき「関西でひどい地震が起こり」とあり、そこで夕子は泣き続けたというモチーフが挿入される。
 これが次の間奏的な「男子会」を経て、短い終章の「一樹」に流れ込む。ネタバレという意味合いでもないが、あっけなく、衝撃的なエンディングで、ほとんど唐突にこの小説が終わる。一樹の「生」の確実性が、テツコによって保障されたかのような、ある種、本来は未来に投げ書かれるべき希望のようなものが、死に覆われた過去に向かって投げかけられる。これはなんなんだという、奇妙な戦慄と共にまた全体を読み返すのだが、うまく消化できない。これがもう一つの戸惑いだった。
 ここで少し作品と距離を置いて、それがこの作品の欠点でもある、舌足らず、とでも言いたいような気持ちもする。そしてその気持ちは批評としてはある程度は正しいだろうが、この作品全体がもつ、奇妙な主題を取りこぼしてしまう。
 直観だけでいうのだが、おそらくこの作品は、東北大震災の鎮魂として描かれているのだろう。ただし、個別にその地震という天災の悲惨さというより、根源的に理不尽な死が我々の「生」を、人の一生を越えてまでも、通り過ぎる様子の、ある微妙な手触りを伝えるのだろう。
 私たちはえてして絶望を過去に置き、希望を未来に置く。あるいは過去に置いた希望が失われたことを現在の悲劇として描く。本書はそのいずれでもない。悲劇の本質はそのままだし、希望の本質もそのままである。おそらく、そのようなありのままが、鎮魂の一つの可能性としてこの作品で開かれようとしている。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.23

日本のリバースモゲージはどうなっていくのだろう?

 昨日のエントリーを書いた後、リバースモゲージについてしばし考えていた。心にひっかかっていたのは、格差が議論され、資産への課税が話題になるものの、相続の課税とリバースモゲージを日本人はどう考えているのだろうか?ということだった。
 いや、もちろん、「日本人は」という主題を個々の人でいうなら、ほとんど考えていないのではないだろうか。私もそうであるし。なので、そういう意味合いではなく、どちらかというと、どう日本人は考えていくのだろうかという問いに近い。
 問題意識の核心を最初に提示しておくと、これから日本が超高齢化社会を迎えるにあたって、高齢者の介護・終末医療が大きな課題になるが、そのお金を誰が出すのだろうかということだ。
 この手の社会的な課題は、政策の課題であるのに、日本では政局の課題に混同されやすい。特定の政権の政策でなんらかの対応が可能だという考え方である。しかし、少し考えればわかるように、この種の問題は政策の合理性が一義に問われるので、なんの政権であろうがどうでもよいことだ。
 具体的に高齢者の介護・終末医療のお金をどこからひねり出すか。というと、年金ないし税金が想定され、それは国に結びつく。簡単に言って福祉予算でもある。だが、税や年金の原資には限界があり、これが国債を通して財政赤字に結びついている現状がある。簡単に言えば金が足りないのですでに国民に借金している状態である。この借金はいずれどこかで限界になるので、国も一定のバランスを取らないといけない。要するに金がない。しかもさらに超高齢化社会を迎えるにあたってさらに金は加速度的に不足する。
 一つの単純な解決は重税であり、消費税もこの文脈で語られてきた。そこで消費税をあげたところ、日本経済はさらに萎むということになった。単純な消費税増税だけでは悪循環を生む。(いずれ必要になるにせよ。)
 そこでもう一つの、現在行われている対応はリフレ政策である。この政策の主眼は雇用の拡大にあるが、総合して国の税収を増加させると同時に、国の借金を一定率で実質的に削減することになるので、おおよそ4%くらいのインフレーションがあれば、日本の財政赤字解消の見込みは立つ。またその過程で、資産を持っている人の資産をインフレによって目減りさせることや、若い人の借金も軽減させることなどから、自動的に富の再配分にもなる。
 八方よいことづくめのようだが、富の再配分ということは損になる階層もいる。すでに資産をもっているか、大企業など安定した賃金を得ている高額所得層である。また、インフレが低インフレでとどまるのかという疑問も投げられている。それはそれとして、実際のデメリットは生活のインフレでもあるし、実際のところ国政の重税と同じように生活には機能する。それでも若い世代や低所得層や中間所得層にはどちらかと言えばメリットが出る政策だろう。中間層へのメリットは最後になるので、この金融政策が現状で挫折すると痛い。
 では、そのリフレ政策が軌道に乗れば、超高齢化社会問題に必要な福祉予算も確保できるかというと、そうもいかないだろう。現行で赤字でふくれあがる状態の悪化要因がこれからさらに過激になるからだ。
 議論が粗雑になるが、いずれ国の対応の限界が明確になるとき、さらに国に金を求める政策となるのか、それとも社会の側の互助的な対応となるかだが、国のほうでは、まあ、これは国の対応は無理だろうなという目論みがあるせいか、高齢者の自宅介護や家族での対応に期待するように盛り立てている。これが一部の家族主義から保守主義に結びついてもいる。だが、これも無理だろう。
 核家族化が進展し小家族に分裂する。そもそも戦後はどんどんと少子化が進んで親を介護できる子どもの数も少ない。これに未婚世帯や単身世帯が加わると、そもそも親族がない。
 国もダメ、家族もダメで、どうするか。というあたりから、本人の資産を担保にして老後を考えてくださいというのが、リバースモゲージである。もちろん、資産ないとなるど、どうにもならないが、あるなら最後は資産を売って、老後の生活に当てるということになる。
 リバースモゲージは、持ち家など資産を担保にした個人年金である。高齢者が死を機会に持ち家を手放す条件で年金を支払うことだ。
 大手銀行では2013年あたりから実施している。昨日エントリと類似だがSUUMOジャーナル「みずほ銀行がリバースモーゲージをはじめて1年。その手応えは?」(参照)が興味深い。


 みずほ銀行が日本のメガバンクとして初めてリバースモーゲージに参入して、2014年7月で1年が経過した。その後、三菱東京UFJ銀行や地方銀行も取り扱いをはじめるなど、さまざまな動きがあり、業界の取り組みも活性化している。では、実際のところはどうだったのか、利用者の反応や課題、今後の展開について聞いてきた。

 その実際なのだが、ちょっと困ったなあという実感がある。

 「開始当初は、“東京都内で土地評価額4000万円以上の一戸建てをお持ちの方“を対象にしていました。現在ではご要望に応じて、東京神奈川千葉埼玉の一都三県までエリアを拡大、土地評価額2000万円以上の一戸建てをお持ちの方まで、ご利用いただけるようになりました」(山口さん)といい、需要を掘り起こしつつ、手探りで展開している面もあるようだ。では、こうして借り入れたお金はどのような費用として使われているのだろうか。
 「リバースモーゲージには生活資金として利用されている商品もありますが、当行では、日々の生活資金ではなく“ゆとり資金“として使っていただく設計となっています。また、55歳から利用可能なので、まだまだみなさん若く、気力、体力がおありです。50代から60代の方の資金の使い道としては、海外旅行やご自宅のリフォーム資金などに充てられる方が多いですね」(山口さん)

 つまり、この話だとリバースモゲージは「ゆとり資金」ということで、高齢化社会の対応という視野をそもそももっていない。どちらかというと、「なんちゃってリバースモゲージ」ということだろう。
 資産があるといっても、土地評価額で2000万から4000万で、このレベルなので、国の制度がしっかりしないと、おそらく高齢化社会対応のリバースモゲージにはならないだろう。
 現行については民間に任せても、どうこう考えても、ここで終点、という感じもする。「なんちゃってリバースモゲージ」止まりである。
 仮に国が取り組んで、「なんちゃってリバースモゲージ」でない制度ができたとする。その場合は、子どもがなくて資産がある高齢者ならリバースモゲージをするだろう。子どもがある場合では、どうか。ざっくばらんに問えば、子どもは親の資産を狙っているから、親にリバースモゲージさせるだろうか? 
 認知症などで親の介護を子どもがするのは無理だという場合、もちろんいろいろ公的な援助を受けてももう限界だという場合、親に資産があればそれを実際には子どもが判断してリバースモゲージとするだろう。(おそらくそこで子供間の争いの元にはなるだろう。) 高齢者でも元気であれば、その資産がそのまま子どもに相続されるように、リバースモゲージは避けられるだろう。
 リバースモゲージの制度が整備できても、それが問われるあるグラデーションが存在するだろう。
 それに合わせて、この政策を進めるためには、リバースモゲージを推奨するためにそうでない場合の相続を重税化していくほうがよいだろうとも思う。
 ただし、相続の重税化の方向が定まると、子供の教育など子供への一種の投資も高まるだろうから、若い世代の格差はさらに開くだろうな。
 話は途中に戻るが、民間だけでは実質的なリバースモゲージが無理だとなると、国が対応する制度が必要になるが、そこでもまた金をどこから?という問題にはなるだろう。
 うーむ。いろいろ思うのだが、リバースモゲージは日本では高齢化社会対応の政策オプションとしてはそもそも無理なのか。ふと思い直したのだが、昨日の「日本版CCRC」は、安価で実現できるリバースモゲージ的な意味合いもあるのかもしれない。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015.02.22

「日本版CCRC」の導入に向けて有識者会議を設置することになりました、とさ

 今朝のNHKニュースで、政府が「日本版CCRC」の導入に向けて有識者会議を設置することになりました、という話を聞いた。ほぉと思った。そして、なんか思考が停止した。ああ、俺も歳だなあ、ということでもない、と思う。なんだそれという疑問でも、ようやく腰を上げたか、という感慨でもない。なんと言っていいんだろう。どう考えていいんだろうかと、空白空間に漂ってしまったのだった。
 まず、「日本版CCRC」って何だ?
 という疑問があるだろう。NHKニュースでもその疑問はきちんと織り込んでいて表題には出していない。CCRC(Continuing Care Retirement Community)の部分を「高齢者の地域共同体整備」としている。日本語だとわかりますかね。まあ、ニュースを読んでみようじゃないですか。「高齢者の地域共同体整備 有識者会議で検討へ」(参照


 政府は、高齢者が必要な介護や医療などのサービスを継続的に受けながら、ついの住みかとして生活できる地域共同体を全国各地に整備することを目指し、有識者会議を設置して、導入に向けた課題などの検討を進めることにしています。
 アメリカでは、高齢者を対象に、健康状態に応じ、必要な介護や医療などのサービスを継続的に受けながら、生活できるCCRCと呼ばれる地域共同体がおよそ2000か所に整備されています。
 政府は、こうした地域共同体を各地に整備することで、都会から地方への高齢者の移住や、地域の活性化にもつなげることができるとして、「日本版CCRC」の導入に向けて有識者会議を設置することになりました。
 有識者会議には、医師のほか、大学やシンクタンクの研究者らが参加して、今月25日に初会合を開き、「日本版CCRC」の導入に向けた課題などの検討を進めることにしています。
 政府は、有識者会議での議論を踏まえ、早ければ平成28年度にも「日本版CCRC」のモデル事業を実施したいとしています。

 私が空白空間から這い出して気になったことは、高齢者にとって「ついの住みかとして生活できる地域共同体を全国各地に整備する」ということと、高齢者が今住んでいる場所・地域共同体が、どういう関係にあるのだろうか?ということだ。
 「地域共同体を各地に整備することで、都会から地方への高齢者の移住や、地域の活性化にもつなげることができる」と書いてあるところを見ると、どうやら、高齢者が今住んでいる場所から、地域共同体に移住する・させる、ということのように思える。
 なので、老人ホーム村みたいのを想像してしまうのだが、さて真相は?
 まどろっこしいので、結論を二つ先に言うと、一つは、米国風CCRCだったらたいした話題じゃないよね、ということ。もう一つは、終末期在宅療養みたいに現在住んでいる地域で人生を終えるという方向性と違うよね、ということ。
 最初に「日本版CCRC」というのだから、対応する米国風CCRCはどうなのか。というと、「アメリカでは、……CCRCと呼ばれる地域共同体がおよそ2000か所に整備されています」というので、さすがだなとか思いたくなるけど、実際は微々たるもの。SUUMOジャーナル「アメリカ「CCRC」の事例から学ぶ、終の棲家を自分で選ぶということ」(参照)より。

1970年ごろから急増したCCRCは、現在全米に2000カ所ほど存在し約60万人が生活している。シニアライフを豊かに送るための設備がそろい、住民同士の交流も盛んに行われている理想的な高齢者施設ではあるが、一方で入居費用などの投資額が非常に大きいため、米国の高齢者のうち3%しか入居していないという事実があることも否めない。ただし、そこには日本のシニアの住まいを考えるうえでのヒントが溢れている。

 話題になることはわかるのだけど、「米国の高齢者のうち3%しか入居」というのが、「日本のシニアの住まいを考えるうえでのヒント」になるのか、というと、そもそもならないんじゃないだろうか。
 で、終わり……という話でもないのは、この記事でも触れているが、保険の問題だ。日本では保険制度の関連が問われることになる。

日本版CCRCを実現するために、まずは日本とアメリカの違いをおさえておきたい。
「両者の最も大きな違いは、アメリカには医療保険・介護保険制度がないということだろう。保証されているものがないからこそ、老後も自分自身でなんとかしなければならないという自己責任が強く、リタイア後の住まいについても事前に選択しているのかもしれない」と話すのは北海道札幌を拠点とした介護サービスを展開するMOEホールディングスの水戸氏。

 該当記事は、SUUMOジャーナルということもあって、住宅の視点から見ているわけだが、保険という点で重要なのは、日本のCCRCは、現行の保険制度、特に、国家の保険制度と深い関係を持たざるをえないということだ。それってどうなるのか?
 この疑問に移る前に、「日本版CCRC」が現状、どういう文脈で語られているかの例を覗いてみたい。三菱総合研究所の「日本版CCRCの実現を目指す政策提言を発表~健康で元気で輝き続けるコミュニティ実現のためにオール・ジャパンの25政策~」(参照)あたりが一つの典型例になるだろう。というか、これまんまじゃないのか。

人口減少・超高齢社会を迎えた今、持続可能な社会を実現するための新しい社会モデルの一つとして、米国のCCRCを参考に日本の社会特性に合致した新しいモデルを構築・普及すべく、有識者、関係省庁、事業者で討議し、日本版CCRCのあり方と推進のための視点、必要となる政策、関連主体への期待などについて取りまとめました。

 詳細は「サステナブル・プラチナ・コミュニティ(日本版CCRC)政策提言」(参照・PDF)に詳しい。
 率直に言って、保険制度の関連で、誰が金出すの?というのが、「ふるさと納税」なども書かれているが、よくわからない。たぶん、高度な修辞で書かれているのだろうと思う。例えば、これとか。

戸建て住宅所有者が日本版 CCRC に住み替える際、所有している住宅を担保に銀行等から融資を受けて住み替えの原資を得ることが考えられる。適正な金額での融資を受けるためには、中古住宅の流通促進・活性化施策の一環として建物価値評価の適正化と併せて、担保価値の改善を図ることが必要である。また、リバースモーゲージの三大リスクについて、例えば、担保割れリスクを政府が、長生きリスクを生命保険会社が、金利リスクを融資金融機関が負担するなど、適切なリスク分担スキームを構築することが求められる。

 ごく簡単に言うと修辞のキモは「リバースモーゲージ」で、当然というか該当文書には解説がない。これはざっくりで言えば、持ち家を担保にして銀行に借金する、ということだ。会社を興すときなんかによくあるアレです(皮肉で言っています)。
 このあたりで、へなへなとくるというか、要するにこれは持ち家処分ということだ。では、持ち家のない人はどうするのか。そのあたりはよくわからない。地方自治体が借金するのだろうか。
 話を米国版CCRCとの関連に戻すと、ここまでの話からなんとなく想像するのは、資産のある人の老人の終の棲家を地方に作りましょう、ということのように思える。
 当然ながら、資産のない高齢者や、そうした人をすべて覆う保険制度と、これがどう関連するのかは、よくわからない。
 このあたりで私は、最近の都営住宅がすでに高齢者収容施設かしているような感じがしていることを連想する。日本版CRCCは、終末期在宅療養みたいに現在住んでいる地域で人生を終えるという方向性と違うよね、という関連からだ。
 少し前の記事だが、東京DEEP案内に「新宿区の秘境「戸山公園」 (2) 都営戸山ハイツ」(参照)が興味深い。出だしから、わかりやすい。

新宿区戸山、新宿副都心至近にありながら、今も昭和の高度経済成長時代の残滓を引きずる一帯。「山手線内最高峰」の箱根山を擁する戸山公園を取り囲むように立ち並ぶ1号棟から35号棟までに約7000人が生活し、その半数近くが高齢者という「都営戸山ハイツ」という名の巨大老人ホーム。

 2011年の記事である。最近はどうか。昨年夏の日経記事「「高齢者が地域で住み続けられるよう手助け」 秋山正子・暮らしの保健室室長 新潮流をつかむ(6)」(参照)より。

 「暮らしの保健室を開いた3年前、65歳以上の高齢者比率は46.3%だったが、現在は50%を超えている。病気や障害を抱えた人や独り暮らしの高齢者も少なくない。

 当然、「終末期在宅療養みたいに現在住んでいる地域で人生を終えるという方向性」の話題もある。

――国は病院や介護施設ではなく、地域で暮らすよう在宅での療養や介護を推進しています。
 「2000年に施行された介護保険法は高齢者の自立する力を引き出すと、理念をうたっている。06年の改正で要介護にならないようにする『介護予防』に重点を置いたが、今再び、自立支援の充実を打ち出している。暮らしの保健室では、地域で高齢者が住み続けられるように手助けをすることを目指している」

 私は最近思うのだが、この問題は、都営戸山ハイツ特有の問題ではなく、他の都営住宅でもそういう印象を受けることだ。老朽化している都営ばかりでなく、新設ですらそういうふうに感じられる。ただし、実態はわからない。
 だらっとしたエントリーになったので、もういちどまとめると、「日本版CCRC」は富裕階層・家持ち階層のごく一部の話題なんだろうなということ。政府のこの方針は、実際には、日本の高齢化社会の対策とは、ほど遠いだろう。あるいは、看板は「日本版CCRC」だけど、実際は老人ホーム村とかになりそうな予感。
 それと、「日本版CCRC」とは逆に、公営団地は、このまま、あるいは、新設しても、高齢者収容施設化していくんじゃなかろうか、ということ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月15日 - 2015年2月21日 | トップページ | 2015年3月1日 - 2015年3月7日 »