« [書籍]本を書きました。『考える生き方』(finalvent著) | トップページ | 『考える生き方』に書かなかったブログ論の一部 »

2013.02.20

「予約しました」とのお答え、ありがとうございました。

 明日が出版日となる自著の話を、昨日のブログに書いたところ、予約しましたとの言葉を多数いただき、ありがとうございました。
 こんなに反響があるなんて、びっくりしました。

cover
考える生き方
 本を書くからには売れないと困るけど(というかご迷惑かけそう)、無名の人の自分語りの本がそんなに売れるわけもないだろうし、これから、「つまらなかったぜ」といったご批判もいろいろいただくのだろうかと、びくびくしてます。っていうか、恐縮して、ちっこくなって、アングリーバードのRIOとかしてました。あと、Kindle化について問われましたが、意外と著者からよくわからないものです。
 著者名は"finalvent"としました。パソコン通信時代のノリでブログも英文字のハンドル名にしてきたのだけど、ブログの時代になると、匿名だ、とか言われてきたわけです。ですが、こうして本になると、普通にペンネームですね。後からそこに気がついて、ちょっとほっとする部分がありました。
 しかし"finalvent"かあ。ちょっと一般社会受けしませんね。ブログの世界でいうと「藤沢数希」さんみたいにしておくと、本名みたいで良かったかもしれない。エッセイだと「岸本葉子」さんや「綿谷りさ」さん、「石田衣良」さんや「北村薫」さんなど、ペンネームにすてきな印象がある。そういうのがよかったな。でも他のペンネームも考えたことがあるけど、実際のところ、finalventで書いてきたからこれでいいかなあとか今回思いました。
 今回本の形式で書いてみてわかったことのひとつは、けっこう自分の人生の整理がついたなあということです。おかげでなんかようやく55歳になった気が少ししました。まあ、この年まで生きられなかった人がいることを思うと、人生を少しずつ整理しないと。
 とはいえ、その、まだ自分は生きているわけなんですが、生きている日々というのはけっこう、日々の問題に対処しているという感じで、しかもそうした渦中にいると、なんだか自分の人生、不運が多いなあ、不幸だよなとか思っていたのですが、本とかにして、ちょっと遠くから見ると、けっこう幸運があったなあという発見はありました。
 で、不運も幸運も偶然だなあと。
 幸運が多そうに見える人も、きっと偶然なんだろうなとも思うようになりました。
 もうちょっというと、幸不幸がけっこう偶然による、というのはロールズのいう「無知のヴェール」に似ているかもしれないとも思いました。これは、社会の構成員が誰であるかを知らずに(ヴェールに覆われているかのように知らない)、利害を調整するという話ですが、「幸不幸はけっこう偶然」と考えると、市民社会というのは、偶然的要素をできるだけ緩和するように形成していかないといけないのだろうなとか。
 
 

|

« [書籍]本を書きました。『考える生き方』(finalvent著) | トップページ | 『考える生き方』に書かなかったブログ論の一部 »

「書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/56806570

この記事へのトラックバック一覧です: 「予約しました」とのお答え、ありがとうございました。:

» 「考える生き方(by finalvent)」読んでみて [godmotherの料理レシピ日記]
「考える生き方」 by finalvent 読み終わった。正に、今まで一緒に生きてきたんだという思いを再確認した。私よりも若い人にとってはきっと分からないだろうと思うが、彼のブログをずっと読んできて、... [続きを読む]

受信: 2013.02.24 07:11

« [書籍]本を書きました。『考える生き方』(finalvent著) | トップページ | 『考える生き方』に書かなかったブログ論の一部 »