« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »

2012.12.18

[書評]フランクル『夜と霧』への旅(河原理子)

 cakesに連載している「新しい「古典」を読む/finalvent」の「【第6回】夜と霧(ヴィクトール・E・フランクル)」(参照・有料)を書いたおり、「夜と霧」についての書誌的な情報をまとめるのに、それなりに苦労した。日本語版の旧版は高校生以降読んでいたが、新訳は読んでいなかったので読み返した。ドイツ語が読めないのだが、幸い、英文献での資料が多数あり全体像は見えてきた。英語版も版の差を気にしながら二冊読んだ。

cover
フランクル
『夜と霧』への旅
河原理子
 本書、「フランクル『夜と霧』への旅(河原理子)」(参照)を読んだのはcakes書評の後なので、先にこれを読んでいたら、だいぶ書誌情報をまとめるのが楽だっただろう。私自身調べたが書評には書かなかった話が、本書には多数含まれているので、「夜と霧」を人生のともの書籍としている人は、一読されることをお薦めしたい。
 書誌的な情報で、原書に関連することや英書に関連することで、新奇に知った事項は本書にはなかったが、現在の定版の原書に二部として付されている哲学的戯曲「ビルケンヴァルトの共時空間」について意外なことが一つあった。邦訳の存在である。この点については新訳の池田香代子さんにツイッターで伺ったおり、邦訳がないとのことで残念に思っていたが、出版はされていないものの、2011年夏に邦訳が試みられたようだ。この部分はオリジナルを尊重して、現行の新訳に増補してもよいようには思う。劇として実演されてもよいのではないだろうか。
 書誌的な情報以外に、「第二章 フランクルの灯 読み継ぐ人たち」では、日本で「夜と霧」を読み継いでてきた人や、また、昨年の震災以降、本書を希望の杖としてきた人の話がルポ的にまとめられていて、読み応えがある。著者はAERAをへて朝日新聞編集委員をされているらしいが、ジャーナリストらしい手際が感じられる。
 「夜と霧」の読み込みに関連して、cakesの書評ででは簡素な指摘として、ブログのほうで指摘した「「夜と霧」の謎: 極東ブログ」(参照)件についてだが、「ダッハウの虐殺」については、本書では、ホフマン所長についての言及に留まっていた。
 著者もこの問題については調べてある程度知っていると推測されるが、本書の意向ともそぐわないという面はあるにせよ、もう少し踏み込んで書かれてもよかったかもしれない。
 もう一点、ティリィの妊娠については、私の読み落としでなければ言及はなかったように思われる。おそらくこの件についても著者の心に引っかかる部分ではあったと推測されるのだが。
 本書は書名が「フランクル『夜と霧』への旅」となっているように「旅」の記述や関係者への取材も読み応えがある。
 意外ということでもなかったが、著者は、フランクルの収容所体験をアウシュビッツ(現オシフィエンチム)のものとして読んでいたと述懐されてるが、旧訳を読まれたにそういう印象を持った人も少なくはないだろう。この点について、霜山徳爾氏訳には各収容所の簡素な説明があるものの、その後の研究を含めて、特に、収容所間での実質のコミュニケーションの実態なども含めて、地誌的全体像が見渡せる解説が読みたいところではある。
 著者はまた本書執筆を契機に、フランクルのロゴセラピーを学ぶようになったともあるが、その体験の深化もまた別の書籍で書かれることを期待したい。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.12.17

2012年末衆議院選挙雑感

 総選挙が終わった。自民党の圧勝だった。まあ、前回の民主党圧勝も見たし、その反省から小選挙区制というもの仕組みも考えていたので、今回は自民党が圧勝はするだろう。ツイッターでも昨日の朝にちょっと呟いたように、自民党の絶対安定多数になるかが焦点かなと見ていた。
 民主党がもう少し小選挙区で奮闘するのかとも思ったが、蓋を開けてみると、どぶ板が理解できない人が多かったという印象があった。落選したみなさん、それなりにわかってもいたのだろうが、例えば、菅直人元首相にしても、どぶ板に入ったのは遅すぎた。どぶ板に入れなかった藤村官房長官の落選は可哀想に思った。
 どぶ板を理解していたはずの小沢一郎さんのグループはどぶ板の布陣が遅すぎたし、資金も足りなかった。反原発・反消費税の看板でなんとか戦えると思うほど、あの人は甘い人ではなかったら、子分の身の振りかたというか、就職斡旋みたいな気分だったのではないか。
 私は長いこと小沢さんのシンパだったので、小沢さんが昔言ったことを覚えている。正確な言葉ではないかもしれないが、こう言っていた、「政権交代をやってみたら、本当にいいものだということがわかりますよ」と。
 前回の民主党の政権交代には、ブログにも書いてきたように経済危機にあるときに政局に求められるのはモラトリアムだと思うので反対した。が、政権交代とやらが実施されて、昔小沢さんが言っていたように、いいものだと思えるだろうかというのは、心に引っかかっていた。
 民主党政権になってみると、失望の連続だった。そのこともブログに書いてきたので繰り返さない。そして、小選挙区制というのは、ダメな制度じゃないですか、小沢さん、とすら思うようになっていた。
 昨晩の選挙開票を見ながら、いや、昔の小沢さんが言っていたのはこのことかだったのかなと思った。政権がダメだったら、一気に潰して、反対党を安定多数に付けるという仕組みだったのだな、これはと。
 理屈ではわかっていが、実感としてわかったのにはもう一つ理由がある。
 私は比例は自民党に投票した。理由はすでに書いたとおりで(参照)、三党合意が問われる選挙で、名目成長率を上げることを実力ある政党が主張してきたのだから、まがりなりにも消費税増税を受け入れることができるだろう、という理由である。自民党を支持したわけではない。民主党が2%のインフレターゲットを明確に主張したら、民主党に入れた。
 民主党はその点、ほんと、だめだめだった。選挙戦でテレビを通してだが野田首相の演説を聞くと、成長する分野に投資すると息巻いた。「ああ、野田ちゃんはほんと経済がわかってないな」と落胆した。
 成長戦略分野がわかる政権というのは幻想だということくらい、社会主義計画経済の崩壊で僕らの世代が骨身に染みてわかったことだろ。しいて言えば、現在の中国が日本の昭和高度成長戦略の計画経済を強権で維持しているが、これができるのは発展途上の段階だけだ。
 私は、どぶ板選挙というのが嫌いだった。理由はうるさいからだ。また地元の利権を優先する政治というのも今一つ好きになれない。ところが、今回の選挙では、できるだけ、どぶ板に配慮した。
 比例は自民党に入れるとして、小選挙区のほうは自分が投票する人のツラを見て言葉を聞いておきたかったのだ。現実的には、小選挙区では民主か自民の二人しかない。そのどっちも何考えている人かわからない。
 自分の一票などたいした意味はないにせよ、自分としては、「この人をそれなりに信頼したい」という確信が欲しかった。結果からいうと、どちらの候補を見ることもなかった。「こりゃ、困ったな」という感じして、「ああ、小沢さんが昔言っていた、どぶ板の意味というのはこういうことか」なとしんみり思った。
 さて今回の選挙、蓋が開いていろいろ分析が出ている。自民党圧勝に目を向ける論者も少なくないが、私の見たかぎりでは、自民党が支持された兆候は、どぶ板への推測以外ない。
 政党としての自民党が支持されているふうにはまるで見えない。
 民主党へのげんなり感もあるだろうが、どぶ板の力のほうが大きかっただろう。自民党の候補者さん、前回落選したあと、私には届かなかったけど、それなりに地味にどぶ板に徹していたのではないか。
 ぶっちゃけいうと、どぶ板というのは、地元の利権を吹きまくることだ。民主党は、国の視点で清貧を語りすぎたし、そのことに野田首相は酔っていた。
 この点については、反原発・反TPP・反消費税を掲げていた政党も同じで、そんなものをどぶ板の現場では求めらない。どぶ板が直面しているのは、もっと具体的な困窮であり、カネ回してくれよ、仕事流してくれよ、ということである。庶民の現実の生活は、けっこう苦しいということが、国のレベルで理想を語る政治家さんや市民運動家さんはわかっておらんのです。
 どぶ板以外では今回の選挙の構図は意外とはっきりしている。NHKの報道で出口調査による前回と今回の支持政党のグラフがあった。左端が切れてしまったが、下が前回、上が今回である。

 一目瞭然と言っていい。自民党の支持は35%から32%に減少している。つまり、国民が自民党を支持しているということはまるでない。
 支持政党なしは21%から24%に増えているもの、大差と言えるものではない。公明党や共産党などほぼ組織票だけの政党も変化がない。
 変化があったのは、民主党が32%から19%に激減したことだ。その意味では、国民は民主党にげんなりしたというのがはっきりわかる。
 この民主党げんなり組がどこに流れたかも、はっきりしている。維新党など第三極である。特に維新党に流れた分で、公明党とためをはる政治勢力になった。
 別の言い方をすれば、政治に期待した人々、また、民主もだめだが自民もダメ(自民党は前回のダメ出しのまま)という人々は、民主党から第三極に流れた。そのことが選挙制度上、逆説的に自民党を利したと言えるだろう。
 選挙日までツイッターなどSNSでは「選挙に行きましょう、政治を変えましょう」運動を必死にやっていた人も目立ったが、投票率が増えても第三極が増えるくらいだっただろう。そもそも投票率が低かったのも、政治にげんなりが多かったからだ。
 趨勢からすると民主党と自民党の支持が削れ第三極に流れるという傾向はあったと見てよく、この傾向を止めるという意味だけで見るなら、野田総理の自爆解散には効果があったと言えないことはない。が、普通自党の自滅を促す党首がいるのかというと、ありそうにもない。
 民主党って最後まで変な政党だったなとも思ったが、昨晩遅く出て来た岡田克也副総理を見ていると、なにか憑きものが落ちたような顔していて、彼は案外ここまで読んでいたのかなとも思った。岡田さんが、一番、こんな民主党じゃなかったと思っていたのではないか。日本の現状の政治は全然ダメだ、とりあえず日本の政治の針を戻そう、としたのではないか。
 そのあたり野田さんはどうだっただろうか。敗北会見で目元うるうる涙を堪えて声を詰まらせていた野田総理がどこまで、岡田さんの意図を汲んでいたかわからない。案外二人とも、純朴に民主党の再起を思ってて自爆しちゃったのだろうか。
 圧勝した将の安倍晋三自民党総裁は、三党合意という言葉は出さなかったものの、民主党との合意を守る旨の発言があった。安倍さんはこの勝利に酔ってないし、三党合意という基本線が維持されていることは見て取れた。
 話を出口調査に戻すと、これがどう比例に反映したかというと、そのままきれいに反映していた。

 きちんと自民党という政党が支持されていないことが見て取れるし、民主党にダメ出しがあったことがわかる。
 その意味で、自民党という政党が政策面で国民に支持されたということは全くない。今回の選挙を、自民党の勝利ゆえに右傾化であるとか言っている欧米のメディアとかは、頭悪いなあとしみじみ思うが、そもそも日本の政治に無関心だからでもあるのだろう。
 今後の自民党政権だが、当面、実質面だけ見れば、一部、わけのわからない議員はいるにせよ、とりわけ右傾化につっ走るということはないだろう。参議院対応や参院選の抑えもあるが、公明党との連携がストッパーになっている。これが公明党を外して、自民党と維新党が連携すれ事態になれば、ちょっとそれはどうかなということにはなるだろう。だがそれ以前に、維新党は、選挙後の橋下さんと石原さんの意見の食い違いや、感情的な高ぶりなどを見ていると、調和してまともな政策を維持できるとも思えないので早晩、分裂するか自滅するのではないか。
 むしろ自民党政権としては、金融・財政政策で比較的に短期間に、特にどぶ板に答えなくてはならない。
 財政面では、ようするにバラマキをするだろう。残念なことにというべきだが、反原発の根幹的な問題はそれを使ったバラマキのシステムなので、いろいろ批判されるような泥まみれにもなりそうだ。
 金融政策面では、日銀勢力の抵抗がかなりきついだろう。いわゆる反自民勢力もバッシングの支援に使うと予想されるので、特にマスメディアではろくでもない騒ぎになるだろう。マイルドインフレの兆候や局所的なバブルが発生するとマスメディアが発狂したような騒ぎを起こすのではないか。
 そんななか上手に、安倍自民党政権が、安定政権として維持できるかだが、冷静に考えると難しいと思う。財務省側が、意外と今回は安倍政権のフォローに入るかもしれないし、それが一番、政権を支えることになったりするかもしれない。

cover
ドミニオン:暗黒時代
日本語版
 こういうのを暗黒時代というのでしょうかね。ちょうどそういう名前のドミニオンのカードセットが今日あたりに届くので、そんなことも思ったけど。いわく、「何らかの理由で没落してしまった領主たちが、逃れてきた土地で再起を夢見て困難に立ち向かう」。ちなみにこのセット拡張セットなので、「ドミニオン」「ドミニオン:陰謀」「ドミニオン:基本カードセット」のどれかが必要になる。
 

| | コメント (12) | トラックバック (1)

« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »