« [ドラマ]昨夜のカレー、明日のパン(NHKドラマ) | トップページ | 政策意思決定と"公共マフィア"について »

2014.11.22

諸産業を「インフラ化する」こと

 以前ならいろいろブログに取り上げていた種類の話題があったが、この間、なんとなく言及しないでいた。

 沖縄県知事選挙については、辺野古新設基地問題と合わせて重要な話題だったが、ポリタスに「【沖縄県知事選】沖縄県知事選後に予想される泥沼」(参照)として寄稿した。もう数日間は同サイトに掲載されているはず。私が現在の沖縄基地問題にどういう視点に立っているかに関心がある人がいたら、お読みいただきたい。結論は、表題にも示したように泥沼化である。明るい展望は見えない。ポリタスからは選挙を終えてからの意見があるか問われたが、私の寄稿はむしろ選挙後について触れたので新しい稿は起こさなかった。今後の泥沼化の最初の指標は翁長雄志知事の辺野古対応になるはずだ。たぶん、私の想定とおりに進むだろうと思う(県側は非承認できない)。

 他、この間の、国内的な出来事といえば衆院の解散がある。年内に衆院選挙が実施される。この点も次回のポリタスに寄稿する予定でいる。

 ブログに少し書いてみようかと思ったのは、諸産業を「インフラ化する」という話だ。簡単に言うと、Googleが、各種の産業をGoogle事業のインフラとしてしまうことである。
 大した話ではない。私などが言うまでもなく、どこかで同じようなことは言われているのだろうが寡聞にして知らない。以下述べるような文脈で「インフラ化する」という用語の使い方も、他所では見かけないように思う。私の造語っぽい。

 「インフラ化する」というのは、これまで独自分野だったと思われていた分野が、Google事業のインフラにされてしまうことだ。
 子会社化や系列化ということではない。また統合化というのも違う。
 具体的な例としては、スマートフォンを考えるとわかりやすい。スマートフォンは多機能で、電話、アプリ、デジカメ、音楽プレヤーなど、それまではバラバラだったガジェットが十徳ナイフよろしく一つにまとまっている。十徳ナイフと違うのは、バラバラといっても、Googleのアンドロイド基本ソフトの元に統合されていることだ。
 それぞれの機能の製品を担っていた企業はもはや独自に製品化しても売れず、スマートフォンに組み込んではじめて製品化できうる。つまり、「これらはGoogle事業のインフラにされてしまった」。これが、「インフラ化する」という意味である。
 重要なのは「オープン化」の閉鎖性である。オープン化というと、いかにも開かれているようでいるが、実際にはGoogleに沿う以外に選択がなくなっていく。
 「インフラ化する」の概念がちょっと難しいのは、この例で言うと、スマートフォン市場を直接Googleが牛耳っているということではない。「独占する」とは異なる。あくまで、スマートフォンに統合される機能を担う産業が、Googleの事業を成り立たせるためのインフラ(基盤)に見えてしまう、ということだ。むしろ、「創発」の概念に近い。

 「創発」は、マイケル・ポランニーという物理化学者でもあり社会科学者、科学哲学者でもある思想家が提出した考え方である。創発とは、ある全体性が、その部分の性質の単純な総和にとどまらないことを示すことだ。
 生命体でいうなら、ある種の物理現象(例えばミトコンドリア内の陽子の動き)が化学現象を支え、これがさらに生命器官の活動を支える、といった上位の層の活動を生み出していく(創発していく)ことでもある。
 「インフラ化」は「創発」の逆である。Googleで言えば、各種の産業を下位の層として、その上位の層の創発として存在することだ。

 実際に私が「インフラ化する」として考えていたのは、スマートフォンではなかった。自動車産業と医療産業だった。現在の自動車産業と医療産業が、オープン化と情報化(ビッグデーター処理)によって、Google事業の「インフラ化する」だろうということだった。
 現在の自動車は限りなくコンピューター・システム化しているが、その一番の変化要因は、安全運転と効率的な都市交通である。これらは人間による運転の総体を「創発」した位置に存在する。話を端折ると、自動車が走るコンピューターになるというよりも、都市交通システム全体が一つの巨大な知性となり、自動車というコンピューターを下位の層として制御するようになる。そしてそのような下位の層の存在として自動車が製造されるようになる、ということだ。
 このビジョンを明確に描いて邁進しているのが、Googleですよ、という話である。医療についても、同様のことが進展している。

 こうした話では、Googleがそれらの分野で具体的に何をしているかということが重要になる。が、ここでは割愛。秘密部分は秘密だが、かなり公開されている。それだけ見ても興味深い。それらを見ていると、いずれ諸産業がGoogleによって「インフラ化する」というふうに思えた、ということ。
 ここでの鍵はビッグデータ処理である。ようするにクラウドでのこの処理能力を持っているのが、Googleになりそうだということである。ちなみに、この話題は以前、ゲシュテル(Ge-stell)として触れた話題の続編でもある。

 「インフラ化する」ということは、国家の視点からすると、つまり、日本国の産業発展という点からすると、危機だとも言える。もっともインフラに甘んじていてもいいのではないかという考えもあるだろうが。
 しかし実際の危機は、むしろ国家と産業というより、「人間とは何か」という古典的な問いを再提出するところにある。「自由とは何か」とも言える。諸データを瞬時に計算して適切な解答を出すGoogleの存在があれば、人間のある時点の最適行動は計算可能になる。そのとき、自由とは、愚行くらいしか残らないのではないだろうか? 「ハイエクの悪魔」とでも言いたいような感じだ。

 このあたりの問題意識はEUが先行しているようにも見える。彼らが率先してGoogleの規制に乗り出していることにも関連しそうだ。

 以上、ざらっとアウトライン的な話のだが、なにか機会があったらきちんと書きたいとは思っている。
 
 

|

« [ドラマ]昨夜のカレー、明日のパン(NHKドラマ) | トップページ | 政策意思決定と"公共マフィア"について »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諸産業を「インフラ化する」こと:

« [ドラマ]昨夜のカレー、明日のパン(NHKドラマ) | トップページ | 政策意思決定と"公共マフィア"について »