« 2015年2月22日 - 2015年2月28日 | トップページ | 2015年3月8日 - 2015年3月14日 »

2015.03.02

[書評] ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由(ジョシュア・フォア)

 どちらかというと偶然に読んだ本だったか、これがとてつもなく面白かった。どう面白いのかというと、多面的だが、まさにこういう本が読みたかったという思いにズバリと突き刺さる本だった。

cover
ごく平凡な記憶力の私が
1年で全米記憶力チャンピオンに
なれた理由
 内容は邦題が示しているように、ごく平凡な若者が、一年間の記憶術の訓練で全米記憶力チャンピオンになるまでの話を軸に、記憶術がどういうものか、また人間の記憶能力とは何か、ということだ。実に上手に描き出されている。私にとって一番面白かった点は、記憶術の歴史に関連する部分ではあったが、その他の面も面白かった。
 正確にいうと、著者は「ごく平凡な若者」とは言えない。邦題どおり「 ごく平凡な記憶力」だったとは言えるだろう。だが、本書にも触れられているが、全米記憶力チャンピオンは国際的にはど田舎と言っていい。欧州のチャンピオン達にはかなわない。もっともそれでも全米一は驚くべき記憶力である。
 というわけで、本書は、記憶術のハウツー本ではないが、超人的な記憶力を達成する技術、訓練法、秘密が惜しげもなく公開されている。
 繰り返すが、ハウツー本ではないので、具体的なレッスンプログラムなどは書かれていない。が、おそらくこの本をきちんと解析すれば自分なりにそうした練習プログラムなどは作れるだろう。
 なにより、記憶術というものの本質をこれほど的確に描いた本はないのではないか、ということが、この書籍の執筆時点の最新の記憶術を通しても理解できる。同時に、今後どのように記憶術が開発されるのかという概要もわかる。記憶術の開発現場のようすがわかる。
 本書が面白いのは、そうした、ある神秘的とも熱狂的にもなりうるこの分野が、どちらかというと冷ややかに描かれていることだ。
 この記憶力チャンピオンなるものは、以前はよく日本のテレビなどでも見かけたものだが、例のマインドマップの創始者でもあるトニー・ブザンが始めたもので、本書にも彼が登場する。だが、彼について書かれた書籍の多くが心酔者であるか、表層的な批判者であるのに対して、著者はブザンを評価もしている反面、ある意味で本質的な批判の視点をもって描いている。ブザンという人間がよく理解できる。
 同様の対象となるのが、『ぼくには数字が風景に見える』(参照)の著者ダニエル・タメットである。彼は、イギリス人のサヴァン(知的障害や発達障害などがあるものの、特定の分野に天才的な能力を発揮する者)として知られ、実際のその天才的な能力はメディアでもよく取り上げられる。著者は彼の天才的な能力、とくに記憶力とされているものが、記憶術の応用ではないのかという疑いを持ち、肉薄していく。描写はスリリングである。この部分の本書の印象を言えば、タメットが天才であるのは疑問の余地が残る。とはいえ、タメットの結果としての言語習得の才能は天才的であることには実証されているように疑いようもない。おそらくは特殊な記憶術の成果なのではないか。
 ブザンやタメットへの懐疑を通して、人間の頭脳の能力とはどういうものなのかも本書では追求され、この時点の最新科学などにも言及されている。そもそも著者が記憶力チャンピオンになれた要因の一つはこの分野の科学研究の一環でもあったためだ。
 関連して描かれる長期記憶のないEPと呼ばれる人物の描写も面白い。彼は、ある種、クリシュナムルティや禅の「境地」と呼ばれるものにも似ていて、笑えるといってはなんだが、人間の脳構造といわゆる「悟り」なるものの関連が推測される。本書から逸脱するが、仏教とは案外、人間の脳の仕様ミスのパッチ技術なのではないだろうか。
 多面的に面白い書籍なのだが、私が一番興味引かれたのは、記憶術の歴史である。これが西洋ではローマから、いや古代ギリシャから、延々とした歴史を持っていたことの解説は非常に興味深いものだった。長年抱いていた疑問がかなり氷解した。
 結局、人類は、書記システムや印刷技術によって、つまり、文字を書くということで、記憶術という脳の技術を失っていったという指摘も、このように具体性を帯びる説明によって、かなりいろいろなことを考えさせられた。
 本書は日本では2011年に出版された本で、現在ではそう最新の情報とは言えないにせよ、とにかくこれが未読であったとは残念だったな自分、と思えるくらい面白い本だった。そういう後悔をしたい人には是非、一読お勧めしたい。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.01

ミシェル・トーマスのロシア語学習教材を終えた

 昨年末から始めたミシェル・トーマス(Michel Thomas)メソッドでのロシア語学習をひとまずを終えた。終えたというのは、トータル・コースとパーフェクト・コースの二つである。厳密にいうと、この先に語彙拡張のコースがあるがそこまではまだ入っていない。

cover
Total Russian
 実感はどうかというと、よくわかった。ロシア語がこれほどよくわかるというのは、この教材以外ありえないんじゃないかという感じがした。ミシェル・トーマスを真似たポール・ノーブル(Paul noble)でドイツ語を学んだときは、なんか物足りない感があって、ピンズラー(Pimsleur)で学びなおしたが、今回はあまりその必要を感じない。
 ミシェル・トーマスの教材は、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語は彼自身が教えているが、ロシア語については、ネイティブのナターシャ・バーシャダスキ(Natasha Bershadski)が教えているので、ポーランド語がネイティブのミシェルとは違って違和感がない。他も気になって、同メソッドの中国語やアラビア語などを一部サンプルを聞いたが、これらはポール・ノーブルのドイツ語教材のように指導者と模範発音者が別れているので、ナターシャのような細かい調整や活気が感じられない。
cover
Perfect Russian
 教材の時間は、トータルでCD8枚分で10時間といったところだろう。ざっとこなしていく分にはそれほど難しくはない。パーフェクトのほうはCD4枚なのでせいぜい5時間程度である。なのでこちらも簡単かと思ったが、簡単は簡単だが内容が濃かった。二つのコースを通しでやって15時間くらいだが、ピンズラーとは違って、流すのではなく、ところどころポーズして自分で答えるということなので、実際にはこの1.5倍くらいの時間がかかる。20時間と言っていいだろう。
 パーフェクトに入るとき、すこし復習が足りない感があって、トータルを通しでやりなおした。案の定、よく理解してない部分があり、そこからパーフェクトに入り、こちらも2回繰り返し、さらにトータルから通しで3回目のレッスンを行った。
 全部で60時間くらいなるだろうか。だいたい2か月で60時間なので、ピンズラーの4か月分くらいに相当するかというと、内容的にはフェーズ2くらいだろうか。ただし、ミシェル・トーマスの教え方だと、ナターシャの教え方がよいのだろうか、かなりすっきりわかった。
cover
ロシア語のしくみ《新版》
 自分が何を理解しているのか気になって、黒田龍之助『ロシア語のしくみ』(参照)を読んでみたが、ここで触れられている文法はほとんどカバーされていたし、ミシェル・トーマス教材のほうが詳しかった。
 ロシア語を学んだと言えるかというと、ああ、わかったという実感からはそう言えそうな気がする。自然にキリル文字にも慣れた。発音もかなり慣れた。ただ、語彙は圧倒的に少ないので、これから語彙のコースを始めようと思う。これがどのくらい時間がかかるかわからない。CD4枚なのだが、かなり内容が濃いからだ。実はトータルでも語彙コースがあり、少しやってみたのだが、挫折した。もともとトータルまでを終えたから始める教材としてできているので、パーフェクトまで終えると理解しやすい。
 大学時代、第二外国語としてロシア語を学んだものだが、覚えているのは筆記体が難しくて発狂しそうだったくらいで、あとは格変化がやっかいだなくらい。他は覚えていない。今回は、動詞の完全体・不完全体から、動詞活用形までかなりわかった。特に動詞の完全体・不完全体と時制の関係は、他の印欧語との関連もありそうに思えて面白かった。
 ピンズラーでフランス語、中国語、ドイツ語、ポール・ノーブルでドイツ語、ミシェル・トーマスでロシア語、と学んでみて、いろいろ思うことはあった。どのメソッドがよいかというと、ミシェル・トーマスが優れていると思うが、では、フランス語、中国語、ドイツ語をこれで学べばよかったかというと、ミシェル自身の発音がかなりなまっているので、微妙な感じだ。だが、おそらくロシア語教材は、ナターシャのこの教材が圧倒的に優れているとは思った。
 フランス語とドイツ語はその語、デュオリンゴ(Duolingo)で毎日コツコツと学んでいる。今年の夏あたりから、ロシア語も出るらしいので、出てらロシア語も加えようかと思う。中国語は疎かになっているので、デュオリンゴ相当の教材っぽいのを自分で開発したのですこしやっている。いずれにせよ、これらの言語は毎日少しは触れようと思うが、学ぶときは、一語に絞ったほうがよいので、当面はまだロシア語の語彙を学ぶか、さらにもう一巡教材を繰り返してみようかと思う。
 語学趣味も、まあ、率直にいってそれほど身につくものでもないし、何か国語も習得したいというものでもないので、このくらいでいいやとも思うのだが、イタリア語、アラビア語、ギリシア語、韓国語なども学びたい気持ちではいる。あと、フランス人など欧州人がよくつかうアシミリ(Assimil)教材も試してみたい気はしている。
 まあ、何が優れた語学学習法かは依然わからないが、自分なりにいろいろわかったことは多い。機会があったら、本みたいにまとめてみたいものだとも思うが、どうなるだろうか。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年2月22日 - 2015年2月28日 | トップページ | 2015年3月8日 - 2015年3月14日 »