« ピンズラー方式による120日間のフランス語の学習、終了 | トップページ | [書評]舛添要一の6カ国語勉強法 - 体験に裏づけられた上達への近道(舛添要一) »

2014.01.30

首都の長を決める選挙が話題である、とか言って、パリの話な

 首都の長を決める選挙が話題である、とか言って、パリの話な。
 フランス語の勉強していると教材によくパリが出てくる。そりゃフランスの首都だし、花の都・パリである(だったか)。もちろん、他にもフランスの都市は出てくる。エクソンプロバンス(Aix-en-Provence)とか。まあ、でもパリだ。世界的にも有名な都市だ。人口はどのくらいかなと、ちょっと、パリと人口というキーワードでググったら、いきなり「221.1万 (2008年)」と出て来た。
 じゃあ、東京と人口だとどうかな。1323万 (2013年4月1日)と出て来たぞ。グーグル先生のおっしゃることだから、これであっているのかどうかよくわからないが、まあ、そんなもんじゃなかろうか。
 ということは、人口で見るとパリって東京の六分の一なんだ。なーんだ、パリ、そんなに小さいのか。いや、そう言ったもんでもないが、逆に東京がでかすぎるんだろうな。ついでにニューヨークの人口はというと、833.7万 (2012年)。さすが、ニューヨークだ。東京の半分以上はあるじゃないか。いや、そんな話じゃないぞ。
 パリ市の首長選挙がこの3月9日と16日に実施される。
 どうなるか。
 現時点で、すでに決まっていることがある。次のパリ市の市長は、女性であるということだ。
 40歳のナタリー・コシウスコモリゼ(Nathalie Kosciusko-Morizet)か、54歳のアンヌ・イダルゴ(Anne Hidalgo)。写真は左がナタリー、右がアンヌ。

 右派と左派に別れている。どっちがどっちでしょ。
 ナタリーが右派、国民運動連合(UMP)。サルコジ前大統領の下で閣僚としてエコロジー・持続的開発・運輸・住宅相を勤めていた。
 アンヌは、社会党(SP)。12年間パリ市長を務めた現ドラノエ市長の第一助役である。
 ごく簡単にいうと、パリ市の左派政権からサルコジ流の右派政権になるか、ということ。これまで12年間の左派的行政の審判の意味合いもある。
 まあ、なんというか、彼我の差はここに極まるの感はあるなあ。
 東京の首長選と比べて見ろよ、である。
 まず、東京知事選挙の候補者に、女性、いる? 私の見落としだろうか。いないよね。
 次に、東京都知事選挙の候補者の年齢は、どうよ? 16人の候補者の平均年齢は66.9歳。なんだ、それ。80代が3人、70代が3人、60代が7人、50代が2人、30代が1人。これってクールジャパンですか(寒っ)。
 どうしてこうなっちゃったんだろうか、東京。
 右派、ということでいうと、UMPは極右ではないけど、まあ、右派。で、その右派政党がパリ市の市長に推してきたのが、このナタリーですよ。これが、おフランスの右派ですよ。
 どうなんだよ、日本の右派。このくらいの若い女性の政治家を出してこいよってちょっと思うのだけど。いや、若ければいいとは言わないけど、若い層の女性の政治家をきちんと育成して、大きな選挙に出せるくらいの政党になってこそ、右派だと思うのだけど。
 
 

|

« ピンズラー方式による120日間のフランス語の学習、終了 | トップページ | [書評]舛添要一の6カ国語勉強法 - 体験に裏づけられた上達への近道(舛添要一) »

「時事」カテゴリの記事

コメント

女だ!女だ!若いぞ!若いぞ!って右派までが同じレベルで言い出したら最後だわ
パリの結果がもう分かった気がするぞ
でも
リーダーを育て上げろと言うとこは賛成だけど…自由な環境で日本人のリーダーは育たないな
仕方ないから憎まれ役になりますがね

投稿: | 2014.01.30 20:40

パリ20区といっていわゆる昔の城壁内、もちろん色々な変遷を経て今はとてもそうとは言えないけれども、その地域の人口は200万。ちなみに、面積も東京23区よりはるかに狭い。
でも、パリ市が重要なのは、東京都知事かそれよりはるかに権限が集中しているのと、市長と国家の要職、例えば首相と兼任可能なことです。この当りの感覚はかつての絶対王政による行政システムの集中が未だに取れていないということでしょう。
例えば、フランスで名のある大学を卒業したエリート(文字通りフランスで一流大学を卒業した人間はエリート街道に乗ることになります)は、地方に赴任することはエリートコースからの脱落を意味することになりますので大変いやがります。
ここで、この二人の経歴を見ると、
ナタリー・コシウスコモリゼはパリ工業大学出身のいわゆるエリート街道を進んできた人間、かたやアンヌ・イダルゴはフランコ独裁政権から逃れてきたスペイン左派の両親から生まれ、若くから行政機関に入ったたたき上げの人間。
こういう人間たちが今の日本にいますかね。

投稿: F.Nakajima | 2014.01.30 23:43

私は割とマジで壇密さんが出馬すればよかったのにと思いました。

投稿: traceraser | 2014.02.02 01:08

叩き上げと言えば聞こえは良いが結局は単なる天下りでしかないわな

左派なら叩き上げ
他は天下りとな?
なんだかなぁ~
女だ若いとか…もう選挙なんてやめちまえよ

投稿: | 2014.02.09 18:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/59038232

この記事へのトラックバック一覧です: 首都の長を決める選挙が話題である、とか言って、パリの話な:

« ピンズラー方式による120日間のフランス語の学習、終了 | トップページ | [書評]舛添要一の6カ国語勉強法 - 体験に裏づけられた上達への近道(舛添要一) »