« クラウド・ファンディング(crowd funding)を巡る無想 | トップページ | [書評]あそびあい(新田章) »

2014.08.23

公共図書館のことも考えていた

 気がつくともう二週間経ってしまって、いかんなあ、このままだと心にもわんとひっかかったままの状態が続きそうだ、と思い、とりあえず書いてみることにした。先日、筑波大学春日エリアメディアユニオンで行った「ALIS定例会特別企画 クラウドファンディング報告・講演会」(参照)についてである。
 講演会を実施されたかた、それと聞きに来てくれたかた、ありがとうございます。
 心にひかかった、というより、いろいろな思いがこんがらがっていた、と言うべきかもしれない。そこで思うままにいくつか、もつれた思いを書いてみたい。
 なぜ講演に出たのか。これについてはすでに触れたとおり、主旨に賛同したことがある。ただ、これが募金の前であったら、少し悩んだかもしれないとは思った。つまり、自分の講演の出来不出来が募金に影響したら、どうだっただろうか、ということだ。その悩みを仮想にこの間、自分の思いのなかで繰り返していた。暫定的な、かつ全体的な結論を言えば、主旨に賛同するとしても、募金タイプのクラウドファンディングは、ミッションよって設定された目標値の金額に対して、全体が統制されるべきだろうということだ。集まった寄金が少ないのは残念としても、過剰であるべきではないだろうという含みもある。
 今回のクラウド・ファンディングについていえば、公共図書館で破損された「アンネの日記」関連の書籍の補充に役立てるということが当初の主旨であり、結果報告で伺った範囲では、他の補充援助と併せて、ちょうど妥当なところだったかと思った。逆に言えば、それ以上の寄金が集まったら、それはそれで多少やっかいな問題になっただろうかとも思えた。
 このことは、私自身は今回の件では限定された賛同という関係であり、ミッションそのもののに関わっていないが、それでもミッションの見直しの可能性について少し考えの余地を残した。簡単にいえば、今回のもとになる話題で、「アンネの日記」関連の書籍という部分がどれだけの意味あいを持つかということである。
 原則的に突き詰めていけば、「アンネの日記」との関係より、一般的に一定期間での公的図書館における、破損書籍の補填ということになるはずである。また、そうであれば、寄金型のクラウド・ファンディングの課題より、一般的な公共の行政のありかたの問題になるだろう。
 しかし、と、ここで思う。公共図書館で本が正しく扱われるようにするにはどうしたらよいか。関連して、公共図書館での本の購入のあり方を含め、公共図書館は市民社会にどうあるべきか、という問題設定になると、一般的な公共の行政のありかたを少し越える部分が出てくる。誰が公共図書館を守るのか。その前線に経つのは誰か。図書館員だろう。では、市民は図書館員とどいう接点を持つべきか。
 実は、この部分の関連の問いは、講演時点の質問で問われた部分でもあった。私の回答は、公共図書館のありかたについて意見提言をする市民団体を形成するとよいだろう、ということだった。これはもっと一般化できる。市民と公共図書館のありかたを考える市民団体があるべきだ、ということである。
 私はこの分野に専門外なので伝聞かつ断片的な情報しかないが、そうした思いを持つ人や試みもあったらしい。
 以上をまとめると、「市民と公共図書館のありかたを考える会」というのの運営の寄金をつのるクラウド・ファンディングが継続的にあってよいのだろうと思う。
 では、と、ここで課題が続く。それはどうあるべきか。何を指針に考えるべきか。この部分も後援会の質問で問われたことに関連している。
 私の答えは、「固定的に考えるべきではない」ということと、そのうえで、「図書館員のと対話を通して、順次考えればよい」というものだ。対話を通して、図書館員の常識に市民が信頼するという形態にもっていけたらよいと思う。
 もちろん、それはとても難しいことである。その対話、つまり、図書館員間の対話と、図書館員と市民の対話、そうした対話の運動は、今後の日本の市民社会にとって大切な課題になるように思う。
 もちろん、現実問題としてどうするのか、というのは難しい。だが、市民が結果的に求めているのは、市民は公共図書館をどう考えたらいいかという、なにかきっかけというか、糸口のような指針だろう。図書館員の誰かが、きっかけとなる声を上げるべきではあるのだろう。
 と、書いてみると、結局、質問回答で述べた部分をまとめた形になった。
 もわんとした思いに戻る。
 わざわざ私の講演を聴きに来てくれたかたがいらっしゃって、けっこうびっくりした、というのがある。嬉しくもあり、恥ずかしくもあった。伺うと、申し込んだけど締め切りで参加できなかった人がいたという話も聞いた。こっそり言うと、私はあまり多くの人の前に出たくはないというのもあったので、申し訳ないなあと思った。
 講師としての一般的な反省もあった。自著にも少し書いたが、私は30代から40代、業界の講師をしたり、専門学校や、大学の非常勤講師などもしたことがある。20代、大学院生時代にも代講みたいのをしていた。
 他にも思い出すと、プレゼンなどもやった。よくやったなあという部類だったが、気がつくと、この十年はやっていない。久しぶりにやってみると、あがったせいもあるが、声のトーンや大きさ、話す速度、目配せ、時間配分など、基本が少し下手になっていた。やっている途中に気がついて、焦った。
 他に、会場である筑波が東京から意外に近いのにも驚いた。筑波エクスプレスというのに乗るのは初めてだった。速いものだ。当初、筑波は遠いなあ、帰りはどっかで一泊していくかなあ、とか暢気に考えていたがのだが、電車を調べると、そんな必要はまったくなかった。
 車窓から田んぼよく見た。今年はよく田んぼを見る。
 先日、cakesに開高健記念館のことを書いたが(参照)、7月、茅ヶ崎に行った返り、ふと気まぐれで相模線に乗り、ぼんやりと田んぼを見ていた。相模線も久しぶりである。ホームでは電車のドアが閉まっていて、はて?と思ったら、ボタンを押して開ける仕様であった。
 ユーミンの「天気雨」である。


白いハウスを眺め
相模線に揺られて来た
茅ヶ崎までの間
あなただけを思っていた

 この時は逆方向である。さすがに行きは使えない。
 話が逸れてきたのでおしまい。もわんとした思いは書いてみると、けっこうそのくらいのことだったか。
 
 

|

« クラウド・ファンディング(crowd funding)を巡る無想 | トップページ | [書評]あそびあい(新田章) »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

最近の公共図書館は、近県とのつながりが深くなっているのと、本を借りる人たちが、ネットから検索して予約するというのも定着しているようなので、より、ネットで相互接続するのと、利用者のリクエストをネットでしやすくして、リクエストの数が多くなればいいんじゃないかな。うちのところだと、リクエストそのものの数が少ないからだと思うけど、安い本ならリクエストするとほぼ入るんじゃないかしら。ま、予算がないときは、先に書いた通り、近県の図書館を探してくれるみたい。あと、毀損されやすい本は、デジタル化してしまうのもいいかもね。ただ、図書館の利用者数というのは、あまり多くないと思う。だから、予算削減したいのが自治体だろうね。だから、営利企業と結びつく道を模索するのだとは思う。ま、結局、アマゾンみたいなシステムで図書館ができて、本の受け渡しはコンビニになるのがいいんじゃないかな。公開された書架をもつのは、中央図書館だけで。

投稿: | 2014.08.23 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公共図書館のことも考えていた:

« クラウド・ファンディング(crowd funding)を巡る無想 | トップページ | [書評]あそびあい(新田章) »