« [書評]外国語の学習法(ポール・ピンズラー) | トップページ | ネイティブ発想という英語の難しさ »

2013.12.03

映画「シェルブールの雨傘」のこと

 10年ほど前、「はてなダイアラー映画百選」という趣向で、お勧めの映画として「シェルブールの雨傘」のことを書いたことがある。最近、ツイッターで数度、この映画の話題があった。今年になってデジタル修復完全版が作られ、第66回カンヌ国際映画祭のカンヌ・クラシックスで上映されたらしい。自分も懐かしく思い出したので、わずかに手は入れたが、ブログに再掲しておきたくなった。

「シェルブールの雨傘」(Les Parapluies de Cherbourg)

【基本情報】
 1963年フランス、91分、ミュージカル
 監督・脚本: ジャック・ドゥミ(Jacques Demy )
 音楽: ミシェル・ルグラン(Michel Legrand )
 出演: カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)ジェヌビエーブ役、ニーノ・カステルヌオーヴォ(Nino Castelnuovo)ギー役

 

cover
シェルブールの雨傘
デジタルリマスター
  あらすじ:フランス北西、イギリス海峡に面する港町シェルブールの雨傘屋の16歳の娘ジェヌビエーブには、20歳の恋人ギーがいた。1957年のある日、ギーに召集令状が来きて出征するのだが、その前の晩、これが最後の別れかもということで一発やりまくる。そのシーンは映画には出てこない。後に彼女は妊娠したことを知る。ギーからの連絡がなく戦死したのではと不安な気持ちで待ち続けながらも、母親の勧めもあって、宝石商のオヤジ、カサールと結婚。このオヤジもけっこうかっこいいし、ワケアリ娘というのも了解の上。それから数年後、ギーは戦争で負傷してフランスに帰還した。が、雨傘屋にジェヌビエーブはいない。ぁぁ♪、人の妻ぁ♪、つうことで、他の娘と結婚し子供もできた。数年が経った1963年のある冬の夜、ジェヌビエーブは、偶然にギーと出会う。短い会話だけして、永遠に別れていく。それだけの、話。

 finalvent口上:まさか私に「はてなダイアラー映画百選」が回ってくるとは予想だにしていなかった。ちょっとしたBombです。「スターウォーズ ジェダイの復讐」から来たので、こりゃ、私の大好きな「フラッシュゴードン」と行きたいところだが、ちょっくらマジこいて、4月から47歳(当時)ってことにしたオヤジだから、ちょっとオヤジ風吹かせて、「シェルブールの雨傘」を薦めてみたい。

 どんな映画か:この映画を青春時代に見て懐かしいっていうオヤジは私より5歳から10歳年上だろう。全共闘世代か。あるいは私と同世代(昭和32年生まれ)。どの時代の思春期でもちょっと背伸びして上の世代のカルチャーを覗き見るもの。「シェルブールの雨傘」はまさに、思春期の私が、大人の世界ってこういうものかと思った作品だった。実際、大人になってみると、それは、確かに大人の世界そのもの。この映画を、何度見たことか。見るたびに、青春っていうものの痛みがうずく。

 「シェルブールの雨傘」がフランスで作成されたのは1963年。日本では翌年昭和39年10月公開。東京オリンピックと同じ時期だ。同年には、オードリ・ヘップバーンの「マイ・フェア・レディ」が公開される。英派がオードリ、仏派がドヌーヴか、と。時代は、最初の戦後生まれの世代が青春を向かえたころ。私は小学校1年生。この映画を見たのは中学生の時。とある高校の文化祭に忍び込んで、見た。その後の感動の夕暮れの世界の記憶は今も生々しい。思い返すと、今でも思春期の少年のような気持ちになる、が、あの頃ほどわけもなくチンコが勃って困る歳でもない。

 話はあらすじのとおりで、なんのヒネリもあったもんじゃない。娘の心境の変化っていうのもだし、「なぜここでオヤジに転ぶんだよぉ」と若い日にはツッコミたくなるくらい。だが、ハイティーンの娘と限らず、若い女性の心というものは、そーゆーものなのだ、と知るのは、自分がオヤジになってからだった。今にして思うと、宝石商の若オヤジの気持ちのほうがわかる。待ってくれてるとのアテが外れた青年のほうの心境は、たぶん、いずれ、ほとんどの青年が味わうことになるものなのだ、と言いたいところだが、今時は30代前半の男でも若者みたいにナンパとかやってっからなぁ。オメーらいつまで思春期だよ、とも思うが、青春の痛みをホントに引き受けることができなけりゃ、オヤジにはなれないし、子供を育てることなんかできないもんよ。

 現代は恋愛の過剰流動性ってなシャレを言う知識人もいるが、今の若い人たちは恋人を取っ換え引っ換えしているのだろうか。私にはわからないな。私は、自分の恋人だったと思える人を数えるのに片手で足りるが、少ないとも思わない。その時、本当にその人が好きだったという気持ちと、それが破れていって、人生ってそういうものだと諦める気持ちと、それにまたあの頃は、いくら好きでもそのままやって行けっこなかったんだと納得するようになる気持ちが、なんかさ、人生っていうのを、暴風のように通り過ぎていった。

 そして30歳過ぎた頃には自分の周りは、ばたばた、離婚し始めたもんだったな。恋愛沙汰なんざ、若い時やっておかなきゃ、人生の半ばでやることになるんじゃないのか。とも言えないか。それでも、そうした何かが、「シェルブールの雨傘」にシンプルに表現されていて、その核心を突く。強さに、驚く。

 この映画は、全編ミュージカル。今時の映画にはあり得ない90分という作品でもある。「渡る世間は鬼ばかり」特番より短いかもしれないのだから、騙されたと思って見てご覧なさい。

 できたら、誰もいない一人だけのクリスマスイブに見るといいとも思う。もしかすると、身体のなかの涙を全部掃き出せるかもしれない。

 主役のカトリーヌ・ドヌーヴは、この作品で国際的に有名になった。時代感覚もあるのかもしれないが、この映画のドヌーヴの美しさはそら恐ろしいほど。ちょっとキンク(変態)な雰囲気もある。この年、彼女はド・サドの古典「悪徳の栄え」(Vice and Virtue)にも出演しているが、この映画は私は見ていない。ナスターシャ・キンスキーのB級映画時代のような面白みがあるのか疑問でもあるが、こういうお趣味に答えるべくっていうか、1967年には「昼顔」(Bell De Jour)に出演していた。こっちは見た。

 古典的西洋のお変態っていうのはけっこう爆笑できるので、その意味ではお薦めかも。逆にそのお趣味の人は見ないほうがいいかも。おフランスのお変態はけっこうヤキが入っているので予言しておくが杉本彩なんかもフランスで受けると思う。

 話をドヌーヴに戻して、これもお変態ものとも言えるのだが、私生活でも共にしたマルチェロ・マストロヤンニ(Marcello Mastroianni)との共演シリーズの頂点「ひきしお」(Melampo)も面白い。「シェルブールの雨傘」が青春の痛みだとすると、こっちのほうは中年の性がらみの恋愛っていうか、汚れっちまった悲しみの趣がある。これって、現在の30代の女性でも楽しめるのではないか。

 音楽は、ミシェル・ルグラン。もう彼の解説は要らんでしょう。「シェルブールの雨傘」の主題歌のメロディは一度聞いたら忘れませんって。今でもあっちこっちで流れてくるアレだ。この主旋律はCをキーにするとEの半音ずれで始まるという不安定なものだが、主題はまるでバロック時代の音楽のように数学的に展開されている。きれいすぎるよ。

 監督ジャック・ドゥミは、日本に「シェルブールの雨傘」のファンが多いせいか、映画「ベルサイユのばら」(LADY OSCAR)に狩り出されて駄作も作った。人のいい人。色彩や言葉の感覚はいい。

 さて、歴史のことも。この映画の背景になったアルジェリア戦争に触れないわけにはいかない。「シェルブールの雨傘」は、フランス人にとって、戦争の映画でもある。

 フランスの地中海を挟んで対岸のアルジェリアはかつてフランスの植民地だった。ジュリア集合のガストン・ジュリアやノーベル賞作家アルベール・カミュなど、アルジェリアの生れ。アルジェリアは、フランスの支配から独立するために、1954年から8年間に渡って独立戦争をした。「シェルブールの雨傘」の物語が始まるのは1957年である。

 アルジェリア各地で解放区ができた。1958年には戦争は頂点に達し、アルジェリア側武装勢力13万人にフランスは80万人の兵を投入。あっけなくアルジェリアが敗れそうなものだが、混乱は続いた。世界歴史は植民地の廃絶に向かっていた時代。エジプトのカイロにアルジェリア共和国臨時政府が成立し、社会主義国やエジプトなどアラブ諸国の承認を獲得。

 思えばこのころ、エジプトはアラブ世界の盟主のような存在だった(ソ連は軍事的にもアルジェリアに荷担していた)。だからイスラエルとも戦争したのだが。こうした中、フランス側での混乱を収拾すべく、58年に現代フランスにつながるドゴールの第五共和政が現れた。かくして1962年、エビアンで、アルジェリア戦争和平協定が実現し、アルジェリアでは国民投票(今回台湾でやったの同じようなreferendumだ)によって独立した。ギーが負傷兵として1959年に帰還。ジェヌビエーブと再開したのは、1963年。

Guy :Je crois que tu peux partir.
Geneviève :Toi, tu vas bien ?
Guy :Oui, très bien.

 

|

« [書評]外国語の学習法(ポール・ピンズラー) | トップページ | ネイティブ発想という英語の難しさ »

「書籍」カテゴリの記事

コメント

この作品を見たら、次は、ルキノ・ヴィスコンティの「若者のすべて」だよね。で、たぶん、このあたりの影響をどっぷりうけてるのが、韓国映画ドラマ界。庶民の現実をモチーフにするのがとてもうまいよね。日本の不思議なところは、ネットもそうだけど、現実の庶民がいないみたい、笑。

めずらしく、昨日はちらっと接したかな、居酒屋で生活保護の話からパチンコの実情がでて、その流れで、この話をしていた普通に働いて普通に暮らしていて、なのに、一年間で300万円もパチンコで無駄使いしてしまったことを言っていた。原因は、仕事から帰ってきて家ですることがなかったかららしい。ついパチンコへ行っての流れらしい。

こういうのを映画にすると、日本では売れなくて、フランスや韓国で受けるかもしれない・・・。

投稿: | 2013.12.05 07:34

あと、このシェルブールの雨傘の面白いところは、カトリーヌ・ドヌーヴがマリーアントワネットみたいな貴族みたいな女なんだよね。でも、傘屋ってところ。で、対比するように娼婦がでてくるところ。こういうところと、ヒッチコックの変態監督と、結びつくんだろうな。ま、日本人がヒッチコックをみたら、ストーリーの哲学性とか見ちゃうんだろうけど。日本は、俳句には対比性が強くあるけど、ほとんどん、対比して感じたりしないよね、対比する必要がないからなんだろうけど、国際社会は対比だよね。

投稿: | 2013.12.05 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/58690055

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シェルブールの雨傘」のこと:

« [書評]外国語の学習法(ポール・ピンズラー) | トップページ | ネイティブ発想という英語の難しさ »