« 「南方週末」新年特集号・年頭社説書き換え事件 | トップページ | クルーグマンのアベノミックス評 »

2013.01.13

Kindle Fire HD リターンズ

 その後のKindle Fire HDはどうかって? それが意外にも奇跡の復活だよ。Kindle Fire HD リターンズ!

cover
Kindle Fire HD
 どうやって短期間に10キロも痩せたかって? 違う。もともと太ってないよ。どうやってあのダメダメのくそくそのKindle Fire HDが復活したのか。キリストの奇跡ってか。そもそも、あれ、復活したからってどうなるものじゃない、のでは?
 まあ、そう矢継ぎ早に言われても困るな。番号を札を取ってそこの自動のお茶サービス機で玄米茶でも飲んで一息ついて……いや、そんなに待つことはない。
 まず、諸問題の根源がどこにあったかだ。
 単体で使う分にはいい。グッドならラジカセだ。
 でもそれだったら、Kindle Fire HDの意味ないよなあ、ということだった。なんなのこのナンセンス。値段以外、最初からNexus 7に負けているじゃないか、ということだった。
 クラウド側に問題があるのだろうと、いろいろチェックしてみた。
 その間、いろいろバグの元みたいものを見つけては、クラウドサービス側のデバッグに役立つようにアマゾンにも知らせたんだけどさ、あれなんだよ、アマゾンの対応のお姉さんたち、口調はやさしいのだけど、基本的に、「このおっさんクレーマーだろ。そんなトラブル聞いたことねーよ。なおせるわけねーじゃん」な雰囲気がふわふわ漂ってきて、そのぉ、つらいものですね。いや、もてたいわけじゃないって、いやいや、違うって、違う。
 ようするに実機デバッグで、クライアント側でできることはいろいろやってみた。いろいろわかったのだけど、結論、クラウド側に問題ないと言えないことはない。
 私のトラブルケースは、レアケース。オーディブルとか含めて米国サービスをそれなりに使ってから日本サービスに切り替える人ってそんなにいないしな。そもそも、Kindle Fire HDってご親切に送付の際に基本設定してあるけど、これね、レアケースな人には、しないほうがよかった。
 で、なにが結論?
 つまり、最初の送付時の設定ミス。これに加えて、設定情報の解除がクラウドを含めてややこしいこと。なので、完全にKindle Fire HDを工場出荷時に戻して、クラウドの設定もゼロから、えっちらおっちら、やりなおすとなんとかなった。
 これまでも、Kindle 3とKindle Paperwhiteを使っていたから、初期化イコール再登録だと思っていたのだけど、それだと完全に登録情報が消えない。この残便感はあるけど肛門内視鏡を使わないとわからないようなところに、ちょこちょっこと最初の登録情報が残るらしい。これがクラウド側でひっかっていたようだ。
 もうちょっというと、本のクラウドサービス、アプリのクラウドサービス、音楽のクラウドサービス、ドキュメントのクラウドサービスの認証やデータベースの構造が同型ではなく、認証がそれぞれ別になっているみたいで、たぶん、よってたかって作った状態だったのだろう。
 とにもかくにも、ゼロからパズルのような手順で、やりなおしたらなんとかなりましたよ。人生みたいなものです。ホリエモンさんががんばってくださいね。彼はゼロからではなさそうだけど。
 復活したKindle Fire HDだけど、快適です。
 最高のラジカセです。ラジカセかよ。
 うん、ラジカセ。Kindle Fire HD、音いいし。
 でも、ラジオ機能は? ラジコもらじるも入らないというか、アマゾンのアプリストアーで売ってないという惨状なわけでしょ?奥さん。奥さんどうでもいいですから。
 調べるとどうやら別マーケットで落とせるらしい。落としてみた、動く。
 しかしなあ、別マーケットは怖いよなあ、ウイルスとか入れた危ない再パッケージとかあるだろうし。
 そういえば、僕はアンドロ機あと数台持っていたのでした。数台っていうのが泣けるけど。ほいで、そっちで普通に再パッケージしてKindle Fire HDに持ってきたら、けっこうのアプリが動きますね。動かないのもあるけど。ラジコとらじるは動いた。これでラジオ完璧じゃん。
cover
120 Bill Evans' Essentials
Remastered Version
 ついでに、アマゾンで200円くらいでクラシック100曲みたいなものをごさごそと買って、クラウド側から流すと、昔使っていた、有線のクラッシックチャネルみたいで便利です。ノンストップでコマーシャルなしでヴィバルディとかヴェルディとか聞けるわけですよ。ビル・エヴァンス120曲で600円ですよ(参照)。ぼっちカフェ~♪。
 これだけでも、けっこう満足。
 クラウドのラジカセである。普通のラジカセから進歩した感じだ。
 あと悩んでいるのは、Foreignerの昔のアルバムが5枚組で1800円で売っているのだけど、これどうなんだろ(参照)。Foreigner好きなんですかとか聞かれた、恥ずかしいじゃないですか。

 知らなかったのだけど、Kindle Fire HDって、今日の無料アプリというサービスもある。へえ。
 無料ならとりあえず貰って、つまんなかったらクラウドに入れとけとか思って、とりあえず貰っていると、ゲームが多い。それもつまらないゲームが多い。上から落ちてくるウサギをキャッチするとか、猫から逃げてウサギでロケット発射とか、意味不明。
 それでもいちどはやってみるうちに、ゲームづいてしまって、そうだ、あれどうなったかな、アングリーバードの第二弾というやつ。
 調べると、バッド・ピギーズとかいうのらしい。250円。まあ、いいか。
 やってみた。
 今度は、豚が変な乗り物作って宝の地図を探しに行くという設定なのだけど、この乗り物の作成と操縦が鍵。乗り物といっても扇風機やふいご、傘、ペットボトルとか、いちいちがらくたで笑える。そして、やたらと壊れる。壊れても目的が達成できればいいというゲーム。
 やっていくと、この乗り物と操縦が、ばかばかしくて、おかしくて、笑って、おなかがよじれる。なんで、俺、こんなバカなことしているんだ、ほんとおかしい。こういうゲームってこれまでなかったんじゃないか。

 というわけで、Kindle Fire HD なかなかいいですよ。マイクロMDMI接続で大画面でも見れましたよ(参照)。
 これなら、負けないですよ。
 ふふふ(参照)。
 かつやで待っているからな。
 
 

|

« 「南方週末」新年特集号・年頭社説書き換え事件 | トップページ | クルーグマンのアベノミックス評 »

「ネット」カテゴリの記事

コメント

かつやで待っているからな。
ってまだ根に持っているんですか(*^m^)
一方的な敗北感なのに

投稿: | 2013.01.15 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/657/56529632

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle Fire HD リターンズ:

« 「南方週末」新年特集号・年頭社説書き換え事件 | トップページ | クルーグマンのアベノミックス評 »