« 2014年4月27日 - 2014年5月3日 | トップページ | 2014年5月11日 - 2014年5月17日 »

2014.05.05

[書評]読む・書く・考える IQ200の「学び」の方法(矢野祥)

 そういえば、自著「考える生き方」(参照)を書いたとき、当初「学び方」の本を含めた二冊構想だった。だが、「学び方」のほうの話はとりあえず後にして、その前振り的な部分を小さく先の一冊の章に納めることにした。自分の「学び方」にそれほど自信がないのと、もう少し「メタ学習」の方法について自分を実験材料にして知りたいという思いもあった。
 残念ながらその二冊目を書くかどうかはわからないが、最近はいろいろな手段もあるのでいつか書くだけは書いてみたいとも思う。そうなると以前のことを思い出し、もっと、「学び方」「メタ学習」について知りたいと思う。

cover
読む・書く・考える
IQ200の「学び」の方法
 と、いう背景もあって、本書、「読む・書く・考える IQ200の「学び」の方法(矢野祥)」(参照)を読んだ。天才はどう学習しているのだろうか、私のような凡才が得られる「メタ学習」のヒントもあるんじゃないか、という願望もある。
 私は矢野祥という人をまったく知らないままこの本を読んだが、メディアでは10年以上前から有名な人だったらしい。「僕、9歳の大学生! (新潮文庫)」(参照)という本もあった。そちらを先に読んだほうが、たぶんよい。この「IQ200の「学び」の方法」は、9歳の天才のその後の、22歳になったまでの話だからだ。それでも結果的に「IQ200の「学び」の方法」を先に読んで、ちょっと間を置きたい感じもしている。
 IQ200という話を聞くと、すごい天才だと思う人も多いかもしれないが、子どもの場合IQは、生活年齢と精神年齢の比であるか、同年齢集団の偏差なので、基本的に早熟というくらいの意味だろうと思う。大人になるにつれ意味は自然に薄れる。それでも暗黙に想定される天才というのもそこに含まれるだろうし、この著者が天才であることは疑いようもない。
 しかし、読みながら奇妙なもどかしさも感じた。
 読みやすく整理されているわりに、個人独自の内的な人格の核の感覚(そこにこそ天才の秘密があるだろう)が文章に微妙に反映されていないように思えた。
 文章というものの妙味は、「書き手自身」と「自分が書いた文章という他者」の関係がもたらす未知の困惑に現れる。そういう部分がこの本にはあまり見当たらない。こういうことはゴーストライター本に多いのだが、まさかこの天才がゴーストライターを使うとも思えない。
 その疑問は最後のページで解けた。どうやらこの本の原文は英文で、父親が翻訳したらしい。あのもどかしさの由来は、本人の文章という肉体が微妙なバッファを介していたからだろう。もちろん、翻訳によっても人格の核の感覚や肉体的な感覚は文章に表現できるものだが、この本では父の理解を通してすっきりフィルターされているように思えた。
 けして非難していうわけではないが、おそらく著者は日本語は堪能ではあるだろうが、このような自己表出的な文章は日常の日本語では書けないのではないだろうか。
 もう一点関連して思ったことがある。これは彼の天才の秘密に関連しているだろうと思うが、クリスチャンとして育ち、また主に母親の絶対的な肯定感を得て育ったせいか、常人が人生に持つくだらない悩みのような部分が、すっきりと捨象されていることについてだ。それが天才の一つの秘密に関係しているだろう。
 私はそのことに必ずしも批判的ではない。私は思うのだが、大半の人類がもう数千年すると、こういうタイプの人間知性(雑事をすっきり捨象する知性)を持つようになるのではないかと思う。
 それは「信仰」にも関連してはいるだろうが、著者はその知性から類推しても明らかだが、いわゆる狂信的な信仰を持っているわけではない。むしろ理性的に生きている。当然と言えば当然だが。
 これに関連して、彼は読者に、根源的な問いの例をいくつか投げかけている。

 ここで、読者であるあなたに「考えて」みていただきたいと思います。以下は私からあなたへの「問い」です。

*私たちはみんな、生まれて100年も経たないうちに、何の跡形もなく消え去ってしまいます。いつかは太陽もなくなってしまいます。そんな中であなたは、自分の行いが(他の人の行いよりも)よいことで、意味のあることだと正当化できますか?



*なぜ世界から争いや偏見が消えないのでしょう。

 問いは、8つある。しかも、究極的に問いを出したよいうより、思いつくままに考える練習として出されている。
 彼の主張は、こうした問いを各人のなかでじっくり考えてみることが重要だということだ。そしてじっくり考えた結論だけが「後の自分の行動に悔いをのこさなくさせるのです」と主張する。
 おそらく彼自身、こうした究極的な問いをたて、理路整然とした答えを得ているのだろう。特に、私が引用した「いつかは太陽もなくなって」という問いにも、肯定的に答えているのだろう。
 ここで私を引き合いに出すのは冗談みたいだが、私もこうした問題を大人になってもしょっちゅう考える。しかし、まったく答えがでない。全部疑問のままである。
 そこが天才と凡才の差といえば、そうだが、ここで私はこう考える。こうした問題に答えを出せたら、人生はどれほどか整然と進むだろう、と。
 私はそして、ちょっといやったらしい言い方になるのだが、こうした問題は、私の人類の知性レベルでは解けないのだろうと思う。
 その場合、彼のようには解けないのだから、解かずに解けるふりをしたら、それなりに人生は整然と進むのではないだろうか。
 私がここで思っているのは、「信仰」である。
 そして私が疑っていることは、彼はその「信仰」に立ってしまったから、天才なのではないだろうか、ということだ。
 くだらない話をしているようだが、この問いは、天才というものへの私の内的な了解とも関係しているので、もう少し続けたい。
 天才とはなにか?
 私なりに思ったことは、特にモーツアルトについて考えて思ったのだが、天才とは、ただその人に憑依した別人格の能力なのではないだろうか?ということだ。
 多くの人が天才に憧れるが、天才というのは、ただ天才という別の人格の頭脳がその人にたまたまくっついているだけなのではないのだろうか?
 私は冗談を言っているのではなく、逆にそのように自己と能力を分離できることが、実は天才の秘密なのではないかということだ。
 そうした点で本書を読んでいくと、多少だが、気になることがある。読書についてこう言及している点だ。速読法の説明のようにも聞こえる。

 自分にとって適度なスピードで読んでいるとき、私の中の「心の声」は消え、完全に静かな世界になります。ところが「この本は、あとどれくらいで終わるのだろう」などと、ちょっとでも考えたりすると、また声が戻ってきます。そういう意味では、読書は「瞑想」に似ているのかもしれません。雑念が邪魔をするのです。


 静かな気持ちになり、すべてに対して心がオープンであれば、読書の主体である自分は、どんな時代へも、どんな地域でも、そして誰の心の中へでも飛んでいくことができます。そこにはまったく制限がありません。

 読書に夢中になれる人なら誰でも体験することだとも言える。
 が、天才の秘密の一端として見てもよいかもしれない。ここで述べられている「心の声」「雑念」が、私たち凡人の自意識なんだと考えてよいように私は思える。
 天才というのは、自己の意識を静寂にして、実質別の人格の能力を存分に利用しているのではないだろうか。
 この引用の先はさらに興味深い話が続く。

子どものころからそうなのですが、詩集などを読んでいるときは、詩にある韻に影響されるのか、メロディーが頭に出てくることがあります。

 このあたりはモーツアルトなども同じだし、作曲をする人なら誰でも、どこからともなくやってくるメロディーの神秘については共感できるだろう。
 私が関心を持つのは、おそらく聴覚に由来する他者分離感は天才の秘密に関係しているか、あるいはそうした音感の脳の働きが、現状の人類が獲得した知性のさらに延長の可能性を意味しているのではないかという点だ。
 以上は私の視点から読みだが、本書は、この本に求められるコンセプトとして、通常の勉強法、高校生や大学生の勉強のヒントなる学習法についての言及も多い。
 ただ、それはメソッド化できるほどには整理されてはいない。それでも読む人が読めば、「ああ、あれか、あれが勉強のコツだよな」と思うことはあるだろう。
 
 
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014.05.04

[書評]7カ国語をモノにした人の勉強法(橋本陽介)

 書名に惹かれて「7カ国語をモノにした人の勉強法(橋本陽介)」(参照)という本を読んでみた。面白かった。かなり同意できる内容だった。

cover
7カ国語をモノにした人
の勉強法
 書籍の名称は、たいていは出版社や編集者が付けるものだ。よく書評なのでは書名についていろいろと評が付くこともあるが、そういう場合、著者というのは困惑するしかない。とはいえ、この書名については、嘘があるというわけでもない。では、モノにしたという「7カ国語」は何か、とまず見ていく。

 私はこれまで言葉と文学に関する研究を行いつつ、数多くの外国語を学んできました。母語である日本語の他に、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語を習得し、まだ習得には至りませんが、韓国語などを学んでいます。

 「7カ国語」は、日本語を含めて、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語ということだろう。
 韓国語についてはかなり謙遜されているので、逆に言えば、他に上げられている言語の習得度はかなり高いのではないかと思われる。それに加えて、よく多言語者の言語カウントに多いロマンス系の語が少ないこともその信頼性を高めているだろう。フランス語とスペイン語が混乱したという挿話も本書には含まれている。
 また、中国語が筆頭に置かれているのも興味深い。本書を読むとわかるが、著者が実際に外国語習得として意識されたのが、高校三年生のときの中国への短期留学だった。そのとき、こう感得された。

 外国語で話すということは、こういう感覚なのだということが、このときにつかめたのでした。すると、それまでの英語から始まった自分の語学学習の方法が、まったくダメなものだったということがわかりました。

 本書の真価は、この「外国語で話すということは、こういう感覚なのだ」という内的な感覚についての、ある種、レポートになっている点にある。

 この本の読者の多くは、日本語を母語とし、新たに外国語を学ぼうという人たちだと思います。外国語を母語にすることは、特別な環境でもないかぎりムリですが、「母語のように話す」のであれば、まったく不可能なことではありません。この「母語のように話す」ときの感覚とは、いかなるものなのでしょうか。
 外国語のできない人は、この感覚がつかめていません。私も外国語のひとつも話せなかったときには、外国語で話すということがどういう感覚なのか、まったく見当もつきませんでした。もちろん、どういう勉強をすれば、それが可能になるのかもわかりませんでした。
 いまの私は、複数の言語を外国語として理解し話すことができますが、たしかに不思議な感覚です。まずその不思議な感覚について、振り返ってみることにしましょう。

 そして語られることが興味深いのだが、まず、外国語を話すということは「モード」の切り替えであり、そうてきぱきと切り替わるものではないとしていることだ。通訳や翻訳のプロセスとは違うとしている。
 次に、「空欄」という表現をしている。英語、フランス語、スペイン語を例として。

 つまり、それらの言語を喋っているときは、頭の中にそれぞれ、「冠詞のスペース」「名詞のスペース」「be動詞のスペース」「形容詞のスペース」というような空欄ができあがっていて、そこに自然に語が埋まっていく感じになります。

 このあたりの説明で、「ああ、あれか」と共感する人が多いだろう。
 特に、英語とフランス語を学ぶと、このあたりの感覚は、あれだと思うものがあろうだろう。
 著者はこの先に、ロシア語の例を持ち出す。ロシア語の場合、この三か国の「空欄」の仕組みが異なるというのだ。そしてそれゆえに、ロシア語の習得は難しかったという。と同時に、難しいがゆえに、先の三か国語の「空欄」的な要素に気がついたともいう。
 この話題は本書ではいったん途切れるが、では著者はどうやってロシア語を習得したかという記述を繋いでいくと、見えてくるものがある。
 短期留学で徹底的にロシア語の音に耳が慣れたときに、ある変化が起きた。

音声の体系が頭に入ると、不思議なことに、あれほど頭に入らなかったロシア語の単語もするする暗記できるようになりました。この点は本当に強調しておきたいところです。とにかく、死ぬほど音を聞くのが大切です。


 ところが、教科書のような話し方ではなく、実際にはロシア人がロシア語で話すリズムをずっと聞き続けていると、一週間後くらいから話せるような気がしてきました。すると、複雑な語形変化が自然と頭に入るようになり、単語はすんなりと覚えられるのです。2週間もするころには、すっかりロシア語のリズムが身についており、単語帳はそれほど増えていないのにもかかわらず、原書をスムーズに読めるようになりました。


改めて言語のリズム、ネイティブスピーカーが話すリズムをきっちりととらえることが、「文法」「リーディング」「語彙力」にまで、よい影響を及ぼすことを痛感しました。

 著者のいう、「空欄」と「言語のリズム」が、外国語習得の鍵であるということが伺われるが、その内的な部分へのアプローチは、私の読んだ限りではまだ十分に考察はされていない。おそらく、その「言語のリズム」が「空欄」を形成するのだろうと思うし、おそらく著者もそれに同意するだろう。
 もう一つ重要なことがある。この過程で、著者は音と世界を結びつけるという点に注目はしている。そしてソシュールなどにも言及されている。しかし、重要なのは、ただソシュール言語学的な記号的結合よりも、状況と発話の結合である。

 外国語が何ヵ国語もできる人を私は何人も知っていますが、そういう人たちは初級の内から学習した言葉をすぐに使うことができます。なぜすぐに使えるかというと、最初から覚え方が違うのです。
 彼らは、与えられた文を単に暗記するのではなく、それを実際に使う場面を想定し、頭の中で、あるいは口に出して使っています。

 こうした語学学習のある秘訣みたいなものをこうした形で抜き出すと、ほとんどピンズラーの原理と一致するのも興味深い。私がそういう視点で読んでしまったというのもあるだろうが。
 あと、ちょっと些細な点を取り上げるみたいになるが。「"strength"をどう発音するか」という項が興味深かった。この著者の説明が間違っているという指摘ではないのでそこは留意されたい。

"strength"をどう発音するか
 次に音節の話をしましょう。(中略)
 ところが、英語などでは違います。例えば、"strength"という語は、"e"という母音を中心とした、ひとつの音節です。その母音の前に、"s""t""r"と3つも子音が重なっています。
 ところが、この単語をカタカナで表記すると、どうなりますか。「ストレングス」です。日本人は、ひとつの音節である"strengh"を「ス」「ト」「レ」「グ」「ス」という6つの「単位」で認識しています。ここで、音節ではなく、単位「モーラ」という語を用いたのは、この2つが微妙に異なるためです。
 私たちが実際に「ストレングス」を発音するときも、さすがに「ス、ト、レ、ン、グ、ス」というように6つの音節にまではなりませんん。おそらく"strengus"くらいの感じになっているのではないでしょうか。それでも、もとの言葉は1音節ですから、それが4つか5つの音節で発音されてしまうが、ほとんどです。

 些細な話というのは、"strength"という語の発音は、IPAで示すと、/strɛŋkθ/というように、"g"の音は無声音になることだ。
 あるいは、さらに"g"がドロップして、/strɛŋθ/または/strɛnθ/になる。
 なにがこういう現象を引き越しているかというと、まさに「言語のリズム」に関連した法則があるからだ。
 と同時に、"strength"というのは、実は英語という言語の正書法の結果であり、語学学習は、その母語者の再学習と同じように正書法をつい一緒に学んでしまうことになる。この例で言えば、"strength"という語が"strong"と関連があることを文化として覚えよという正書法の要請からこのように表記されている。
 実際、語学を音声から学ぶとき、実にやっかないな問題は、正書法だ。障害だと言ってもよいかと思う。
 特に英語の場合、正書法を権威づける国民国家の機関が存在しないので、さらに混乱が広まる。もちろん、そこが英語のよい面でもあるのが、困った面でもある。
 英語を学習するとき、この点(正書法とリズムの関連)が、もっとも配慮されなければいけないのではないかと思うが、日本の英語教育では難しいだろう。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年4月27日 - 2014年5月3日 | トップページ | 2014年5月11日 - 2014年5月17日 »