« 癌についてちょっとめんどくさい話 | トップページ | [映画]アメリ »

2014.09.02

率直に聞くんですが、どんなふうに死ぬつもりでいますか?

 ツイッターをしていたら「健康寿命」について知らない人がいた。この話は自著にも書いたのになあと思ったが、だからみなさんが知っているというわけはないよな、当然。
 「健康寿命」にはそれなりに定義はあるが、ざっくり言って健康に生きていられるまでの年齢というような考えである。いわゆる平均寿命より10年くらい短い。男性だとだいたい70歳くらいまで。
 自分も気がつくとけっこう年を取ってしまったので、まあ普通に生活できたとしても、不自由なく動けるのはあと12年といったところ。個人的にやだなあと思うのは、そのくらいまで生きていても、文字の読み書きがまともにできなくなるんだろうな、というあたり。失明はするだろうなあ。
 ちなみに平成22年時点の日本人の健康寿命はこんな感じ。厚生労働科学研究費補助金「健康寿命における将来予測と生活習慣病対策の費用対効果に関する研究」より。

 最新の統計だったかなと、先日発表された2014年版の厚生労働白書(参照)を見ると、同じだった。
 今後、いろいろ国や地域なども尽力して双方延びると思うけど、基本的には頭打ちなんで、大きな変化はないだろう。男性でいうと、今後もだいたい健康寿命は70歳くらいまでだろう。
 単純なグラフだがけっこう含蓄深く、女性は子どもと同居しなければ、死ぬまでの最後の5年くらいは不自由な体でひとり暮らしということになる。
 今後の日本人が35歳くらいで最初の子どもを産むようになると、だいたいその子が35歳くらいで親の支援や介護が必要になる。
 と書いてみて、現状だとそれがまだ10年くらい後にずれているから、45歳くらいからぽつぽつと親の介護ということになっている。
 どっちにしても、支援・介護する側の子どもとしては、自分の側にも子どもができて子育て手生活がつらい時期にあたる。
 つまり今後も日本の国民の生活はかなり厳しくなるだろうなという印象がある。誰も他人事ではないのですけどね。
 白書には都道府県別の健康寿命の差のグラフも掲載されているが、グラデーションの差は誤差くらいにしか思えない。それでもトップの長野県と青森県だと男性で3.6年の差はあるので、そう見るとけっこう大きい。ちなみに、なんで長野県の老人が比較的健康なのかというのは、信州系日本人の私には思うことがいろいろあるが割愛。
 昨日癌の種類の話を少し書いたが、その興味から日本の癌の現状を見るとこんな感じ。これは男性だが。

 ちょっと見づらいが、胃癌は横ばい、膵臓癌と大腸癌は地味に増加、肝臓がんは減少気味、肺癌はさらに伸び率が高い。
 大腸がん検診は有益な部類なので、それと比べると、男性の肺癌の現状は難しいものがある。ここには引用しなかったが女性の場合は、肺癌と大腸癌が大きく、乳癌は他の癌と並びといったふうになっている。
 つらつらと白書を見ると、健康と食事の話もある。各種データは面白いといえば面白い。健康な食事ということで昔の日本食が称賛されることが多いが、データを見ると、1970年の食塩摂取は14.0%、現在は10.0%。昔はけっこうしょっぱい食事だったなあと思い返す。ほか、飲酒、喫煙とかも、近年、めだって下がってきている。
 自殺はどうかなと見ると、よくネットでは自殺は社会問題だという枠組みで話題にされることが多いが、これを見ると、健康問題の比重が大きい。もっともその半数は鬱病によるので、社会問題が鬱病を介して自殺を起こしやすいとは言えるかもしれない。

 ついでなんで白書をたらたらと見ていくと死生観という項目があった。ここに「生きたい年齢」と「生きられると思う年齢」というのが、平均寿命に合わせて掲載されている。

 男性で見ると、生きたい年齢は平均寿命くらいで、生きられると思うのほうがそれより二、三年少ない。女性は現実と想定の間に10年近い差がある。この意識差はなんなのだろうか。女性の意識の根幹に関わるように思うがわからないなあ。
 健康年齢に対する想定は、白書には掲載されていない。ざっとした印象だと、死期が近づかないと体がぼろぼろとなっていく実感は持ちづらいのではないか。
 死というもののイメージは、実際に自分が死ぬ場所のイメージとして捉えるとわかりやすいものだが、そういうデータも載っている。

 まず言えることは、三割くらいの人はどう死ぬか想定なく生きているということだ。これは介護されるというイメージもあまり湧いてないということなのだろう。その想定のなさの部分が、現実には病院での死に回収されるというふうになっているようだ。まあ、日本人の八割方は病院で死ぬことになるよね。
 意外だなと思えたのは、半数近い人が自宅で死にたいと思っていることだ。生活の延長に死をなんとなく想定しているか、家族に看取られてみたいな思いなのだろう。これから生涯未婚者も増えるだろうが、それでも自宅で死にたいと思うだろうか。
 白書を見ていていて僕がびっくりしたのは、これ。死が怖いかというデータである。世の中半数ちかい人は死が怖いと思っていないのだなあ。

 どうも僕のように死が怖いと思って生きている人間は、社会的にはそう多くないんじゃないかとはうっすら思っていたが、いやはや半数もいたのかあ。僕なんかからするとちょっと社会観変わるなあ。
 そもそも死というのを大半の人が考えないんじゃないか、というと、そうでもないようなデータもある。

 三割くらいの人は死のことを考えないで生きているが、七割くらいは考えてはいる。
 すると……考えはいえるがそれほど死が怖いものではないと、いう人々がそれなりにいるのだろう。
 これだけのデータからは読み取れないが、死は考えるけど別段怖いものではないという人々は二割くらいだろうか。それがうっすらした意識にまで広げると四割くらいにはなるだろうか。
 と、そんなことを考えるのは、そのあたりに、日本人の宗教意識が隠れているんだろうなと思うからだ。
 日本人の大半は明示的な宗教意識をもたないが、なんとかこの世を暮らしてて来世の思いに繋げる信仰のようなものを持っているのだろう。
 そのことが死を社会連帯と個人で引き受けていく市民意識とどう関わっているのかとても気になる。難しい問題だなあ。そのあたりの意識が、実際には、高齢化社会の介護や健康寿命を終えた人への対応とも関わってくるように思うからだ。
 
 

|

« 癌についてちょっとめんどくさい話 | トップページ | [映画]アメリ »

「社会」カテゴリの記事

コメント

ああ、部屋から一歩もでられなくなる、でなくなる老人だよね。部屋から出さえすれば、引き篭もりの若者も問題ないのだけど。変ないいかたをすれば、ニート老人問題は起きてくるよね。で、一番、そうなってしまうのは、寄生できる老人が必然的にそうなって、10年以上家の外にでなくなるよね。ま、歩かなくなるから、まぁ、車でなんとか病院に連れていってもらって、薬だけで、生命を維持していくことなんだろうけど。

孤独死しないように、手厚く面倒を見ようということらしいけど、孤独な老人は、部屋から一歩もでられなくなったら、死で、長期間幽閉状態じゃないし、本当に不幸なことだろうかと思う。ただ、死ぬ間際だけは、家族に見守られるなら、それまでは、外にでて一人で悩んだり怒ったりするなら、これが一番だと思うし、今年、ネットの知り合いが亡くなったのを見て、入退院はしていたけど、ま、かなりいい方だと思った。もともと、面倒を見てもらえないように生きていたみたいだし。

やっぱり、自力を失ったら、さっさと死ねた方がいいし。自力を失っても生きさせてしまうのは家族であったり政治だったりして、ちょっとなと思う。

ついでに、食事だと、老人になったら、昼食をガッツリ食べるのがいいと見た。結局、昼食が軽食になり、朝食が軽食になると、体力が維持できない。夕食は多くても、娯楽にはなるけど、あっというまに、食が細くなって。まぁ、夏場なんて、暑くて昼食が減るし、冬場は、夕食を多くしないと夜寒いとかあって昼食が減りやすいというのもあるかな。あと、歩かなくなると歯がどんどん抜けるよね。歯周病とかなくても。

とりあえず、ネット中毒の老人は、外でネットすればいいかも。ネカフェへいくとか、図書館でネット接続できるようなところを見つけるとか、家の中でのネット時間が増加するのはヤバイね。

あと、孤独死というのは、病気が原因じゃなくて、たぶん、健康でも孤独死する。まず、食べることがでんどん減って、水が多くなって、その水が減っていって、そのまま眠るように死ぬか、朝、水を口にして、そのまま死ぬかで、まぁ、10日間じゃないかな。

とにかく、自力を通せば、それが老人として一番幸せだと思うよ。ま、若い頃から、寄生が当たり前だとできないけど。

投稿: | 2014.09.03 10:04

 全てのモノに何時かは訪れるものと考えていれば死ぬことは怖くない。死ぬ場所も何所でもいい。腐ろうがミイラになろうが、お陰を持って親族に由って火葬場に運ばれ焼かれようがそれ程の差はない。最後は土に換えるだけ。
帰るじゃないよ換えるだけだよ。
 女性が生きたいと思っている時間が短いのは、心の奥底では男に虐げられている、と思っているからじゃないかな。それでいて長生きしてまでダンナの最後を看取るなんて本当はしたくない、と思っているのかも。

投稿: hotaka43 | 2014.09.03 10:22

65歳まで仕事をして、まずまずの年金もらって、現在69歳。ガン宣告されて、なるようになるとある意味、観念した途端に、死については全く恐れなくなった。「この世を去るまでに、やりたいこと10項目」を書いて、その目標に向かって毎日を楽しんでいる。テニスはほぼ毎日2時間程度、2年前にピアノ演奏を独習を始めて、出来れば80歳でピアノ演奏会をやりたい、Macで会話ロボット・ソフトを開発する目標で、PC言語を勉強中。テニスをやっている最中に、心臓マヒで倒れたら本望。死なんか、何も恐れるものはない。

投稿: Siracha55 | 2014.09.03 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 率直に聞くんですが、どんなふうに死ぬつもりでいますか?:

« 癌についてちょっとめんどくさい話 | トップページ | [映画]アメリ »