« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »

2013.04.06

再びフィナンシャルタイムズによる黒田日銀総裁評価とアベノミクスの道標

 2日に「フィナンシャルタイムズによる黒田日銀総裁評価とアベノミクスの道標」(参照)のエントリーを書いた。3月29日付けのフィナンシャルタイムズ社説から日銀の動向の指針が簡素に表現されていたからである。実際、その後の日銀の動向を見ていると、ほぼフィナンシャルタイムズ社説の指摘通りになった。
 よってフィナンシャルタイムズとしてはさらに加えるべきこともないだろうと見ていたら、4日付けでまた同じ話題「Japan embraces monetary change(日本は金融政策変更を容認した)」(参照)が出て、今回の日銀決定の評価とさらに現状の課題をまとめていた。
 とりわけ新知見といったものはないが、国内報道を見ているよりも、すっきりとまとまっているのでこれも簡単に紹介しておきたい。私の見落としかもしれないが、前回のフィナンシャルタイムズ社説の邦訳を見かけなかった。これも邦訳されない可能性があるかもしれないという懸念もある。
 まず、フィナンシャルタイムズは黒田日銀総裁が率いる日銀の決定を支持している、というか、前回同様、それ以外に道はないでしょうということだ。


True, even this large-scale stimulus may have no effect, or worse, have adverse consequences. The truth is that there was no alternative.

なるほど、この大規模な刺激さえ効果がまったくないか、より悪化して、逆効果を生むかもしれない。だが、選択肢がまったくなかったことも真実なのだ。


 黒田日銀の決定は、やりすぎたのだろうか。フィナンシャルタイムズはそうでもないと見ている。

Mr Kuroda could have been even bolder, for example targeting foreign assets.

黒田氏は、外債購入なども視野に入れ、もっと大胆でもよかった。


 とはいえ、黒田日銀がもう一段踏み込めなかった理由をフィナンシャルタイムズは二点推測している。

  1. 海外が日銀に円安操作の懸念を持つこと
  2. 新日銀支持がまだ盤石ではないこと

 行政府の側としては、これに歩調を合わせてて、成長戦略を採るべきということもフィナンシャルタイムズは付け加えている。
 目新しい意見ではないが、毎度のフィナンシャルタイムズの主張を確認しておくのもよいだろう。行政府がすべきことして。

This means putting together a credible plan of medium-term fiscal consolidation. Domestic investors have so far purchased the bulk of public debt but there is no guarantee they will continue to do so in the future. The government should also pass structural reforms to boost trend growth. The remedy, which includes raising women’s participation in the workforce and encouraging immigration, has been known for years. Just as with bolder monetary policy, now is the time to act.

行政の役割は、中期財政再建を信用できる計画にまとめることだ。日本国内の投資家はこれまで公債の大半を購入してきたが、彼らが将来にわたりそうし続ける保証はまったくない。成長傾向を推進するために政府は構造改革にも着手すべきだ。対応策は何年も語られてきたように、女性の就労推進や移民の促進が含まれる。大胆な金融政策と同様、行政が行動するのは、今でしょ。


 「Now is the time to act」の意訳にはちょっと洒落を入れていたが、どうもフィナンシャルタイムズの社説子は、案外日本のCMとか見ているんじゃないかな。
 それにしても、「Now is the time to act!」って英語のフレーズ、日本でも流行りそうな感じがするな。

 Now is the time to act!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.02

フィナンシャルタイムズによる黒田日銀総裁評価とアベノミクスの道標

 3月29日付けのフィナンシャルタイムズ社説に「黒田の警告(Kuroda’s warning)」(参照)として、事実上、黒田日銀総裁就任の国会発言に言及して、その評価が掲載されていた。該当社説は当然、日経新聞かJBPressなどに翻訳記事が掲載されるだろうと思っていたが、現状自分の見た範囲では見つからなかった。特に興味深い話題というわけではないし、今後のアベノミクスを考える指針の参考程度ではあるが、メモがてらに簡単に言及しておきたい。
 大ざっぱに「アベノミクス」という呼称を借りると、「アベノミクス」は大筋としてどのようになるか? 困難を伴う、というのがフィナンシャルタイムズの評価である。


How does Japan get from here to there? “With difficulty,” is the answer.

現時点から到達すべき点までの間、日本はどのようになるのか。「困難を伴う」というのがその解答である。


 冒頭いきなり"there"として「到達点」が示されるのだが、これは私の予想に反して、つまり、日本の成長路線といったものではなく、「リバランシング」であった。が、成長と同じ意味であることは、その後の文脈で察せられる。

Just how difficult Japan’s rebalancing act will be was laid out by Haruhiko Kuroda, the new governor of the Bank of Japan, in remarks to parliament this week.

黒田東彦・新日銀総裁は今週国会で、日本のリバランシング政策がどれほど困難となるかについて述べた。


 「リバランシング」はバズワードだったとフィナンシャルタイムズも別記事で昨年述べている(参照)が、後段からはそれほど曖昧なものではない。概ねプライマリーバランスを適正にすると理解してもよいだろう。

Policy makers must restore economic growth, turn deflation into controlled inflation and eliminate the fiscal deficit, without destabilising the bond or currency markets. These are tough challenges. Yet Japan simply must meet them.

政策立案者は経済成長を回復しなければならない。つまり、債権と為替の市場の市場に混乱をもたらすことなく、デフレを制御可能なインフレに変え、財政赤字を除くことである。これはきつい課題であるが、日本は立ち向かう以外にない。

 事実上、アベノミクスと称される金融緩和を慎重に推進するしかなく、財政赤字の問題はその線上にある。逆ではない、というのが重要である。
 この難しい課題に対して援助となるものはなにか。フィナンシャルタイムズは日本国民の政府への信頼だとしている。若干、皮肉なトーンも感じられるが。

Fortunately for the Japanese government, it has patient and trusting creditors: the Japanese people. The 10-year government bond recently touched a low of 0.53 per cent, while the 20-year bond dropped to 1.41 per cent. These extraordinarily low rates are an opportunity, since they make the huge debt mountain manageable. But they are also a threat, since they could jump if expectations of inflation and short-term interest rates were to rise significantly.

幸いなことに日本政府には、日本国民という忍耐強く政府に信頼を置く債権者がいる。先日、十年物の国債金利は0.52パーセントにまで、二十年物は1.41パーセントまで落ちた。この異例な低金利で、巨額の債務が制御可能になるのは、好機ではあるが、同時に脅威でもあるのは、インフレ期待と短期金利が著しく上昇すると、国債金利も跳ね上がるからである。


 インフレによって国債金利が上がるのは当然のことではあり、フィナンシャルタイムズもまどろっこしいことを言っているだけなので、たいした意味はない。が、要点は、債権者である日本国民の政府に対する信頼という点にあると指摘していることだ。
 そこで、フィナンシャルタイムズの論調は、政府が国民の信頼を損なわないようにするにはどのような条件があるかと議論を進めていく。4点を挙げている。


  1. インフレ期待を形成すること。具体的には、国債引き受けと外貨購入(monetisation of fiscal deficits and purchases of foreign exchange)である。加えて過熱したインフレへの対応の明示。
  2. 国債の償還期間の延長。
  3. デフレ終了後の財政健全化と民間部門を含めた構造的黒字の解消。
  4. 成長戦略のための構造改革。

 特段に変わった意見はないものの、フィナンシャルタイムズのこのまとめかたは、さすがに簡素に見通しよくまとまっている。
 3点目と4点目は、デフレの終了後の話題であり、この「デフレ終了」は事実上、2パーセントマイルドインフレと見てよく、その達成は、新日銀および安倍首相は2年後と想定している(安倍政権がその見解でまとまっていないのが残念ではあるが)。
 1と2が当面の課題となるが、このあたりで、ごたごたともめそうな気配はあり、実際のところ、アベノミクスの試練はこのあたりで起きることになるだろう。
 加えて個人的な印象でいえば、「民間部門を含めた構造的黒字の解消」には政治的な敵対勢力が強く出現するのではないかと思われる。
 TPPについては、現状の安倍政権に大きな失点はなく、二年スパンで見た日本の課題としてはそれほど大きなものではない。が、対抗勢力はここを突いてくることは想定され、それにこの政権が対応できるかというと、どうなんだろうかという疑問は残る。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2013.04.01

北朝鮮が最大級の軍事機密を公開した

 北朝鮮が米国を標的とした攻撃態勢に入るなか、その最大の軍事機密が、威嚇的な意図もあってか、国際的に公開された。その軍事的な意味合いについて簡単に考察を加えておきたい。まず状況の整理をしておこう。
 国内でもすでに一昨日のNHK「北朝鮮 「米攻撃できる状態で待機指示」]
参照)で報道されているが、米軍が韓国軍との合同軍事演習でB2ステルス爆撃機を投入したことを受け、北朝鮮では3月29日未明、朝鮮人民軍の作戦会議が緊急招集された。北朝鮮の国営通信によると、会議で金正恩第一書記は「米国をミサイルで攻撃できる状態で待機するよう指示した」。
 報道で注目すべき点は、通常、軍事機密と見られる具体的な敵国への攻撃の手法までもが公開されたことだ。明白に米国本土が目標となっている。


 この中でキム第1書記は、アメリカ本土と、ハワイ、グアムなどの太平洋地域や韓国にあるアメリカ軍基地を、「いつでもミサイルで攻撃できる状態で待機するよう指示した」として、攻撃に関する準備計画に署名したということです。国営通信が公開した写真の1枚には、弾道ミサイルが飛行するルートを示したとみられる地図が写っており、そこには「アメリカ本土攻撃計画」と書かれています。
 北朝鮮が、軍の最高司令部で開いた作戦会議の様子を明らかにしたのはこれが初めてとみられ、アメリカを重ねて威嚇するねらいがありそうです。

 29日未明の朝鮮人民軍の作戦会議の写真については、共同通信「戦力情報、誤って公開? 北朝鮮、正恩氏の背景に」(参照)でも取り上げられている。
 朝鮮人民軍の作戦会議の写真からは、米国本土を狙う大陸間弾道ミサイルによる攻撃ルートを示す地図に加え、朝鮮人民軍の戦力一覧が見て取れる。
 この件について韓国では、朝鮮中央通信が写真配信の際、チェックのミスで秘密情報が公開されたのか、何らかの意図を持って公表されたのか、あるいは発表を三日急いだのか、といった各種の議論が展開されている。


29日未明、朝鮮人民軍作戦会議を緊急招集した金正恩第一書記(中央)。背景には米国本土を狙う大陸間弾道ミサイルによる攻撃ルートが写っている(朝鮮中央通信)

 NHK報道「北朝鮮 作戦会議の公開は心理戦か」(参照)では、韓国国防省は「ミサイル発射の動きがあるかどうか集中的に監視している」としつつも、北朝鮮の作戦会議写真の公開は心理戦の側面が強いという見方を示している。


 韓国国防省のキム・ミンソク報道官は、29日、記者会見で、キム第1書記が開いたという緊急の作戦会議について、北朝鮮が今月26日に「戦略ロケット部隊」などを「第1号戦闘勤務態勢」に置くと発表したことに続く措置だという見方を示しました。
 そして「アメリカの情報当局と連携して、北朝鮮でスカッド、ノドン、ムスダンなどの中長距離ミサイルが発射される動きがあるかどうか集中的に監視している」と述べ、警戒を強めていることを明らかにしました。
 そのうえで、報道官は「通常、軍の作戦は秘密にするのが原則であり、作戦を指示したと公開するのは心理戦の側面がかなり強いだろう」と指摘しました。

 北朝鮮による心理戦が含まれているとの見方は妥当だろう。
 しかしそのことと、すでに公開されている軍事情報の評価とは異なるものであり、国家の防衛上、公開された軍事情報の解明は必要になる。米国ではニューヨーカー誌などもこの問題の全体をまとめている(参照)。
 特に、北朝鮮の大陸間弾道ミサイルの攻撃目的とされた米国では、各種報道で具体的に、北朝鮮からのミサイル攻撃ルートの地図を元にして防衛議論が展開されている。別の共同記事「北ミサイル、攻撃目標はテキサスか」(参照)は、北朝鮮が米国を狙う複数の攻撃ルートについての話題を伝えている。

 北朝鮮の攻撃目標はテキサスか-。米メディアは29日、朝鮮人民軍の作戦会議とされる写真の分析から、北朝鮮が米南部テキサス州を攻撃の標的の一つにしているのではないかとの臆測を伝えた。
 朝鮮中央通信が同日配信した写真の背景に「米本土攻撃計画」とされた図があり、これに米国の地図を重ねると、首都ワシントンなどに加え、テキサス州の州都オースティン付近を狙っているように見えるという。

 該当の情報はすでに公開されているので、ブログでも議論が可能である。具体的に、北朝鮮が米国本土を狙う大陸間弾道ミサイルの攻撃ルートについて検討してみよう。まず該当部分を拡大してみよう。

 一見すると問題のない直線的な飛行ルートに思えるかもしれないが、この直線ルートに北朝鮮軍部の最大の秘密情報が隠されていると言ってよい。
 そう推測できるのは、北朝鮮以外に大陸間弾道ミサイルを保有する国において通常のミサイルであれば、最短距離を直進するにも関わらず、北朝鮮のミサイルには明らかな独自性が見て取れるからである。仮に通常の大陸間弾道ミサイルが北朝鮮から米国に向けて発射された場合を想定すると、地球は球体であるため、以下のように北極圏に近いルートを通る。

 この最短距離となる直線ルートを日常よく利用されるメルカトル図法のような平面地図で表現すると、次のように上向きの大きな弧を描くことになる。

 球体上の直線は、平面的に表現した世界地図上では弧を描くことになるのだが、北朝鮮作戦会議で公開された地図上の大陸間弾道ミサイルのルートを見るとわかるように、垂直線で描かれ、上向きの円弧を描く最短ルートは通っていないことがわかる。直線のルートを示す写真を再掲しよう。

 北朝鮮が公開している大陸間弾道ミサイルのルートを取るためには、ミサイルは最短距離のルートから南の方向に歪んだ円弧となって迂回して飛行しなければならない。
 つまり、北朝鮮の大陸間弾道ミサイルには、メルカトル図法のような平面に表現された世界地図上で直線に飛ぶように、南向きの円弧による迂回ルートを取る、特殊な飛行補正機能が装備されているのだろう。
 ここで疑問が起きる。なぜ、北朝鮮軍部はそこまでして、丸い地球を平板な世界と見なしているのだろうか。世界をフラットにしたいという願いでもを持っているからだろうか。共産主義による公平理念の世界地図上表現だろうか。
 米国内でも、北朝鮮が大陸間弾道ミサイルによる奇っ怪な迂回ルートについて、いくつかの議論がある。ごく一部ではあるが、「もしかして北朝鮮軍部は、地球が丸いという事実をそもそも受け付けないのではないか」という極論もある(参照)。
 北朝鮮のミサイルは、大平洋地域の米軍基地も目標にしており、当然、韓国や日本もそこに加わる。北朝鮮が日本内の米軍基地を狙う場合は、近隣国でもあるので、特殊技術による迂回飛行装置が装備されているかについては、現状ではわからないし、これまでの軍事演習の実態からも想定できない。おそらく日本国内の米軍基地がミサイルで狙われる場合は、円弧の補正が狂い、あらぬ所に着弾する可能性もあるだろう。
 最後に、特殊な迂回ルートを取って飛行する北朝鮮のミサイル攻撃について、ブログを通して日本市民の些細な願いを付け加えたい。

 北朝鮮の世界観は、もっと丸くなってほしい。四角四面に世界を捉えることはやめてもらいたい。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.03.31

三月尽

 本を読んで考え事したり、そのあと息抜きに『にゃんこ大戦争』をしたり、どうにも第三章の西表島がクリアできないものだと悩んだり、季節外れの風邪を引いたりして、一週間過ぎてしまったような感じというか、世相や国際情勢について普通にニュースも目を通して、それはそれで思うことはあるのだけど、ブログに書く気力みたいのが抜けていた。
 一つには、とりあえず日本も普通の金融緩和ができそうなのといわゆる政局の話はほとんど論点が見えないこともある。でも、選挙制度改革については少し書こうかとも思ったが、なんだか書いても空しいなあというのか、それも野田政権時点でこの危険性は書いたけどな感がきつい。
 話題については、昨年11月に「ばか正直では首相は務まらない: 極東ブログ」(参照)で関連のことを書いた際に、補足の意図もあってコメント欄で少し返信も書いたものだった。


無名さんへ。

>レイムダック政権の存続が、昨日の野田の仕掛けに比
>べて誰にとってどのようなメリットを持つ可能性があ
>るものだったのか、finalventさんの考えがピンと来な
>いな。

とのことですが。

>違憲状態の是正は、建前上重要ですが、(まあ確かに
>良くないよね)程度の事で、別に国民が望む優先課題
>でも、先送りで問題が手がつけられなくなるような喫
>緊の課題でも無い。

そのあたりの認識がまったく異なるので、ピンと来ないというのはむしろ当然のことのように思いますよ。現状の違憲状態は、司法が議会を違法としてもまったくおかしくない異常事態だと考えています。つまり、この問題を国民に粘り強く説得して、自民党の外堀を埋めていくべきでした。

投稿: finalvent | 2012.11.15 18:35



無名さんへ。

>つーか、「議員定数問題の解決」なんて全然最優先課題じゃな
>いよ?
>外交・経済・年金・復興とまさに緊急かつ日本の根幹を揺るがす
>課題が山積みなのに、「議員定数問題の解決」をするために民主
>党政権が続くべきだと思うわけ?

ええ、そう思います。

さらに加えれば、外交・経済・年金・復興にとってまず重要なのは政権の安定であり、次に専門家の知識を十分に活かせる土壌です。その意味で、不安定な政局を無責任に招くべきではありません。

>馬鹿ですか? よほど暇な金持ちなの、アンタ?

そうよく言われますが、「私」を問題にするより、テーマを問題に考えていきたいと思っています。

投稿: finalvent | 2012.11.16 10:18


 自分としては昨年の11月の時点の考えに加えるべきことはないが、しいていえば、安倍政権になって金融緩和の道筋が出て来ただけ、結果論だが、民主党政権を早々に終わらせた意味はあったといえばあったかなとも思う。
 国際問題についても、ブログの文脈上特に目新しい話題もないように思えるが、北朝鮮の現状については、明日エントリーを書く予定。
 あまり話題を見かけなくなったが、エジプトの世相が経済困窮からだいぶ深刻になっているのと、シリアの毒ガス兵器問題もけっこう深刻になっている。そういえば、ケニア情勢と……連想ゲームのように思うことはないわけではない。
 以前、はてなの日記で毎日、大手紙社説の批評をしていた。癖で今でも、ざっと見渡しても見るが、読むべき主張は特にないような印象もある。
 世相の話題のネタでというと、日本の少子化はどうするとかいうのも、すでに書いてきた以上のことはないし、個人的にはどうかということは自著で自分の例を上げてみたし……、そういえば、ブロガーのやまもとさんも年内には三児の父になるらしい。頑張れ、さらにあと一子。
 芸能関係の話題にはほとんど関心ないが、わくわくさんの引退は、ぐっと来るものがあった。久保田雅人さんには間近でお目にかかったことがあり、リアルの場での芸もなかなかのものだった。今後の活躍を期待したい。
 で、坂口良子さん。『池中玄太80キロ』は第二シリーズまで見た気がする。1981年。26歳だったのではないかな。玄太に比べて若い女という配役ではあったが、当時の26歳はいっぱしの女の扱いだったし、私より2歳年上だが、ずっと年上のお姉さんというイメージだった。『純と愛』に出て来た朝加真由美やユーミンなんかも同じ印象。55歳のおっさんが57歳の女に、憧れのお姉さんイメージを持つのは、今の若い人にはシュールな感じだろうけど、そんなもんよ。
 坂口良子はだから自分には26歳くらいの時のイメージしかなく、その後のことはあんまり知らないでいた。結婚され、再婚されというのも最近知ったし、娘さんが芸能活動されているのも合わせて知った。借金苦もあったのか、大変でしたね。普通の人生は大変なものですよ、そういうのに関心ない人もいるけど。
 坂口良子は「玄太」のイメージに加えて、少しだがセクシーアイドルのイメージもあり、朝加真由美も同じ。この人の出る『純』という映画は面白いよ。
 訃報を聞いたときに奇妙な感じがしたが、その後の話では肺癌とのことで、こういうとなんだが訃報の状況に納得はした。
 自分に近い年代の人の訃報を聞くとそれだけで、ふっと自動的に嘆息するもがあるが、次第になれつつある。
 ポール・ボウルズの『シェルタリング・スカイ』(参照)にというか、映画のほうでは本人も出ていたが、有名なフレーズがあって、桜を見ながら思い出していた。拙い意訳を添えておく。

Because we don't know when we will die, we get to think of life as an inexhaustible well. Yet everything happens only a certain number of times, and a very small number really. How many more times will you remember a certain afternoon of your childhood, some afternoon that is so deeply a part of your being that you can't even conceive of your life without it? Perhaps four or five times more, perhaps not even that. How many more times will you watch the full moon rise? Perhaps twenty. And yet it all seems limitless.

私たちは自分が何時死ぬかを知らないから、人生はまだ先があると考えるようになる。でも、なんであれ、物事の回数というのは決まっているし、実際には、数回といったところだ。幼い頃の午後のひとときをあと何回、思い返すだろうか。午後のひとときには、自分の一部になっているものもあるから、それなしの人生はわからなくなるのに。なのに、まあそれも四、五回といったところだ。のぼる満月を見るのもあと何回だろうか? 二十回くらいなものだ。なのに、すべて何回でもあるような気がしているのだ。


 まだ散ってないけど、今年の桜を見ながら、「あと何回桜の花を見ることがあるだろうか」みたいに思ったのだった。
 てな感傷を呟いたら、え、死んじゃうのとご心配いただいた。
 いかんな、これじゃ、かまってちゃんだよな。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月17日 - 2013年3月23日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »