« 「若い女性がおだやかな環境でブログ書くためにはどうすればいいか」 | トップページ | オバマ大統領が後世に残す名言「武力でわからせてやる!」 »

2014.09.25

韓国は侵略戦争の被害者ではなく共犯者だったと言っても韓国政府に通じない理由

 この手の議論には参戦したくはないし、する気もないが(原理的に不毛だからということをこれから説明する)、このところなんどかツイッターとかで見かけたブログの話題に、韓国は侵略戦争の被害者ではなく共犯者だった、というのがあった。
 そういうネタを書く人々のことがまったく理解できないわけでもないし、いやそれは違うと反論したいわけでもない。だがそれ以前に、そのネタ話は、原理的に韓国政府に通じない理由は、はっきりさせておいたほうがいいんじゃないかとは思った。ネタを真面目に受け止めている人が多そうなである。
 ところが、ネタを正す話になるとあまり見かけないように思う。ネットだとどうしても反韓か反日みたいな紅白歌合戦風になってしまうので、しかたがないのかもしれない。簡単に概要だけはメモしておきたい。

 このネタ話だが、前提を簡単にまとめておく必要があるだろう。曰く……戦前の朝鮮半島は日本の領土であり、その地の市民は日本国籍であり、志願兵は日本兵である。だから、朝鮮人も朝鮮民族国家も日本の侵略戦争の被害者ではなく共犯者だ……という枠組みである。
 私としはその枠組みにはさほど関心はない。現在の日本から見るとそういう見方もありうるだろうなというくらいである。それが歴史観であれば、よほど史実に反する歴史修正主義というのでなければ、人それぞれなんで、いろいろあるでしょうということだが、現存の国家間の関係にその歴史観を持ち出しても、まったく意味はない。
 なぜ意味がないか。まず、日本を知るには日本を構成(constitute)している憲法(constitution)を知らないといけないが、同じことは韓国にも言える。そこで、韓国という国がどういう国なのかということと、外交とかの次元で言うのなら、その国の憲法による自国規定を理解しておかないといけない。それがわかれば、この枠組みが無意味なことは簡単にわかる。

 韓国、つまり大韓民国の憲法で韓国はどういう国となっているかだが、日本国憲法の前文同様、韓国憲法の前文にはっきり書いてある。なお原文は朝鮮語で書かれているし、以下の訳文はちょっと手間を省いてウィキペディアから拾ってきたものなので、間違いがあるかもしれない、ということを念頭に置きつつ、訳文を引用する(参照)。


悠久な歴史と伝統に輝く我々大韓国民は3・1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統と、不義に抗拒した4・19民主理念を継承し、祖国の民主改革と平和的統一の使命に即して正義、人道と同胞愛を基礎に民族の団結を強固にし、全ての社会的弊習と不義を打破し、自律と調和を土台とした自由民主的基本秩序をより確固にし、政治・経済・社会・文化のすべての領域に於いて各人の機会を均等にし、能力を最高に発揮なされ、自由と権利による責任と義務を果すようにし、国内では国民生活の均等な向上を期し、外交では恒久的な世界平和と人類共栄に貢献することで我々と我々の子孫の安全と自由と幸福を永遠に確保することを確認しつつ、1948年7月12日に制定され8次に亘り改正された憲法を再度国会の議決を経って国民投票によって改正する。

 ポイントは「3・1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統」である。つまり、韓国(大韓民国)は、大韓民国臨時政府によって作られた国家であるということになっている。

 この大韓民国臨時政府というのがいつできたかというと、「3・1運動」として明記されているように、1919年、日本でいうと大正9年である。朝鮮の暦法でいうと檀君紀元4252年あるいは主体8年、あるいは「大韓民国」という年号があって、当然大韓民国元年になる。
 いわゆる韓国併合が1910年なのでその9年後にこれを認めない大韓民国という国家が臨時政府という形でできた、ということになっている。
 1910年に臨時政府ではあるが建国した大韓民国がどこに出来たかというと、上海である。
 それから中国各地を転々として、1940年(日本では昭和15年)に重慶に移り、大韓民国の軍部として光復軍総司令部を設立し、日本が太平洋戦争(大東亜戦争)として宣戦布告した翌日、大韓民国は日本政府に向けて、対日宣戦布告した。大韓民国は日本と戦争していたのである。
 その後は、大韓民国軍と日本軍との戦闘があったのではないかと思われるが、そのあたりの史実の評価は難しい。いずれにせよ、韓国ではそういうことになっているということだけ確認しておく。
 日本と戦った大韓民国は日本に勝利したということになり、今日の大韓民国を朝鮮南部に樹立し、現在に至る、ということになっている。
 つまり、大韓民国はその憲法によれば、日本に対して戦勝国だし、被害者である。まして共犯者であるわけはない。
 そういうふうに自国を規定した韓国に、日本から、韓国は侵略戦争の被害者ではなく共犯者だったと言っても、通じるわけがない。

 ちなみに、大韓民国臨時政府が朝鮮半島南に移るまでの経緯だが、概略は以前も記したが、こうなっている。
 1945年8月15日に、日本はポツダム宣言を受け入れたが、朝鮮半島でのその統治機構である朝鮮総督府の統治は継続していた。日本の敗戦は本土では9月2日、沖縄は9月7日、そして、これに続いて朝鮮総督府が米軍との間で降伏調印したのが9月9日である。
 この間にはややこしい経緯がある。日本は8月15日以降、朝鮮総督府の統治機構を朝鮮市民に移譲しようとした。具体的には、17日には朝鮮市民側の建国準備委員会に権限を委譲し、その結果、ソウル市中では太極旗の掲揚が推進された。
 ところがこれと並行して米軍は、16日の時点で暫定的な朝鮮統治を、日本の朝鮮総督府に命じていた。日本としては米軍の命令に従うしかなく、統治権限は18日には再び総督府に戻され、一日限りの太極旗も日章旗に戻った。
 なぜ米軍がクチをはさんだかというと、米国としては朝鮮が日本から独立したという形態を避けたかったらしい。なぜそれを避けたかったについては諸論ある。連合国による分割の問題も関連はしていだろう。
 その後、連合国としては、南北朝鮮で総選挙を実施し朝鮮統一政府を樹立させようともしたが、ソ連の反対により頓挫した。しかたなく米軍は、韓国だけで1948年5月10日に憲法制定国会の総選挙を実施させ、この結果、「大韓民国臨時政府」の李承晩が初代大統領なり、1948年8月13日に大韓民国が建国した。なお、現代韓国では、この日は、日本の終戦の日に合わせて2日ずらして15日になっている。

 この韓国側から見た韓国の歴史を世界がどう見ているかというと、支持している国は存在しないようだ。経緯から見ても、米国も認めていない。では間違いかというと、歴史学的には間違いと言ってもよいのかもしれない。そもそも大韓民国臨時政府による対日宣戦布告も他国に認められていないはずだ。また、独立は米国によって創作されたと見るほうが自然だろう。
 とはいえ、ではそれは「嘘歴史」かというと、主権国家である韓国が憲法がそのように規定しているのだから、その歴史観に他国が外交上はとやかく言うことはできない。

 韓国としてはそれを自国歴史として整備するのも自然だし、それを韓国国外に理解を広めたいと願うのも自然である。
 中国も理解を示している。中国国務院は今年、浙江省杭州時代の大韓民国臨時政府庁舎遺跡を含む国家級抗日戦争記念施設および遺跡とした。これには、1932年日本による天皇誕生日(天長節)式典で日本人要人を爆弾で暗殺した尹奉吉を称える記念館も含まれている。
 こうした動向を大韓民国が日本にも広めたいとするのも、それはそれで自然ななりゆきと言えるだろう。日本がその歴史を認めれば、日本国内でも「韓国は侵略戦争の被害者ではなく共犯者だった」とは言えなくなるだろうし、案外それが最終的な目的なのかもしれない。

 とはいえ、歴史的に見れば、現行の大韓民国憲法の自国規定にはちょっと無理があるのではないかという意見もあるだろう。仮にそうだとするなら、どうすればよいかというと、韓国の憲法を改定してもらうという方向性もある。現行憲法前文にもあったように、「1948年7月12日に制定され8次に亘り改正された憲法を再度国会の議決を経って国民投票によって改正する」ということで、こうした韓国の建国の考え方は、1948年に国家が成立してからしだいにその国民史観にそって「8次に亘り」組み上げられてきたものだ。
 今後、こうした面をことさらに強調することもないと韓国市民が考えるなら、日本国憲法ほど硬性憲法でもないなので、また韓国憲法は改定できる。しかし、当然だが、そうしてくださいと他国が言えるものでもない。
 
 

|

« 「若い女性がおだやかな環境でブログ書くためにはどうすればいいか」 | トップページ | オバマ大統領が後世に残す名言「武力でわからせてやる!」 »

「歴史」カテゴリの記事

コメント

韓国としてはヴィシー政権下のフランスにおけるロンドンでのド・ゴールの自由フランスの流れに重ねているんでろうね。

投稿: | 2014.09.25 16:33

不勉強ですみませんが、法統とはどういう意味ですか?
辞書では、仏法の系統とのことですが、政府の後継者のようなことですか?

投稿: ナナシ | 2014.09.25 21:17

柄谷行人は国民国家・ネイション(民族国家・エトニ)・資本によって「近代」が形成されていると言っていますが、どう考えられますか。というのも、貴エントリは単に「韓国の民族的アイデンティティからすると、日本の支配下にあって日本と同質化していたとは到底考えられてはいない」と言えば足りるものをわざわざ国民国家大韓民国の発生の細部にその根拠を求めているように思えます。国民国家はネイションの上部構造物に過ぎないという現代思想の大前提が無視されているのでは?

投稿: yuki_chika | 2014.09.26 00:50

韓国は独立した国家民族であって、その独立性をまったく尊重しない日本に、腹をたててるだけでしょ。あの商売だって、欧米の歴史でいえば、親から独立した女性が自己の自由のために身を売るのに、なぜか未だに、親の借金のためにすることは当然のことで、親の責任だとか、無知をさらけ出している人までいる有り様で。というか、日本の、個人の独立を許さないようなことをやり続けようとしている方が、不気味だよね。ほんと、国家のために死ぬことは美徳であるとか、また、言いだしそうで恐ろしいし、国連がそれを感じたら、いっきに引くよね。

もともと、オレがネットの居心地の良さがあるとしたら、一般社会から独立していたことだけど、なんだか最近って、社会にベッタリで、その社会に対して駄々をこねていて、結局、独立した存在でなく甘えているだけ。その甘えの肥大が人気の素って、気持ち悪いでしょ。ほんと、いい加減、独立してほしいよ、キリっと。

ちなみに、中国は、独立した国家だけど、民族の独立を抑えてるよね。ま、経済は地域を独立させるから、今後は、民主的にではなく、より経済力で民族という閉鎖性を革新できるかじゃないかな。まぁ、一番やっかいなのは、イスラムはキリスト教より、独立性が進歩しているから、軍事力で解決できないで、ずっと長引くのだろうね。ま、中国もアメリカも大国としての、独立の新しいステージを模索しているかもしれないけど。

あと、日本の若い人は、英語がどうじゃらより、外国人と接して、親から独立したあの生き様をしっかり感じた方がいいよ。別に、外国人みたいに生きることはないけど。「独立」からはじまって、自身の「自立自足」に役立つはずだから。

投稿: | 2014.09.26 05:54

逆ですよ。
韓国政府がその正統を上海臨時政府とし韓国を戦勝国と規定している歴史認識が前提であり、それに対し「韓国人(朝鮮人)は侵略戦争の被害者ではなく共犯者」だったのではないかと問うことで、韓国政府の歴史認識の欺瞞性を暴こうとするものです。

韓国が過度に歴史認識に拘るのは、日本と戦ったわけではないことを「良く知っているから」でしょう。そして、それを認めることは(対日ゲリラを正統とする)北朝鮮に対して正統性を失う(朝鮮半島と朝鮮人の支配権を失う)ことを意味します。
従って基本的には朝鮮の内政問題です。(中国共産党も同様の問題を抱えていますが。)

投稿: motton | 2014.09.26 17:22

たいちさんという方からコメントをいただいたのですが、以下のような単純な誤解を含むものでした。

>次に、finalvent氏は「偽史」といっています(これは
>歴史学上最大級の罵倒であり、finalvent氏は自分が韓
>国に対して最大級の罵倒をしているということを自覚
>してください)

私はそう述べていません。また、主旨は逆です。韓国の立場を尊重しましょうということです。

異なる意見は受け付けますが、「「偽史」といっています」といったシンプルな誤解を前提としたコメントは掲載しません。

エントリーを再読後、コメントいただけたらと思います。異論は受けたいと思います。

投稿: finalvent | 2014.09.27 11:58

臨時政府の流れを汲んでいるのだから、
というなら国民党や清との戦争は今の日中とは無関係だろうし
朝鮮半島も様々な国や民族がいて
それらを現在の韓国の歴史に汲み入れるのは矛盾しますよね。
大陸国家はそこらへん二枚舌で使い分けている印象

投稿: | 2014.09.27 12:57

 ああ、すいません、「偽史」とは言っていないですね(誤解と言うより、誤読ですね)。申し訳ありません、お詫びします。単純に削除していただいても結構ですのに、コメントまでしていただいて有難うございます。

 改めて、コメントさせていただきますと、

1.もともと日韓併合時代に「韓国政府」なるものは存在しない(「大韓民国臨時政府」の存在を無視する立場ならなおさら)から、存在しない「『韓国』は侵略戦争の被害者ではなく共犯者だった」という言説そのものが成り立たない。(存在しないのだから、被害者も加害者もありえない。)「韓国」=「韓国民族」と仮定しても、日本支配に抵抗していた韓国人もいたし、現在の韓国政府が批判しているのは過去の日本の「植民地支配」そのものである。植民地支配されている民族が、宗主国の命令に従った行動を「共犯」と呼ぶのか?普通は呼ばないだろうと思われます。

 これは、finalvent氏に対する意見ではなく、もとのお題に対する意見です。

 2.ただ、「韓国の立場を尊重しましょう」という趣旨にには見えませんよ。finalvent氏は韓国の立場を「歴史学的には間違いと言ってもよいのかもしれない。」という意見ですね?「3・1運動で成立した大韓民国臨時政府」も歴史的事実で、結果その「大韓民国臨時政府」が大韓民国の前身になっているのも歴史的事実ですね。韓国憲法の書かれていることが何か間違っていますかね?「我が大韓民国臨時政府は日本政府と独立戦争を行い、日本軍を撃滅して独立した」と書いてあるなら間違いでしょうけど、そのように書いてあるのですか?

 finalvent氏の書いてあることは、「韓国の立場を尊重しましょう」というより、「韓国政府の言ってることは『歴史学的には間違いと言ってもよいのかもしれない。』けど、まあ韓国が勝手に言っていることだし、国際的には通用しないし・・・(本当は韓国が憲法改正して自史を否定すりゃいいけど無理でしょ、やれやれ)」とネトウヨに燃料投下しているようにしかみえませんね。

「大韓民国臨時政府」が「日本に勝利して韓国が独立した」なら確かに間違いですけど、「大韓民国臨時政府」が現在の「韓国」の前身であるというのはさほど歴史的事実に反するとは思いません。finalvent氏の主張のようなことを述べている歴史学者がいらっしゃるのでしょうか?もしいらっしゃるのでしたら、引用していただければと思います。「歴史学的には間違いと言ってもよいのかもしれない。」とおっしゃられているので参照されているかと思います。よろしくお願いします。

投稿: たいち | 2014.09.27 14:51

たいちさん、こんにちは。

率直に言うと、後半は「ひどい誤解だな」と私は思いましたが、それを告げるべきかとも思い、コメントを公開し、以下に応答します。

> finalvent氏の書いてあることは、「韓国の立場を尊重し
>ましょう」というより、「韓国政府の言ってることは『歴
>史学的には間違いと言ってもよいのかもしれない。』けど、
>まあ韓国が勝手に言っていることだし、国際的には通用し
>ないし・・・(本当は韓国が憲法改正して自史を否定すりゃい
>いけど無理でしょ、やれやれ)」とネトウヨに燃料投下して
>いるようにしかみえませんね。

「~ようにしかみえませんね」という点については、それは、たいちさんが自由に受け止める問題つまり、たいちさんの自由の問題であって、私が述べることはなにもありません。ひどい誤解だなと私は私の自由で思うだけです。

よって同じく、それを「finalvent氏の主張」というふうに展開されているのは、誤解だと明言しておきます。

ですから、誤解を前提とした疑問については、原理的に答えることができません。米国ジョークにある「君は最近奥さんを殴るのをやめたそうだね?」と問われても、答えられないのと同じです。

投稿: finalvent | 2014.09.27 15:46

 すいません、わざわざコメントしていただきありがとうございます。

 では、誤解のところ(finalvent氏がこのエントリーを書かれた趣旨に対する私の推測)は私の誤解ということにします。結局書かれた方の内心の部分は推測以上できませんし、邪推と言われればそこまでですので、ご本人が「それは誤解です」とおっしゃられるのでしたら、誤解なのでしょう。不快に思われたかと思いますが、申し訳ありません。

 私がひっかかっているのは、繰り返しになりますが、「歴史学的には間違いと言ってもよいのかもしれない。」と述べられたのはいかなる根拠に基づくのか?ということです。つまりこのエントリーに書かれた記述がどれだけ歴史学的な根拠に基づき書かれたものか不明なため評価できません。誰か歴史学者の説に基づき書かれているのでしたら「歴史学」という言葉が出てくるのはわかるので、引用をお願いします。「いや、歴史学者の説とかではなく、私個人がそう思っているだけです」ということでしたら、そのようにおっしゃっていただいて結構です。この疑問は私の「誤解」を前提としている訳ではありませんので解答できるかと思います。
 よろしくお願いします。

投稿: たいち | 2014.09.27 21:54

たいちさん、こんにちは。ごく簡単に言及します。私は、たいちさんのその問題の立て方を実は受け入れていません。「歴史学的には間違いと言ってもよいのかもしれない。」と述べたのは根拠が曖昧だからそう表現したまでです。また、先のたいちさんのコメントで「「大韓民国臨時政府」が現在の「韓国」の前身であるというのはさほど歴史的事実に反するとは思いません。」と言及されていますが、私はそれを「反する」とはしていません。よくエントリーをお読みください。私にしてみると誤解が前提の疑問には返答しようがないというのが率直な思いです。

投稿: finalvent | 2014.09.27 22:03

 ああ、すいません。了解いたしました。「歴史学的には間違いと言ってもよいのかもしれない。」は根拠が曖昧だからそう書いたんですね。根拠が曖昧ということでしたら、もう正直どうでもいいです。

「歴史的事実に反する」とされていないのでしたらそれもそれで良いです。(「反する」と誤解した人(私の周囲に実際いたので)に対しては、finalvent氏本人がそう言っていると伝えておきます。)

 あと、最初に読んだときは、「韓国が憲法改正して前文を改める方向性もある(それぐらい韓国憲法の歴史観は無理がある。他国が言えるものでもないけど。)」と読めたんですけど、もう1度読み直してみると「という意見もあるだろう。」「仮にそうだとするなら」「もある」とか「これは自分の考えではありません」といくつもただし書きが書かれていますね。まあ、ご自身の意見じゃないことはわかりましたが、なぜに頼まれもしないのにご自身の意見じゃないことをわざわざ書かれているんでしょう。「歴史的事実に反」していないなら、こんなの延々と書く意味ないと思いますけど。本当よく分かりません。

投稿: たいち | 2014.09.27 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国は侵略戦争の被害者ではなく共犯者だったと言っても韓国政府に通じない理由:

« 「若い女性がおだやかな環境でブログ書くためにはどうすればいいか」 | トップページ | オバマ大統領が後世に残す名言「武力でわからせてやる!」 »