« 2013年7月7日 - 2013年7月13日 | トップページ | 2013年7月21日 - 2013年7月27日 »

2013.07.15

[書評]きっとすべてがうまくいく 甘詰留太短編集(甘詰留太)

 2ちゃんねるのまとめサイトに先日、それほど面白いネタではないけど、ちょっと気になるネタがあった。「お前らのテンションがすげぇ上がりそうな画像見つけたwwww」(参照)である。該当画像を見れば、ネタの趣旨はわかる。

 40歳男の空しさというのは、55歳の私にしてみると、もう遠く過ぎ去ったことではある。正確に言うと自分がそういう気分になったのは40歳ではない。35歳くらいころのこと。その手の話やその後のことは自著『考える生き方』(参照)に書いたのでブログには書かない。ついでだけど「俺は少子化に加担していた」ということもないこともその本に書いた。
 なんであれ、この漫画の男に、かつての「お前は俺か」感はあった。絵の雰囲気から察するに、まだ物語は始まっていない印象がある。ではこの男の物語はどういう展開になるのだろうか。気になった。
 が、いかんせん、何の漫画かわからない。掲載されていたサイトにも情報はなかったように思う。アフィリエイトかなんかで情報があるかと見づらいサイトを見回してみたが、わからなかった。

cover
リニューアル+α版
甘詰留太短編集
きっとすべてがうまくいく
(ジェッツコミックス)
 ツイッターで聞いてみた。即座に教えて貰えた。ありがとう。それは『きっとすべてがうまくいく 甘詰留太短編集』(参照)らしい。
 アマゾンで表紙を見ると、先の男と思われる男の立ち姿に若い女がしなだれている。そういう展開になるのだろうな。というのと、そういう展開になる男の心理というのにも関心をもった。
 男は40歳、女は20歳くらいだろうか。であれば、それほど珍しことでもない。でも、それなりに若い女の思いや、年食った男の思いには、恋愛や結婚というものに関して微妙な陰影があるものだ。それは文学としては安易な構図でもあるから、実際に作品にするのは難しい。うまくいったのは川崎長太郎くらいではないか。
cover
甘詰留太短編集
きっとすべてがうまくいく
(ジェッツコミックス)
 絵の出典がわかると同時に、というか、この漫画はなんだろうか、ということでも気がついたのだが、「リニューアル+α版」である。リニューされていない版が存在する(参照)。リニュー版の表紙とは大きく異なり、この表紙はもろにエロを狙っている。これも後でわかったのだが、リニュー版ではこのエロ絵は口絵になっている。リニューに際して、短編集の表題作でもある、さえない40歳男の物語を前面に出したのだろう。あるいは、このほうがエロい物語の予感があるだろうか。
 その後わかったのだが、作者、甘詰留太は、エロ、とまで言えるかジャンルの特定がわからないが(18禁ではなさそう)、エロっぽい漫画では著名人であるようだ。先の2ちゃんねるのネタでスレが延びてないのも、「甘詰だろ、読んだよ」感がすでにあったのだろう。
 物語はどうだったか。その前に、先のページの見開きになる前ページはこうだった。

 母親から結婚を望まれているが、「教授になるメドもないんでしょアンタ!」とある。想像がつくように、彼は「助教授」である。「助教授」という言い方はもう時代遅れの感もあるが、それでも講師ではない。40歳でそれなりに学者として生計が立つわけだから、自分を「何かをするには歳をとりすぎて」というほどでもないだろう。2ちゃんでネタにした人もそのあたりを汲んでこのページは削除したのだろう。
 ネタバレというほどでもないが、この男が40歳の助教授であれば、院生とかの若い女が付いてくるというのは、よくあることだ。個人名を挙げるとなんだが、ネットで話題の彼や彼なども20歳も年下の奥さんをもっている。知的な中年男の知性に惹かれてしまう若い女というのはそれなりにいるものだ。渋江抽斎の妻・五百などもその部類かもしれない。
 しかしこのありがちな設定が物語の欠点と言うわけでもない。むしろ学者さんにありがちな若い嫁というフツーな設定は、あえてなされている。別の設定だと恋愛に別の要素がいろいろ混じる。
 短編作品「きっとすべてがうまくいく」は前編後編に分かれているが、先の絵に続く前編の部分を読んでみてもそれほど面白い物語ではなかった。女がなぜ中年男に惹かれたかという部分は、ありがちに知的な感性に惹かれたようだし、作品はある程度エロを志向せざるをえないので女の姿や表情の描写がまさっている。それでもどこかしら作者の、男と女によせる微妙な視線と展開が心にひっかかる。恋愛をするという感覚のある微妙で滑稽な感覚は描かれている。
 後編はもう少し、男女の内面に入り込む。ひとり暮らしが長い男は、それなりに生活に安定があり、その安定が恋愛の感情を阻む。そうなのだ。30半ばをすぎて、俺みたいなやつがもう恋愛なんかするわけねーよ、たはは、という入り組んだ自虐感より、恋愛でその生活が不安定にされることへの奇妙な怖れのほうが強い。まあ、これは、私などが思うところではだな、どっかんとちゃぶ台返しをするしかないものなんだけど、この物語はそうはぜずに、それなりに予想された恋愛ドラマに仕立ててハッピーエンドとしている。違和感は残る。特に、発表媒体とかの制約もあるのだろうけど、セックスシーンは事後がさらっと描かれているだけだが、現実にはそういうものでもない。40歳の男には、心の傷になっている女が二、三人はいるだろうし、20歳の女であれ(この作品では院生なので最低でも22歳)、男についての遍歴はあるものだ。あー、まー、ちょっと自分の思い入れが勝ち過ぎてしまったな。ついでに言うと、この40歳の男のキャラ設定はちょっと無理がある。40歳は実は年齢の葛藤があってももっと内面的に若い。この男のキャラだと50歳くらいが相当だろう。50歳の男と24歳の女というくらいに見える。
 このリニュー版+α版の「+α」は、前回の短編集に加え、作者インタビューと自作品解題、さらに読者サービス的に蛇足的エピローグが付いていることだ。それらを読むと、この「きっとすべてがうまくいく」は編集者からのお題だったらしく、後半に際しては作者も編集者づてであろう、そういうカップルと面談してネタを探したらしい。作者としての思い入れはあまりない作品だったようだ。また、作者もこれは30代前半で描いたらしく、執筆時点では、実際に歳喰った男への共感はまだそれほどなかったのだろう。
 短編集としてみると、他に5作含まれている。どれもそれなりに面白いとはいえるし、エロというニーズに配慮しつつも、普通に文学的な感性に接近した本質をもっている。その意味で上質な短編集である。表題作はおっさんがテーマになっているが、全体として見れば、当時の作者の年代、30代前半くらいの感性が描かれている。ただし、この30代前半の感性は現代の30代前半とはもう微妙に違っているだろう。そこを補正するなら、現在40歳の男が読めばけっこう普通に文学的な感興があるだろう。
 この短編集しか私は読んだことがないが、この作者の本質はよい意味でオナニストというものだろうと思った。オナニストというとヤフー質問の回答みたいに思われがちだが(参照)そういうものでもない。どう違うのかというと、このあたりでさすがに55歳の私ですら口ごもるのだが、男のエロス感性のとても基本的な何かだ(女にもたまにそういう感性を持つ人がいるが)。
 この作品集では「ふたりでもひとりでもエッチ」にオナニストの本質がよく表現されている。美人妻をもつ男がオナニーにふける物語である。振り返ってみると、この作品が短編集では一番優れているかもしれない。「ぼくの○○ペット」はその学生版というか、未婚者のオナニー幻想の核のようなものを虚構で描いている。宇宙人設定のロリっぽい話である「星の王女さま♡」も、オナニー幻想と言ってよいだろう。これが「+α」で洒落た展開になっているのは楽しめる。
 「あ行のプロ!」は、エロゲームの声優を描いた作品で、作者は声優取材をしてきっちり描き込んでいるため、普通にドラマとなっている。実写にしても普通に面白いだろうと思うが、ちょっと爽やかすぎる。
 個人的に一番好きだったのは「雨の日はカレー」という作品だった。英国文学とかあるいは映画とかに元ネタがあるのだろうか。個人的にはタンザニアのザンジバル島のような印象をもった。
 ジョナサンという少年は年長のハサンという男を尊敬していた。ハサンは国を出て活躍し、少年はハサンが帰るための海辺の家を守っている。そこに、ハサンの恋人と見られる、おそらくインド人であろうサラという女がやってくる。
 サラとジョナサンの恋の物語と言えるし、それほど入り組んだストーリーではないのだが、南国の女の肉体に溺れていく感じがぐっとくる作品である。短編なのできれいに仕上がっているが、もう少し伸ばして、ホモシーンとかサラのえぐいシーンとかまぜて中編に仕上げたらもっと面白いだろうなと思った。
 以上、こうした機会でもなけば読まなかったタイプの作品であり、おそらく甘詰留太の主要な作品のほうは今後も読まないような気がするが、この短編集は興味深い作品であり、興味がもてる作家だった。彼は、何かの転機で、けっこう国際的に評価される水準の作品を生み出しそうな気もする。感性の基本は意外と日本的ではないように思えた。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.07.14

[書評」老けない筋トレ(山本ケイイチ)ほか筋トレ関連の本

 筋トレを再開して1か月。以前もなんどかやっては挫折している。たいていは病気や発作とかで中断してしまうとなかなか再開できずにいる、というのがある。今回もどこまで続くやら。でも、猛暑の前に体力作っておこうと思ったら、もう猛暑ですよ。もうもう。
 今回の筋トレ再開でいろいろわかったことがある。というか、以前は一定の筋力が維持できればいいやと思っていたし、そのレベルでは順調だったこともあるのだけど、今回はもうちょっと組織的に取り組んでみた。先日、『ライフ・プラン: どんな男性でも健康を維持し、セックスを楽しみ、強くしまった体が持てる』(参照)の話を書いたのもその一環。他にもいろいろ読んでみた。

cover
ジムに通う前に
読む本
スポーツ科学からみた
トレーニング
 『ジムに通う前に読む本―スポーツ科学からみたトレーニング (ブルーバックス)』(参照)は、その表題どおり、ジムに行く前に知っておくとよいことが書かれている。ジムといっても筋トレに限らず、ストレッチング、ウォーキング、ランニング、エアロビクス、水中トレーニング、ピラティス、ヨガなど多岐に亘っている。どれも的確にまとまっているという感じがした。筋トレ関係では、こんなあたりが重要点だと思った。引用ではない。

  • 筋トレと有酸素運動をするなら、筋トレが先で、その後、有酸素運動。
  • 筋トレ大きな筋肉から小さな筋肉への順で行う。
  • 筋トレは適切な負荷が大切。「これなら10回は反復できるという負荷」をかけて休息し、それから「10回はできない」という負荷を割り出す。例えば、40kgのバーベルを8回しか扱えないなら、IRM(repetition maximum:最大筋力)は、40÷0.8で50kgになる。
  • 筋トレでは、IRM70%以上が必要。持久力アップなら60%から70%。
  • 筋肉を増やす「超回復」は、初心者だと2、3週間かかることもあり、最初は注意。
  • 通常、超回復は2日、最終的には3、4日かかる。
  • 筋トレで筋肉が増えるのは2か月移行。それまでの2か月間は抑制がかかる。初心者なら筋トレの効果がでるのは3か月後。
  • 初心者のレベルを終えたら筋トレにはバリエーションを。または分割してトレーニングを。

 考えてみたらこれまでの筋トレは、ブルワーカーやチューブ、自重(自分の体重)とかで、IRMはあまり意識していなかったなと思う。そこで今回の筋トレでは、IRMを意識しようと思った。が、これ、けっこう大変だった。ダンベルにしても細かく重さの調節をしないといけない。さてどうするか。
cover
効く筋トレ・効かない筋トレ
体脂肪を落とす・
締まったカラダをつくる
(PHPビジュアル実用BOOKS)
 効果的な筋トレはなんだろうか、と思って読んだのが『効く筋トレ・効かない筋トレ―体脂肪を落とす・締まったカラダをつくる (PHPビジュアル実用BOOKS)』(参照)。まさに実用書という感じのつくり。自分にとって大切だったのは、こんなあたり。

  • 筋肉を増やす筋肥大は、筋肉を引き延ばす(エキセントリック収縮)による筋損傷で起きる。ダンベルなら上げるよりも降ろすときに起きる。例えば、上げる動作は1から2秒で、降ろす動作は2秒じっくり行う。
  • スロートレーニングや加圧トレーニングなどで、筋肉を低酸素状態にすると筋肥大しやすい。
  • 有酸素運動では基礎代謝は向上しないが、筋トレだと向上する。
  • 「超回復」で筋肉の増加がすべて説明がつくわけではない。
  • 筋トレには3つのポイントがある。(1)体幹周辺の大筋群種目を優先する、(2)多関節を動かす種目を入れる、(3)全身にバランスよく行う。
  • 筋トレは、IRMを考慮して8から10の反復が限界の負荷で行う。10回やって余力があれば足りない。回数より限界が重要。
  • 初心者は1種目を2から3セットまでにする。
  • セットのインターバルは、1から3分くらいとる。小さい筋肉なら1分、大きい筋肉なら3分。
  • 筋トレは、1週間に2から3回程度にする。筋肉を休ませることも大切。スプリットルーティン(部位を日で分ける)も検討してよい。
  • マシントレーニングでは筋損傷が起きにくい(効果が低い)。フリーウェイトがよいが難しいが、初心者には向かない。
  • 動作はストリクトに行う。チートしない。
  • 動作範囲はフルレンジにする。
  • 関節の動きをよく知ること

 チートは「ずる」ということだが、普通の意味とはちょっと違う。たとえば、ダンベルを持ち上げるときでも、鍛える対象以外の筋肉を使ってしまうことを指す。私は自著でも書いたが、フェルデンクライス・メソッドというのを長くやっていた。効果的に身体を動かす訓練で、これは筋トレ的にはチートの訓練だったわけだ。筋トレでは、あれと逆になるのかと今回考えさせられた。
 このムックではマシントレーニングはあまり勧めていないが、私のように自然にチートしてしまう人だと、マシンのほうが有益かなと思った。
cover
5つのコツでカラダが変わる!
筋力トレーニング・メソッド
 もう一冊似たようなムック『5つのコツでカラダが変わる! 筋力トレーニング・メソッド』(参照)も読んだ。こちらは、表題どおり5つのコツがポイント。

5つのコツ


  1. 対象となる筋肉の特性――どこにあるか、どう動くか――を知る。
  2. どの動きでも体幹(コア)を意識する
  3. トルク(関節を回す力)を最適にする
  4. 筋肉の動作の方向を意識する。動作で筋肉を選ぶ。
  5. 一定速度で負荷をかける。急がない。


筋肉を大きくする5つのメカニズム


  1. メカニカルストレス(適切な負荷)
  2. 筋繊維の損傷と再生(適度な筋肉痛)
  3. 代謝環境を整える
  4. 低酸素状態
  5. 成長因子を考慮(60秒休みで3セット)


 このあたりで、筋トレってけっこう難しいものだなとようやく思うようになる。ただし自分の場合は、それほどムキムキになるつもりもないのでとも思う。

cover
やってはいけない筋トレ
(青春新書)
 混乱するだけかもしれないが、ちょっと別の視点の筋トレ本も読んでみるかなと思って選んだのが、新書の『やってはいけない筋トレ (青春新書インテリジェンス)』(参照)。さらっと気軽に筋トレの全体像を見直そうと思って読んだのだけど、こういうのもなんだけど意外に良書だった。気になったのは次の点。

  • 腹筋が見えるのは体脂肪が10%以下になってから。つまり、腹筋は体脂肪がなければ見えるものだ。
  • 血糖値を保たないと筋肉が分解される(異化作用)なので、一定の糖分も大切になる。
  • 1セットで使われる筋肉は30%ほどなので、まんべんなく筋肉を使うなら3セットが大切。
  • エネルギー消費の点からすると、体幹よりも下半身・大腿筋が大切。
  • 腕立て伏せの自重では、膝をつけて制御するとよい。
  • 筋トレ効果が出るのが8週目以降なのは、脳がそれまでは筋トレに調整されないから。
  • 筋トレの基本は一関節で一筋肉を動かすこと。

 他の本と思想が違う点もあるが、読んでいるとけっこう説得力がある。逆にいうと、細かいところで混乱は増えた。でも自分は初心者なのでそれほど詳細が重要ということはないだろうと思うことにした。
 自分としては、チートが身につきすぎているので、筋肉をストリクトに適切に動かすのには、やはりマシンが適切だろうというのが現状の結論。

cover
老けない筋トレ
 そして、55歳の私としては『老けない筋トレ』(参照)。ということなのだが、この本、読んでみると、だいたい40歳くらいがターゲットのようだ。考えてみたら「老けない」を意識するのはその年代かもしれない。
 この本だが、こないだの『ライフ・プラン: どんな男性でも健康を維持し、セックスを楽しみ、強くしまった体が持てる』でも思ったのだけど、筋トレに特化せず、柔軟や有酸素運動もバランスよくプログラムしている。
 半面、プログラムはかなりきっちりと3ステージに分かれていて、なるほどこれがベスト・ソリューションなんだろうなとは思うし、ちょっと見た目は難しくはないのだけど、現実にこのステージをこなしていくのは、ほぼ無理なんじゃないかとも思った。
 ステージというのは、たとえば、最初の1か月に当たるステージ1であればまだ筋トレに入らず、ウォーキングなど有酸素運動やストレッチが中心。それから2週目のステージ2で自重系の1か月に入る。これはなんとなく学校時代のトレーニングっぽい。それからいわゆる筋トレのステージ3に入る。ようやく筋トレ。道は意外に長く厳しい。
 というか、私はこれ、参考にはするけど、これにそってすることはないなあとも思った。そういう我流がいけないのかもしれない。
 それでもこうした本を読んでみて、筋トレだからって有酸素運動は疎かにはできないというのは、この1か月の筋トレでもわかった。前からやっている水泳とエリプティカルというマシンも使うようにした。
 かくして1か月。
 どうなったか。
 各種入門書が言うように、筋肉への効果は弱いように思う、というか、あのレベルで筋肉が増えるわけないよな。
 そもそも筋トレをしようと思ってきたのは、55歳なんだから当然なんだけど、大腿筋が細りだして、まいったまいった、ということになったからだった。若い時から着やせするタイプで、でも以前はけっこう大腿筋があった。ジーンズがあまり似合わん。
 でも、大腿筋が細ってくるわけですよ。ええ、これ俺の足かよ、という感じ。年取るってこういうことかとがっかり。
 肩や腕の筋肉はもとからないし、40代にきちんと四十肩もやってしまった。ほんと肩が上がらないという経験した(病気のせいだったかもしれないけど)。
 それでもわずかな期間の筋トレだけど、機能的には少しずつ回復している気がする。身体が軽くなった感じがする。駅の階段が二段おきにひょいひょいと上れる。そういえば30代のころ、駅の階段はこうしてひょいひょいと走って上っていたものだった。今思うと不思議だけど、スーツ着て、けっこう大手町とか走り回っていたものだった。
 あくまで主観だけど、身体がしまってきた印象もある、あくまで主観ね。以前から腹周りは細いのだけど(76cmくらい)脂肪はついている。
cover
TANITA
【乗った人をピタリと当てる
「乗るピタ機能」搭載】
体組成計 シルバー
BC-705-SV
 先日、タニタの体重計で体内年齢(参照)というが計測できるので、冗談で計ったら、41歳と出た。あはは、間違っとる。俺、そんな若いわけないって。
 数日後、再計測した。体内年齢、28歳。
 なんじゃこれ。笑いを通り越して、苦笑。機械が壊れているんじゃないかな。まあ、また数日してやってみるか、今度は14歳だろうとか思って、やったら、27歳。よくわからん。
 普通に考えたら、間違っているのでしょう。でもま、悪い気はしないな。若くなりたいとかあまり考えなかったが、老化がずんずんと身体に来るようになったので、日常生活の機能維持にも一定の筋肉必要だなと思うようになった。
 今回はどこまで続くかな。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月7日 - 2013年7月13日 | トップページ | 2013年7月21日 - 2013年7月27日 »