« 2015年6月21日 - 2015年6月27日 | トップページ | 2015年7月12日 - 2015年7月18日 »

2015.07.08

2013年、スイス国民はなぜ徴兵制の存続を決めたのか?

 2013年9月22日のことだった。「永世中立国」とも言われることがある軍事大国スイスが、徴兵制をこのまま存続させるのか、やめるのか、ということで国民投票を実施した。結果は、存続と決まった。しかも多数で決まった。なぜなのだろうか、少し考えてみたい。なお、スイスを軍事大国としたのは、人口の約1.9%もの軍隊を持つからで、日本の人口で比率を見ると250万人ほどになる。
 まず報道から事実を確認をしておこう。共同「スイス、徴兵制廃止を否決 国民投票、伝統を支持」(参照)より。


 スイスで22日、男性への徴兵制を廃止すべきかどうかを問う国民投票が行われ、地元メディアによると、廃止は反対多数で否決されることが確実となった。
 国民皆兵制の武装中立を維持するスイスでは近年、「他国から現実の脅威にさらされているわけではなく金の無駄遣いだ」として徴兵制の廃止を求める声が出ているが、国民の多くが伝統的な制度を支持した形だ。
 政府も国防能力を脅かすとして徴兵制廃止に反対を表明していた。
 地元メディアによると、徴兵が終わった後も予備役のため銃を自宅に保管できることから、銃規制をめぐる議論も活発化している。2011年には徴兵が終わった後も自宅に銃を保管できる制度を見直すかどうかを問う国民投票が行われ、反対多数で否決された。(共同)

 実際は、この国民投票の結果だが、73%という圧倒的多数で、かつスイス全州で徴兵制廃止が否決された(参照)。徴兵制が断固としてスイス国民に支持されていることが明示されたわけである。
 今回の国民投票は、いろいろと含蓄がある。まずなぜ、「徴兵制を廃止すべきか」という国民投票を実施したかについて確認しておこう。それは、大筋で共同報道にあるように、「他国から現実の脅威にさらされているわけではなく金の無駄遣いだ」ということである。
 差し迫った危機があるわけでもないし、実際のところどの国がスイスを攻撃するかといった具体的な想定もないのにもかかわらず、徴兵制度が維持されている。このあたりからすでに、なぜ?という疑問も湧くが、もう少し含意を見ていこう。
 今回、徴兵制廃止が検討されたのは、経済的な理由もある。基本的に現代の戦闘においては、徴兵によって一般市民を軍人として教練してもそれだけのコストが見合わない。このあたりは日本でも一部でよく言われていることだが、先進国において、経済的な理由と軍事的な効率の二点を考えると、徴兵制が復活する見込みは、まずない。ただし先進国といっても日本の場合はその復活を懸念する人々が少なくないことが特徴的で、野党第一党の民主党の主張からもわかる。
 ではなぜ、スイスはそうした先進諸国の常識に反して、非効率な徴兵制度に「国防能力を脅かすとして徴兵制廃止に反対を表明していた」のだろうか。これも疑問である。しかし、その疑問の考察の前にあと二つ含意を見てみたい。
 一つは、徴兵が男性に限定されることである。それでよいのかという議論はスイスにもある。特にスイス憲法から見て女性差別にあたる、つまり、女性に徴兵が適用されないのは、憲法違反だという議論もある。こうしたことから、女性の徴兵もスイスでは検討されている。現状、スイスでは、1995年から女性も兵役が担えるようになり、2004年から担える任務についての制限もなくなっている(参照)。ただし、スイス国民の現在の意識では、女性の徴兵についてはまだ十分に気運は高まっていないと見られている。このため、先行して兵役を経験した女性による社会意識の変化が推進されていく面がある。比較としてノルウェー軍の現状を挙げると、スイス軍の十倍以上割合で女性がいる。こうしたことから推定すると、今後、女性への徴兵、あるいは女性に対して職業軍人の門を広げることがスイスに求められるようにはなるだろう。
 もう一点留意したいのは、「徴兵が終わった後も自宅に銃を保管できる制度」である。報道でもあるように、これも国民投票で否決された。つまり、徴兵を終えた市民は、自宅に銃を保管しているという実態があり、これが広くスイスの市民社会で認められているということである。この点についても、なぜなのかという疑問が湧くかもしれない。というか、ここに徴兵と市民社会の本質が関連しているのであとで触れたい。
 上述した疑問点ついて考えてみよう。三点挙げたが二点にまとめられるだろう。一つは、差し迫った軍事的な脅威もないのに、しかも経済効率も悪いのに、なぜスイスでは徴兵制が国民から圧倒的に支持されるのだろうか?
 この点については、意識調査などから考慮するべきだが、その代替として、今回の投票にあたり、徴兵制廃止に反対する政治団体の主張からみてみたい(参照)。現役・退役軍人から成る「ジアルディーノ・グループ(Gruppe Giardino)」は、こう考えている。

 ジアルディーノ・グループのハンス・ズーター会長は「徴兵制度の撤廃を求めるのは新マルクス主義の思想と一致する」と言い放つ。さらに、平和主義者の行う「非スイス的」で「軍隊に反対する」活動はこの30年間全く変わっておらず、平和主義者は「新マルクス主義と階級闘争のわだちにはまったまま抜け出せていない」と批判する。しかし、軍隊や徴兵制、安全保障といったテーマが国民発議によりスイス国民の関心を強く引いたことについては評価している。

 指摘されているのはスイスだけではなく、日本の現状でもあるかのような印象も受けるが、基本的に、マルクス主義的左派勢力が市民社会を捉えていないという主張とみてよい。この主張は、概ね軍人側の主張である。
 他方、保守的にも見られる「独立した中立国スイスのための運動(AUNS/ASIN)」はこう主張している。

 「平和主義者の言うような平和な世界はあり得ないし、彼らの方針は矛盾している。もしその方針通りになったらスイス軍は職業軍人だけになり、スイスは北大西洋条約機構(NATO)に加盟することになってしまう。これではスイスの根幹を成す軍事制度も中立性も崩壊する」。会長のヴェルナー・ガルテンマン氏はそう危機感を募らせる。

 これは、明白に日本の現状についても示唆的な意見であると言えるだろう。理由は、「平和主義者の言うような平和な世界はあり得ない」という浅薄な現実論ではない。経済的な効果や軍事的な効率性から、軍隊を職業軍人に限定すれば、スイスが「北大西洋条約機構(NATO)に加盟することになってしまう」危険性があるというのである。日本の文脈で言い直せば、集団的自衛権に取り込まれる危険性があるということだ。
 つまり、スイスは、集団的自衛権を拒否するために、市民からなる軍隊の基礎となる徴兵を求めているということである。
 他国との軍事同盟を排除して、自国防衛を貫徹させるためには、市民が自らが市民社会の防衛の責務を担うために、徴兵を必要とするという考え方である。
 このことがもう一つの疑問、「徴兵が終わった後も自宅に銃を保管できる制度」とに実は大きく関連している。
 なぜ、市民が自宅に銃を保管しているのだろうか? 当然、それを使う状況が想定されているからであり、その想定は、自国防衛に関わっていることも想定できるだろう。端的に言えば、「群民蜂起(levée en masse)」のためである。群民蜂起とは、ブリタニカ国際大百科事典を借りると。

軍の構成者ではない者が,敵の接近にあたり,急遽武器を取って交戦すること。国際法上公然兵器を携帯し交戦法規を遵守するときは交戦資格を有し合法とされる。

 重要なのは、群民蜂起という言葉から連想されるような、偶発的な武装ではなく、「公然兵器」を市民が使用する点にある。
 また、群民蜂起というと若い世代では日本に関係していないと思うかもしれないが、日本国憲法を遵守した場合のもっとも重要な防衛のあり方を示唆した長沼ナイキ基地訴訟の札幌地方裁判所(裁判長・福島重雄)判決(札幌地判昭48・9・7、判時712・249)においても明示されていた。

(略)自衛権の行使は、たんに平和時における外交交渉によつて外国からの侵害を未然に回避する方法のほか、危急の侵害に対し、本来国内の治安維持を目的とする警察をもつてこれを排除する方法、民衆が武器をもつて抵抗する群民蜂起の方法もあり、さらに、侵略国国民の財産没収とか、侵略国国民の国外追放といつた例もそれにあたると認められ、(略)

 日本国憲法で規定された自衛について、(1) 外交交渉、(2) 警察力、(3) 群民蜂起、(4) 経済または対象国民へ制裁、と示唆している。具体的に危急の侵害という点では、警察力と群民蜂起が明記されているとしてよい。
 このことは、日本国憲法は自衛にあたり、日本国民が「公然兵器を携帯」できる可能性を開いていることを、長沼ナイキ基地訴訟の地裁判決が示している。また、この点については、上級審でも否定されていない。
 すると、どうなるのだろうか?
 むしろ日本国憲法を、スイスに示された市民社会の原理で考えるなら、その上でかつ徴兵が軍を構成するとして否定されるなら、群民蜂起用の公然兵器が携帯できるように、自国防衛のために市民社会のなかで武器の管理と学習が推進されなければならないだろう。
 奇矯な主張のように見えるかもしれないが、市民国家が市民革命によって成立した由来を考えるなら、こうした考え方がもっとも正当な帰結になるだろう(実は、"levée en masse"とは「国民皆兵」のことでもある。「徴兵」と言ってもほとんど同じである)。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.06

良心的兵役拒否の権利が確立されているなら徴兵制があってもよいのではないか?

 世の中で「徴兵制」の議論が盛んで、野党第一党の民主党もこの話題を力強く、考えようによってはコミカルな印象もあるかもしれないが、展開している。朝日新聞「民主、安保法案反対のパンフ配布 子育て世代狙い」(参照)より。


 民主党が安全保障関連法案に反対するパンフレット50万部を作成し、3日から全国で配布した。タイトルは「ママたちへ 子どもたちの未来のために…。」とし、母子を中心とした柔らかいタッチの絵をちりばめ、子育て世代を中心に党の政策を訴える狙いがある。
 パンフレットでは、「安保法案によって子どもたちの将来が大きな危険にさらされようとしているのを、見過ごすわけにはいきません」と、法案に反対する党の立場を紹介。また今回、憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を認めたことを引き合いに、徴兵制の導入について「時々の政権によって解釈が変更される可能性も論理的には否定できない」などと訴えた。

 パンフレットについては、正式な経緯はよくわからないが、修正が必要だとして最初の版の配布は停止されているようだ(参照)。
 どのあたりが修正されるかは興味深いところだが、報道からの印象では大きな修正にはなりそうにはない。いずれにせよ、どういう経緯でこのパンフレットが作成されたかも修正時に明らかにされるとよいだろう。
 現行版パンフレットの内容は、日本版ハフィントンポスト記事(参照)で読むことができる。徴兵制についての記述はこうなっている。

 今回安倍政権は、集団的自衛権の行使を禁止してきた従来の憲法解釈を閣議決定で変更し、限定的行使を可能としました。
 そのようなことが許されるなら・・・。
 徴兵制も同じです。
 憲法は「苦役」を禁止しているだけで、「徴兵制を禁止する」とは書いていません。徴兵制が禁止されてきたのは、あくまでも政府の憲法解釈によるものです。
 今回と同じように憲法解釈を閣議決定で変更し徴兵制は可能である、と時々の政権によって解釈が変更される可能性も、論理的には否定できないのです。

 これを読んで私が思ったのは、徴兵制云々以前に、「閣議決定で変更し徴兵制は可能である」についての2点である。
 1つは疑問である。今回の安保法制でもそうだが、国会で審議しているように、閣議決定が法になるまでには国会のプロセスを経るので、たとえばそれが徴兵制であろうが、国会で法化のプロセスを経るのではないか、ということである。この点、民主党は議会制民主主義を理解しているのだろうかという前提的な疑問ももった。
 2つめは、このパンフレットにどちらかといえば実質的に賛同する部分で、基本的に「徴兵制」は日本国憲法によって否定されていないので、行政府・立法府を経れば、制度は可能になるだろう、という点である。別の言い方をすれば、日本国憲法は徴兵制を否定していないので、それについて、民主党のような意見があっても、多様な意見としてよいだろうと思われる。
 では、日本の徴兵制はどうか?
 気になるのは、これに関連して、現代の軍事は非常に専門化しているので、一般人を入れて訓練するような非経済的な徴兵制は先進国ではありえない、という議論がある。これは実際的にはそうなのだが、この考えに私は原理的には賛同してない。
 理由は、徴兵制というのは、その本質は、軍事力を効果的に維持するものではないからだ。そもそも、徴兵制は市民権に強く関わっている。国家を自ら作りあげるという参政権と、作り上げた国家を傭兵ではなく市民の手で護るという徴兵制は、本質的には一体で生まれたものである。ゆえに、徴兵制が廃止された米国でも永住権保持者が軍に志願すると市民権が申請しやすい。また、貴族制の残存のある国家の場合、貴族たちは志願してもっとも厳しい軍務に着く気風がある。
 近代市民国家の徴兵の歴史を見ても、こうした本質が維持されていることはわかるので、民主党議員も歴史学者を招いてこの点、勉強会などをするとよいのではないだろうか。あと補足すると、徴兵制のように一律に市民の義務とすることで、軍務を金銭的に売買できなくなるので、貧困層にとっても平等になる。これはあとで述べる良心的兵役拒否による代替的な奉仕的な活動でも平等になる。
 もう1点は、現在の先進国で徴兵制が廃止されたのは、現代の戦闘にとって経済的ではないという(無駄に税を消費する)という面があることの裏面だ。非専門的な分野ではないバックエンドの人的リソースがシビリアン(非軍人)の雇用で賄いきれない場合、徴兵制による経済的な優位はありうるだろう。イラク戦争でも州兵はそのようにも活用されてきたし、ドイツの徴兵代替の国家事業でも同様の事態がある。
 しかし、と、先の民主党のパンフレットの主張のトーンに戻るのだが、徴兵によって兵士になることで、戦死というリスクがあり、その恐怖を訴える文脈がある。

子どもの笑顔や成長を何よりも嬉しいと思う。
子どもたちの人生に幸あれと願う。
その感情に理由はありません。
そして今、
「安保法案」によって子どもたちの将来が大きな危険にさらされようとしているのを、
見過ごすわけにはいきません。
どうか皆さんの力を貸してください。
どうか皆さんも声を上げてください。
私たちとともに。

 この点については、消防士も警察官も同じなので、兵士だけが特殊であるとは思えない。
 むしろ、受動的な「危険にさらされよう」というより、戦闘行為に参加したくないという心情――良心の自由――を徴兵制が抑え込むという問題がある。徴兵制の問題の要点は、良心的兵役拒否の権利の扱いになると言っていいだろう。
 良心的兵役拒否は、市民社会における人権の課題である。だから、良心的兵役拒否(Conscientious objector)が人権として確立してきた。国家への市民奉仕には反対しないが、戦闘に参加することは良心によって拒否するという権利である。具体的な奉仕としては、ドイツを例にすれば医療・介護などの分野があげられる。なお、こうした代替的な労働は強制労働とみなされない(注)。
 基本的に、人権である「良心の自由」を尊重する先進国の場合、徴兵制があっても、良心的兵役拒否が確立している。
 そして、ここが重要だと思うのだが、日本国憲法、とくに第19条「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」から考えれば、日本国に徴兵制が敷かれたとしても、現行の日本国憲法によって良心的兵役拒否は確立するだろう。
 憲法学者に今問われているのは、仮に日本に徴兵制が敷かれても、憲法の「思想・良心の自由」によって良心的兵役拒否が成立するという言及ではないだろうか。


注 「人権と基本的自由の保護のための条約(Convention de sauvegarde des Droits de l'Homme et des Libertés fondamentales)」Rome, 4.XI.1950 の「Article 4 – Interdiction de l'esclavage et du travail forcé」「3. N'est pas considéré comme «travail forcé ou obligatoire» au sens du présent article:」「b. tout service de caractère militaire ou, dans le cas d'objecteurs de conscience dans les pays où l'objection de conscience est reconnue comme légitime, à un autre service à la place du service militaire obligatoire;」より。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.05

Duolingo(デュオリンゴ)のドイツ語ツリーを終えた。それとフランス語は……

 Duolingo(デュオリンゴ)のドイツ語を少しずつではあるが、こつこつとやっていて、今日、やっとツリーを終えた。ツリー(Tree)というのは、Duolingoが用意している、レッスンの全部の教程のこと。それを終えた。「ほぉ、すごいじゃないか、自分」という感じだが、実際のところは、いちおう項目としては全部、というだけであって、覚えるべき単語が脳みそに定着しているというわけではない。どちらかというと、ドイツ語の基本的な文法項目の学習を終えたというくらい。それでも、このトロフィーをまたもらって、ひっじょーにうれしーいっ(財津一郎の声で)。

 ちなみに、フランス語のツリーを終えたのは、半年くらい前のこと(参照)。これで、Duolingoでトロフィーを二つゲットである。
 Duolingoは文法の学習よりも語彙学習に重点を置いているので、それをベースで見ていくと、私が学習したドイツ語単語は1710語。しかし心理学的に脳に定着しているのはそのその半分以下くらいだろうとDuolingoは想定している。よって私のドイツ語習熟度は37%というもの。
 厳しい評価というか、Duolingoは人間の忘却曲線を想定しているからだ。なので、のろのろ勉強していると、初期に学んだ単語忘れているはずでしょうと、見なされてしまう。実際、忘れているわけだけどね。例えば、"vielleicht"なんかも忘れているでしょ、と出てくる。覚えているけどなあ、とも思うが、そのあたりは概ね、Duolingoが正しい。
 というわけで、一応ツリーを終えたあとは、そうした主に語彙学習の強化を行うことになる。悩ましいのは、のそのそとやっていると、忘却曲線が追っかけてくるので、なかなか習熟度が上がらないことだ。じゃあ、もっと身を入れてやれというと、なかなか、たまに熱気をもって取り組んでも、語学学習というのは日々続かない。たんたん、のそのそとやることにする、今後もね。
 ちなみに、ここまで達するのに、だいたい1年間。一日の学習は最低の1レッスン。平均すると10分程度。つまり私はこの一年間、一日もかかさず、一日10分ドイツ語を学習していた。ということなのだが、先日その記録のカウンターが吹っ飛んだ。ゼロになっていた。お前、一日忘れただろ、と緑フクロウ(duolingo)がいうのである。
 いやそんなことはないんだがな、と悔しかったのだが、Duolingoがなんと言おうが、いかなることがあっても一日も欠かさず一年間ドイツ語を学んだという自信はあるんで、どうでもいいやと思っていた。また一日一日積み重ねよう、と。で、先日、またカウンターが飛んだ。自分は欠かしてないので、Duolingoのほうに問題がありそう。日付が変わるころ、おっといけねえと取り組むのもカウンターが飛ぶみたいだ。
 ちなみに、フランス語のほうもツリーを終えたから、のそのそやっている。というか、いまさらわかるのだが、フランス語は正書法が難しいのと、英語と微妙な差がある。そういうのは、こつこつ学ぶしかなさそうだ。フランス語の達成は54%ほど。このところは、一日学ぶと55%になり、翌日54%に戻るという次第で、忘却曲線と追っかけっこ。総語数でみると、1913 Wordsとある。fleurなんかももう忘れているだろとかあるが、と、見直すと、忘れているとチェックしているより、復習時間差の推定のようだ。
 ところで、フランス語のほうだが、すでにピンズラーのフェーズ5、最近はレベル5というように「レベル」になったが、これが気になっていた。これまでフェーズ4までやってきたが、とりあえずやった程度で最後は、へとへとだった。実際のところ、ピンズラーはどのくらいのレベルから復習したほうがいいだろうかと思った。つまり、レベル5に入るために復習が必要だろうなということである。ええい、最初からやり直してしまえということで、だいたい一日5レッスン、2.5時間をこの間、ぶっとおしてやってみた。レベル1くらいでも、レッスン28くらいになると、きついんで、これやまいったなあと思ったが、レベル2からレベル3を進めるにつれ、逆に楽になってきた。ということで、たまたまだがレベル3を今日、終えた。そしてついでなんで、レベル4のレッスン1も先ほどやってみた。
 復習でもあって、新しく覚える単語というのはない。なので、発音と文法に集中できる。思わぬ発見もある。以前より、フラン語がだいぶ身近に感じられるようになった。とりあえず、レベル3くらいまではがんがん復習を進めようと思っていたので、これもとりあえず達成。レベル4の進展速度はわからないが、なんとかレベル5に進めるんじゃないか。
 ところで、ギリシア語はどうした? 少し中断。ごく初歩段階で中断。ロシア語のほうも中断。ロシア語の文法的な初歩とごく基本単語は覚えたが、もうちょっと復習したほうがいい。たぶん、ピンズラーのフランス語レベル5を終えたら、再度、ミッシェルトーマスで復習して、それからピンズラーのロシア語をするかも。
 今回ピンズラーのフランス語を復習してみて、やはりこのメソッドはよく出来ていると再確認した。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月21日 - 2015年6月27日 | トップページ | 2015年7月12日 - 2015年7月18日 »