« 就職活動には黒服を着るというのでびっくりこいた | トップページ | 首都の長を決める選挙が話題である、とか言って、パリの話な »

2014.01.28

ピンズラー方式による120日間のフランス語の学習、終了

 終わった。ピンズラー方式で学ぶフランス語のフェーズ4が今日終わった。一つのフェースが30日。これが4まである。つまり、120日間。休日もクリスマスも正月も休まずにぶっ通しで続けた。もうどこでくじけるかと自分を不安にも思ったが、けっこう食いしばった。やればできるもんだった。56歳。受験勉強みたいな勉強もまだやればできそうな気がした。そしてこの間、ブログを書くことよりもフランス語の学習を優先した。

cover
French IV,
Comprehensive
 食いしばったというのは難しかったからかというと、そう。特にフェーズ4に入ってからは難しい山がなんどかあった。一回のレッスンはすらっと終えれば30分なんだが、最初のリスニングが、残り15日ぐらいなると、さっぱりわからんという事態もあり、何度も何度も聞いた。不思議に何度も聞いていると、合理的に作成された教材でもあり、わかってくる。もう、だから、これは絶対にある水準まではわかるはずだと信じて繰り返し聞いた。
 ピンズラー方式の外国語学習はフェーズ3までで基本が終わるようになっているらしいから、フェーズ4が難しく思えるのも当然かもしれない。ただ、フランス語検定とかで見るなら、このレベルでも上級ということでもないだろうが。
 フェーズ4の難しさは当初、速度にあると思った。文法事項はフェーズ3でだいたい終わる。なので、フェーズ4からは自然な会話速度、そして語彙力も主眼かとも思えた。が、速度もだし、語彙もだが、けっこう文法もきつかった。
 接続法をけっこうこってりやった。接続法なんて難しいのはどうでもいいと当初思っていたのだが、けっこう日常会話にもあることがわかってきた。なによりシャンソンの歌詞を見ていると、なるほど接続法は多いものだなあと思う。
 フェーズ4終了後の達成はどのくらいだったかというと、正直に言って、これでフランス・ドゥーが聞き取れるというレベルには遙かに遠い。新聞とかだと、もとから単語は英語と被っているから大意くらいはつかめるようになった。
 それでも、耳で学んだフランス語の割には優しいフランス語も読めるようになったし、シャンソンの歌詞を見ても、注釈付き合わせて意味がわかるようになった。
 なんとか喋ろうと思えば、片言で通じるくらいには喋れそうにも思える。ピンズラー方式の特徴なのだろうと思うが、とにかく実用的な言語能力が付くようにレッスンが構成されているという実感はある。
 フェーズ3終わったときは、やったあという達成感の嬉しさみたいのがあったが、フェーズ4を終えると、率直なところ、路頭に立たされるような不安があった。この先のフランス語の勉強は、自分でやってくしかないんだなあという感じである。できるだろうか。このあたりで、少し立ち止まるべきだろうか。なにより読む・書くという訓練はほとんどやっていない。それでも、なんとなく読めるようにもなるんで不思議なものだ。
 ピンズラーの教材でエンディングになにかメッセージでもあるかと期待したが、じゃあ、今度は何か別の言語を学びましょうみたいなことを言っていただけだった。それもそうかもしれない。中国語も学びたいようには思う。ピンズラー方式で英語を通して中国を学ぶというのも楽しそうだ。なお、ピンズラーのフェーズ5もこの夏以降には出るみたいなので、出るようなら使ってみたい。
 ピンズラー方式が語学学習に最適であるかはわからないが、どの外国語でも、合理的な教材で一日に一時間を割いて三か月くらいすれば、そこそこ身につくものだろうという実感はついた。言語というのはこうして学ぶのがよいのだろうなという、勘所も理解できたように思う。特にフェーズ4に入ってからは、まるで映画の役者になったような会話の設定のなかに入る。なるほど言語を有機的に学ぶというピンズラー方式の本質はこれかと、よく理解できた。この会話や話題の設定はフランス文化を学ぶ点でもかなり面白かった。

A few of the topics included in French Level IV
  • Business: Traveling for business, attending a conference, booking and canceling train tickets, looking for and buying a house in France.
  • Personal life: Discussing where you’ve lived, what you enjoy, going through hard times, marriage and divorce, raising teenagers, missing loved ones, moving.
  • Activities: Reading, hiking, gardening, skiing, going to the theater, watching TV, walking around, doing home renovations.
  • Shopping: trying on and buying various items of clothing, asking for colors and sizes, buying gifts and souvenirs, going to the open-air and the flea market, haggling over prices, negotiating a discount, discussing shipping options.
  • Vacationing: going to the beach or swimming pool, sampling foods, preparing a picnic, boating, dealing with crowds.
  • Dealing with Unforeseen Events: feeling ill, calling a doctor, losing or forgetting personal items, being caught in a strike, witnessing a crime,falling in love.
  • The French Character: Learn to think like a French person, using irony and sarcasm, making huffing sounds, showing nonchalance and disinterest, and expressing nostalgia and fatalism.

 フランス語を勉強した副産物も自分にとっては大きい。今までわからなかった英語の部分が以前よりわかるようになった。それと、文学にまざっているフランス語もわかるようになった。今日、cakesに山本夏彦『無想庵物語』の書評の一回目を公開したが(参照)、そこに含まれているフランス語や、無想庵自身のフランス語なども普通に理解できた。今まではこうした部分はさっと読み飛ばしていたものだった。
 
 

|

« 就職活動には黒服を着るというのでびっくりこいた | トップページ | 首都の長を決める選挙が話題である、とか言って、パリの話な »

「学習」カテゴリの記事

コメント

本当に、ドイツ語やフランス語を勉強すると、英語の今まで見えなかった特徴がよく見えてきますよね。ドイツ語を勉強してみてそう思いました。そして、英語という言語が、きわめて修得する上で難解で困難な言語であることも再確認できます。

final先生は、ギリシャ語やヘブライ語もご存知でしょうから、ヨーロッパ言語は、スラブ系やケルト系の言語も含めて、幅広い見識をお持ちだと思います。

モンゴル語やトルコ語が、思いの外日本語や韓国語に似ているとかいうことなので、多少関心を持っています。

ベトナム語は、声調の問題があって、日本人には厄介です。韓国語とベトナム語については、早急に両政府に漢字表記復活に取り組んでもらいたいと思っています。

投稿: enneagram | 2014.01.30 04:35

初めまして。外国語学習が大好きで、ピンズラーの記事を興味深く拝読いたしました。私もさっそくAmazonでスペイン語の最初の一週間だかの分を購入し聴いてみました。あれこれ迷わずとにかくこれを30分という手軽さと、スポーツのように体得出来る感じが気に入りました。そこで、コースを終えられたということで質問なのですが、NHKのラジオ講座と比べるとレベルはいかがでしょうか。瞬発力という点ではピンズラーが遥かに優れていると思いますが。ご教示いただければ幸いです。

投稿: 敦子 | 2014.02.02 11:09

敦子さんへ。ピンズラーのフェーズ4まで終わって、なんとなく淋しい思いがして、NHK「まいにちフランス語」も除いてみました。というか、買って続けようかなと思っています。レベル的には、NHKラジオ講座のレベルは、フェーズ2くらいでなんとかなりそうです。つまり、初歩の1年分くらいは、ピンズラーの2か月ぐらいではないかと思います。

投稿: finalvent | 2014.02.03 22:46

若い頃ドイツに暮らして,リバースカルチャーショックに少しまいっていたとき、山本夏彦の文章に出会って強く惹かれました。言葉ひとつひとつに無駄がなくて磨かれて突き抜けていました。最初に眼にしたのは週刊新潮のコラムだったと思います。向こうから眼に飛び込んできました。それからあらゆる山本夏彦を読んで虎ノ門にファンレターを書いて、2重封筒に入った室内と飛び跳ねた文字のお返事葉書頂きました。無想庵の書評が読みたくてとうとうCakes購読申し込みました。

投稿: September | 2014.02.04 13:17

ご投稿に刺激されて、ピンズラーを購入し、フランス語の学習をはじめております。北村亜矢子氏の上智大学 一般外国語教育センターでの講義「フランス語発音・語彙強化クラス1」映像がOCWの一環で公開されておりました。http://ocw.cc.sophia.ac.jp/12SSGLFR9030/ あるいはご関心をもたれるだろうかと思い、お知らせいたします。

投稿: MT | 2014.07.06 16:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/59027628

この記事へのトラックバック一覧です: ピンズラー方式による120日間のフランス語の学習、終了:

« 就職活動には黒服を着るというのでびっくりこいた | トップページ | 首都の長を決める選挙が話題である、とか言って、パリの話な »