« とりあえず30日間ピンズラー方式で中国語を勉強してみた | トップページ | 「我愿意(我願意)」という歌 »

2014.04.01

ロシア政府はオバマ大統領個人を狙った特殊な制裁を発動した

 ウクライナ南部クリミアのロシア編入は国際法に違反しているとして、ブリュッセルで26日、米国と欧州連合(EU)は首脳会議を開催し、ロシアへのさらなる制裁を検討した。会議は共同声明として「エネルギー調達先の多用化を図り、ウクライナに隣接するEU加盟国による同国へのガス輸出を可能にするため、欧州のエネルギー安全保障の支援に向けた欧州と米国の協力を一段と進めることの重要性について意見が一致した」と発表した(参照)。
 共同声明からは具体的な制裁内容が読み取れない。これまでもプーチン大統領側近やロシア政府高官に対する資産凍結や渡航禁止などの制裁措置は取られていたので、これがさらに拡大されることは確実であるが、現実的な追加制裁は曖昧のままに留まった。
 弱いメッセージとなることを懸念してか、会議後オバマ米大統領は記者会見で、プーチン大統領が西側諸国を分断できると考えているなら大きな誤算であるとし、「ロシアが態度を改めなければ、同国の孤立は一層深まり、より厳しい制裁措置が発動される。これによりロシア経済にも影響がおよぶ」と述べた。だが、ここでも具体的な追加制裁への言及はなかった。
 今日のグローバル化した世界では、冷戦時代のような対立的な制裁は世界全体の経済停滞を招きかねない。制裁を科す側でも抑制が働く。翌27日には国連総会でクリミアの住民投票を無効とする決議が採決され可決されたが、中国やブラジル、インドなど有力な新興国を含む58か国が棄権に回った。そもそも決議自体が弱いものである。ロシアは名指しされてはいないし、法的拘束力もない。具体的な行動は伴わない。米国と軍事同盟を結んでいる日本ですら、もっとも弱い制裁しかロシアに科していない。
 ロシアもこうした西側諸国と国際世界の動向を見極めて対応している。国営ロシア通信(RIA)によると、ロシア外務省のアレクサンドル・ルカシェビッチ報道官は「当然、このような措置に対し対抗手段を講じないわけにはいかない。ロシア側も対抗措置を取った」と述べた(参照)。だがここでも実施した具体的な制裁については触れなかった。
 しかし西側世界では報道されていないものの、ロシア政府が実施した特異な制裁はすでにロシア社会では衆知となっている。この制裁にはロシアの民間の力も借りているからだ。どのようなものか。
 米国、特にオバマ大統領個人を標的とした、非常に強力な制裁である。ピンポイント攻撃と言ってもよい。オバマ大統領にウォッカを禁じるという制裁である(参照)。
 なぜこのような特異な制裁をロシア政府が実施できたのか。裏には、ロシアに事実上亡命した米中央情報局(CIA)元職員のスノーデン容疑者が所持していた機密資料の存在がある。この資料からロシアの情報機関は、オバマ大統領の個人的な弱点として、彼がロシア人に匹敵するウォッカ愛好家であり、毎晩ウォッカを煽っていることを割り出していた。そこから、ウォッカを失ったオバマ大統領が早晩、禁断症状に陥り、ロシアに屈すると見られた。

 なぜウオッカ禁止といった制裁が可能なのか、疑問を持つ人もいるかもしれない。これにはあまり知られていない背景がある。純正ウォッカはその化学的な特性にロシアの国家機密が関連しているが、通常、西側諸国で販売されているウォッカとして称している蒸留酒は単に純度の高いアルコールに過ぎない。
 オバマ大統領がそれなくしては激務に耐えられないウォッカは、ロシア国家が厳密に管理している純正品である。このウオッカにはソ連時代の化学技術によって特定のアルコール分子にロシア精神(スピリッツ)を刻印する独自の製法を経て作成され、独自のロシア人ルートでのみ販売されている。
 今回、この販売関与する民間シンジケートがロシア政府支持に回ったため、オバマ大領へのウォッカ禁止が可能になった。ただし、ホワイトハウスにはかつて、エリツィン大統領が寄贈した純正ウォッカが2本ほど残っていると見られ、現実的にオバマ大統領のウォッカ禁断症状が表面化するのは二週間後と推測されている。
 当初この制裁の公開を望まなかったロシア政府だが、ホワイトハウスが非正規ルートからの純正ウォッカを入手することを阻むために民間有志の支援を得たことの余波として、反オバマ大統領のアピールがロシア社会に自然な形で浸透してきている。

 いかにもロシアらしい巧妙な反撃制裁だが、このオバマ大統領個人を狙ったウォッカ禁止措置が裏目に出る可能性もあると国際政治学者イヤン・ブルマー氏は指摘する。「このロシア制裁が発揮するのは、純正ウォッカによるロシア人のジョークが通じている場合に限るのであって、オバマ米国大統領からジョークのスピリッツを奪ったら、禁酒のブッシュ前米国大統領のように洒落の通じない軍事行動に踏み出すかもしれない」と彼は懸念している。

関連記事
【2013年】北朝鮮が最大級の軍事機密を公開した(参照
【2012年】最近の猫の跳躍傾向について(参照
【2011年】安価な男性用ピルの登場で世界が大きく変わる(参照
 
 

|

« とりあえず30日間ピンズラー方式で中国語を勉強してみた | トップページ | 「我愿意(我願意)」という歌 »

「雑記」カテゴリの記事

コメント

オイオイオイオイオイオイw(#・∀・)⊃

投稿: 昨日な世界 | 2014.04.01 09:53

久しぶりにコメントします。エイプリルフールにしては、もっとありえそうに無い事が現実になった方が面白いような気がします。

投稿: Hiro | 2014.04.01 20:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア政府はオバマ大統領個人を狙った特殊な制裁を発動した:

« とりあえず30日間ピンズラー方式で中国語を勉強してみた | トップページ | 「我愿意(我願意)」という歌 »