« 2012年11月18日 - 2012年11月24日 | トップページ | 2012年12月2日 - 2012年12月8日 »

2012.12.01

今回の選挙の、自分なりの基本構図

 今回の選挙くらい気の乗らない選挙もないなと思う。あまり関心もない。
 どうなるかという観点で予測をざっくりすると、民主党与党が自民党与党になるだろう。ただ、自民圧勝となるかが読めない。あるいは民主党が解党的に壊滅するかも読み切れない。
 勘で言うとそのどっちにもそうなりそうもない。ある程度第三極も伸びるだろう。
 だととすると、事実上の大連立と維持ということになるのではないか。
 ニュースで流れる程度の党首の意見などを聞いていると、自民の安倍さんも民主の野田さんも、事実上の大連立を前提にしているように受け取れる。
 以下、簡単に自分なりの俯瞰をメモ書きしておきたい。

問われるのは三党合意
 この選挙で問われるのは、三党合意を継続するかということ。その頭に自民が来るか民主が来るかは、よって、二義的なことになる。なお、公明党はキャスティングボート以上の意味はない。
 三党合意を継続しないという考えであれば、いわゆる第三極に流れるということになるのだろう。
 私はいわゆる第三極にはあまり関心ない。前回の政権交代でこの手の幻想から国民がどのくらい目が覚めたのかというのが、しいていうと今回の選挙への関心である。
 当の三党合意だが、これは二つ柱があって、(1)消費税増税、(2)社会保障は党派を越えた有識者会議に任せる、ということ。
 まず明確なのは二点目で、前回の政権交代で民主党がごちゃごちゃやったマニフェストの事実上の大半は、もう棚上げになる。別の面からいうと、未来の党や維新、みんなの党のように、この部分をいじくり直してもろくな結果にはならないだろう。
 もっというと、有識者会議というのは、実質官僚丸投げとなるだろう。
 私は震災以降の日本の維持を見ながら、なんとか日本がもったのは官僚のおかげだと思うし、政党より信頼できた。
 我ながら、自分の政治観と転倒しているとは思うが、これが日本の現実なのだと思うといかんともしがたい。

焦点は2パーセントインフレターゲット
 三党合意の(1)消費税増税だが、私は、基本的には反対。
 だが、政権が安定しない状態となった今、単に反対というわけにもいかないし、長期的には消費税増税は避けられない。
 するとそこでの一番の問題は名目成長率を上げることで、最低でも2パーセントのインフレターゲットが欠かせない。
 その点で安倍自民党は、この間の話を聞いていても信頼に足るように思えた。ただし、自民党の他の政策はというと、相も変わらぬ状態。それでもその部分は次期参院選で、以前の安倍政権のように是正されるだろうし、実質三党合意以上の政治に手を出す余裕など日本にはないだろう。
 ごく個人的にいえば、改革の舛添さんの考えが自分に一番近いが、彼は、三党合意的な現状へのビジョンを欠いているので、支持しても実質政治的なナンセンスになる。

TPPと反原発については争点になりえない
 「原発もTPPも消費増税も争点であるべきでない」というのがジャーナリストの竹田圭吾さんのツイートにあった(参照)が、同意。ただし、彼はここに「消費税増税」も加えているが、そこは微妙に異論があり、先の名目成長率の件でまとめた。
 TPPについてはいろいろ議論があるし、反対の人が息巻いているが、私の考えでは、反TPPこそ、TPP推進派の思うつぼである。このことはウィキリークスで暴露されたとおりなので、日本の立場が不利であっても、今から苦しい交渉の戦いに挑むほうがよい。
 別の言い方をすると、TPPについては、「反TPPかTPP推進か」というのは間違った問いかけで、国益を守るなら、世界の趨勢に対して、日本国の国益を対外的に示していくしかない。後になってABCD包囲のように囲まれて暴走するという愚はさけたい。
 反原発についてだが、現在世界のエネルギー事情から見ていくと、米国が産油国化する、北極海航路ができるといったといった大変化の兆しを含めていくと、原子力の推進は、潜在的な核保有という以上の意味はなく、経済的な利点は乏しくなっていく。経済的な最適戦略を採っていっても、現行の原発政策は縮小していくことになる。
 つまり原発問題は、日本のエネルギー政策に従属して考えていくべき問題なので、従属側を突出させる争点化は、潜在的な核保有へのイデオロギー的な反発や前世紀的なエコロジーさらには単なる反政府主義みたいなものだろうが、たいした意味はない。反原発を杓子定規に進めていっても、困窮した大衆の反発でひっくり返されるのがオチである。
 この問題は、福島原発事故補償とは別の問題だし、実際のところ、地域へのバラマキとして推進されてきた原発推進とも別なので、問題の切り分けが必要になる。その点でも、反原発という雑駁なくくりは実際的な政治の推進に役立たない。

外交・軍事を大きく変えない
 政権交代でよい教訓となったことでもあり、実際今回の選挙でお灸が効いているなと思われるのは、外交・軍事の話題を大きな政党が引っ込めたことである。政権交代は基本内政なので、対外的な相貌を大きく変えるものではない。
 ただし、その副作用ということで、今回の選挙では、憲法改正問題は出て来ても、沖縄問題にどの政党も触れなくなった。
 そもそも沖縄問題というのは、沖縄に問題を被せているが、日本全土の安全保障問題であり、国家全体から見て基本的な問題だが、事実上、今回の選挙ではほとんど問われなくなってしまった。しかも、これが三党合意にさえ含まれていないというのは、今後の大きな火種になるだろう。

 以上、ざっくり見ると、三党合意を是認するという前提で見ると、民自公のどの頭を選ぶかということであり、公明党を外せば、野田民主か安倍自民かというくらいのチョイスしかない。どちらか?だが、三党合意を実質推進するのであれば、明確に2パーセントインフレターゲットで金融政策を打ち出すほかはないので、以上の流れで見るなら、安倍自民党という選択しか残されていない。
 小選挙区については、それぞれの地域の問題があるから、なんともいいがたい。
 
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012.11.28

[書評]20歳の自分に受けさせたい文章講義(古賀史健)

 これはすごい本を読んじゃったなというのが読後、第一の感想。文章技術の本は古今東西いろいろあるけど、ここまで「文章を書く」技術の手の内を明かした本はないんじゃないか。ライターの企業秘密だろ。

cover
20歳の自分に受けさせたい
文章講義
(星海社新書)
 この本を読んだことは秘密にして自家薬籠中の物としたいな、というのが第二の感想。そんなケチなこと言わずに、すごい本は紹介したらいいじゃないかが第三の感想。もう一つ加えると、わかりやすく書かれているけど、この本を理解することと、実践することは、ちょっと別かもしれないということ。
 難しい本ではない。表題に「講義」とあるが、講義録をもとに整理して書かれた本といった印象だ。後書きで知ったが、「文章の書き方」といった内容の長いインタビューの過程で「それ本にしましょう」ということで出来た本らしい。形式を変えて演習を付けたら文章講座の教科書にも使えそうだ。
 この本を私が知ったきっかけは、cakesに連載されている「文章ってそういうことだったのか講義」(参照・有料)だったが、連載を読みながら、最初はふーんと思っていた。率直に言うと回を重ねてもう連載も最終回になったが、「ふーん」の先が落ち着かない。そこでもとになっている本書を一気に読んでみたら、ようやく、がっつんと来た。連載と書籍とネタは同じだし、連載のほうが要点がまとまっているのに、なんでこの違いがあるのか。書籍というのは、依然パッションを伝える媒体なのだろうか。
 言い方はすごく悪いのだけど、売文屋の文章技術に徹している点も感服した。本屋さんに並べられている小論文の書き方とか、大学の先生の余技で書かれた文章技術とかではない。あの手の文章技術は、ブログのネタとかでしばしばリストにまとめられている。文章は短くで書け、受け身を使うな、論理的に書け、主語を省略しない、係り受けは明確にせよ、などなど、寄せ集めの豆知識といったもの。
 本書は、詳細な文章技術も紹介しているが、まずは文章を書くというのはどういうことかという原点から始まり、それは「気持ちを文章に翻訳することだ」と展開する。そのプロセスは「翻訳」として捉えられ、「考える」という過程なのだとも説かれる。
 売文屋というのは、実は文章を売るのではなく「考え」を売るのである。自分が「考えたこと」「理解できたこと」、それを売る。そのために売れる形にする。その形が文章なのだということを明かした書籍は、ああ、言っちまったな感があるが、考えというのは、伝えてこそ力になりうる。
 具体的にどうやって?
 いろいろヒントがある。気持ちを翻訳するには、まず誰かに語ってみたらいいともある。相手がいないなら、表題のように10歳若い自分を思って語ってごらんとも。また、想定した一人に伝えるように書きなさいとも。とにかく書かなければ始まらない。

 きっとこれからますます「書く時代」「書かされる時代」になるだろう。メール、企画書、プレゼン資料、謝罪文、就活のエントリーシート、ブログ、SNS、そして今後生まれるだろう新しいコミュニケーションサービス。われわれが文章を書く機会は、この先増えることはあっても減ることはない。

 重要なのは、書くことが売文屋に限定されず、新しい時代で誰もが必要とする「考える技術」となったことだ。
 私がいる、あなたがいる、存在する、ということが、気持ちや考えを形を通して伝える形の表現に変わっていく時代になる。文章の形が「私」という存在であり、「あなた」という存在になる。熾烈といえば熾烈な世界だ。
 ところで売文技術がここまで公開されたら売文屋は食えなくなるのか。それ以前に著者のネタが底を尽いただろうか。著者は技術を書き尽くしたと言ってのける。

 それでもなお「書く」というプロセスを通過した人間とそうでない人間とでは、対象についての理解度がまったく違うのだ。おそらく今後のぼくは、本書の執筆を通じて得た知見を元に、これまでよりずっと面白く充実した文章を書けるようになるだろう。ぼくが文章を”武器”呼ばわりをしているのは、そういうことである。

 書く・考える、そのプロセスを、文章という目に見え、他者に読まれる形にした著者は、そのことで技術をいっそう深めたという。自負はそのまま受け取ろう。
 グルジェフという神秘家の箴言に、記憶によるので正確な引用ではないかもしれないが、「あなたが成長したいなら、誰かをあなたのレベルにまで引き上げなさい」というのがあるが、著者の自負に見合う分、読者の文章技術も上げるように実践が求められる、というわけだ。
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012.11.27

[書評]α版 『ご冗談でしょう、ファインマンさん』

 cakesの連載書評8回として今日『ご冗談でしょう、ファインマンさん』が掲載された(参照)。
 この機に同書以外の本や彼の時代の本などもいくつか読み、原爆開発の歴史も含めて、いろいろ考えさせられた。そうした思いをうまくまとめることができるのか、書きだしてみると意外に難しいものだった。考えている時点の注目面が前に出てしまう。小林秀雄ではないが、書かないと考えは見えてこないものだということでもあり、何か書いてみるなかで、一つの観点でまとめたのが、このα版の原稿である。が、ボツとした。編集部からのダメ出しではなかった。書いてみてからこれは違うという違和感に苦しめられ、現在の掲載原稿に改めた。
 そんなもん公開するなよというのも道理ではあるが、メイキング映像ならぬメイキングcakes書評の舞台裏の一コマとして、ご愛敬くらいに受け取ってほしい。無料のブログを書くことがご愛敬というつもりはなく、有料対無料というつもりでもない。この基調はこれで書いてみたものだが、cakes書評では自分なりの連載ということの内的なテーマ感覚を持ちたいので、そこからは反れるようにも思っただった。

  ※  ※  ※  ※

書評『ご冗談でしょう、ファインマンさん』α版

 パズルと人間知性の限界をテーマにしたアニメ作品『ファイ・ブレイン 神のパズル』で、主人公・大門カイトは幼なじみの井藤ノノハにいつもこう叱られる、「このパズルバカ!」。明けても暮れてもカイトはパズルに夢中。ほかのことをしないからだ。そんなパズルバカでも、量子電磁力学の発展に大きく寄与したとして1965年、朝永振一郎、ジュリアン・S・シュウィンガーとともにノーベル物理学賞を受賞したのが、リチャード・P・ファインマン(Richard Phillips Feynman)である。
 マヤ文字の写真も彼にはパズルに見えた。せっかくハネムーンのメキシコ旅行なのに、ホテルにこもって現地購入したマヤ文字書籍の写真解読に没頭。愛想を尽かした新妻はマヤ遺跡を一人見て回っていた。
 ファインマンはマヤ文字が解読したかったのだろうか。そうではない。書籍にはスペイン語の解説も付いていて、すでにその部分は解読されていたはずである。なのに彼はあえてそこを紙で覆ってパズルにした。パズルと見たからには自分で解かないと気が済まない。
 ファインマンは我流でマヤ文字を解読していった。規則性のある数字に着目したのもパズルバカならではのこと。新婚旅行を終えてからもマヤ文字の数字解読に熱中。そして、わかった、金星周期だ、月蝕周期だ。満足いくくらいまで解読できてから、覆っていた紙を開き、スペイン語の解説を読んだ。なーんだ、でたらめなことが書いてある。ファインマンの解読のほうが正確だった。
 この愉快な挿話は本書『ご冗談でしょう、ファインマンさん』()にある。翻訳の文庫本だと下巻の「物理学者の教養講座」である。ほかにも知恵の輪を渡されたかのように、彼は手の先に鍵があったらこじ開ける。ダイヤル錠なら数学的に解く。この話は上巻の「二人の金庫破り」にある。あきれたパズルバカだが、彼の専門、物理学でも本質は同じである。
 量子力学も彼にとってはパズルである。いや、だれにとってもそうかもしれない。たとえば有名な「二重スリット実験」という問題がそうだ。ユーチューブにわかりやすいアニメの解説もあるが、簡単に説明したい。

 昔のテレビに使われたブラウン管の後部には電子銃があり、そこから発射された電子がブラウン管の画面に当たると像を結ぶ。ブラウン管は電子の流れを磁力で制御するのだが、二重スリット実験では、電子を縦に並んだ二重のスリット(細い縦の隙間)に向ける。どうなるか?
 スリットが一つであれば、スリットをすり抜けた電子が縦の一本の線を描く。するとスリットが二つ並んでいたら二本の縦線が描けそうだ。が、実施すると縦縞模様になる。なぜか。たくさんの電子を同時に当てたから飛んでいる最中に干渉したのだろうか。では、電子を一つずつ当ててみる。それでも縞模様になる。一つの電子が同時に二つのスリットを抜けた。
 なぜ電子がそのような不思議な動作をするのかについてはわかっていないが、この現象、つまり量子力学的な現象をどう表現するかについては、3人の物理学者による3つの解答があった。ハイゼンベルク、シュレディンガー、ディラックである。ファインマンはこのパズルを「量子力学の核心(the heart of quantum mechanics)」と呼び、自力で挑んで4人目の解答者となった。
 ファインマンは、二重スリット実験のような量子力学的な現象に対して、粒子はそれが一粒であっても、あたかも多数の粒子のような確率分布を示すのだから、粒子の動きは「可能性の総和」として考えられるとした。そこで無数の経路を総和したらよいとした。総和の計算は積分を使うので、「経路積分」という手法を示したのである。これが若い日のファインマンの物理学業績となった。
 ファインマンは後年『ファインマン物理学』という教科書も書いているが、その『量子力学』では二重スリット実験を例にして、量子力学の不思議さを解説している。多少なりとも物理学に関心がある人なら、ファインマンと聞けば、経路積分とファインマン・ダイアグラムを思い出すだろう。
 そうした知識があると、上巻「アマチュア・サイエンティスト」の話もいっそう面白い。ファインマンがプリンストンで暮らしていたころ、屋内にアリがぞろぞろとやってきた。彼はその経路がどのように形成されるか、いろいろ実験して解明し、ついにアリを追い出す独自の手法を考えついた。この人、アリでも電子でもパズルのように見えるなら解きたくなってしまうのだ。
 飽きもせぬパズル的な好奇心は女性にも向かう。いかにしたら美女とやれるか?パズル的に突き詰めていく。やるには、優しくするか、おごってみるか。
 それ以前に、そもそも美女とやることの解答なんてあるのだろうか?ファインマンが解法に行き詰まってその道のプロから手口を伺う話が上巻「ただ聞くだけ?」にある。では解答。その章題どおり、ただ聞くだけ、なのだ。若い日のファインマンはバーに美女をさそった。


 バーに入って腰を下ろそうというとき、僕は思いきって、「飲み物をおごる前に聞きたいことがあるんだけどね。今晩僕と寝てくれるかい?」と聞いてみた。
 「ええ。」
 驚いたことに、あのレッスンはごく普通の女性にも、ちゃんと通用するのだ!

 すごいな。私も同席した女性に「今晩僕と寝てくれる?」と聞いてみたい気がしてきた。できるのか?ええと、ここで私は本書のタイトルを思い出す、『ご冗談でしょう、ファインマンさん』。
 本書には、物理学がどうのとか、ノーベル賞が学者がどうのという以前に、まさに「ご冗談でしょう、ファインマンさん」と言いたくなるような話がてんこ盛りになっている。気が沈みそうになったとき、ふっと開けば快活に笑うことができる。
 ファインマンは量子力学のように不思議な人だった。合理的な物理学者として、えせ科学や気取った文化人へを嫌悪したが、不合理な神秘志向も持っていたことが本書からうかがえる。
 オカルトと言ってもよいだろう、ジョン・C・リリー(John Cunningham Lilly)との交友の挿話からは、感覚除去タンクによる幻覚に関心を持っていたことが語られる。そこにロバート・モンロー(Robert Monroe)の名前はないものの体外離脱体験への関心があった。モンローと関係するエサレンも本書に登場する。また、ファインマンが関係した演劇で、小道具に象牙を借りるという下巻の「パリではがれた化けの皮」では、ワーナー・エアハード(Werner Erhard)が登場する。邦訳では「神秘思想家」と訳注が補われているが、いわゆる人格改造セミナーの原点を生み出したグル(カルト的指導者)である。
 ファインマンは、いかがわしいニューエイジ運動との関わりを「カーゴ・カルト・サイエンス」と呼び、その章題のついたカリフォルニア大学卒業式辞では「えせ科学」として批判している。だが、そこに落ち着くまでの軌跡には複雑な心情があった。
 愉快なファインマンさんと不合理なファインマンさんは確率的に分布している。その観点から『ご冗談でしょう、ファインマンさん』を再読すると、人生の不合理な痛みを越えるための笑いの意味と、自分という存在のパズルを自覚する。ファインマンはそのパズルも解いてみせたのだった。
 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.11.25

Kindle Paperwhite用の縦書き本を作ってみた

 Kindle Paperwhiteが来てから、日本語用のブックリーダーとしていくつか本を読んでいるのだが、そうだなあ、せっかく日本語だから縦書きの本を作成してみるかなとやってみたら、なんとなくできた。といっても、執筆からしたというのではなく、既存の著作権フリーのテキストをmibiファイル化したというだけのことだ。その意味では、ただ変換したというだけのことが、やってみたら存外に簡単に、でもないか、でもそう難しくもなくできた。元ネタがあるんだから、難しいわけでもないとも言える。

cover
Kindle Paperwhite
ライト内蔵の電子書籍リーダー
 元ネタはプロジェクト杉田玄白にある邦訳の「八十日間世界一周」(参照)である。原作はフランス語なのだが、この翻訳は英訳からの重訳になっているので要注意。原作も英訳も現状著作権が切れているし、英語のほうはネットにごろごろしているが、邦訳はないようだったので、作ってみたと。ああ、英訳も二つくらいバージョンがあって、この邦訳は軽い感じの訳のようだった。
 元ネタはα版のベタなテキスト。校正してあるのかどうかわからない。まして翻訳チェックはされているかもわからない。ざっと読んだ範囲では重訳という点を除けばいいような気がする。
 まずEpubから作る。EpubはHTMLベースなんで、表題をh1要素にして章題をh2要素にして、縦書き用のCSSを加えてEpubにまとめる。ベタテキストは横書き用に出来ているので、これを、よっこいしょーいち、と、縦に起こす(縦書き変換)必要も多少あり。この手順については、詳しいサイトを探して検討してくださいな。
 で、理論的にはこれでいいかなと思って、Epub表示させると横書きに戻るので、なんじゃらほ、とちょっと苦戦したのだが、ようするにビューアのほうが対応してなかったようだ。HTMLに戻してChromeで表示させると縦書きになっているから、まあ、いいんだろう。
 次にEpubからKindleのMobi変換だが、まいど英文献でやっているように、Calibre使ったらベタに横書きのmobiとあいなりました。指定が間違っているのかといろいろやってみたし、実機チェックもしたけどうまくいかない。
 こまったなとネットの情報を探すとコマンドラインのmobiコンパイラーがあるのでそれで試すと、きちんと縦書きになる。Calibreの問題じゃん。
 できたmobiファイルでもいいのだが、余白の調整ができてなくてかつかつなので、ちょっと読みづらいなと思って、コンパイラーをいじって苦戦。実機チェックも難儀。なので、mobiビューアはないのかと探すとAmazonが出しているので、こりゃええわということでチェックしていたのだが、ま・て・よ、このビューア(Kindle Previewer)、そのままEpubで読めるんじゃねーのとやってみると日本語でおk。
 それどこから、ビューイングのためにmobiの中間ファイル作っているじゃないですか、というか、これが出力ファイルでもあるので、なんのことはありません、うさぎさん、そのままこのmobiファイルでいいじゃないですかということで、できたのが、これです。無料でどうぞ。

Kindle Paperwhite用縦書き『八十日間世界一周(プロジェクト杉田玄白)』(参照

 これをKindle Paperwhiteに入れます。僕はCalibreで入れたけど、直接でも入ります。詳しくはなんかの解説を読んでくださいませ。

 入りました。表紙はありません。あえて付けなかった。叩くと開きます。セサミぃ。

 まあ、いいんじゃないでしょうか。
 というか、ざっと見ただけで、エラーはあるかもしれないけれど。
 表紙は簡単に付けられるけどあえて付けなかったが、目次のほうはちょっと付けようか悩んで付けてない。大した手間ではないけど、まあ、いっかぁという感じ。というか、いろいろチェックするのがめんどくさい。できた人いて公開していたら、別途配布場所でも教えてくださいませ。
 ちなみに、『八十日間世界一周』だけど、光文社の新訳(上巻下巻)がフランス語からで読みやすい。ただ、かなり意訳はされているし、ラブシーンところはフランス語でチェックしたけど、日本風味の文体になっていた。
 その他、角川文庫などからもあるが、文体がさすがに古くさい。実家に、昔読んだ旺文社文庫があるはずだが、ああいうのが電子書籍で復刻にならないものでしょうかね。
 というか、昔の文庫が電子書籍で出てくると嬉しい。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月18日 - 2012年11月24日 | トップページ | 2012年12月2日 - 2012年12月8日 »