« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年7月7日 - 2013年7月13日 »

2013.07.05

エジプト混迷の背後にちらつくカタール

 またエジプトで軍部のクーデータが起きた。改めて言うまでもない。2011年初頭、ムバラク政権を倒したとする「エジプト革命」とやらも、ただの、軍部のクーデターだった。今回のモルシ大統領の排除となんら変わりない。もっとも多数のエジプト国民の賛意を背景に軍部がクーデターを実施したとは言える。途上国の軍部はその国の合理的なナショナリズムの先端でもあるので、多数の国民の意向にまったく反して行動することはない。いずれにせよエジプトは、前回も、今回も「アラブの春」とかとは関係ない、ただのクーデターだった。
 前回のクーデターが起きた理由は、ムバラク独裁への反抗だと言われている。が、実際は経済問題だった。二面あった。表面と裏面である。リーマンショック以降の国際的な金融緩和で途上国にインフレが発生し、エジプトでも物価が上がった。なかでも食料の高騰はエジプトでは以前からこうした暴動の原因となっていたものだった。これが表面。裏面は、エジプト国民の多数の不満に乗じた、エジプト軍部という軍産コングロマリットの利害闘争だった。ムバラクの息子ガマルを象徴にした新興経済勢力と軍部は利害関係で敵対していた。軍部クーデターの目的はムバラクの排除というより、新興経済勢力の排除であった。が、この成功によって、エジプトの新しい経済発展の道は閉ざされた。旧態依然のエジプト軍部という軍産コングロマリットではエジプトの経済発展はない。
 エジプト軍部としてもそれにまったく無知ではない。自分たちのコングロマリットは維持できてもエジプト国家の経営ができるわけでもない。そこで、見せかけの民主化を行い、経済運営とその他の行政から軍は手を引くことが計画されていた。しかし、エジプト軍部の一番の金蔓であり軍事支援国の米国との関係維持まで手を引いたわけではない。米国がエジプト軍を支援する理由はイスラエルとの和平であり、モルシ政権もそこはけっこう配慮していた。
 エジプト軍部としても思惑が逸れた部分がある。ムスリム同胞団の意向がここまで行政にのしかかってくるとは想定していなかったのだろう。ムスリム同胞団も当初は、国民の少なからぬ割合を占めるリベラル派やコプト教徒など異教徒への配慮を行うかに見えたものだった。しかも温和なモルシが大統領となった点で、その期待が高まった。が、モルシが温和であるということは実は彼自身の政治理念も温和であり、ようするにムスリム同胞団の幹部の意向が直接的に大統領に影響することになった。
 ここで米国を挟んで、軍部と政権に三すくみのような状況が発生する。軍部が行政に期待していた経済運営能力はムスリム同胞団に存在しない。軍部もムスリム同胞団も米国が嫌いだが、軍部は米国の金蔓および軍事支援国である米国と腐れ縁が切れない。米国はムスリム同胞団が嫌いだが民主主義の建前上異論は出せないし、軍部の腐れ縁を切れない。
 この状態で、モルシ大統領の政権と軍部と米国で(対イスラエル問題以外に、イラン問題やシリア問題も結果的に従属するのだが)、米国の支援と影響力を一定まで認めようと事実上の密約が出来た。この密約の形を整えたのが、ムバラク追放の表向きの責任者タンタウィ国防相・軍最高評議会議長をモルシ大統領が追放したという茶番劇だったのだろう。実際は、タンタウィを排除しても、エジプト軍部の予算と人事はモルシ政権から治外法権的な力を確保しているし、かつムスリム同胞団の意向を酌んだ昨年末の憲法でも軍部は拘束を受けない。
 今回のモルシ排除のクーデターでも、こうした軍部の治外法権的な力が最大限に活かされた。本来なら近代国家というのは最終の暴力装置として軍部という暴力機関を収納しているものである。しかし、エジプトではそれができなかった。なぜか。いかに国民の意向を酌んだかに見せても軍部が暴発したのか。違う。政治機構上、エジプトの場合、軍部が国家に所属していない独立機構という、近代国家としての最大の欠点にあったからだ。国家が暴力を収納する暴力装置でなければ民主主義のシビリアンコントールは実現できない。
 困った状態であり、ムスリム同胞団排除を是として、今回のクーデターを事実上、暗黙に承認している米国でも、建前として、こうした軍部の危険性に憂慮はしているようすは主要メディアからうかがえる。
 さて、今回モルシが排除された理由はなぜか?
 ムバラクが排除された理由と同じである。国民にとっては、経済の疲弊による不満がある。もちろん、この疲弊こそ最初のクーデターの必然的な産物ではある。軍部にとってはどうか。何が軍部の利権に抵触したのか? ようするに軍産コングロマリットであるエジプト軍部は理念ではなく、経済的な利害で動いている。
 簡単に考えられるのは、モルシ側つまりムスリム同胞団が軍産コングロマリットの利権を食い荒らし始めたということがある。いわゆるモルシ政権の腐敗である。これは少なからずあるようだが、構造的な問題とまでは言えない。
 この先がなかなか明瞭には言えないのだが、IMF融資問題ではないか。
 エジプトの経済困窮は、産業構造上の問題は緩慢だが、目下の問題は外貨不足であり、国際通貨基金(IMF)に48億ドルの支援を求めていた。これが昨年の年末には最終合意されるはずだったが、これをモルシ政権がちゃぶ台返しにした。
 温和なモルシのことだから、ムスリム同胞団の意向というだけだったかもしれない。あるいはモルシも理解はしていたかもしれない。IMFはただで金を貸してくれるわけではない。結果的にエジプト国民に負担を強いる政策(食品やエネルギーへの助成金削減や増税など)の実施が伴う。
 タイミング的にもこの時期、ムスリム同胞団の意向を酌んだ新憲法案の承認が課題だったので、IMF融資に伴う国民負担を打ち出せなかった。興味深いのはこの時点で、今回のクーデターの立役者、シシ国防相が政府と反政府派との政治的な仲介を申し出ていたことだ。
 軍側の仲介の背景もIMFが念頭にあったからではないだろうか。エジプト軍としては自集団の政治的な独立性は保持でき、軍産コングロマリットも維持できるので、あとはそれが寄生する国家経済をある程度軌道に載せる必要があり、IMFからの融資が避けがたかったのだろう。
 2013年に入り、外貨不足で絶望的な状況がじわじわと進展していくなか、春らしく椿事が起きた。カタールが30億ドルの支援を打ち出してきたのである。
 カタールはモルシ政権成立後も外貨不足のための支援を行っていて、すでに50億ドルにまでふくれあがっていた。もう限界と見られていたがこの追加である。モルシ政権やムスリム同胞団としては渡りに船という状態だが、問題はカタールの意向がわからない。善意とかのわけはない。またエジプト軍部としてはこのカタールをどう見ているのか?
 カタールの意向として普通に想像が付くのは、その経済的を利用した地位の拡大である。カタールによる融資の代償はIMFのように露骨ではないが、結果としてエジプト経済への食い込みが進展するし、緩慢にエジプトがカタールの経済植民地化される懸念がある。そのあたりが、軍部にとってカチンと来ている可能性がある。
 カタールを巡っては経済利害に加えてもう一点気になることがある。
 今回のモルシ排除のクーデター騒ぎで、前回と違って、実は非常に興味深かったのは、軍部がモルシ政権に及ぼした実力行使が、モルシ拘束は当然として、カイロのアルジャジーラ支局を閉鎖したことだった。表向きには、アルジャジーラの報道がモルシ政権側・ムスリム同胞団に偏っていたことがあり、これを軍部が嫌ったためだ。以前からカタール王族資本のメディアであるアルジャジーラはモルシ政権側・ムスリム同胞団に肩入れしていた。
 今回のクーデターの背景にはどうも、エジプト軍部とカタールとの対立が潜んでいるようにも見える。
 エジプトの二度目のクーデターはそれ自体で中東の不安定化をもたらす問題であり、またIMF融資が決まってもその対価の負担でエジプトの不満はさらに高まり、しかも軍部の地位には変化がないだろうとすれば、エジプトには民主国家としての未来はないかにも見える。が、それも一つの安定的な状態である。
 むしろ今回のエジプト・クーデターは中東混乱の派性であり、焦点がカタールにあるとするとそれはなんだろうか?
 カタールは通称「アラブの春」以降、いろいろ奇妙な動きをしている。リビア内戦のときの反政府勢力肩入れもだが、シリアでも反政府勢力を支援している。特にシリア問題では、反政府派の肩入れの点でサウジアラビアと協調しているかに見える。が、サウジアラビアはカタールが肩入れしているムスリム同胞団を嫌った。このことでこの協調が崩れている。
 議論は逆かもしれない。カタールによるムスリム同胞団への肩入れが、そもそもサウジアラビアへの叛意の象徴であったらどうだろうか。
 サウジアラビアは米国を介してその怒りを発揮するだろう。米国の歯止めがなければエジプト軍部は自動的に暴発できる。一見すると、このところお馴染みのオバマ政権の外交ドジがこのクーデターを招いたかのようだが、逆なのかもしれない。
 この構図がなんとも今回のクーデターの背景に透けて見えるのが、奇妙と言えば奇妙である。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.01

[書評]一万年の進化爆発 文明が進化を加速した(グレゴリー・コクラン、ヘンリー・ハーペンディング)

 本書『一万年の進化爆発 文明が進化を加速した』(参照)が日本では翻訳出版されたのは2010年。原書「The 10,000 Year Explosion: How Civilization Accelerated Human Evolution」(参照)の出版が2009年なので一年ほどして日本でも訳本が出たことになる。私もそのころ読んで、困惑した。
 面白い本かといえば間違いなく面白い。似たようなテーマである『10万年の世界経済史』(参照)より科学的な装いをしているし、「人類はこの一万年間に飛躍的に進化している」とする仮説もスリリングだ。しかし、ほんとかね?

cover
一万年の進化爆発
文明が進化を加速した
 科学的にこれをどう評価してよいかよくわからない。が、1990年代だったが「Bell Curve: Intelligence and Class Structure in American Life」(参照)という議論を呼ぶ書籍があり、私の記憶では腫れ物に触るような内容のため翻訳されなかった。それに比べると、本書の翻訳は存外に早いものだと思った。その後、本書の評価がどう定まったのか気になっていたが、書評を書くこともなく忘れていた。
 が、先日、女優アンジェリーナ・ジョリーが癌予防のために乳房切除した際、英語圏の情報を追っていたとき、「ジョリーはユダヤ人だったのか」という話題が意外に多く、そういえばと本書を引っ張り出してざっと再読した。気になっていたのはここである。

 ではなぜ、アシュケナージ系ユダヤ人は際だって知能が高いのだろうか?
 この疑問を解くには、アシュケナージ系ユダヤ人のDNAについての知識が役立つかもしれない。というのも、彼らにはもうひとつ別の興味深い特徴があるからだ。彼らは、ティ-サックス病、ゴーシェ病、家系性自律神経障害、そして二つの異なる型の遺伝子性乳がん(BRCA1とBRCA2)といった、まれで重篤な遺伝子病をもつ率が高いのである。他のヨーロッパ人と比べて、アシュケナージ系ユダヤ人のこうした疾患の有病率は一〇〇倍も高い。長い時間、こうした疾患は別の疑問も投げかけてきた。なぜ、この特定の集団では、こうした病気がこれほど多くみられるのだろうか?

 「ジョリーはユダヤ人だったのか」という話題の背景にはこの問題が隠れていたようだったが、この手の話題はユダヤ人差別に繋がりかねない。それでも欧米ではその側面でも話題なのだろうと奇妙な思いがした。なお、私の理解ではジョリーのBRCA1の遺伝子変異はアシュケナージ系を意味するわけではない。
 本書に戻ると、先の問いかけにこういう仮説が出されている。

 この二つの疑問は、一つの説明によって解決できるのではないだろうか。私たちは、アシュケナージ系ユダヤ人は知能において遺伝的な強みをもち、その強みは、彼らが北ヨーロッパに居住していた時代にホワイトカラーの職業で成功するための自然選択によって生じたものだという仮説を立てている。知能に対する強い選択には、いつかの不都合な副作用が伴った。ある対立遺伝子を一コピーだけもつ人はIQが高くなるが、コピーが二つそろうと有害な結果を引き起こすのである。

 これに続いて「もちろん、この種の説明が議論を呼ぶことはわかっている」とくる。このあたりで、先の「Bell Curve」にも関連してやっかいな議論になる。
 本書のアシュケナージ系ユダヤ人についての議論だが、これも面白いか面白くないかだけでいえば、残念ながら、面白い。ちょっとつう向けの話だが、本書はハザールについての言及はない。ではその上でアシュケナージ系ユダヤ人とは何か、またその歴史議論がどうなるか、という点も面白い。
 本書の議論としては、アシュケナージ系ユダヤ人の遺伝的な知的能力の向上と特定の遺伝子疾患の高い有病率は、すでに中世にその根はあるとしても1800年ころから見られるとしている。逆に言えば、それ以前のアシュケナージ系ユダヤ人は特段に他の西欧の人々と変わりないということである。
 話をアシュケナージ系ユダヤ人の遺伝病の説明に戻すと、通説的にはボトルネック仮説が適用されている。集団が極端に縮小し、その後爆発的に増大すると特定の遺伝子疾患のが増えるのも当然だというのである。ピンゲラップ島でも同種の現象は見らた。
 だが著者たちは、ボトルネック仮説であれば、偶然の産物なので、アシュケナージ系ユダヤ人のように限定された代謝経路に収束する傾向はないだろうと指摘する。また知能への影響はないだろうとも。
 どうなのか。私としてはなんとも評価しづらい、という先の感想に戻ってしまう。
 本書は表題からわかるように、アシュケナージ系ユダヤ人以外に、一万年の人類進化の仮説がいくつかの側面でコラム的に描かれている。ネアンデルタール人との遺伝子交雑、農業革命に対する進化論的身体適応、印欧語族と乳糖耐性の問題などもある。それぞれの話題は面白いが、科学的にどう評価されるものかは、まったくもってよくわからない。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.30

ミトコンドリア病治療を含めた人工授精の倫理的課題

 ミトコンドリア病治療含めた人工授精について、英国議会での承認を目指すというニュースが27日のBBC(参照)や28日のガーディアン(参照)で話題となっていた。確かにこれは倫理的な課題がありそうだなと私も思い関心を持ったが、いち日本人としては、日本ではこれは話題になりそうにないなとも思っていた。
 日本で報道はないかもしれない。ブログに書くべきだろうかとためらっていたが、昨日付で共同の報道があった。邦文で読みやすいので紹介し、簡単にメモ程度であるが言及してみたい。
 共同「他人の卵子に核移植、英が体外受精で実用化検討」(参照)より。なおこの報道は英メディアの伝聞なので、全文引用する。


 遺伝性のミトコンドリア病の予防などを目的に、受精卵の核を、別の女性から提供され核を取り除いた卵子に移植して胚を作る体外受精の方法について、英政府が実用化のため、来年の議会での承認を目指し検討を進めていることが28日分かった。英メディアが伝えた。承認されれば世界初となる。
 作った胚は受精卵の核の遺伝子と、卵子の細胞質中の正常なミトコンドリア遺伝子を受け継ぐため、生まれた子どもは遺伝的に3人の親を持つことになり、倫理的な問題を指摘する声も出ている。
 心臓や骨格筋などに異常を来すミトコンドリア病の大半は、細胞質に含まれ母親から子どもへと受け継がれるミトコンドリア遺伝子の異常が原因。ミトコンドリアに異常がある受精卵から核だけを取り出し、正常な卵子に入れて子宮に戻すことで、生まれる子どものミトコンドリア病を防げるとされる。
 子どもが別の女性から受け継ぐ遺伝子は、全体のうちごくわずかな比率で、子どもの外見的特徴などには影響を与えないという。
 英国で政府の研究監視機関「人受精・発生学委員会(HFEA)」の認可を受け、実用化に向けた研究が進められてきた。HFEAはこの手法について、世論からは広範な支持を得られているとの見解を示している。(ロンドン=共同)

 英国メディアはBBCやガーディアンなどを指すのものと思われる。基本、現状では英国での話題だとも言える。
 記事をまとめた共同記者がこの技術について理解しているか、多少疑問が浮かぶが、この技術の概略自体はそれほど難しくないのでその点は理解はされているだろう。
 補足すると「母親から子どもへと受け継がれるミトコンドリア遺伝子」ということだが、ミトコンドリア遺伝子(mtDNA)は37個で22,000個ほどの核の遺伝子とは異なる。数の上では千分の一ほどではある。そこで「子どもが別の女性から受け継ぐ遺伝子は、全体のうちごくわずかな比率で、子どもの外見的特徴などには影響を与えないという」ということになるのだが、この評価は難しい。ごくわずかというが、この異常が決定的な問題を引き起こしていたからである。
 技術的には、ミトコンドリア異常のある人工授精の受精卵から核を抜き出し、これを正常なミトコンドリアをもつドナーの卵子から核を除去した卵子に移植しすることだ。ミトコンドリア部分を入れ替えると言ってもよい。

 もう一点補足すると、「世論からは広範な支持を得られているとの見解を示している」とあるのは、英国ではこの病気で7人の子供を失ったシャロン・バーナードさんが注目されていることがある(参照)。また、ナイチャーでも3月に議論されていた(参照)。
 共同報道での倫理的な問題の所在指摘についてはどうだろうか。記事では「生まれた子どもは遺伝的に3人の親を持つことになり、倫理的な問題を指摘する声も出ている」として、三人の親という点が論点のように読める。
 AFP報道でもこの点が表題になっていた。「体外受精を「3人の親」で、 英が新技術の実用化を検討」(参照)。


【6月29日 AFP】3人の親のDNAから胚を作る新たな体外受精の方法の実用化を、英国政府が検討する方針であることが28日、明らかになった。筋ジストロフィーや心臓障害など母親から受け継ぐ深刻なミトコンドリア病の予防を目的として、体外受精(IVF)に新技術の導入を認める方向で研究を支援しており、来年にも議会で審議を行う。承認され、実用化されれば世界初となる。

 遺伝子上は親が三人になるということも確かに倫理的な課題ではあるだろう。
 が、より課題となるのは、そのような操作を受精卵に施してよいものかという点だろうし、BBC報道などの報道でもその点を含めて議論されていた。
 広義に見るなら、遺伝子欠陥のある新生児を人類がどのように受け入れるかという問題でもある。これに対して、遺伝子欠陥を病気と見なし、それを「治療」してよいのかということである。
 この問題は遺伝子検査の結果で中絶をするかという問題より、一段複雑な様相をしているように思われる。
 自然的な状態であれば、生存に適さない遺伝子は淘汰されると理解してよいだろうが、この「治療」は進化に対してどのような介入になるのだろうか。
 私はこのニュースでミトコンドリア病という「病気」の設定以前についても問題意識をもった。簡単にいえば、この技術は人間の改良に繋がるのではないかということだ。
 共同報道などでは、あくまで「病気」の文脈にあり、ミトコンドリア遺伝子の異常か正常かという二者択一としているが、ミトコンドリアDNAの遺伝子多型は代謝効率などを介して、肥満や運動能力に影響している可能性がある。またミトコンドリアは細胞死にも関連しているので、癌との関係もあるかもしれない。仮に生存に有利なミトコンドリア遺伝子があれば、この技術はその面で優秀な人間を作り出す技術になりかねない。
 もう一点、これはインターネットで「ミトコンドリア治療」を検索するとげんなりするのだが、卵子老化と関連づけた話題が多くヒットする。まさかとは思うのだが、卵子の若返りといった文脈で語られる懸念もありそうだ。
 話を戻して、英国でこの治療の対象となるのは、5人から8人程度らしい。単純に人口比で見るなら日本では10人くらいだろうか。その「少数」に対して、この「治療」の国家的な意味は何だろうかとも考えさせられる。当然ながら、少数だから無駄だという議論ではないことは、英国政府が市民の声を受けて推進することからも理解できる。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年6月16日 - 2013年6月22日 | トップページ | 2013年7月7日 - 2013年7月13日 »