« [連絡]ALIS定例会特別企画 クラウドファンディング報告・講演会に出ます。 | トップページ | 佐世保女子高生殺害事件、雑感 »

2014.08.03

人はなぜ不運を自分の能力の欠如だと思うのだろうか?

 世の中には、そしてもちろんネットにも、名言集というのがある。覚えておくと便利だったり勇気づけられたり、あるいは手短で洒落た皮肉な言い回しに人生の真実を感じさせたりといったものだ。ツイッターの投稿などにも、これは名言だなというのもある。
 で、例えば……という一例の名言をここに書くかというと、その前にだ、私は名言集というのが好きではなかったという話を書く。中学生のころその手の類をいろいろ読んで、たまたま学校にもっていって読んでいたら、友人がそれ貸せというので貸したところ、友人から友人へという連鎖で読まれていった。彼ら、なにやら名言集に感得しているのである。その様子を見ながら、自分もああいう読者の一人だったんだと妙に醒めた思いがした。以来、その手の本を読むのをやめた。概ね。
 名言集の名言というのがきらいになった。格言、アフォリズムといったものは、知性の軽薄なありかたにすぎないと思っていた。「結婚は人生の墓場だ」で?
 だが、いつからか、そうでもないなと思うようにもなった。30代だっただろうか。人生が自分のなかにワインの澱のように貯まりだしたのと関係しているのだろう。
 私は何が言いたいのか? 名言というのは、無理して読もう、知ろうとしなくても、自然に心がキャッチして、反芻することがあると思うようになったのだ。例えば……そう、最近のそれをご紹介。ビジネス英語の教材にあったものだ。

The easiest thing to do, whenever you fail, is to put yourself down by blaming your lack of ability for your misfortunes.

失敗したときにする一番簡単なことは、不運について自分の能力が足りなかったと自分のせいにして、いじけることだ。


 作家ワシントン・アーヴィング(Washington Irving)の言葉とされている。
 訳がつたないのだが、ようするに、不運を自分の能力の欠如だとして自分を責めるのは安易なことだ、というのだ。
 不運は不運としてある。別に能力の欠如で不運がもたらされたわけではないよ、と。
 自分の能力を信じていたら幸運なときには成功するかもしれない。不運について自分をそう責めるなよ、ということ。
 ただし、英語で読んだときは特に違和感なかったが、ちょっと試訳を添えようとしたら、意外に難しかった。"put down"と"blame"が意味的に重なっているのに気がついた。どっちも結果的に自分を責めることなので直訳すると意味がまどろっこしくなる。あと、ふと"ability for your misfortunes"という解釈はないよなあと思った("blame for"だから)。
 英語の話はさておき、この名言がなんとなく最近、心に引っかかっていた。
 心に引っかかっていた理由は、自分でもわかった。私は、自分の不運をみんな自分の能力の欠如が理由だと考える人だからだ。
 自著にもなんたら書いたが、私は人生の失敗者だと自分を思っていて、その理由は自分の能力の欠落だと思っている。
 そう思おうとしている、と言っていいかもしれない。自分がたまたま不運だったのだとは思わないようにしている。そう思いながら、世の中の成功者の多くは幸運だっただけなんじゃないかなともなんとなく思っている。
 さて。
 自分の能力とか「私は人生の失敗者だ」とかは、とりあえずどうでもいいとして、なんで自分はそう考えるのか。つまり、先の名言でいうところの、「一番簡単なこと」を私はつい選択してしまうのだろうか?
 別の言い方をすると、なぜ自分は、不運を能力の欠如と見たがるのだろうか? そしてたぶん、それは自分だけの傾向と限らないだろう。
 人はなぜ不運を自分の能力の欠如だと思うのだろうか?
 先の名言の文脈でいえば、それが「一番簡単なこと」だから、ということだが、それもちょっと違うなという感じがしていた。
cover
脳科学は人格を
変えられるか?
エレーヌ・フォックス
 心のひっかかりをぼんやりと見つめていると、ああ、そうかと思う。
 先日読んでちょっとひねくれた書評も書いたのだが、『脳科学は人格を変えられるか?(エレーヌ・フォックス)』(参照)に、この件で関連することがあったのだった。この本、オリジナルタイトルが、悲観的な脳=雨降りの脳(レイニーブレイン)対楽観的な脳=お天気な脳(サニーブレイン)とあるように、人間の脳の、悲観・楽観の自然的な対応について論じたものだ。
 そのなかで、いろいろと楽観的な脳=お天気な脳(サニーブレイン)について脳の解剖学的な枠組みで挿話を並べたのち、こうある。

 サニーブレインのしくみについて、解剖学的に考察した結果は以上のとおりだ。楽観とはいつもただ上機嫌でいるだけではなく、意義深い生活に積極的にかかわり、打たれ強い心を育み、「自分で状況をコントロールできる」という気持ちを持ち続けることだ。これは、「良いことも悪いことも受け入れる能力があってこそ、楽観はプラスに作用する」という心理学の研究結果とも符号する。


 これは、多くの自己啓発本にあふれる「ハッピーな思考はすべての問題を解決する」というアプローチとは似て非なるものだ。ポジティブに考えるかネガティブに考えるかはもちろん重要だ。だが、単にいつも「こうなってほしい」と期待するのが真の楽観主義だと思ったら、それはおおまちがいだ。


楽観的なリアリストは、自分の運命は自分でコントロールできると意識の底で信じているのだ。

 つまり、物事をポジティブに考えればうまくいくというのではなく、不運があってもそれを自分が乗り越えられるという確信が楽観だというのだ。
 そうなんだろう。
 そして、私は悲観的なリアリストとして、自分の運命は自分でコントロールできると意識の底で信じているから、自分の能力で対処できない不運まで自分の能力で対応しようとして、そして結局できないから、自分の能力の欠落だと思うようになってしまう。
 と、いうことなんじゃないか。
 こうした考えが正しいかどうかというより、ああ、俺、年取ったなあという思いともこれが呼応していた。
 私はこの夏、57歳になるのだが、「人生の失敗者」とかほざいていても、今日までそれなりに生きて来て、ここまではいちおう生存を達成した。
 達成の繰り返しから、「不運があってもなんとかやってきたじゃん、だから、まあ、これから人生そう長くもないけど、適当なとこまでなんとかやってけるんじゃね」という楽観みたいなものも持つようになった。
 それと、ここまで生きてみると、「ああ、不運というのは、純粋に不運だ」と素直に思えるようになった。これは他人の人生を見ていても思う。「ああ、あれはかわいそうだ、あれは不運すぎる」というのを随分、見た。
 人生ってなんじゃこりゃというくらい、不運の駒を背負ってこの世にやってくる人がいて、しかもその不運がなかなか他人から見えない類のものがある。人生とはそんなものなんで、成功した人がこうすれば成功できるとか言うと「嘘だろそれ」とかつい思う。
 この話にオチは特にない。
 みなさんはどうですか。とかね。でもしいていうなら、不運のときは、いろいろ理屈を考えるより、しばらく時が過ぎるのを待ったほうがいいんじゃねくらいは思う。
 暑いときは、水分補給をしてぐったりと休みましょうとか。
 

|

« [連絡]ALIS定例会特別企画 クラウドファンディング報告・講演会に出ます。 | トップページ | 佐世保女子高生殺害事件、雑感 »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

いいエントリですね。

残念ながら、例に挙げた格言は通りすがりの私の心には響きませんでした。私は「知識は力なり」(ベーコン)を心の支えに受験勉強に励み医師になりました。特に傑出した才能のない私にとっては勉強だけが力になるのだ、と毎日自分に言い聞かせていました。20年以上経った今も自分に言い聞かせることがあります。数多ある格言の中で「知識は力なり」だけが私にとって特別な輝きを放っています。

「知識は力なり」、どうでしょう。心に響きますか?響かないかも知れませんね。生い立ち、境遇、ものの見方考え方で自分に合った格言というのが自然に頭に残るのだと思います。格言を選択しているのは読み手の個々の人格なのでしょう。格言であっても、詩の一節であっても、何か心の奥底にロウソクのように大切な言葉を持っているというのは心強く、また人間らしいことだと思っています。

運についての格言で終わります。「人生を支配するのは幸運であって、英知ではない」(キケロ)

乱筆乱文失礼。このコメントは削除していただいて結構です。

投稿: anonymous | 2014.08.04 16:11

ノンフィクション作家のマイケル・ルイスも、プリンストン大の卒業式スピーチで

Don't be deceived by life's outcomes.
(人生の結果に騙されるな)

と言っていますよ。

マイケル・ルイス「幸運のクッキー」(日本語字幕)
http://www.youtube.com/watch?v=5-RrfSJo9lg

投稿: せいき | 2014.08.05 01:07

エントリ興味深く拝読致しました。自分も何かうまくいかないことがあると「自分がダメだからだなあ」と思い、反対に友人達が「誰々のせい」等と憤るのを見ると健全だな元気でいいなあ等と思う傾向があります。

私は今30代ですが、このことについては10年程前にぼんやりと気付きました。全てが自分のせいと思うのは、自分は周りの全てをコントロールできる、自分は頑張りさえすれば何でもできる力を持っていると信じているからで、それはある時期の子供が持つという全能感というものに近く、精神的な未熟さの表れなのではないかと。友人達はきちんと挑戦と挫折を経験し、自己の力の及ぶ範囲や社会との関係を学習して納得したために「自己由来」と「それ以外」を切り分ける能力を得ているのだ、と。

そう気付いてみても、今も自分の人生がダメなのは自分がダメだからだよねと思いながら日々過ごしてます。だから何というオチはないのですが、finalventさんのような人でも(根本は違う気もしますが)同じようなことを考えたことがあるのだなあと思い書いてみたくなりました。

(更に余談ですが、最近白内障を発症しまして、それを友人に告げると「かわいそう」と言われて驚きました。「かわいそうなの?」と訊くと「だってかわいそうじゃん」と。確かに、不摂生ゆえの白内障ではないようなので「自業自得ではない不運」なのかもしれませんが、自分では何故か「若くして白内障になるのは自分が自分であるからである」と感じていたので予想外の反応でした。同時に、何か救われたような気持ちにもなりました)

投稿: 白熊 | 2014.08.07 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人はなぜ不運を自分の能力の欠如だと思うのだろうか?:

« [連絡]ALIS定例会特別企画 クラウドファンディング報告・講演会に出ます。 | トップページ | 佐世保女子高生殺害事件、雑感 »