« 2012年11月25日 - 2012年12月1日 | トップページ | 2012年12月9日 - 2012年12月15日 »

2012.12.08

子どもがないと寿命が短くなるらしい

 一昨日、子どもない夫婦は寿命が短くなるらしいというニュースをBBCで見かけて(参照)、そんなものかなと思った。そのうち日本でもこのニュースが話題になるかなと見ていたが、まだ自分の見渡す範囲にはない。では、ブログのネタに拾っておきましょうか。
 この手の話題はネタ元の信頼度が重要なので、なによりもそのあたりを洗ってみると、BMJ「疫学と地域医療誌」だった(参照)。かなり信頼できそうなので、話題を追ってみる。
 研究は、1994年から2005年の間、デンマークで体外受精(IVF)を試みた2万1276の子供のない夫婦を対象に、子どもをもつことができた人とできなかった人を比較した。
 生まれた子どもは、1万5149人。死んだ人は、女性が96人、男性が220人。結果だが、子どもを持てなかった女性の早死が四倍高かった。男性は二倍ほどである。
 若くして死ぬということより、寿命が短くなると解釈してよさそうだ。
 子ども持った人たちのほうが、疾病や事故が少なかったと言える。
 研究の枠組みからわかるように、これはあくまで、体外受精までして子どもが欲しかったけど、もてなかった人に限定されている。不妊治療はしたけど体外受精はしなかったという人は対象にはなっていない。
 研究の枠組みからして当然とも言えるのだが、因果関係は示唆されていない。子どもをもたないと寿命が短くなる、というような話では全然ない。
 ざっくり言うとどうか。
 子どもが得られた人のほうが健康であったとは言えそうだ。
 逆に体外受精に失敗した人は精神的にダメージがあったと考えることもできるかもしれないが、いずれにせよ、その手の解釈は根本的に間違っているのかもしれない。
 精神疾患発症率の観点からみると、子どもをもった人々とそうでなかった人々には差は出て来ない。が、養子をもらった夫婦の場合の精神疾患は半減したようだ。
 どういう形であれ、子どもをもつことは精神の安定に貢献しているとは言えそうだ。
 個人的な印象でいうと、子どものない夫婦の場合のほうが行動範囲が広がるので、その分、病気とか掛かりやすかったり事故に遭いやすいというだけのことではないかと疑った。しかし、そう言うためには、行動範囲を因子とした別の研究も必要になるだろう。
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012.12.04

最先端癌治療の費用対効果の話題

 昨日NHK報道に触れて癌医療の話題を書いた。NHKとしては癌治療の最新の話題を伝えるという趣旨から「新治療が期待される」というまとめで終わり、それが現行の臨床にどのような意味を持つかについては言及されていなかった。ニュースの範囲を超えるとも言えるが、臨床との背景でニュースの意味があると言えないこともないのではないか、とも思われた。
 癌治療で臨床との関係で欧米で近年問われているのは、保険料や公的補助との関わりである。特に英国では癌最新医療について公的補助が認められないというニュースをこの数年よく見かけた。
 「なにが最新治療か」という観点からではなく、「癌の最新治療において、臨床と公的補助はどうあるべきか」というのはやっかいな問題なせいか、日本ではNHKを含めてあまり見かけないように思う。

cover
Newsweek (ニューズウィーク日本版)
2012年 11/28号 [雑誌]
 そうしたなか、Newsweek日本版の今週号に邦題で「癌患者が買うわずかな余命の高すぎる値段」との記事が掲載されていた。英語は「FOR LIVING JUST A LITTEMORE」あるが、今年8月に出された元記事はネット上では現在、「The Cancer “Breakthroughs” that Cost Too Much and Do Too Little」(参照)となっている。この手の記事は抄訳化されることが多いので、原文と付き合わせたが、大きな変更はなかった。癌新治療と公的補助の関係について関心のあるかたは読まれるとよいだろう。
 翻訳記事は抄訳とは言えないもの、治療費についてはドル表示のままで、他分野の記事ならよくあるように日本円でいくらという補足はなかった。意図的なものでもないだろうが。
 記事は今年米国で認可された分子標的薬「パージェタ(Perjeta)」から切り出される。

 だがベス・イスラエル・ディーコネス医療センター(ボストン)の癌病棟を率いるシュニッパーにはわかっていた。パージェタで癌が消えるわけではない。同様な分子標的薬「ハーセプチン」と併用しても、平均的なケースでは半年もすればまた癌細胞が暴れ出すだろう。
 その程度の効果なのに値段は驚くほど高い。たいていの場合、ざっと18万8000ドルは掛かる。「誰だってゾッとする」金額だ、とシュニッパーは言う。

 抄訳されているわけではないとしたが、原文の含みは多少違うので参考にあげておこう。

As the chief of oncology at Beth Israel Deaconess Medical Center in Boston, Schnipper knew Perjeta was not a cure: added to a standard treatment with Herceptin—another targeted therapy that was hailed as a breakthrough in 1998—Perjeta gives the average woman only about six months more of calm before her disease starts to stir again. Given the limited benefit, the price was startling. For most women, a full course of the drug combination will cost $188,000—enough, he says, “to give anybody a cold sweat.”

ベス・イスラエル・ディーコネス医療センター(ボストン)の腫瘍部長シュニッパーはパージェタが治療ではないことを知っていた。それを、標準治療として1998年に画期的として歓迎されたもう一つの分子標的薬「ハーセプチン」に追加することで、平均的な女性の場合、その病気が再発するまでもう6か月の平穏が得られるだけである。利点は限定されるが、価格は驚くほどだ。たいていの女性の場合、この医薬品の組み合わせは18万8000ドルもかかる。「誰だって冷や汗が出る」と彼は言う。


 日本円にしてだいたい1550万円ほどである。
 他はそこまでいかないが高額である。

 癌治療は高くつく。しかも新薬の価格はうなぎ上り。保健会社ユナイテッドヘルスケアによると、肺癌治療に使う標準的な薬の価格は、以前なら月額1000ドル程度だった。しかし今は、約2カ月の延命に6000ドルから1万ドル掛かる。

 お金持ちが医療費に糸目をつけないというはわかるが、こうした最先端の癌治療の費用はどうしても保険や公的補助の関係で論じられることになる。特に、医療に対して公的補助の厚い国では、日本は例外のようではあるが、議論課題として公的に出されるし、報道される。
 英国では、乳癌に対するアバスチンの保険適用が認められないことになった、と同記事にはあるが、米国ではFDAは私の記憶ではこの適用をそもそも認可していないはずだ。また英国では大腸癌についての適用も外される方向だったはずである。
 記事の結語は、ユナイテッドヘルスケアのリー副社長の言葉が引かれる。

 「持続可能な医療保険制度を築くつもりなら、社会全体の問題として議論すべきだ。あと15年もすれば、保険料支払いのために現在の1年分の給料に等しい額を稼がなくてはならなくなる」と、彼は言う。「もう議論を先送りしている余裕はない」

 最後の一言の原文は、“We’re going to have to have the discussion”なので、普通に「私たちはこの議論を開始すべきだ」ということである。この議論とは、癌最先端医療に対する保険料、また公的補助の限界ということである。
 おそらく日本でもそうした状況にあるだろうし、政党はこれらのビジョンを持たなければならない。
 という観点から今回乱立した政党を見るのだが、どこかで、何か示唆されるべき見解があっただろうか。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.12.03

突然お茶の間に出て来た癌幹細胞説

 想定していなかったものが無前提に突然、公衆の前に現れると、びっくりする。いや、そういう言い方じゃ、ちょっと誤解を招きそうだ。今日びっくりしたのは、NHKのニュースの話である。「がん幹細胞を見つけ出す方法開発」(参照)というきちんとした医学研究のニュースだ。何にびっくりしたか? タイトルにある「がん幹細胞」である。
 率直に言うと、私は「がん幹細胞」説を追ってきたし、もっと率直にいうと幹細胞やiPS細胞との関連もいろいろ素人なりに推測したり、さらに進化論的な意味についても海外研究も追ってみたりしているので、ある程度、知っている。
 この「ある程度、知っている」ということは、これを日本の一般社会に伝えることは難しいことだろうなという了解を含んでいる。うかつには言えないなあ、と。
 ところが、今日、NHKのニュースで、ぽろりんと「がん幹細胞」が出て来てしまった。それでびっくりした。みなさん、これ、なんのことかわかりますか?
 わからせるように伝えるのが、みなさまのNHKなのでニュースを見てみよう。


 がんを作り出すと考えられている細胞「がん幹細胞」を見つけ出す方法を、京都大学の研究グループがマウスを使った実験で開発し、がんの再発を防ぐ画期的な治療法の開発につながる可能性があると期待されています。

 「がん幹細胞」というのは、「がんを作り出すと考えられている細胞」といきなり来る。正確な表現ではあるのだけど、ようするに、これ、「と考えられている」ということ。つまり、学説の一つである。
 問題は、その学説の一つの背景がどのくらい、日本の社会、あるいは医学界の常識として認められているかが理解されていないと、このニュースの価値がわかりにくい。
 どのくらいだと思いますか? 「がん幹細胞」は定説?
 私の認識では、定説ではない。
 私の認識では、たぶん、これが正しいとは思う。
 そういうことは、古事記偽書説同様、よくあることなので、自分の考えと世間の考えを分けて考えるのだけど、そのあたりの区分をNHKはどう考えるか。NHKなり報道の立場を明確にしないうちに、ぽろりと出てくるというのは、びっくりしたなあ、もう、という話である。
 私だけがびっくりしているのかと思って、ちょっとネットをみたら、薬事日報という専門サイトのコラムで次のように、そもそも「がん幹細胞」にびっくりしている例があった(参照)。

癌幹細胞を標的に
◆これを聞いたとき「癌に幹細胞などあったのか」と思った。中外製薬が先月、世界で初めて大腸癌幹細胞の細胞株を樹立したと発表した。患者から摘出した大腸癌組織を免疫不全マウスに移植した後、「LGR5」と呼ばれる膜蛋白質を指標に幹細胞を取り出し、細胞株の樹立に成功した
◆癌の根治が難しい原因には、少数の癌幹細胞が性質を変化させて治療に抵抗して残存し、生体環境が癌幹細胞に都合が良くなると増殖を再開するメカニズムがあること。中外の実験結果からも、再発や転移、薬剤耐性などに癌幹細胞が関与している仮説が裏づけられた
◆これが本当なら、有望な創薬標的になる。大日本住友製薬は米ボストンバイオメディカルを買収し、癌幹細胞標的の低分子抗癌剤を獲得。一方、エーザイは、米バイオベンチャーと癌幹細胞を標的とする新規Wntシグナル阻害剤創出に向けた共同研究契約を結んだ

 薬事日報は医学サイトともいえないので、しかたないが、それでも一般社会よりは医療に接近しているにもかかわらず、「癌に幹細胞などあったのか」という認識なので、まして一般社会では知られていない学説であると言ってもよいだろう。なお、「中外の実験結果からも、再発や転移、薬剤耐性などに癌幹細胞が関与している仮説が裏づけられた」は勇み足だろう。ついでに言うと、時事「がん幹細胞のマーカー特定=新たな治療法開発に期待―京大」(参照)の「がんの治療には、がん細胞をつくる幹細胞を根絶する必要がある」も言い過ぎ。
 「がん幹細胞」説をどう捉えるか。
 別の言い方をすると、というか、わかりやすい例だと思うのだけど、「がん幹細胞」説が、仮説として腸内造血説(血液は腸内で作られる)とどのくらい違うのか。医学的に妥当か。
 端的にいうと、腸内造血説というのはトンデモ説(珍説)だし、それがトンデモ説である説明はググってもわかる程度の話なのだけど、さてでは、「がん幹細胞」説はトンデモ説ではないと言えるのか?
 エビデンスの有無がまず問われる。腸内造血説にもエビデンスがあるという愉快な話はさておき、「がん幹細胞」説のエビデンスはどうかというと、私の認識では、急性骨髄性白血病ではほぼ確認されていると見てよい。分子標的同定の研究も進んでいる(参照)。
 問題はそれが他のタイプの癌についてどの程度当てはまるか? というのが問題の核心で、私の理解ではそこに十分定説が存在していない、ということ。後に触れる近藤誠氏の著作でも指摘があるが、大腸癌や乳癌でも概ねあると言ってもよさそうであるが。
 そこでNHK報道なのだが、こう続く。

 この研究を行ったのは、京都大学大学院医学研究科の千葉勉教授らの研究グループです。研究グループでは、マウスの大腸がんにあるDclk1というたんぱく質に注目し、特殊な方法で色をつけて詳しく調べました。
 その結果、このたんぱく質を持つ細胞が、がん細胞を次々に作り出していることが分かり、がん幹細胞と確認されたということです。
 また、このたんぱく質は、通常のがん細胞にはないことも確認され、Dclk1ががん幹細胞を見分ける目印になることが分かったとしています。
 Dclk1は、ヒトの大腸がんにもあることから、研究グループでは、これを目印にがん幹細胞を集中的に攻撃することができれば、大腸がんの再発を防ぐ画期的な治療法の開発につながる可能性があるとしています。
 研究を行った千葉教授は「Dclk1がヒトの大腸がんでも、がん幹細胞を見わける目印になることを早急に確認したい。新たな治療法の開発につながると期待している」と話しています。

 この研究の前提だと、大腸癌に癌幹細胞が存在するということになっている。おそらくそれで正しいのだろうが、それでも「と考えられている」という学説としてどう、受け止めたらよいか。
 ここからちょっと私なりの考えの補足をしたい。つまり、このニュースの意義と含みである。
 ニュースのなかに、「このたんぱく質は、通常のがん細胞にはない」という表現があり、ここで「通常のがん細胞」という概念が出てくる。
 そもそも「がん幹細胞」説が治療において重要なのは、「がん幹細胞」と「通常のがん細胞」を分ける点にある。
 裏面からいうと、現状の治療現場では、一部の分子標的薬の事実上の効果の背景を別にすると、「がん幹細胞」と「通常のがん細胞」は分けられていない。繰り返すと、臨床においてはこれは分別されていない。
 現状、固形腫瘍の標準的な治療で使用される抗癌剤は、腫瘍縮小を目的としているが、「がん幹細胞」説からすれば、これは「通常のがん細胞」を攻撃していることになる。
 あまりいい比喩とはいえないが、昔のコマーシャルに「くさい臭いは元から絶たなければダメ」というのがあったが、充満している臭いを打ち消しても、臭いの発生源があるかぎり、臭いは続く。同じように、「がん幹細胞」説からすれば、これは「通常のがん細胞」を攻撃して、癌を除くという意味での治療にはならない。
 この構図をさらに応用すると、「がん幹細胞」だけ攻撃できれば、「通常のがん細胞」の増殖は緩慢なものになる可能性がある。
 また「がん幹細胞」説からすると、腫瘍の大小に関係なくその発生時期に転移が想定されることになり、現状医療で常識化されている早期発見の意味合いも薄れてくる可能性がある。
 以上をまとめると、「がん幹細胞」説は、固形癌治療の意味を大きく変えてしまう可能性がある。もちろん、だからといって、現行の治療が無駄であるといった極論が言いたいわけではない。NHK報道のように、これがぽろっと出てきて自然に日本社会に受け止められるようになれば、あまりいい言い方ではないが、「ああ、癌幹細胞を除くという意味での治療はないんだな」という理解にもなりうる。
cover
抗がん剤は効かない
近藤誠

 この関連の話は、近藤誠「抗がん剤は効かない」にも彼一流の「がんもどき理論」との関連で説明されている。評価は控えたいが、興味深い指摘なので、関心のある人は読んでみるとよいかもしれない。
 さて、そもそも「がん幹細胞」説は正しいのだろうか?
 私は正しいだろうと思う。が、もうちょっと言うと、おそらく、「通常のがん細胞」が「がん幹細胞」に変わる機構が存在しているのではないかとも考えている。ここまで言うといけないのかもしれないが、胃癌についてはピロリ菌がやっていることは、このプロセスなのではないかと思う。
 このいわば、機能分化後の細胞が幹細胞に戻る過程というのは、すぐに連想されるようにiPS細胞形成のプロセスに似ている。
 iPS細胞においては、人為操作によって逆行が可能になったので、さも人間がそれを全面的に可能にしたかのようだが、むしろ、細胞その物が本来的にこの逆行の仕組みをもっていたと見てもよいのではないかと思う。なぜ……。
 ここまでくると妄想と言われかねないので、話はここで打ち止めにして、「がん幹細胞」説は正しいのだろうか?という地点まで止めておくほうがよいようにも思える。
 そのあたり、NHK報道は、この研究の社会的意味をどのように理解して報道したのだろうか。
 とはいえ、NHK以外の報道、たとえば毎日新聞「がん抑制:山形大チームが糖尿病治療薬で実証」(参照)でもするっと「悪性脳腫瘍の再発原因とされる「がん幹細胞」」という表現が出てくる。

 糖尿病治療薬メトホルミンが、悪性脳腫瘍の再発原因とされる「がん幹細胞」を「再発しないがん細胞」に変えるメカニズムを山形大医学部と国立がん研究センターの共同研究チーム(代表・北中千史山形大教授)が初めて実証した。乳がんや肺がんの治療にも応用できる可能性があるという。論文は15日、米科学誌ステム・セルズ・トランスレーショナル・メディシン(電子版)に掲載された。

 世の趨勢ということだろうか。
 それでも、現行の抗癌剤治療との関連についてある程度まとまった医療見解のようなものが、一般社会に向けて出されるとよいとは思う。
 

追記
 私の見落としだったが、今年8月2日にNHKは「がん再発につながる細胞を発見」として、癌幹細胞説を報道していた。その意味で、今回の報道が突然とは言いがたいものだった。


 がん細胞の一部にがん全体の成長を促している特殊な細胞があり、これを取り除かないと悪化や再発は防げないとする3種類の研究成果が発表され、新たな治療法の開発につながる可能性があるとして注目を集めています。
 この研究成果は、ヨーロッパとアメリカの3つの研究チームが発表したもので、1日、世界的な科学雑誌の「ネイチャー」と「サイエンス」の電子版に相次いで掲載されました。
 3つの研究チームはそれぞれ、マウスに腸がんと皮膚がん、それに脳腫瘍の一種を発症させ、がん細胞の成長過程を詳しく分析しました。
 その結果、がん細胞の一部に、がん全体の成長を促している特殊な細胞があり、これを取り除かないと悪化や再発は防げないことが分かりました。
 細胞の中には、体のいろいろな細胞の元になる「幹細胞」と呼ばれるものがありますが、3つの研究チームは、今回見つかった特殊な細胞をがんの幹細胞だとしています。
 がんの幹細胞については、以前から存在が指摘されてきましたが、否定的な研究者も多く、まだ仮説の段階とされています。
 こうしたなか、がんの幹細胞の存在を裏付ける3種類の研究成果が世界的な科学雑誌に同時に掲載されるのは異例で、新たな治療法の開発につながる可能性があるとして注目を集めています。

 この時点では、「まだ仮説の段階とされています」と明記されているので、NHKとしての配慮がうかがえる。
 ただし、「新たな治療法の開発につながる可能性があるとして注目を集めています」ということで、それが報道なのだといえばそうだが、報道価値と関連する現状の癌治療との関係については、NHKとしては視点を表明してこなかったということはいえるだろう。
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年11月25日 - 2012年12月1日 | トップページ | 2012年12月9日 - 2012年12月15日 »