« アンネの日記破損事件は終了か? | トップページ | 塩村文夏都議会議員へのヤジ・セクハラ問題、雑感 »

2014.06.20

困ったちゃんの壁

 昨日のエントリーを書いた後、ぼんやりと、図書館に来る困った人のことを思っていた。
 これから暑くなる日々、図書館に行くと、涼を求める行儀の悪い老人をたくさん見るようになるので、いつからかそういうところには近づかなくなった。(もちろん、老人の熱中症対策として図書館が利用されることには賛成ですよ。)
 「行儀が悪い」というのは主観かもしれないけど、ソファー席を二つぶんどって裸足で半あぐらかいている中高年男性というのとか、ちょっと見るに耐えないというか、見るとこちらの精神にダメージが大きい。
 図書館のテーブルのあるところにバーっと新聞広げて見ている老人もよくいる。目が悪いのかもしれないなとは思う。が、その横にカバンのようなものをどかんと置いている人もいる。あれはさすがに人迷惑だと主観的に思うが、私はもう特に何も言わない。
 目の前で、図書館所蔵の本をびりびりと破いている人がいても、もう特に何も言わないかもしれない。
 そういえば、公共の席にカバンとか置いて、席取りしている人がいるのを見ても、いつからか何もしなくなった。
 いや、カバンとかだと泥棒に誤解されるのは嫌だから、以前も何もしなかったなと思い出す。
 でも以前は、ハンカチとか置いてあると、さりげなくどけて座ったりしたものだった。特に、どう考えてるわけでもない。
 すると、少なからぬ確率で、「そこ私が席取っていたんです」と苦情を言われる。怒られることもある。「はあ」と言って、私は、どく。請坐。Asseyez-vous. いやいや、そのころは中国語もフランス語も話せなかったな。
 それ以前は、「そういう権利はあなたにはないと思いますが」と言って相手を激怒させたこともあった。たびたび。
 いつからかそういうことはしない。
 こういうとなんだが、世の中の困ったちゃんには十分に関わる気がしない。
 だが……、もう一つ思うのだ、困ったちゃんは、たぶん、そういう私なんだろうな。m9(^Д^)プギャー
 きちんと考えると、公共的な席にハンカチ置いて、そこが権利の主張になるわけないのだが、それを暗黙の社会ルールだと思っている人にとっては、私はとても困った人なのだろう。
 ぎゅうぎゅうの満員電車ではほとんどないが、それなりに席がうまっている電車のなかでも、ぽつんと開いている席がある。ハンカチ発見。そこにハンカチとか置いてあると、誰も座らない。奇妙な暗黙の社会ルールだなあと思う。
 でも、私もそれがどうやらルールなんだから、守ってもいいかと思ようになった。あまり困った人に見られたくないとも思う。
 もうちょっと自分の思いを見つめてみると、でも、ちょっと違う。
 そういえば、ツイッターで言われたことがあるだが、私は日本社会に順応しすぎている、と。そうかもしれない。
 ちょっと違うかなとはも思っていたが、そういう違いは、言っても通じないので黙っていた。
 でも、どう違うのかというのをこの機に言ってみると、私を困ったちゃんと思っている人たちに、私はできるだけ関わりたくないなという心理かもしれない。
 悪く言うと、おバカな社会ルールに従っている人がいても、自分に特段に利害に関わるわけでもないなら、あまり関わりたくない、と。図書館のソファー席であぐら組んでるおっさんの裸の足は見たくないな、と。
 それでいいのだろうか、自分?
 言論とかいう以外でも、こういう公共性について、その場で何か市民として言うべきではないのか?
 よくわからない。
 ネットだとたまに、電車の中のベビーカーをどうする論争が起きる。迷惑だと思う人と、そういうふうに迷惑だという人が問題だという人で、それぞれ相手を困った人だと思っている。
 これ、お金があると解決できるのですよね。タクシー乗るとか。
 図書館の不作法な老人というのも、図書館に行かなければ見ないわけだし、本が読みたければ借りるんじゃなくて買えばいいわけだし。もっとも、図書館は無料貸本屋ではないんだけど。
 各種の公共の問題、経済学で「共有地の悲劇」というのは、プレミアムマネーで解決する。ということは、公共の問題ではなく、自分の問題として考えると、プレミアムマネーの換算ということなんだよな。

cover
バカの壁
(新潮新書)
 ブログなんかでも、無料で書いていると、わけのわからない罵倒を貰うことが多いんだが、これも一種の「共有地の悲劇」みたいなもんで、読んでもらいたい人のためには、ちょこっと有料化するというもありなんだろう。あるいはコメントを有料にしてよいコメントだったら、逆にお金を払うというのがよいんだろうな。
 話がなんか逸れてきたので、おしまい。
 
 

|

« アンネの日記破損事件は終了か? | トップページ | 塩村文夏都議会議員へのヤジ・セクハラ問題、雑感 »

「社会」カテゴリの記事

コメント

いつもブログ拝見させていただいています。
コメントをするのははじめてです。

私も日々の生活の中で困ったちゃんにはたくさん遭遇します。憤りを感じ注意をしたくなるレベルから些細なものまで様々です。
例えば、ショッピングモールの駐車場で明らかに健常者であるにもかかわらず障がい者スペースに車を停める家族連れや、喫煙スペースが設けられているのにも関わらずそれ以外の場所で喫煙をする中年・初老の男性たち。
これらの人たちには一言物申したくなりますが、躊躇し、結局何も言わずに通り過ぎます。なぜならそういった人たちは、いわゆる「地雷」であるからです。
私や私の周りの人間(「こちら側」とする)を基準に考えてしまうので、世間が狭いと誹りを受けそうですが、日々の暮らしの中で、自らすすんで法律や条例を破ったり、公共マナーに反することをする人はおりません。「こちら側」の人間の場合、たとえ一時的にルールを破ってしまったとしても、大抵は知らずにやってしまったうっかりレベルのもので、指摘を受けた際は逆切れなどすることもなく受け入れ、指摘をしてきた人には謝罪をしたり感謝を述べたりします。
一方困ったちゃん(「地雷」「あちら側の人」)は、そういった公共のルールやマナーよりも上位に「俺のルール」が存在しています。なので公共ルールの違反を指摘されても受け入れるどころかほぼ確実にキレます。既存の法律をはじめとした秩序というものをはなから認めず、あまつさえ見下したりしていますからね。
「こちら側」と「あちら側」では、議論の下地となる共通の前提がちがいますので、まったく噛み合わないのです。(噛み合わないというレベルで済めばよいのですが、しばしば身体的痛みを伴うコミュニケーションをしてくるので困ります。)
なので言ってもしょうがない人に言っても無駄どころか、不利益を被る公算が高いので、私はグッとこらえることにしています。

投稿: 通りすがりの者です。 | 2014.06.20 13:01

自転車の問題が、法律化したように、いずれ図書館とかの公共空間とか、議会場の空間とかも、変っていくんじゃないかな。日本人には、空間概念がないのかもしれない。対人の境界線。

アメリカ人は、おもしろい。目をあわせると、男だろうと女だろうと、ニコってする。犬もするから、おめーら、犬かと思いながらする。ただ、これは、本能的な境界線のあり方なので、オレは最優先しているけど。

とにかく、路上で顔を真赤にして歩きながら、つまり、酔っ払っていて、ついでに、コンビニで、でかい態度で、店側が呼んだ人を、最初警備員かと思ってたのが、警官だとなんとなくわかって、態度が急に変る人より、かわいいなぁとか、思うけど、図書館は。

あと、最近のネットは、刺青だと銭湯に入れないと、信じている人が多いけど、昔は、入っていた。ただ、一番湯みたいに、人が少ないときに入っていて、ま、迷惑がかからないなら、入れたんだと思う。そういう時間帯に限って、子供やら(オレ)、漏らしてしまうおじいさんとかいて・・・。

ただ、どうも、最近の方が、黒人は、バスの前の方では座れないみたいに、なっていくようなのが気がかりだな。

それと、老人だけじゃないけど、若い人もそうかな、指摘されると、怒りだす人が多くなってるかな。なんで、反抗しないとならないのだろうね。反抗的な人が多いね、ただ、素直にもすぐなってくれるから、いいけど、自分の場合。

投稿: | 2014.06.20 17:46

バカのひとつ覚えのコメントです。山本夏彦爺さんからもらった葉書に、'' 昔、言葉は天地を動かしたようですが、近ごろ動かさなくなったのは、タダだからで、誠にタダほどよくないものはありません” と書いてありました。

私はクリスチャンではありませんが、礼拝で賛美歌を歌うのが好きです。ミサの後には寄付をします。もつろん自分が天国に行けるとは露ほども思っていません。

投稿: September | 2014.06.21 09:21

前々から思ってたけど、そういう人に一対一で警告しても無駄じゃん。とはいえ私もせいぜい2年前ぐらいに気づいたんだけども。

言いたくなるのはわかるけど、雨の日ホームから傘を前に出しながら少し濡れて出るほど日々を洗練しておられる方が、そーいうのに関しては途端に鈍くなるよね。何の信念があるのか知らないけど、そういう選択肢を排除した上で対応の方法を検討しないのは何でなのかよくわからない。

そういう人はみんなに嫌われてるとわけだから、まあ、やりようがあるじゃないかとか考えません?善人だから?

投稿: rabi | 2014.06.21 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 困ったちゃんの壁:

« アンネの日記破損事件は終了か? | トップページ | 塩村文夏都議会議員へのヤジ・セクハラ問題、雑感 »