« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »

2013.04.27

抹茶モナカについて

 僕がモナカのアイスクリームを買う理由は二つある。一つは、食べやすいからだ。そのまま囓ることができる。バーのアイスだと、ガリガリ君とかね、暑い日だと食べていると、溶けた部分が棒をつたって手に垂れてくるでしょ。あれが苦手。モナカだとそれがない。でも、モナカだってすごく暑い日には、最後のほうになると、ぶにょっとして手にだらっとたれてしまうこともある。この問題はいまだに解決しないけど、よほど暑い日のことだからしかたがないかなと思っている。
 もう一つの理由は、半分に割ってわけて食べることだ。まるまる一つモナカ食べられないときとかあるし。え?だれと分けるか?そこはけっこう問題。それに分けた人が本当はまるまる一個食べたかったんだということもあるかもしれない。これも難しい問題だけど人間関係ってそういうものじゃないかと諦めている。
 どんなモナカのアイスが好きかというと、チョコのだな。本格的なチョコをモナカのアイスに期待することこはできないし、そこまで求めるべきじゃない。ラクトアイスの白い部分にちょこっとチョコがコートしているモナカでいい。これだと味や食感のアクセントがあっていい。ところがこの夏、いやまだ夏じゃないか、僕が直面したモナカのアイスクリームはといえば、抹茶モナカのアイスクリームなのだ。
 ことの発端はセブンイレブンだった。いつものとおり、たとえば松屋でスパイシーカレーを食べて駅まで遠いの歩くのめんどくさいなちょっと暑いなというとき、最寄りのセブンイレブンでモナカのアイスクリームを食べようと思った。分ける人はいたかって?いないのだけど。
 セブンイレブンではたいていの場合、モナカのアイスがある。その日僕が見つけたのはしかし普通のじゃなかった。抹茶モナカのアイスクリームだった。めずらしいなと思った。手にしてみるまでもなくセブンのマークがついているのでセブンブランドだったとわかったので、これはちょっとお安いのかなと思ったら、198円。え?ふつうだと100円とか120円くらいじゃないか。さすがインフレターゲット効果とか円安のせいなのかよくわからないけど、ちょっと高いな。だけど、それなりに美味しいからその値段なのじゃないかと、こういうときはとりあえず買ってみた。「抹茶もなか」とモナカのところがひらがなで書いてある。
 封を開けると、モナカの皮がグリーン。皮にも抹茶が練り込んであるのかと思って、囓ると、かりっときた。おおっ、こ、これは、モナカ? そりゃモナカである。でもこの感触、本物の最中に似ているじゃないか。
 そうなのだ。モナカのアイスクリームというのは、和菓子の最中を真似たもので、皮のところが同じと言ってもよいのだけど、普通に最中って売っている最中の皮は、あれは本当の最中の皮じゃないと常々思っている。本格的な和菓子の最中というのは、皮がかりっとして香ばしくて、ほほぉ、この皮が本体なのだと思わせる。それに甘味を添えるようにあんこが入っているものだ。それに栗とか入れてもいい。ようするに和菓子の最中というのは皮で勝負するものだとつねづね思っていたけど、もう何年もそういうのに当たらないし、そんなに高望みするものでもないから、ずっと忘れていた。本当のモナカの皮のおいしさというか、かりっいうのを。
 ところがこいつ、セブンの抹茶モナカの皮、かりっとするじゃないか。な、なんだ、これと思った。すごいな、ああ、これだけで200円近い金額でもいいや、かりかりと食って、駅についたのだった。けっこう幸せである。
 抹茶の味ほうは? 上品な感じ。ほんのりというか。もうちょっと上手にお茶の香りを活かしていいとは思ったけど。
 それから数日後。似たようなシチュエーションだった。初夏を思わせる空だ。駅の立ち食い蕎麦で残念なタイプのコロッケそばを食べて(それがどのように残念だったかについて語る気にはなれないのだけど、たぶんあなたが先日食べたそれみたいなものだろう)、なんかちょっと美味しいものがいいな、セブンの抹茶モナカだと考えついた。きっとどこのセブンにもあるだろうと最寄りのセブンイレブンに入ると、きちんとあった。
 二度目は喜劇であるという不吉な法則が当てはまる結果だった。どういうわけなのかわからないけど、これ、モナカの皮がかりっとしないのである。かにちゃん、という感じの促音のないオノマトペの世界なのだ。どうしたんだ、これ。さらに囓ると、やはり、かにちゃん。泣けそう。呆然としてでも半分くらい食べたら、途中あたりで、かしゃっという感じの部分があって、これでもう少し生きていけるぞと思ったけど、終盤もかにっちゃんという感じに戻ってしまった。
 同じ商品なのだろうか。なにか管理法の違いがあるのだろうか。それとも最初がとてもラッキーなタイプの「抹茶もなか」だったのだろうか。それから数日後にまた似たようなシチュエーションになったというか、今日だね。ゴールデンウィーク初日。眠たくなるようなバスを下りたらお昼だったので、松屋で牛飯を食って、空を見上げて、うーん、抹茶もなかぁと呟いた。この世界には正しい抹茶モナカと残念な抹茶モナカがある。そしてそれは一つの世界のなかで混じり合っているのだろうけど、今日の僕はなんかそういうに耐えられそうにないので、困ったなと思っていると、ファミマがあった。ファミマというのは僕は年に数回くらいしか入らない。でももしかしてそこには抹茶モナカがあるんだと、抹茶モナカの神様のお告げを受けたような気持ちがしたので入ってみたら、あったのだ。抹茶モナカ。別の。
 これがすごいんだ。どれのくらいすごいかというと名前がまず凄いんだよ。「宇治抹茶練乳あずき最中」というのだ。なんだか昭和浪漫ポルノみたいな感じの圧倒感とその文字が金地に浮かび上がっているのだね。すごいなあ。それに「遠赤外線焙煎強火製法」って書いてある。どうしてアイスクリームを遠赤外線の強火に当てるちゃうのかもうわけがわからないし、そしてあの文字を見なかったら、僕は怯んでその場で終わっていたと思うのだけど、その蒼々たる文字の羅列の上に白地に井村屋とあったのだ。井村屋。僕のごひいきの甘物菓子じゃないか。井村屋の甘物はどれも明確にくっきりはっきりと、これが井村屋の甘みだという明確な、少し刺すような甘みがある。すると、これにもあの井村屋の甘みがあるんだろう。そこを頼みに食ってみようかなと考えて買って食った。
 うっ、あんこ。うかつだった。あんこが入っていたのだった。考えてみたら、井村屋だよ。入っていておかしくないよ。というか、パッケージの写真よく見ろ。ちゃんとあんこが写っているし、そもそも「宇治抹茶練乳あずき最中」だろ。ああ、意味まで考えてなかったんですよ。そして、あんこに並んで練乳ソースも入っている。やるなあ井村屋。ここまで徹底するのか。ソースのおかげで抹茶の味や香りも強い。あんこはもうばっちり井村屋である。すごいなあ、いくらだったっけ、170円くらいか。皮のほうは、普通のモナカのアイスクリームと同じ。特にどってことない。
 で、半分食って、ぐったり来た。これもう半分は食べられないよ、大すぎだよ。分ける相手もいないよ。呆然として、とぼとぼ歩いて、でもなんとなく後半も食べちゃったのだけど、のろのろ食っているから最後は持っている指にでろっと解けちゃって、泣きたい気分になりました。人生いろんなタイプの孤独というのがあって、こういうのもあるんだよなと思った。抹茶モナカのような孤独っていうか。
 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013.04.26

[書評]学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方(サンキュータツオ)

 先日高校生から、古語辞典はどれがいいのかと問われて、わずかに考え込んだ。古語辞典ということでその場で頭に浮かんだのは、大野晋他『岩波古語辞典』(参照)と山田俊雄他『新潮国語辞典―現代語・古語』(参照)だが、ここで苦笑されるかたもいると思うが、この二つは癖がありすぎる。鈴木先生のことを思い出して、鈴木一雄他『全訳読解古語辞典』(参照)もいいかなと思った。が、そのあたりで、「ああ、文学が読みたくて古語辞典というのではないのだな、受験用か」と察し、ベネッセの『全訳古語辞典』(参照)がいいんじゃないかと勧めた。以前書店で見て、現代の古語辞典はこうなんだろうなと思った記憶があったからである。
 それから「学校や塾の先生の意見も聞いたほうがいいよ、僕はもう受験のことわからないから」と加えた。その後日。ベネッセに二つ古語辞典があるという。調べて見ると『ベネッセ全訳コンパクト古語辞典』(参照)があった。それでもいいかというので、現物を捲ってみた。よさそうだったので、いいんじゃないのとした。他でも勧められたらしい。
 そのおり、ふと国語辞典は、問われてはいなかったのだが、どうかなと思った。自分では最近は『明鏡国語辞典』(参照)を使っている。広辞苑(参照)や大辞林(参照)も使うが、これらは国語辞典とは言いがたい。あと、先日『考える生き方』(参照)を校正しているとき、手元のKindle HDにも国語辞書入れとこうと思って、たまたま『三省堂国語辞典』(参照)のアプリを購入した。使ってみて悪くない。

cover
学校では教えてくれない!
国語辞典の遊び方
 ついでにベネッセの国語辞典はどうかと思って、『新修国語辞典』(参照)をめくって見たが、さほど特徴がわからなかった。国語辞典ってなかなか特徴がよくわからないものだなと思っていたやさき、この本『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方(サンキュータツオ)』(参照)を見つけたので読んでみた。
 軽く書かれているが、けっこう実用的でもある。筆者もちゃんと学識のある筆者のようだ。若い人向けに塾の講師が書いたのだろうかとなんとなく思っていたが、著者名「サンキュータツオ」ってなんだろうか、あとで経歴を見たら、「居島一平とのお笑いコンビ「米粒写経」として活躍する一方、一橋大学非常勤講師もつとめる」とあった。へええと思った。「日本初の学者芸人」ともある。すごいな。博士号があるのかはよくわからなかった。そういえば、水道橋博士という人は博士号があるのかと調べたら、なさそうだった。
 イラストが印象的で軽く読みやすいが、実にオーソドックスに書かれている。大槻文彦や新村出などの、本書で採用されている挿話はたいていは既知のものだったが、個別の辞書評の着眼は新鮮だった。各国語辞書のキャラ分けも面白い。あまりこうしたことは意識してなかった。

 これ読んで、手元にあったらどうかなと気になったのは『表現・読解国語辞典』(参照)である。この本でもかなりお勧めになっている。先にちょっと触れたベネッセので『新修国語辞典』とは別のらしい。というわけで、紀伊国屋に行って現物を見ようと思ったら、ない。書店員に聞いた話では、絶版でしょうかのとことだった。そうなるとさらに気になるので、やっきになって調べて回って現物をチェックしてみた。なるほど特徴的な辞書だなというのと、なるほど「表現」に配慮している印象はあった。
 実際、自分が文章を書いていて表現で気になることがあるので、この辞書で調べてみたのだけど、その点ではちょっと残念だった。たまたま自分には合わないということだろう。余談だが、自分で辞書を作ることはできないけど、重要語句の語釈についての本を書きたいなとちょっと思っているのだった。話がずっこけた。文章書きに役立つ表現用の国語辞典というのがあるといいなとは思っている。
 本書で著者が学者さんぽいなと思ったことのひとつは、森田良行『基礎日本語辞典』(参照)に熱弁を振るっているふうなところだった。これの元になる『基礎日本語』を私も高校生のころ買ったものだった。面白くてかつ日本語を教える人には必携だよなと思ったものだった。
 辞書作りの話も本書に言及されていて、そういえば昔まだ二十代だったが、某書店の辞書担当の年上の女性に会って紹介されたことがある。同席者からあとで、ああいう人タイプでしょ、とか、言われて、やたら照れまくってしまったのだった。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.04.24

簡単に幸福になる20の方法

 気がついたら、ブログを8日間も書かないでいた。これじゃちょっとブロガーとは言いがたい。ということをこの間、気がついてはいた。ネタがないわけではない。ブログは書いてなかったどツイッターとかはしていて、そっちにその時々の面白そうなネタをピックアップしていた。じゃあ、ブログはということだけど、なんとなく暗い感じのネタや重たい感じのネタを書きたくない気分というのがあった。まあ。
 それでちょっと軽い話題。昨日だったか、ネットで見かけた「簡単に幸福になる20の方法」(参照)という話。この手のネタはライフハックものとしてよくブログ用に翻訳されるから、ここですることはないかなとも思ったけど、なんとなく見かけない感じ。だったらなんとなく軽くていいんじゃないか。拾っておこう。
 べたに翻訳してもいいのだけど、大した英語でもないし、ネタだけ頂いて、自分のコメントかにしときます。正確に内容が知りたかったら、元ネタ見てくださいね。
 では、簡単に幸福になる20の方法。そんな簡単に幸福になれるものかよ、と思うかもしれないけど、案外、なるかもしれませんよ。

1 ゲームをしよう(iPhoneのじゃなくて)
 そう、これね。ゲームといっても、人が集まってするやつ。『考える生き方』(参照)にも書いたけど、ドイツボードゲームとか面白い。最近は負けが続いてて、うへぇ、俺の時代は終わったかと思うけど、それでも勝つことが目的でもないし。負けるというのは、常勝戦略みたいのが終わったわけだから新しいドミニオンの時代さ。暗黒時代。
 初心者には、草原ルール抜きでカルカソンヌ(参照)とかいいですよ。トランプのブラックレディ(参照)とかも面白い。慣れたら、スペードが面白いよ。

2 スマイル
 スマイルですね、マック。しかし、沈んでいるときにスマイルなんかできるかよと思うかもしれない。元ネタには書いてないけど、動物とか鳥とかぼけーっと20分くらい見ているとなんかスマイルっていう気分になることは多いです。当社比。

3 散歩しよう
 先日cakesに『知的生活の方法』(参照)の話書いて、あれ、渡部昇一先生だからそれだけでカチンとくる一群の人はいるだろうとは思ったけど、それはそれとして、高校生んときこれ読んで、いくつかいろいろヒントがあったけど、散歩もそう。渡部先生は70歳過ぎても一日一時間くらい散歩されていた。90過ぎたころの吉行あぐりさんもそう言っていた。年寄りから学ぶことは多いものです。

4 友だちに電話
 メールじゃなくて、声で電話、と。うーん、これはちょっと反省する部分があって、昔パソ通しているころは電話もよくしていたけど、最近は電話というのはあまりしなくなった。それでも社会的な面では誤解がありそうなときは、メールじゃなくて電話ということは多いかな。現代だとSkypeとかになるんだろうか。

5 新しいことをしてみる
 元ネタには新しいレストランとかジムとかある。僕がよくするのは、1時間以内で動ける、まだ行ったことの街の散歩かな。そしてそこでなんか買ってくる。最近は、公共施設や遺跡みたいのがいろいろ整備されているので、その点検がてらに散歩とかする。もうちょっと時間があったら、昔懐かしいところを散歩してみたりする。

6 アンプラグ
 「アンプラグ」っていうのは、コンセントを抜けということで、元ネタの感じだとコミュニケーションメディアをオフにせよということ。意外と大切かな。一日まるで触れないというのも難しいけど。

7 声を出して歌う
 最近よくやる。Wii Uカラオケやってる。英語の歌が多いかな。シェナンドーとか。レオンラッセルとか。カーペンターズとかね。あとユーミンはある時期まではほとんど歌えるので、しかたない歌うか。サザンものとか。ヒッキーの歌なんかはどうよと思ったけど、ま、最近は歌っちゃってます、55歳。

8 ヴォランティア
 昨年ちょっと地域関連のやって疲れたのでしばしお休み。また少ししたらなんかしようかなとは思っている。

9 感謝のリストを作る
 特にやっていない。考えると、いろいろ感謝すべきものはある。年とってから、信仰心もないのに神に感謝するような感情がおきることはある。

10 食べる
 え?とか思う。ポテチとかか? 元ネタは、空豆とか食えとかある。余談だけど、人によっては空豆は体によくない。ちなみに、今日の夕食はチレ・レジェーノ。

11 ヨガをする
 これも本に書いたけど30代のころは初級インストラクター向け講座とか受けていてそれっぽかったくち。だけど最近はおろそか。若い頃のヨガはもう無理かなという感じはあるな。

12 休憩
 普通に休憩。いろいろありますね。

13 目標にワンステップ
 夢に向かってちょっと努力ということ。自分だと、また最近、英語をちょいと勉強しているかな。苦手なんで。

14 楽しくキッチン
 これはよくする。料理はなんとなく趣味になっているし。料理はどんどん飽きるので、なんか新しいのはないかなと試す。

15 瞑想
 これはたまに。以前は真面目な感じだったけど、最近は適当。自分の心を見つめて、じっと思いがまとまってくるような感じがあるときはじっとしている。

16 褒めよう
 そう思うな。褒める機会があったら褒めよう。

17 整理整頓
 これは頭が痛いところだ。やらないといけなといいつつ、伸ばし伸ばし。

18 今を生きる
 これって当たり前だけど、具体的には過去のこととか考え出したら、おしまいって自分の脳みそに言うことにしている。

19 軽いお昼寝でリセット
 パワーナップっていうやつですね。眠くなったらしかたないよね。

20 きっとよくなると思う
 これはそう。今日まで生きてきたんだから、これまでよかったんだろうと思う。ダメになたらそれはそれから先のこと。

 というわけで、なんか参考になるのはありましたか?
 大したことないなあと思う人もいるかもしれないけど、僕は思うのだけど、大したことないことで幸せな気分になれたら、それはそれでいいんじゃないかって思いますよ。そして、そういうことをけっこう忘れがちなものです。
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »